1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特集
  4. 男子目線のおデブ女子の基準って?あるある習慣や脱却する方法を紹介!

男子目線のおデブ女子の基準って?あるある習慣や脱却する方法を紹介!

特集
この記事は約 10 分で読めます。

「男子は少しくらいぽっちゃりしてる女子が好き」とは言うものの、どこまでがぽっちゃりでどこからおデブ認定されるのか、その基準は案外曖昧です。

自分ではぽっちゃりのつもりでも、男性からおデブ扱いされてしまうのは避けたいもの。

そこで今回の記事では、男子目線での「おデブ基準」やおデブ女子から脱却する方法について解説していきます

        

男子目線からおデブ女子認定の基準とは?

ぽっちゃりもおデブも結局一緒じゃない?と思っていたら大間違い!

男子目線からのジャッジは実は非常に厳しく、女子的にはOKでも男性的にはおデブ認定されてしまうこともあるのです

 

人気女性誌CanCamが行ったアンケートの調査結果によれば、

  • 二重顎&首がない
  • 三段腹&ぽっこりお腹
  • 脚のメリハリがない
  • 下着にお肉がのっている
  • 二の腕がプルプル揺れる

といった特徴があれば「おデブ」として判定されてしまうようです。

 

二の腕やお腹はとくにぽっちゃりしやすい部分だけに、耳の痛い意見です。

女性らしいぷにっと感触は好きでも、だらしなさすぎる体型はやはりおデブ認定されてしまうということなのでしょう。

逆にふくよかであってもウエストのくびれがある人や、髪や肌がキレイで清潔感のあるタイプ、顔にそれほど肉のないタイプの人は「良いぽっちゃり」と判断されることが多いようです。

参考元:https://cancam.jp/archives/171116

 

おデブ女子のあるあるな日常習慣

続いては、おデブ女子の日常にあるあるな習慣を見ていきましょう。

当てはまる項目が多い女子は「おデブ予備軍」の可能性あり!生活習慣を見直した方がよいといえます。

 

バッグにお菓子があるのは鉄板

バッグにいつもお菓子が入っていて、口寂しいときはつい何かを食べていませんか。

チョコや飴、小袋のお菓子を持ち歩いている人はおデブな可能性が高いです。

「一口だけならいいか」と思っているかもしれませんが、1回分は少量でも食べ続けていればカロリー過多に。

常にお菓子が手放せないという女子は注意が必要です。

 

ゴムウエストなんて当たり前

ゴムウエストの服は動きやすく楽ちんなので、愛用者も多いでしょう。

しかし、持っている服がほとんどゴムウエストという場合は注意が必要です!

伸縮性のあるボトムばかりだと、多少ウエストが太り気味になっても気づきません

 

そのため、気が付いたら体重がかなり増えている…なんてことも。

ゴムウエストの服ばかり選んでいるのなら、あなたもおデブ女子に片足をつっこんでいる可能性大です。

 

毎日ダイエット中ですが何か?

なぜか太っている人に限って「ダイエット中なの」と宣言しがちです。

一見頑張っているようですが、極端な食事制限の反動でドカ食いしてしまったりと、一向に体重は減らない様子…。

「ダイエットしているのだから、いつかは痩せるはず」と、リバウンドを繰り返しているのはおデブ女子の証拠です。

 

オーバーサイズの服でデブカバー

大きめのTシャツや体型の隠れるワンピースなど、オーバーサイズのファッションで身体のラインをごまかすのもおデブ女子にあるあるな習慣。

確かにオーバーサイズの服であれば、自分の体型を直視しなくてすむかもしれません。

更には体重計に乗らない、標準体重だった頃の写真は見ないなど、体型や体重を正しく把握するのを避けてしまうのがおデブ女子なのです。

 

階段よりも即エレベーター

おデブ女子は基本的に動くことが苦手です。

そのため、階段よりはエレベーターやエスカレーターを選びがち。

なるべく歩くことや疲れることは避けるようにしています。

 

しかし、動かないということはそれだけ代謝も上がらないということ

サイクルマシンやランニングマシンまで使う必要はありませんが、せめてこまめに動くようにしなければ、体型を変えることは難しいでしょう。

 

時間を気にせず食べたいときに食べる

痩せている人は規則的に食事をとっています

しかし、おデブ女子の食事時間は「自分が食べたいとき」。

夜中であろうが食事前であろうが、自分が食べたいと思ったら時間を気にせず食べてしまいます。

特に夜遅くの食事は脂肪を蓄積させる可能性が高く、本来なら避けたい行為ですが、おデブ女子の場合は気にせず夜間のおやつやラーメンを口にしてしまうのです。

 

帰り道にコンビニはマスト

菓子パンや新商品のお菓子、揚げ物などが豊富なコンビニはおデブ女子にとって欠かせないスポット。

もちろん帰り道のコンビニはマストです。

入ったら最後、お菓子にジュースにカップ麺など、欲望の赴くままに買い物してしまいます。

 

もちろん帰ったあと、それらは胃袋の中へ…。

おデブ女子を卒業したいなら、まずは用のあるとき以外のコンビニを禁止することをおすすめします。

 

おデブ女子から脱却する5つの方法

「私はもう立派なおデブ女子」という自覚のある人もいるでしょう。

しかし、そのままではもっとおデブになってしまうかもしれません。

おデブは見た目だけでなく、将来的に健康に影響してしまう可能性もあります。

おデブから脱却したいなら、ぜひこれから紹介する方法を試してみてください。

 

大好きな白米はランチだけOK

おデブな自覚がある女子は白米大好きな人が多いです。

しかし、米やパンなどの主食は糖質が多く太りやすい食品です。

もしもお米を食べ過ぎる傾向があるのなら、白米はランチだけのルールを作ることをおすすめします。

 

また、パスタやピラフといった主食ばかりの食事は避け、野菜やタンパク質もしっかり摂るようにしましょう

そうすればお米をドカ食いしなくても満足感を得られるはずですよ。

 

調味料は体に良いものにチェンジ

おデブ女子の中にはソースやケチャップなど、味の濃い調味料が大好きな人もいるのではないでしょうか?

これらの調味料は糖質が多くダイエットには大敵です

食事に調味料を使いたいなら、少量の塩や酢、カロリーオフのマヨネーズなどにチェンジするのがおすすめです。

体にも優しく、食材本来の味が楽しめるようになりますよ。

 

食事の食べる順番を決める

「大好きなお米や揚げ物から手が伸びちゃう!」というおデブ女子は多いのではないでしょうか。

しかし、お米などの糖質から食べるのは血糖値を急上昇させ、太りやすい体質を作ってしまう危険な食べ方。

おデブ脱却のためには、血糖値の上昇を抑える効果のある野菜やキノコ類、海藻類などから食べ始めるのがおすすめです

あらかじめ食べる順番を決めておけば、野菜や海藻類のあるヘルシーなセットメニューを選ぶことにもつながり一石二鳥です。

 

しっかり噛んで食事する

おデブ女子は基本的に早食い。

気が付いたら目の前の食事がなくなっている、なんてことは珍しくありません。

しかし、早食いはもっとも太りやすくなる食べ方です

これ以上おデブになりたくないなら、一口30回を目標にしっかり噛んで食事するようにしましょう。

 

よく噛むことで満足感が得られるため、自然と食事量を減らすことができます。

また、筋トレなどの運動をプラスすればより効果的に痩せられるのでおすすめです。

 

間食のお菓子はちょこっとならOK

痩せたい人にありがちなのが、極端な食事制限です。

食事量を過度に減らすような無理なダイエットは失敗のもとになり兼ねません。

 

絶対間食はしない、と無理に縛ってしまうのではなく決めたルールに乗っ取って食事するのがベストです!

  • 15時の間食時間(おやつタイム)を設ける
  • 食べる量は必ずお皿に移して丸ごとではなく分割して食べる
  • 味わいながらゆっくり食べる

などルールを作り守ることができれば、間食をしてもさほどダイエットに影響をもたらしません。

無理なくダイエットを続けやすくするのも成功につながる手段の一つです。

 

おデブ女子に優しい国があった・・・

日本や韓国、あるいは欧米の一部などではどちらかというとやせ型の女性が好まれます。

しかし広い世界の中には、おデブの方が魅力的とされる国もあるのです!

とはいえ、おデブ好きな国の女性にもそれなりの苦労があるようですが…最後にそんな「おデブ女子に優しい国」を紹介します。

 

モーリタニア

西アフリカのモーリタニアでは、太った女性は富と美しさの象徴とされています。

干ばつが多く厳しい環境にあるため、肥満が裕福さの現れと考えられているのです。

そのため太った女性に対する礼賛はすさまじく、出産後に痩せてしまうと離婚される可能性もあるようです

なかなか体重の増えない体質の人は薬を使って無理に食欲増進したりと、女性の体型に対してかなり厳しいことが伺えます。

 

ナウル

西大西洋にある島国のナウルも、太った女性が好まれる国です。

ナウルでは女性のぽっちゃりとした豊満な体型が、美や子宝の象徴とされ愛されています。

体重管理の厳しい日本とは逆で、妊娠中はここぞとばかりに食べさせられる文化が根付いているそうです

 

タヒチ

南大西洋のリゾート地、タヒチでも太った女性は人気です。

なんと、女性に脂肪がキチンとついているかを調べる「ハーポリ」という習慣があるのだとか。

そのためココナツミルクや炭水化物といった、高カロリーのメニューが好まれるそうです。

 

アフガニスタン

アフガニスタンも古来からふくよかな女性が好まれる国の1つです。

ぽっちゃり体形の方が子宝に恵まれやすいというイメージから、太った女性が大事にされる傾向にあります。

 

南アフリカ

南アフリカでは太っている=健康とされているため、ふくよかな女性が好まれます。

逆に痩せている人は病弱というイメージと結びつきやすく、ネガティブに捉えられてしまうそうです。

 

おデブ女子が痩せることで見えてない世界が見えるかも!

痩せ過ぎよりもぽっちゃりした女子が好まれやすい、とはいえやはり限度はあるものです。

楽ちんなゴムウエストの服ばかり着ていたり、体重が増えても間食がやめられないようでは「おデブ女子」認定されてしまうかもしれません。

おデブはモテないだけでなく、健康にも影響する可能性があります

「自分はおデブ女子かも…」と心当たりのある人は、今からでも食生活や普段の習慣を見直すことをおすすめします。

 

今より痩せることができれば自己肯定感もアップし、見えてない世界が見えてくるかもしれません。

無理せずコツコツとダイエットして、ぜひおデブ女子からの卒業を目指してくださいね!

 

まとめ
  • おデブとぽっちゃりの境界は曖昧だけど、二重顎、三段腹などの特徴があれば「おデブ女子」認定される可能性大!
  • おデブ女子には、バッグにはいつもお菓子、階段が嫌い、オーバーサイズの服ばかりといった特徴がある
  • おデブ女子を脱却したいなら、食事の仕方や食べ方を工夫してみよう
  • おデブ女子を卒業して普通体型になれば、印象もガラリと変わる!新しい世界が見えてくるかも!

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

小野塚 晴子

小野塚 晴子

読書好きのインドア派です。恋に消極的な人にも楽しめるような記事を目指します!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 仕事でケアレスミスが多い人の特徴・原因7選や対策する方法を紹介!

  • お家デート正解の服装は?彼ウケの良いコーデのポイントを季節別に紹介!

  • 【50代向け】マッチングアプリおすすめの選び方や婚活・恋活成功のコツ!

  • 運がいい人ってどんな人?共通する特徴や運が良くなるための習慣5選を紹介

この記事も一緒に読まれています

  • LINEプロフ・トプ画像をおしゃれに見せる法則!可愛い&かっこいい解説

  • 仲良し夫婦でいるコツは?夫婦円満の秘訣と家族運アップの風水・神社を紹介

  • 食べて痩せるダイエットが存在した!おすすめ食材や1週間献立レシピを公開

  • 【2021年】泣ける恋愛映画!史上最強のおすすめ邦画最新版ランキング

  • まつ毛長くなりたい!まつ毛が長い人の特徴・メリット・まつ毛を伸ばす方法

  • インスタ映えが嫌いな人続出中!うざいと思われがちなインスタ女子の特徴

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特集
  4. 男子目線のおデブ女子の基準って?あるある習慣や脱却する方法を紹介!