1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 怒られやすい人の特徴とは?怒られたときの対処法&怒られづらくなる方法

怒られやすい人の特徴とは?怒られたときの対処法&怒られづらくなる方法

特徴
この記事は約 10 分で読めます。

ちょっとしたことで怒られたり、周囲の人にイライラされたりするのは辛いものです。

自分はなぜか怒られやすい…と感じているなら、考え方や言動、外見に問題があるのかもしれません。

今回の記事では、怒られやすい人と怒られにくい人の特徴や怒られづらくなるための対処方法を紹介します

上司や先輩をイライラさせがちな人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

怒られ続けると自信を失う原因になる

他人から怒られてばかりいると、自分のすべてを否定されているように感じてしまいます。

何かするたびに注意されれば、誰でも自信を失いかねません。

上司や先輩に怒られ続けると、ビクビクしながら過ごすことになり、無力感に苛まれてしまうでしょう。

自己否定や自己嫌悪に囚われてしまえば、精神疾患につながる恐れがあります。

他人から叱責されがちな人は、まず怒られる原因を突き止めることが大切です。

自分自身と向き合うことで、現状を変えられるかもしれません。

 

怒られやすい人の特徴

怒られやすい人には、いくつかの共通点があります

たびたび周囲の人がイラついてしまうなら、次の特徴に当てはまらないか確認しましょう。

以下の内容に思い当たる節がある場合は、改善することをおすすめします。

 

約束を守らない

怒られやすい人は、約束を守らない傾向があります。

時間にルーズで遅刻を繰り返したり、頼まれた依頼を放置したりと、周囲の人に迷惑をかけるのが特徴です。

常に自分の都合を最優先にして、不誠実な行動をとればイライラされて当然でしょう。

約束を軽視する人は、怒られやすくなるので注意が必要です。

 

自分の非を認めない

ミスをしても自分の非を認めない人は、よく怒られがちです。

注意されたときに言い訳をしたり他人のせいにしたりして、自分を必死に守ろうとします

謝罪がなく相手側から反省の色が見えないため、かえって怒られることになるのです。

断固として自分の非を認めないと、周囲からの信頼を失ってしまうかもしれません。

 

同じミスを繰り返す

怒られやすい人は、何度か注意を受けたにもかかわらず同じミスを繰り返します。

深く反省すれば、「自分の失敗でもう仕事仲間に迷惑をかけたくない」と思うものです。

同じミスを繰り返さないために何か対策を講じるのが一般的でしょう。

しかし再び失敗をすれば、その健気な思いや姿勢が伝わることはありません。

同じミスを繰り返すほど反省が足りていないと思われるため、怒られてしまうのです。

 

報連相ができない

怒られやすい人の多くは、仕事を円滑に進めるための報連相を怠るところがあります。

チームスタッフに業務の進捗を報告しなかったり、上司にプロジェクトの相談をしなかったりと、小まめにコミュニケーションをとりません

わからないことがあってもリーダーに聞かず、自分の判断で進めて失敗することも少なくないでしょう。

報連相を怠ると問題が生まれやすくなるため、たびたび怒られてしまうのです。

 

ネガティブ思考

ネガティブ思考の人は主体性がなく、周囲の人に頼りない印象を与えてしまいます。

何事も悪い方向に考えるので、自分から提案したり動いたりすることはありません。

他人任せな言動が目立つとやる気が感じられず、サボっているようにも見えるもの。

指示待ちの状態が続くと、上司や先輩から怒られやすくなるので気をつけましょう。

 

事なかれ主義

意外かもしれませんが、事なかれ主義が怒られる原因となる場合もあります。

事なかれ主義の人は、いつも波風を立てないような振る舞いをするため、理不尽なことを言われても反論しません

そのため「この人は何を言っても怒らない」と思われ、ストレスのはけ口にされて怒りをぶつけられることがあるのです。

争いや喧嘩を嫌うのは悪いことではありませんが、怒られやすい人は納得できないときにうまく反論する術を身につけておきましょう。

 

清潔感がない

身だしなみがだらしなく、清潔感がない人は上司や先輩に怒られやすいでしょう。

不衛生な外見は周りの人を不快にし、取引先にも悪い印象を与えるため、上司や先輩から目の敵にされることがあるのです。

身だしなみが整えられていないと、すべてがだらしなく見えてしまいます。

嫌悪感を抱かれるような外見をしていないか、今一度チェックしてみてください。

 

怒られにくい人の特徴

世の中には怒られにくい人もいます。

上司や先輩に怒られてばかりいる人は、以下の特徴を取り入れてみましょう。

 

コミュニケーション能力が高い

怒られにくい人は、コミュニケーション能力が高いことが特徴的です。

第一印象はもちろん、交流を重ねるほど好感を持たれるため、良好な人間関係を築けます。

親しみを持つ相手であれば、ミスをしてもさほど腹が立たないため、軽い注意ですむことが多いものです。

コミュニケーション能力が高い人は、上司や先輩に可愛がられ、怒られづらい傾向があります。

 

何事にも一生懸命取り組む

怒られにくい人の特徴として、何事にも一生懸命取り組むことが挙げられます。

頑張り屋さんだとたとえ不器用でも、努力を認めてもらいやすくなるもの

上司の話を聞くときは、メモをとる・質問するなどして熱意が感じられるため、失敗することがあってもひどい叱られ方はされません。

応援の意味で指摘されることはあるものの、些細なことで怒られることはないでしょう。

 

気持ちの切り替えが得意

怒られにくい人は、他人から注意を受けたときに長々と落ち込むことはありません。

「次こそは!」と気持ちを切り替えられるため、失敗を糧に成長できるタイプです。

どんどん自分をアップデートしていくので、そもそもミスをしなくなります。

気持ちの切り替えが苦手な人は、怒られるといつまでも落ち込んでしまうでしょう。

「またミスしたら…」というプレッシャーのせいで、思わぬ失敗を重ねてしまうケースも少なくありません。

上司や先輩から怒られたときは、負のスパイラルに陥らないよう上手く気持ちを切り替えることが大事です。

 

上司や先輩から怒られたときの対処法

ここからは、上司や先輩から怒られたときの対処法を紹介します

最悪な状況を招きたくないのなら、以下の行動を実践してみてください。

 

理由を考えてすぐに謝る

上司や先輩から怒られたときは、その理由を考えてすぐに謝りましょう。

自分の非を認めず言い訳をしたり、責任転嫁したりすれば、印象が悪くなります。

今後ますます怒られるようになりかねないので、素直に謝ることが大切です。

なぜ怒られたのか、その理由をしっかり追求することで、今後のミスを減らせます。

 

同じ失敗を繰り返さないよう対策を練る

怒られたときは今後、同じ失敗を繰り返さないための対策を練ることが必要です。

一向に改善が見られなければ、フォローに回る人の負担がどんどん重くなるので、イライラされることは免れません。

怒られやすい人を脱却したいなら、失敗の原因を追求して対策を練りましょう。

チェックリストを作成したり、確認作業を増やしたりするといいかもしれません。

 

ストレスを発散する

怒られて落ち込んだまま仕事に取り掛かると集中できず、思わぬミスにつながりがちです。

負の感情に囚われているときは、気持ちを切り替えるための行動を起こしてみてください

職場でできるストレス発散法を用意しておくと安心です。

廊下に出て伸びをしたり深呼吸をしたりすると、心を落ち着かせることができるでしょう。

 

信頼できる人に相談する

幾度となく非難されることに納得できず、心のモヤモヤが消えないときは、信頼できる人に相談してみましょう。

客観的な意見を聞くことで視野が広がり、怒られる理由が明らかになるかもしれません

信頼できる同僚や友達なら、改善策をアドバイスしてもらえる可能性があります。

怒られることに対して悩んでいるときは、一人で抱え込まずに相談してみましょう。

 

相手が理不尽な場合は事実を淡々と伝える

明らかに理不尽なことで怒られた場合でも、ムキになって反論するのはやめましょう

納得できないからと否定し続けるのは、相手がヒートアップするだけです。

理不尽なことで怒られたときは、まず「失礼いたしました」と受け止める姿勢を見せてから、事実を淡々と伝えましょう。

冷静に自分に非がないことを説明すれば今後、八つ当たりされることはありません。

最後に「ご指摘ありがとうございます」と感謝の言葉を伝えれば、相手の怒りが収まるはずです。

 

怒られづらくなる方法

普段から怒られやすい人は、次の方法を試してみてください。

上司や先輩から叱責されることがグッと少なくなるでしょう。

 

自分から笑顔で挨拶する

怒られやすい人は、いつも自分から笑顔で挨拶することを心がけましょう。

挨拶をしなかったり暗い表情で声をかけたりする人は、印象がよくありません。

上司や先輩から目をつけられてしまえば、ちょっとしたことでも怒られてしまうでしょう。

笑顔で挨拶することで、礼儀正しく振る舞える人というイメージを与えられます。

「おはようございます」や「おつかれさま」だけでなく、些細なことでも「ありがとうございます」とお礼を言うように心がけておけば、怒られる頻度がかなり減るはずです

 

メモを習慣化する

指導や注意を受けるときは、メモをとることを習慣にしましょう。

自分の教えをしっかりメモしている姿に相手は感心するはずです。

真剣さが感じられるため、些細なミスでは怒られづらくなるでしょう。

一生懸命取り組んでいる姿を見せれば、上司や先輩からの信頼度を高められますよ。

 

洞察力を鍛える

洞察力を鍛えることでも、周囲の人から怒られづらくなります。

状況を正確に把握して、物事を円滑に進められるようになるからです。

洞察力を鍛えるには、周りをよく見るようにしたり、ヒヤリハットを意識したりしましょう。

また、あらゆることに興味を持ち、視野を広げることも大切です。

ミスを減らすことにつながるため、ぜひ洞察力を磨いてみてください。

 

怒られやすい男女はまず自分と向き合うことが大事!

怒られやすい人は、自分自身の思考や言動を見直してみましょう。

上司や先輩をイラつかせてしまうのは、何か原因があるはずです。

すでに思い当たる節があるなら、改善を目指してみてください。

怒られにくい人の特徴を取り入れたり、怒られづらくなる方法を実践したりするのがおすすめです。

怒られ続けていると自分への自信をなくし、日常生活に支障が出てしまうかもしれません。

負のスパイラルから抜け出すためにも、まずは自分と向き合うことからはじめましょう。

 

まとめ
  • 怒られ続けると自信を失う原因になる
  • 怒られやすい人の特徴には、「約束を守らない」「自分の非を認めない」「同じミスを繰り返す」などがある
  • 怒られにくい人の特徴として、「コミュニケーション能力が高い」「何事にも一生懸命取り組む」「気持ちの切り替えが得意」などが挙げられる
  • 上司や先輩から怒られたときは、理由を考えてすぐに謝罪したり、信頼できる人に相談したりするのがおすすめ
  • 怒られやすい人を脱却するには、「自分から笑顔で挨拶する」「メモを習慣化する」「洞察力を鍛える」ことがポイント

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 【夢占い】祖母の夢の意味20選!抱きしめる・笑顔・倒れるなどシーン別に解説

  • 【夢占い】懐かしい人が出てくる夢の意味とは?相手・状況・行動別に解説

  • 騙される夢の意味とは?夢占いの暗示を相手・被害者・状況別に解説

  • 【夢占い】エスカレーターの夢が暗示する意味は?上る・下るなど状況別に解説

この記事も一緒に読まれています

  • 馬顔の特徴とは?馬顔をさらに魅力的に見せる方法と馬顔芸能人を徹底調査

  • 【ナンパ師監修】ネットナンパとは?女性が気をつけるべき注意点を解説

  • 悪い女の特徴と見分け方5選!気になる悪い女の映画や漫画もご紹介!

  • いい人止まりな男性の特徴7選!女性から恋愛対象として見られる方法を解説

  • できる男の特徴とは?できる男が選ぶ理想の女性像やできる男になる方法

  • ヒモ男と付き合ったら地獄!ヒモ男に共通する特徴&心理を徹底解説!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 怒られやすい人の特徴とは?怒られたときの対処法&怒られづらくなる方法