1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特集
  4. 女性ホルモン|エストロゲンを増やす方法とは?食べ物・毎日習慣・NG習慣

女性ホルモン|エストロゲンを増やす方法とは?食べ物・毎日習慣・NG習慣

特集
この記事は約 8 分で読めます。

肌荒れやだるさなど、何となく体の不調を感じることはありませんか?

これといった原因が思い当たらないのに体調不良が続くなら、もしかしたら女性ホルモンが減少しているのかもしれません。

そこで今回の記事では、女性にとって重要なホルモンである「エストロゲン」を増やすための方法やおすすめの習慣を紹介していきます     

 

「女性ホルモン」の働きについて

女性の健康と女性ホルモンは切っても切れない関係です。

なぜそれほどまでに女性ホルモンは重要なのか、まずはその働きについて見ていきましょう。

 

エストロゲン

「エストロゲン」は別名「卵胞ホルモン」とも呼ばれ、女性らしい体づくりを助ける働きがあります。

思春期になると血中のエストロゲンが増大し、女性らしい丸みを帯びた体を形成したり、肌や髪の美しさを保ったりするようになります。

他にも骨密度を保つ、記憶力や集中力をアップさせるといった作用もあり、女性の健康にとっては欠かせないホルモンです。

 

プロゲステロン

もう一つの重要な女性ホルモンが「プロゲステロン」です。

プロゲステロンは別名「黄体ホルモン」と呼ばれ、主に妊娠しやすい体づくりを促す働きを持っています。

妊娠の準備を整えるためのホルモンであり、食欲が増したりニキビができたりといった月経前に起こる体の変化は、主にこのプロゲステロンが関わっているのです。

 

エストロゲンが減少するとどうなる?

女性にとって重要なホルモンである「エストロゲン」は、30代後半頃より減少しはじめます。

さらに閉経が近い50歳前後にはその量は激減し、体にさまざまな不調を引き起こすようになります。

いわゆる「更年期障害」の症状は、エストロゲンの減少が原因で起こることがほとんどです

 

具体的には、以下のような症状が挙げられます。

  • イライラや不安な気持ちが晴れない
  • 気温に関係なくほてりや発汗がある
  • 不眠
  • めまいや動悸
  • 皮膚の乾燥、目の渇き

 

年齢とともにホルモン分泌量が減少するのは仕方のないことですが、対策をとることである程度はこうした症状を緩和することにつながります。

また、年齢とは関係なく、不規則な生活やストレスなどによってもエストロゲンの分泌が不安定となり、同じような症状が現れることもあります。

まだ20代・30代にも関わらず更年期のような症状があるのなら、まずは生活習慣を見直してホルモンバランスを整えることが必要です。

 

【診断】ホルモンバランスが崩れるNG習慣

乱れた生活をしていると、若くてもホルモンバランスを崩してしまうかもしれません。

あなたの生活はホルモン分泌に悪影響を与えてはいないか、今一度チェックしてみましょう。

 

□朝ごはんを食べない

□ごはん時間がバラバラ

□インスタントごはんが中心

□ファーストフードが中心

□甘いスウィーツ・お菓子が大好き

□飲み物は氷いっぱい

□肉をあまり食べない

□魚をあまり食べない

□水分(水・お茶)をあまり飲まない※1日1リットル以下

□喫煙者

□コーヒー・紅茶をよく飲む※1日5杯以上

□食事ダイエットをよくする

□短期間で激痩せした

 

以上の項目に当てはまるものが多ければ、ホルモンバランスが崩れている可能性大です!

今すぐに生活習慣を改善することをおすすめします。

 

エストロゲンを増やす効果は?

エストロゲンは女性を美しく保つために欠かせないホルモンです。

エストロゲンを増やすことができれば、肌のハリや髪ツヤが良くなり、自律神経も安定するため集中力や記憶力の改善が期待できます。

脂質代謝を促す働きもあるため、ダイエットや体型維持にも役立つでしょう

 

とはいえ、ホルモン量はとにかく多ければよいというわけではありません。

何らかの理由によってエストロゲンが過剰に増えてしまうと、子宮筋腫や子宮内膜症、不正出血や乳がんといった病気のリスクが上がる可能性があります。

エストロゲンのメリットを活かすためには、適切に分泌されるよう体のバランスを整えることが大事なのです。

 

エストロゲンを増やすための対策方法

最後に、エストロゲンのバランスを整えるための生活習慣のポイントを紹介していきます。

年齢とともに不足していくエストロゲンを補うために、ぜひ今からこうした対策をとっておくことをおすすめします。

 

しっかり睡眠をとる

エストロゲンを増やすためには、しっかり睡眠をとることが大切です。

成長ホルモンをはじめ、ホルモンの分泌と睡眠には大きな関わりがあり、しっかり眠ることがエストロゲン分泌の活性化にもつながります。

エストロゲンのバランスを整えたいなら、夜更かしせずにきちんと睡眠時間を確保することをおすすめします。

また、寝る前のスマートフォンやテレビの視聴は避け、睡眠環境を整えることでより深い安定した睡眠習慣が得られるようになるでしょう。

 

体を冷やさない

エストロゲンを増やすためには、体を冷やさないようにしましょう。

体を冷やさないように気遣うことで、自律神経のバランスが整いエストロゲンの分泌も促すことができます

冷たい飲み物ばかり摂らない、お風呂は湯船にしっかりつかるなど、日頃から体を冷やさないことを心がけましょう。

 

食事から摂取する

エストロゲンを増やすには、バランスの良い食生活が大切です。

中でも大豆に含まれるイソフラボンは、エストロゲンと似た働きをするので30代以降の女性にはとくにおすすめです。

ホルモンバランスを整えるためには、以下の栄養素を積極的に摂取すると良いでしょう。

 

①良質なたんぱく質 肉・魚・卵など。
女性ホルモンの原料となる
②イソフラボン 豆腐・納豆・豆乳など。
女性ホルモンと似た働きをしてくれる
③DHA・EPA 鯖・イワシなどの青魚。
生理機能を整える
④食物繊維・ミネラル 海藻やキノコ類
⑤食物繊維・カリウム さつまいも・じゃがいもなど
⑥ビタミン類 緑黄色野菜・果物
⑦ビタミンE・B群 ナッツ類や胡麻。 
体調やホルモンバランスを整える効果がある

 

薬・サプリ・漢方に頼る

薬・サプリ・漢方などの力でエストロゲンのバランスを整える方法もあります。

更年期症状が辛い場合は、エストロゲンを増やす治療法である「ホルモン補充療法」が行われます。

このホルモン補充療法には飲み薬や塗り薬、貼り薬のホルモン剤などが使われており、病院で相談することで適切な薬を処方してもらうことができるでしょう。

ピルによるホルモン治療も効果的ですが、40歳頃から血栓症リスクが上がるため使用にはくれぐれも注意が必要です

 

そこまで深刻な症状ではない場合は、女性ホルモンと似た働きをする「エクオール」や「大豆イソフラボン」のサプリ、当帰芍薬散や加味逍遥散といったホルモンバランスの乱れによる不調に効く漢方などを活用するのもおすすめです。

ただし、体質や症状によっては合わない対処法もあるので、まずは専門医に相談した方が良いでしょう。

 

ツボを刺激する

エストロゲンを増やすには、ツボを刺激するのも効果的です。

女性特有の不調に効くツボはさまざまありますが、とくに「三陰交」(内くるぶしより指4本分上にあるツボ)は女性ホルモンの分泌を促し、さらには冷えや生理痛を改善する効果が期待できます

また、更年期症状やイライラを改善したいときは「湧泉」のツボ(足の裏の中心部、人の字上のくぼみにあるツボ)がおすすめです。

 

エストロゲンを増やして男性を魅了するツヤ女子を目指そう!

エストロゲンは女性の健康や美しさにとって重要なホルモンです。

そのため、不規則な生活や加齢のせいでホルモンバランスが崩れると、体にさまざまな不調が現れてしまいます。

 

普段から睡眠やバランスの良い食生活に気を配り、エストロゲンを増やすことを心がけることが大切です

エストロゲンのバランスが整えば、肌や髪も美しくなりよりあなた自身の魅力をアップさせることができるでしょう。

ぜひエストロゲンを増やして、男性を魅了するツヤ女子を目指してくださいね。

 

まとめ
  • 女性の健康・美容のためにはホルモンバランスを整えることが重要。とくにエストロゲンは女性の美しさを保つ働きをもつ
  • エストロゲンが減少すると、肌荒れやイライラ、不眠といった更年期症状が強くなる
  • エストロゲンを増やすことができれば、肌の張りや髪質の改善、集中力や記憶力アップが期待できる
  • 女性ホルモンのバランスを整えたいなら、食生活や睡眠の見直し、サプリや漢方の活用がおすすめ

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

小野塚 晴子

小野塚 晴子

読書好きのインドア派です。恋に消極的な人にも楽しめるような記事を目指します!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 「ご教示いただけますと幸いです」の意味は?ビジネスでの使い方を例文で解説

  • そっけない態度をとる人の心理は何?好き避け・嫌い避けの見分け方を解説!

  • モブキャラとはどういう意味?語源や正しい使い方を分かりやすく解説!

  • 英気を養うとはどういう意味?例文付きの使い方や言い換え、類義語を解説

この記事も一緒に読まれています

  • 異性の友達はいる?【男女200人にアンケート】OK範囲や作る方法を解説

  • 勇気を出す方法を伝授!恋愛や仕事で一歩踏み出すコツ【負けない自分作り】

  • 【映画祭】永遠の名作に出会える!?開催イベントを一挙大公開

  • 初対面の人との会話が続かない…そんな悩みを解消するおすすめの話題10選

  • 男性が可愛いと思う女性の酔い方&お酒を使ってキュンとさせる演出術12選

  • 現代病「スマホ依存症」を改善しよう!原因・体への不調・治す方法を解説

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特集
  4. 女性ホルモン|エストロゲンを増やす方法とは?食べ物・毎日習慣・NG習慣