1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特集
  4. LINEが嫌いな人は返信が遅い!LINEが苦手な人の理由&対処法とは

LINEが嫌いな人は返信が遅い!LINEが苦手な人の理由&対処法とは

特集
この記事は約 10 分で読めます。

LINE(ライン)のメリットはリアルタイムで連絡を取り合えることですが、中には返信がとても遅い人もいますよね。

何かあったのかと心配になりますが、LINEが嫌いという理由で返信が遅れる人は少なくありません。

今回はLINEが苦手な人の理由や対処法について徹底解説します。

相手の気持ちを理解して良好な人間関係を築いていきましょう!

 

LINEが苦手な理由

LINEは便利な連絡ツールですが、その仕様が好きになれないというタイプの人もいます。

LINEが苦手な理由について見てみましょう。

 

返信内容を考えすぎてしまうから

LINEメッセージの内容によっては、どう返信すべきかわかりづらいことがあります。

とくに独り言のような呟きや写真が送られてきた場合、何と返信すればいいのか迷ってしまう人は多いでしょう。

対面でのコミュニケーションとは異なり、LINEには送られてきたメッセージ以外の情報はありません。

相手が求めていることがわからず、返信内容を考えすぎてしまうため、LINEは苦手という人は少なくないようです。

 

終わらせ方がわからないから

何気ないおしゃべりは終わり時がわからないことがありますが、それはLINEも同じです。

人によって終わり方のルールは異なり、常に相手の望む形で終わらせられるわけではありません。

「それじゃあおやすみー」とメッセージが届いて既読スルーしたところ、「何でおやすみって返してくれないの?」と怒りの追撃LINEが届くなんてことも…。

また、スタンプが送られてきたケースでは、返信すべきかここで終わらせるべきかで悩んでしまうこともあるでしょう。

正解がないだけに終わらせ方がわからず、LINEが苦手になってしまう人もいます。

 

既読マークにプレッシャーを感じるから

LINEには送ったメッセージを読んだかどうかがわかる既読機能がありますが、この既読マークにプレッシャーを感じる人は少なくないでしょう。

LINEの未読スルーは失礼だからと既読にしたものの、今度は既読スルーにならないよう早く返信しなければならないことにストレスを感じてしまうのです。

遠くの相手とリアルタイムに連絡を取り合えるのは確かに便利ですが、こちらが忙しかろうがお構いなしにメッセージが届き、届いたらすぐに返信を急かされるのでは、フラストレーションが溜まってしまいます。

返信をすることに義務感を覚えてしまえば、LINE嫌いになるのは当然かもしれませんね。

 

LINEが苦手な男性・女性の特徴


LINEを楽しめる人もいれば、そうでない人もいます。

LINEが苦手な男性・女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

以下の内容に当てはまる人が身近にいないか、確認してみましょう。

 

連絡手段は電話が基本

連絡手段は電話が基本という人にとって、LINEの利便性はさほど高くはありません。

電話なら電話帳に登録しておけばボタン一つでつながりますし、文字入力も必要なく、その場で返事も聞けます。

相手の都合を考えずいきなり対応に迫られるから電話は苦手という人もいますが、LINEも既読マークがつく以上、いつまでも放置するわけにはいかず、早めの返信が必要です。

また、LINEはチャット感覚でやり取りできることから、メッセージ交換がなかなか終わらないということも珍しくありません。

そのため、要件だけを伝えたい人との相性はあまり良いとはいえないでしょう。

 

LINEグループは用が終わると即退出

LINEが苦手な人は、グループLINEに参加していても用が終わると即退出してしまいます。

おしゃべりもせず、さっさと出て行ってしまうので、嫌われているのかと不安になってしまいますが、外で会ったときに笑顔で話しかけてくれるようなら、単にLINE自体が苦手なだけでしょう。

通知が届くのを一つでも減らしたい…という気持ちから、グループLINEを即退出するのです。

 

アイコンは初期のまま

LINEが苦手な人のアイコンは初期のままであることが多いです。

誰だって苦手なアプリの機能を調べてまでアイコンを変えようとは思わないですよね。

初期設定をキープしている状態は、それだけLINEに関心がない証拠といえるでしょう。

ネット自体が苦手の可能性もありますが、LINE以外は使いこなせているなら、アプリに対して苦手意識を持っていると考えられます。

 

束縛されるのが嫌い

束縛されるのが嫌いな人は、LINEの既読機能に嫌悪感を抱いています。

「メッセージがきたら既読にしなくちゃ」「既読にしたら返信しなくちゃ」とプレッシャーを感じて、こちらが返事を出せば相手もすぐに返信してくるため、いつまでたってもやり取りが終わらず、長時間拘束されてしまうからです。

既読・未読がわかるのは確かに便利な機能ですが、他人に縛られたくない人にとっては窮屈に感じてしまいます。

 

既読をなかなかつけない

既読マークに急かされたくなくて、既読をなかなかつけないことも、LINEが苦手の特徴です。

未読無視なら気づかなかったと言い訳できますが、既読後に即返信しなければ、どんな事情があるにせよ、返信を後回しにしたことに変わりなく、相手にいい印象を持たれないことは確実です。

そのため、あえて送られてきたメッセージをなかなか既読にしない人もいるでしょう。

会うといつもフレンドリーな人なのに毎回既読が遅いなら、LINEが苦手なのかもしれません。

 

有料スタンプは買わない

有料スタンプを買わないという人もLINEが苦手な可能性が高いです。

さほど愛着のないアプリにお金をかけようと思う人はいませんから、これは当然といえるかもしれません。

もっとも中には経済的な理由からどんなアプリでもお金は使わないという人もいます。

そのため、無料スタンプばかりでも一概には決めつけられませんが、電話連絡が多かったり、用事以外でLINEを使うことがなかったりすれば苦手なんだなと思っていいでしょう。

 

返信が遅くて困る…LINEが苦手な人への対処法

LINEが苦手で返信が遅いと、場合によっては連絡がスムーズに取れず、困ってしまうことがあります。

そんなときは、どのように対応すればよいのでしょうか?

ここからは、LINEが苦手な人への対処法を紹介します。

 

要点をまとめて短文で送る

LINEが苦手とわかっている相手には、要点をまとめて短文で送るようにしましょう。

そのメッセージで要件が完結するように書くのが理想です。

たとえばイベント参加について回答がほしいなら、イベントの詳細を書いて「参加希望なら○日までに返信してください。不参加なら返信不要です」と書き添えておけば、参加希望の場合のみ返信を出せばいいことになります。

期日を設けているため、参加したい場合でも相手は急いで返す必要がありません

送った側もヤキモキしながら返信通知を待たずに済みますよね。

 

電話で要件を伝える

既読すらつかない相手なら、シンプルに電話で要件を伝えるのがベストです。

通話であればその場で返事も聞けますし、相手も苦手なLINEを操作せずに済みます。

いくらLINEが普及しているとはいえ、電話の普及率には及びません。

携帯電話を持っていないという人はまずいませんから、確実に連絡を取りたいときには電話をかけるようにしましょう。

 

返信は催促せず既読スルーでも気にしない

LINEでメッセージを送ったあと、既読がつかなかったり既読無視されたりすると、つい「どうしたのかな?」とヤキモキしてしまうものです。

だからといって、すぐに追撃LINEを送るのはNGです。

LINEが苦手な人はこまめに確認しませんし、相手には相手のペースがあります

返信を催促すれば相手に不快感を与える可能性があるので、既読スルーでも気にしないようにしましょう。

 

LINEが苦手な彼氏・彼女との付き合い方


LINEは仕事や友人関係だけでなく、恋愛相手との連絡に使われることもありますが、恋人がLINEをあまり好きではない場合、どうしたらいいのでしょうか。

最後に、LINEが苦手な彼氏・彼女との付き合い方を紹介します。

お互いの価値観を尊重し、2人の関係性をよりよいものにしていきましょう。

 

恋人に合わせたルールをつくる

会えない日には「おはよう」や「おやすみ」の挨拶だけでもLINEでしたいと思う人もいますが、顔を見て言わなければ挨拶する意味がないと考えている人もいます。

こうすべきとマイルールを押し付けても関係は悪化するだけです。

LINEで連絡を取り合うなら、せめてLINEが苦手な恋人に合わせたルールをつくるようにしましょう。

 

文章をつくるのが苦手なら、返信の代わりにスタンプを送ってもらうのも手です。

「YES」と「NO」を判別できるスタンプがあれば、相手はどちらかを選ぶだけで済みます。

挨拶のスタンプもありますから、「2人でこういうときはこのスタンプを使用する」と話し合って決めておくといいでしょう。

LINEが苦手な恋人に合わせることで、コミュニケーションが取りやすくなりますよ!

 

デートの頻度を増やす

恋人にLINEを送ってもちっとも返信がこなければ、ヤキモキしてしまいます。

とくに女子人気が高いモテ男や職場で紅一点状態の美人が恋人なら、不安はいっそう募ります。

だからといって浮気していないかと探りLINEを入れると、ウザがられてしまう可能性大です。

 

心配ならLINEに頼らず、デートの頻度を増やすようにしましょう。

恋人の笑顔を見れば、会えない時間の不安が杞憂だったことに気づくはずです。

LINEはあくまでコミュニケーションツールに過ぎません。

返信がこないのは単なるツールとの相性が悪いだけかもしれないのですから、会う機会を増やせば余計な心配はしなくて済みます。

 

「LINEが苦手」という相手に内容の薄い文章を送るのはNG

LINEでのやり取りに慣れていると、一緒にいるときと同じ感覚で冗談や雑談を気軽に送ってしまいますよね。

しかし「LINEが苦手」という相手に内容の薄い文章を送るのはNGです。

相手にとってLINEはあくまで連絡用のツールに過ぎない可能性があります。

それなのに、他愛もないおしゃべりを送ってこられても返す言葉に困りますし、「何で返信しないの?」と急かされては、ますますLINEが嫌になってしまいます。

返信がこないなと思ったら、相手の心理を探り、LINEが苦手な人には電話や対面で話すといった他の方法でコミュニケーションを取りましょう

 

まとめ
  • LINEが苦手な理由には、返信内容を考えすぎる・終わらせ方がわからない・既読マークにプレッシャーを感じるなどがある
  • LINEが苦手な人の特徴には、連絡手段は電話が基本・LINEグループは用が終われば即退出・アイコンは初期のまま・束縛が嫌い・既読をなかなかつけない・有料スタンプは買わないなどがある
  • LINEが苦手な人への対処法としては、要点をまとめて短文で送る・電話で要件を伝える・返信は催促せず既読スルーでも気にしないのがおすすめ
  • LINEが苦手な彼氏・彼女と上手く付き合うには、恋人に合わせたルールをつくり、デートの頻度を増やすことがポイント

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

Group O'z

Group O'z

人の心や行動のメカニズムにアプローチしてハッピーの秘密を探りたいです。
公式ブログ
http://groupoz.blog.fc2.com/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 嫌い避けをする女性の特徴を大公開!好き避けとの見分け方も徹底解説

  • かまってちゃん男のうざい特徴&心理はコレ!上手な対処法を徹底解説

  • 耳フェチは男性に多い!耳フェチ男性の心理&好きな耳の形・特徴を紹介

  • 嫉妬深い女性の心理&特徴とは?嫉妬心の強い女性の対処法を徹底解説

この記事も一緒に読まれています

  • 定番のピースを卒業!友達と写真を撮るときに使えるポーズを一挙大公開!

  • 気になるあの人とディズニーシーの夜を楽しむ方法&おすすめスポットを紹介

  • 自分らしさとは?自分を見失う理由と自分らしさを見つける3つの方法

  • アラサー女子が主役!おすすめの美容オタク芸能人やスキンケア習慣を紹介

  • 就活・転職に役立つ自己分析のやり方とは?3つの簡単ステップ方法や注意点

  • 冬のディズニー完全攻略!おすすめの服装&持ち物・楽しみ方を解説!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特集
  4. LINEが嫌いな人は返信が遅い!LINEが苦手な人の理由&対処法とは