1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特集
  4. LINEが嫌いな理由とは?LINEが苦手な人への上手な対処法を解説!

LINEが嫌いな理由とは?LINEが苦手な人への上手な対処法を解説!

特集
この記事は約 9 分で読めます。

LINEは現在、連絡手段として最も使用されているコミュニケーションツールの1つです。

しかし、中にはLINEが嫌い・苦手な人も一定数存在します。

LINEが嫌い・苦手な人とは、やりとりがスムーズにできないため、困ってしまった経験がある人は多いでしょう。

今回の記事では、LINEが嫌いな理由や、LINEが苦手な人への上手な対処法を詳しく解説します

2人の関係性を悪化させないためにも、ぜひチェックしてみてください。

 

LINEが嫌いな理由とは?

使い方によっては便利に感じるLINEですが、メッセージのやりとりに苦手意識をもつ人がいます。

まずは、LINEが嫌いな理由をいくつか紹介します。

 

会話を切り上げるタイミングが分からない

チャット感覚でテンポよくやりとりできる点が魅力のLINEですが、会話を終わらせるタイミングが分からないことが嫌いな理由になる場合があります。

とくに話し好きな人とのLINEは終わりが見えないため、イライラしてしまう人は意外と多いのではないでしょうか。

自分から会話を切り上げるのも気が引けるし、かといってずっと続けるのも苦痛…

このような心理から、LINEのやりとりが億劫になってしまう人は少なくありません。

 

既読機能があることでプレッシャーに感じる

LINEの既読機能を厄介に感じている人は、自分にLINEメッセージが届いた瞬間、嫌悪感を抱く傾向があります。

LINEの既読機能は、相手のメッセージを開いた時点で「既読マーク」がつくため、急いで返信しなくてはいけないという謎のプレッシャーに襲われてしまう人は少なくありません。

逆もまたしかりで、自分のメッセージに既読がついているのに、返信がこない場合には不安になることもあるでしょう。

LINEの既読機能は、メッセージを見たかどうかがわかる便利な機能ではあるものの、人によっては心理的にマイナスの影響をもたらす可能性があるのです

既読マークに振り回されがちな人は、LINEが嫌いになってしまうことがあります。

 

スタンプのみの返信に困る

自分の感情を文字ではなく、スタンプで表すことができるのもLINEの便利なところです。

しかし、このスタンプ機能がわずらわしいと思う人もいます。

「文字+スタンプ」のメッセージはとくに問題ないのですが、スタンプだけのLINEを送られた場合は、返信に悩んでしまうのです。

スタンプを送り返したらいいのか、既読スルーでいいのかと正解が分からず、考えるのがめんどくさくなる人もいるでしょう

LINEスタンプにわずらわしさを感じる人の場合はこのようなシーンにうんざりし、LINE自体を嫌いになってしまうのです。

 

通知がくるのがうざい

LINEは、他のアプリを使用している最中でもメッセージが届いた際には、バナーやメッセージ音とともに通知が表示されます。

この通知が「毎回届くのがうざい」という理由から、LINEが嫌いだという人も多いです。

実はこのLINEの通知は、設定にて非通知にすることもできます

しかし非通知設定を知らない人は、どんどんLINEの通知が届くのでストレスを感じてしまうのです。

とくに最近では仕事の連絡ツールとしてグループLINEを使用することが増えているため、LINEの通知が表示される回数が人によっては膨大な量になることもあります。

このように、日々LINEの通知が頻繁にくる人の場合には、通知がうざいと思うようになり、LINEが嫌いになってしまうのです。

 

親しくない人と気軽につながれる

現在はほとんどの人がLINEを使用していることから、初対面の相手にLINEの交換をうながされることが多いでしょう。

本当は連絡先の交換をしたくない相手でも、LINEを使用していないという嘘はバレやすいため、ついLINEを教えてしまう人は多いのではないでしょうか。

LINEであれば、電話番号を聞くよりも気軽に連絡先の交換ができる風潮があるため、親しくない人とも気軽につながることができてしまうのです。

あまり仲良くない人からメッセージが届くことで、LINEが嫌いになってしまう人は意外と少なくないかもしれません。

 

LINEが嫌いな人の心理【男女共通】

LINEが嫌いな人の深層心理を理解することで、相手の嫌がるメッセージを送らなくてすむかもしれません。

次は、LINEが嫌いな人に「共通する心理」を挙げていきます。

 

意味のないやりとりは時間の無駄

LINEが嫌いな人は、基本的に「意味のないやりとりは無駄」と考えています。

「必要最低限の連絡以外は不要」というような心理から、ダラダラと意味のないやりとりが続きがちなLINEが嫌いなのです。

普段から他愛もない会話を楽しむ様子がないなら、その人はLINEが嫌いかもしれません。

意味のないメッセージを送れば、既読スルーされる可能性が高いでしょう。

 

文章を考えるのがめんどくさい

「文章の内容を考えるのがめんどくさい」というような心理から、LINEが嫌いになる人も多いです。

とくに文章を書くことが苦手な人は、メールやLINEといった「文字でのやりとり」が他の人に比べ、多く時間がかかってしまいます

そのため、メールやLINEでのやりとりがめんどくさいと思うようになり、嫌いになってしまうのです。

 

束縛されるのが嫌

束縛されるのが嫌な人も、LINEが苦手と感じてしまうことが多いです。

LINEは、既読や未読がひと目でわかるアプリなので、メッセージが届けばなるべく早めに読もうと考えるのが一般的でしょう。

また、メッセージを開けば既読マークがつくため、すぐに返信をしないといけないような気持ちに駆られます。

そうした既読・返信の義務感が、束縛されるのが嫌な人にとって苦痛でしかないのです

恋人にすら一切の束縛を許さないという人は、LINEが嫌いかもしれませんね。

 

LINEが嫌いな人の特徴【男女共通】

LINEが嫌いな人には、いくつかの共通する特徴があります。

LINEのやりとりをしていれば、すぐに気づくことができるので、身近な人に以下の傾向が当てはまるかどうか一度確認しておくことをおすすめします。

 

すぐ既読スルーをする

LINEが嫌いな人は、既読スルー(既読無視)をしがちです。

LINEが嫌いなので、そのまま素直に行動に反映されます。

基本的にダラダラやりとりを続けたくないので、会話を終わらせたいときにはあえて未読スルー(未読無視)をする人もいます

既読スルーや未読スルーが多い相手は、LINEが嫌いである可能性が高いため、何度もしつこく返信を促すことはしない方が良いでしょう。

 

有料スタンプを買ったことがない

LINEが嫌いな人は、LINEスタンプに一切興味がありません。

LINEをただの連絡ツールとしか思っていないため、アプリに課金することなんて考えもしないのです

デフォルトで入っているスタンプだけで事足りてしまうことから、有料スタンプを買う人はほとんどいないでしょう。

 

スタンプで返事をすることが多い

LINEが嫌いな人は、とにかく早くやりとりを終わらせたいと思っています。

そのため、会話を終了させようとスタンプで返事をする傾向があります。

もしも相手がスタンプで毎回返信をしてくる場合は、LINEが嫌いである可能性が高いです。

このような相手に長文メッセージを送れば、スタンプでは返事ができないので既読スルーされてしまうでしょう。

 

アイコンが初期設定のまま

LINEが嫌いな人は、自分のアイコンにこだわりがないため、初期設定のままであることが多いです。

アイコンの設定を調べることすら面倒くさいので、変更しないのでしょう。

LINEを長く使っているにもかかわらずアイコンが初期設定の人は、LINEが嫌いな人である可能性が高いです。

 

LINEが苦手な人への上手な対処法【彼氏彼女・友人共通】

LINEは現在連絡をとる上で必要不可欠なツールなので、LINEが苦手な人ともやりとりをしなければいけません。

LINEが苦手な人に負担をかけないためにも、上手に対処してあげることが大切です。

以下の内容は彼氏や彼女、友人に共通する対処法なので、身近にLINE嫌いな人がいる場合はぜひ実践してみてください。

 

要件だけを伝えるようにする

LINEが苦手な人には、なるべく不要な会話は避けるようにし、要件だけを簡潔に伝えるようにしましょう。

たとえば、友人同士の集まりの連絡をする際は、「日時・メンバー・場所」だけを伝えればOK。

相手が恋人であれば、俺通信・私通信にならないように気をつけて、「次はいつ会える?」「誕生日プレゼントはなにがいい?」と要件だけを質問しましょう。

LINEでのやりとりでは、相手にとって必要な情報だけを提示するのがポイントです。

 

やりとりの終わりを示してあげる

LINE嫌いな人には、やりとりの終わりを先に示してあげるのが良い対処法です。

「ありがとう!(返信不要です)」「お休み!またね」など、相手に返事が必要ないことが伝わるような文章がベストです。

相手の負担を減らしてあげれば、無駄にストレスを与えずにすむので、次にLINEで連絡をとる際もスムーズにやりとりすることができるでしょう。

 

連絡するときは電話を使う

LINEが嫌いな相手と、無理にLINEでやりとりをする必要はありません。

文章よりも話した方が早いという相手の場合には、LINEではなく電話を使うようにしましょう。

既読機能に嫌悪感を抱いている相手には、ショートメール(SMS)を使うのもOKです。

電話とSMSをうまく組み合わせて対処すると、お互いにストレスなくやりとりできるでしょう。

 

LINEが嫌いな人とのやりとりは工夫しよう!

LINEはチャット感覚でやりとりできるアプリなので、気軽にメッセージを送ってしまいがちです。

しかし、LINEが嫌いな人も世の中には存在します。

LINEが嫌いな人に長文メッセージや俺通信・私通信を送ってしまえば、既読スルーされる可能性大です。

スムーズにやりとりするためには、相手の負担を軽減することがポイントとなります

LINEが苦手な人が身近にいる場合は、今回紹介した対処法をぜひ参考に実践してみてくださいね。

 

まとめ

  • LINEが嫌いな理由として、会話の終わりが見えないこと・既読機能にプレッシャーを感じる・スタンプのみの返信方法がわからないなどが挙げられる
  • LINEが嫌いな男女には、意味のないやりとりが苦手・文章内容を考えるのがめんどう・束縛されるのが嫌といった心理がある
  • LINEが嫌いな男女には、すぐ既読スルーをする・有料スタンプを購入したことがない・アイコンが初期設定のままなどの特徴がある
  • LINEが苦手な人への上手な対処法として、要件のみを伝える・やりとりの終わりを先に提示する・LINEではなく電話を使うことが有効

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

yuri

yuri

自身の生きづらさからより良い人生を生きるために「人間とは何か?」と言う部分に興味を持ち、スピリチュアルや心理学などを日々勉強中。
自身の学んだ事をベースに、他人に分かりやすく言葉を選別して書く事に専念しています。
恋愛心理についてを読者の皆様に分かりやすくお伝えしていきます!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 彼氏に振られたあとは落ち込むだけじゃダメ!立ち直る方法&復縁方法を紹介

  • チャットアプリでの出会い探しは危険?メリット&デメリットを紹介!

  • 危険!モラハラ彼女の特徴&問題点とは?ヤバイ彼女との上手な別れ方を解説

  • LINEが嫌いな理由とは?LINEが苦手な人への上手な対処法を解説!

この記事も一緒に読まれています

  • 笑顔と感動で終われるハッピーエンドのおすすめ映画13選&主題歌を公開

  • 女子大学生の春コーデ|おすすめのファッションコーディネート2021

  • ブロック?未読スルー?LINEが既読にならない本当の理由と対処法

  • 人生設計の意味とは?ライフプランの立て方やおすすめの本・アプリを紹介

  • 大人女子は部屋作りも重要!一人暮らしのインテリアポイントを一挙公開

  • 【映画祭】永遠の名作に出会える!?開催イベントを一挙大公開

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特集
  4. LINEが嫌いな理由とは?LINEが苦手な人への上手な対処法を解説!