1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特集
  4. アヤメの花言葉は怖いの?紫・白・青など色別の意味を紹介

アヤメの花言葉は怖いの?紫・白・青など色別の意味を紹介

特集
この記事は約 9 分で読めます。

アヤメは、まっすぐ伸びた茎の先に咲く紫や青、白い花の花姿が美しく、古くから親しまれている花です。

公園など屋外で観賞できる他、アレンジメントやギフトなどとしても人気の花ですが、どのような花言葉があるのでしょうか。

この記事では、アヤメの花言葉を色別に紹介するとともに、名前の由来や、アヤメの豆知識なども紹介していきます

 

アヤメの花言葉|全般

アヤメ全般の花言葉は「良い便り」「メッセージ」「愛」「神秘的」「優雅さ」「信じる者の幸福」など、ポジティブなものが多いです。

見た目の印象や、学名になっているIris(イリス)が由来となっているのですが、アヤメの花を見たり飾ったりすると、幸せを運んでくれそうな気がしますよね。

英語の花言葉も「Message(メッセージ)」「Hope(希望)」「Faith(信頼)」など良い意味の花言葉ばかりなので、プレゼントする際にメッセージカードに書くと喜ばれるでしょう。

 

アヤメの花言葉|色別

アヤメには全般の花言葉だけではなく、色別の花言葉があります。

ギフトにする際、相手のイメージに合うカラーを選ぶことも大切ですが、相手への気持ちをこめた花言葉を持つ色を選ぶのも素敵ですよね。

続いては、アヤメの花についた色別の花言葉を紹介します。

 

青いアヤメの花言葉

夏の青空や豊富な水を連想させるような、青いアヤメの花言葉は「強い希望」「信念」です。

アヤメの開花時期は初夏なので、ちょうど田植えのシーズンに見かけることが多くなります。

昔の人は、恵みの雨が降るように願いをこめて、青いアヤメに祈りを捧げたといわれています。

また、まっすぐ伸びた茎の先に大きな花をつけるアヤメは、農作物が丈夫に育ち豊作になるのを象徴するように見えるため、希望に満ちた花言葉ができました。

 

紫色のアヤメの花言葉

紫色のアヤメは「アヤメの花」というと多くの人が思い浮かべるような、アヤメの代表的なカラーといえるでしょう。

アヤメを代表する紫色のアヤメの花言葉は、アヤメ全般の花言葉と同じで「良い便り」「メッセージ」です。

また、アヤメの学名で、ギリシャ神話に登場する女神イリスが由来となった「知恵」「雄弁」という花言葉もあります。

イリスについてのエピソードは、後で詳しく紹介します。

 

白いアヤメの花言葉

白い色のアヤメには、汚れのない清らかな色のイメージから「純真」「純粋」「あなたを大切にします」といった、ロマンチックな花言葉があります。

白いアヤメは、清純な女性、これからもずっと大切にしたいと思っている恋人への贈り物に、ぴったりの花です。

また、ウェディングドレスを連想するような優雅な花びらの形から、ウェディングブーケや、結婚式の飾り付けなどで使われることも多いでしょう。

 

黄色いアヤメの花言葉

アヤメの仲間のキショウブ(イエローアイリス)は、水辺などで鮮やかな黄色の花を咲かせる品種で、日本に伝わったのは明治時代だといわれています。

黄色いアヤメの花言葉は、元気を与えてくれるような鮮やかな色彩のイメージから「幸せを掴む」「友情」ですが「復讐」「消失」という、ちょっと怖い花言葉もあります

 

アヤメの花言葉には怖い意味はあるの?

アヤメの花言葉は、基本的にポジティブで良い印象の言葉が多いです。

しかし、黄色いアヤメ(キショウブ、イエローアイリス)だけは「復讐」「消失」といった、怖い花言葉もあります

その理由は、イエスを裏切ったユダが黄色い衣服をつけていたことから、ヨーロッパでは黄色に対し「裏切り者」「卑劣」など、悪いイメージがあるからだといわれています。

ただし、黄色いアヤメにはポジティブな花言葉もあるので、もし誰かにプレゼントする場合は、メッセージカードに良い意味の花言葉を書いて、誤解されないようにしましょう。

 

アヤメとはどんな花?

アヤメには以下のような基本的な特徴があります。

  • 和名:アヤメ(菖蒲、文目、綾目)
  • 英名:iris/Siberian iris
  • 開花時期:5月~6月
  • 誕生花:4月17日・5月5日・5月10日など

ここからは、アヤメがどんな花なのか詳しく見ていきましょう。

 

アヤメの名前の由来

アヤメの名前の由来は、垂れ下がった花びらの根本に網目模様があって、木材や織物に見られる模様の「文目・綾目(あやめ)」に見えるからだといわれています。

また、剣のような形の葉が並んでいる様子が「文目・綾目」に似ているからという説もあります。

他にもいろいろな説があるのですが、どれが正しいのかは明らかになっていません。

アヤメと似た植物のハナショウブには網目の模様がありませんが、別名「はなあやめ」とも呼ばれていて「アヤメ」と呼ばれることもあるので、混乱するかもしれません。

 

英語では女神の名前

英名・学名のIris(アイリス)とは、ギリシャ語で虹を意味し、ギリシャ神話に登場する女神イリス(Iris)のことを指します

イリスはゼウスの使者として、虹の橋を渡って人々に良い知らせを伝える、大切な役目を果たした女神です。

アヤメに「メッセージ」「良い便り」「知恵」など良い花言葉があるのは、女神イリスの功績から連想されるからでしょう。

ヨーロッパでは、アイリスといえばカラフルなジャーマンアイリスを指す場合が多く、さまざまな色の花が咲くジャーマンアイリスを、虹にたとえた名前だともいわれています。

 

毒性がある

美しい花を咲かせるアヤメですが、毒性がある植物なので、万一食べてしまった場合には下痢や嘔吐、胃腸炎などの体調不良を起こす恐れがあります。

毒性はそれほど強くありませんが、ペットや小さいお子さんがいる家庭では、誤って口にすることがないよう気をつけましょう。

特に、根や茎、球根の部分は毒性が強いので、注意が必要です。

 

ことわざにも登場する

「いずれアヤメかカキツバタ」という、ことわざを耳にしたことがある方も多いでしょう。

その意味は、複数の人物に対して、優越がつけがたく選ぶのが難しいことです

または、そっくりで見分けがつきにくいことを意味する場合もあります。

これはアヤメと同じアヤメ科の植物であるカキツバタがとても似ていて、見分けがつきにくいことからできたことわざです。

たとえば、美人やイケメンが複数いて、つい目移りしてしまう場合「いずれアヤメかカキツバタで困る」といった使い方をします。

 

色の名前にもなっている

古くから我々に親しまれているアヤメの花は、色の名前にもなっています。

漢字で書くと「菖蒲色」で、読み方は「あやめいろ」「しょうぶいろ」の二種類があり、JISの色彩企画ではそれぞれが違う色と区別されています。

どちらも鮮やかな紫色ですが、それぞれの花色にちなんで、あやめ色の方は「明るい赤みの紫」で、しょうぶ色の方は「鮮やかな青みの紫」です

 

【おまけ】アヤメに似た花と花言葉を紹介

アヤメには、ことわざでいわれているように、そっくりでなかなか見分けがつかない花もあります。

アヤメ科の植物を総称して「あやめ」と呼ぶこともあるため、アヤメと思っていたら、ハナショウブやカキツバタの場合もあるでしょう。

最後は、アヤメに似た花と花言葉を紹介します。

 

ハナショウブ

ハナショウブ(花菖蒲)は、大ぶりな花びらがアヤメに似ている花で、生け花でよく使われますが、特に子どもの日には男の子の成長を願って飾られる花。

アヤメとの見分け方は、アヤメは花びらの付け根に網目状の模様があるのに対し、ハナショウブには模様がありません

自然のハナショウブの開花時期はアヤメより遅く、6月上旬から咲き始めます。

ちなみに、菖蒲湯に入れるショウブは、ハナショウブとは異なる植物です。

ハナショウブの花言葉は「うれしい知らせ」「心意気」です。

 

カキツバタ

カキツバタ(杜若・燕子花)は、初夏に紫や白の花を咲かせる植物で、アヤメやハナショウブにとても似ています。

アヤメとの違いは、アヤメは乾いたところに育つ植物ですが、カキツバタは水辺など湿地で育つところです。

また、カキツバタの花びらの根本には、アヤメのような網目模様はなく、黄色い線があります。

カキツバタの花言葉は「幸運は必ず訪れる」「高貴」なので、プレゼントにもおすすめです。

 

ジャーマンアイリス

ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)は、ヨーロッパ原産のアヤメの仲間で「レインボーフラワー」と呼ばれるほど、豊富な種類の花色があるカラフルな花です。

花びらの形はアヤメに似ていますが、アヤメと違い花びらの根本からブラシ状の綿毛が出ているものがジャーマンアイリスになります。

ジャーマンアイリスの花言葉は、女神アイリスから連想される「使者」「恋のメッセージ」です。

 

ダッチアイリス

ダッチアイリス(オランダアヤメ)は、アヤメより開花時期が早く、4月頃から咲き始めるアヤメの仲間の花です。

花の色は白や黄色、紫などで、カラフルなジャーマンアイリスと比べると地味な印象の花で、ジャーマンアイリスのようなブラシ状の綿毛はありません。

ダッチアイリスの花言葉は、女神イリスのイメージから「吉報」「使命」「優しい心」です。

 

アヤメの花はギフトにぴったり!ポジティブな花言葉で気持ちを伝えよう

アヤメの花言葉はポジティブな印象のものが多く「良い便り」「メッセージ」「愛」などです。

色別の花言葉もほとんど良い意味ですが、黄色いアヤメだけは「復讐」など悪い意味もあるので、誰かに贈る場合には良い方の花言葉を添えて渡しましょう

アヤメの名前の由来は、花の特徴でもある花びらの根本になる網状の模様ですが、ハナショウブ、カキツバタなど、アヤメ属の花を総称してアヤメと言うこともあります。

アヤメの英名・学名にもなっているイリス(アイリス)は、ギリシャ神話に登場するゼウスの伝令を運ぶ虹の女神で、花言葉の由来にもなっています。

アヤメには良い意味の花言葉が多いので、ギフトにして気持ちを伝えましょう。

 

まとめ
  • アヤメの花言葉は「良い便り」「メッセージ」「愛」などポジティブな意味がある
  • 色別の花言葉もほとんど良い意味だが、黄色のアヤメだけは怖い花言葉もある
  • アヤメはことわざや色の名前にもなっていて、花びらの根本にある網目模様がポイント
  • 英名のアイリスはギリシャ神話に出てくる虹の女神で、花言葉の由来になっている
  • 良い意味の花言葉があるアヤメをプレゼントして、気持ちを伝えよう

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • カラーの花言葉に怖い意味はある?白・ピンク・黒など色別の意味も紹介

  • クチナシの花言葉は怖い?縁起が悪いと言われる理由や育て方まで解説

  • カモミールの花言葉は怖い?意味・由来・おすすめのプレゼントシーンも解説

  • 切れ長の目のイケメン男性芸能人ランキングTOP10を発表!1位はあの人気俳優!

この記事も一緒に読まれています

  • 門真のおすすめスナック&バー8選!カラオケが安く楽しめる人気店も紹介

  • ハナミズキの花言葉にはどんな意味がある?由来となったエピソードも紹介

  • 【桜(サクラ)の花言葉】怖い意味もある?花言葉の由来や種類別の意味とは

  • セフレの作り方ってどうすればいい?出会った女性とセフレになる方法を解説

  • 心斎橋のおすすめスナック9選!カラオケ好きに人気のお店や初心者も楽しめる店舗を紹介

  • 岸和田のおすすめスナック・バー10選!駅チカの人気店を紹介

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特集
  4. アヤメの花言葉は怖いの?紫・白・青など色別の意味を紹介