1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 深層心理
  4. 何もしたくない原因とは?何もしたくない心理や状態から抜け出す方法を紹介

何もしたくない原因とは?何もしたくない心理や状態から抜け出す方法を紹介

深層心理
この記事は約 9 分で読めます。

人間関係や仕事に疲れたときなど、「何もしたくない」と感じることってありますよね。

気づいたら時間だけが過ぎてしまい、自己嫌悪に陥る人は少なくありません。

何もしたくない状態に陥ったとき、立ち直るにはどうすればいいのでしょうか。

今回の記事では、何もしたくないと感じる原因や心理について解説していきます

無気力な状態から抜け出す方法も紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

何もしたくないと感じるのは悪いことじゃない

真面目で責任感が強い人ほど、何もしたくないと感じたときに自分自身を「怠け者」「甘え過ぎ」と自己批判をしがちです。

しかし、何もしたくないと感じるのは悪いことではありません!

何もしたくないという無気力な状態は、自身の心と体が発するSOSのサインです。

本人に責任はなく、その人を取り巻く環境に何かしらの原因があるといえます。

大切なのは何もしたくない自分を責めるのではなく、何もしたくないと感じる原因を突き止めて正しく対処することです。

 

何もしたくないと感じる原因とは?


何もしたくないと感じるのはどうしてなのでしょうか。

考えられる5つの原因から見ていきましょう。

 

自分に自信が持てない

何もしたくないと感じる原因に、自分に自信が持てないケースがあります。

自信がなければ、積極的に何かをしたい気持ちは小さくなります。

たとえば、

  • 仕事で失敗が続いている
  • いつも他人と比較している
  • 大きな失恋を経験した

こんな状況の中だと「やり遂げてみせる!」と自信が湧きにくいので、何もしたくないと考えるのも無理はありません。

 

ネガティブ思考に陥りがち

ネガティブ思考に陥りがちな場合も、何もしたくないと感じる原因になります。

常に悩み事で頭がいっぱいになることで、疲れてしまい気力がなくなってしまうのです。

本来は心身を休めるべき睡眠前の時間や休日などでもモヤモヤする人は、何もしたくないと感じやすいでしょう。

 

上手くいかなくて退屈な日々

物事が上手くいかず退屈な日々を過ごしていれば、何もしたくないと感じる原因となります。

何事も頑張っただけの成果がなければ、その物事から刺激や面白みを感じられないので、前向きに取り組むことは難しいでしょう。

  • 転職活動中だけど全然内定がもらえない
  • ダイエットしているのに全く体重が落ちない
  • 恋活を頑張っているのに素敵な人と巡り会えない

といったように、失敗や挫折が連続することで「もういいや」と諦めモードになってしまい、無気力な状態に陥ってしまうのです。

 

頑張った反動がきている

何もしたくないと感じる原因として、頑張った反動で陥るケースも挙げられます。

たとえば、下記のように長年の努力が実った場合です。

  • 会社の大きな仕事がひと段落ついた
  • 第一志望の大学に合格した
  • 大好きな人と結ばれた
  • 子どもの卒業とともにお弁当作りが終わった

ひたむきに取り組んでいる時間は、目の前のことに没頭して疲労を感じにくいものですが、見えないところで疲労は積み重なっています。

何かをやり遂げたときは、その反動によって何もしたくないと感じることがあるのです。

 

生活リズムが安定していない

生活リズムが安定していないことも、何もしたくないと感じる原因の一つです。

就寝時間や起床時間がバラバラだったり、食事の時間が決まってなかったりと、生活リズムが乱れていると身体がその変化に対応できず疲れやすくなってしまいます

結果、何をするにもやる気が起きないという状態に陥ってしまうというわけです。

 

「何もしたくない…」無気力状態を生み出す心理

次に、何もしたくないという無気力な状態を生み出す心理について解説します。

 

ストレス過多な状態

ストレスが溜まり過ぎていると、「何もしたくない…」と心理的に無気力状態になりがちです。

日々生活する中で気づかないうちにストレスがかかっていることも多く、適切に解消しないとすぐに溜まってしまいます。

ストレスが限界まで達してしまった場合、「これ以上、ストレスを溜めたくない」と心理的な抵抗が生まれて、何もしたくないと思いやすくなるのです。

 

したくないことをしている

やりたくないことをしている場合も、何もしたくない状態に陥る傾向があります。

望み通りの人生を歩むことの方が珍しいですが、自分の意思に反していることを行う機会が多いほど、心理的な負担は大きくなるでしょう。

  • 関わりたくない人と毎日顔を合わせないといけない
  • 上司の命令で仕方なく業務をこなしている
  • 理不尽な規則を守っている

このように、したくないことをしている場合は、頑張りたくても気持ちが付いていかず、もう何もしたくないと無気力状態が生まれやすいのです。

 

とにかく疲労が溜まっている

「何もしたくない…」と感じる心理状態の中に、とにかく疲労が溜まっているケースがあります。

疲れが溜まれば健康な人でも「もっと寝ていたい」「今は動きたくない」と思うものです。

たとえば、

  • 最近まとまった休暇を取れていない
  • 短時間睡眠がずっと続いている
  • 家に持ち帰って仕事をしている
  • ひたすら無料求人情報とにらめっこしている
  • 生理痛がひどいけど仕事は休めない

このように、疲労が溜まる生活を送っている場合は、「もう疲れた…何もしたくない…」と自分の体が思うように動いてくれなくなるのも無理はありません。

 

心のバランスが乱れている

心のバランスが乱れている場合も、何もしたくないと無気力状態に陥りがちです。

深刻な悩みを抱えていたり辛い出来事が続いたりして、憂鬱な日々を送っていると、心のバランスは崩れていきます。

「仕事に行きたくない」「寝ること以外はしたくない」と思うときは、心のバランスが乱れている証拠。

無理をしながら生活を続けていると、うつ病双極性障害(躁うつ病)といった精神疾患を発症する恐れもあり、精神科で診断を受けた場合は抗うつ薬や気分安定薬などの薬物治療法が必要になってしまいます。

そのため、無気力状態の症状が続いているときは早めの対処が必要です。

 

モチベーションがない

モチベーションがなければ、「何もしたくない…」と感じやすくなります。

たとえば「絶対に当たらない宝くじ」は誰も買いませんよね。

仕事や恋愛も同じように望むものが手に入らなければ「こんなことをして、何の意味があるの?」と、積極的に何かをしたい気持ちは生まれにくくなります。

やりたくても気分が乗らないときは、その行動自体にモチベーションをうまく見出せていない可能性があります。

 

「疲れた…」何もしたくない状態から抜け出す方法


最後に、何もしたくないと感じたときの対処法を紹介します。

焦りは禁物ですが、何もしたくない状態から抜け出すことは、健康な心身を取り戻す第一歩となりますよ。

 

信頼できる人に相談する

何もしたくない状態から抜け出す方法の一つとして、信頼できる人に相談することです。

心の中にある悩みや不満を言葉にするだけでも心は軽くなります。

恋人や友人、家族といった信頼できる人なら誰でもOKです。

打ち明けた相手も同じ理由で悩んだ経験があるかもしれません。

心を許した人に相談することで「自分一人が悩んでるわけではない」と安心感が得られて、無気力な状態から抜け出せる可能性があります。

 

無理せずとにかく体を休める

無理をせずとにかく体を休めることも、何もしたくない状態から抜け出すための一つの対処法です。

  • 思いっきり家の中でゴロゴロする
  • 好きなだけ睡眠をとる
  • 好きなご飯を食べる
  • 好きな演奏者のクラシックを聞く

など、今は無理をせずに体を癒すことに専念しましょう!

「本当に何もしなくていいのかな…」と罪悪感を感じる場合は、あらかじめ休む日を予定に組み込むことで後ろめたさが軽くなるのでおすすめです。

また、SNSのチェックや検索履歴からの動画視聴など、スマホを扱うのは極力避けてとにかくリラックスすることを一番に考えるようにしてくださいね。

 

自分の気持ちを書き起こす

何もしたくない状態から抜け出すおすすめの方法は、自分の気持ちを書き起こすことです。

文字に起こすことで、目に見えない心のモヤモヤがはっきりして心が軽くなることがあります。

日記に感情のまま自分の気持ちを書き殴ったら、スッキリした経験がある人も多いのではないでしょうか。

ノートやメモ帳など何でも構いませんので、自分の思いを書き起こして素直な感情と向き合ってみましょう。

 

とにかく笑う

無気力状態から抜け出したいときは、とにかく笑ってみましょう。

人間の脳は口角が上がったときなど笑顔の表情でいるだけでも、楽しいと錯覚する傾向があります

  • バラエティ番組
  • コメディ映画
  • 友人とのおしゃべり

など自身が素直に楽しいと感じるものに触れてみましょう。

心の底から笑顔になれたことで心が癒えて、前向きな気持ちが生まれてくるはずですよ。

 

趣味や仕事など何かに没頭する

趣味や仕事など何かに没頭することも、何もしたくない状態から抜け出すポイントです。

年末の大掃除など、一つのことに集中して取り組んだ後は達成感が得られるので、疲労だけでなく清々しい気持ちにもなりますよね。

趣味や仕事など何でも構いませんので、「何もしたくない」と考える暇がないほど何かに没頭してみましょう

一つのことに集中した結果、自信や充実感の気持ちで満たされて、上手く無気力な状態から抜け出せます。

 

無理しすぎると病気になることも…何もしたくないと感じたらまずは自分を甘やかしてあげよう

「何もしたくない…」と感じるとき、あなたに責任はありません。

それは心と体が「ゆっくり休んでね」と訴えているメッセージです。

何もしたくないときのNG行動は、何もしたくない自分を責めてしまうこと。

心と体が発するSOSに気づかず無理をし続ければ、心の病気になる危険もあり、うつ病治療が必要になってしまうケースがあります。

 

何もしたくないほど無気力なときは、まずは自分を甘やかしてあげましょう

自分を甘やかすことに対して焦りや不安を感じる場合は、大切な恋人や家族に抱いている思いやりを、自分に向けてみることもおすすめです。

今は焦らず、ゆっくり休んでくださいね。

 

まとめ
  • 何もしたくないと感じることは、悪いことではない
  • 何もしたくないと感じる原因は、自信がない・退屈な日々・ネガティブ思考・頑張った反動・生活リズムが不安定などがある
  • 何もしたくないと思う心理は、ストレスや疲労で心が乱れているときや、行動することにモチベーションを感じられないときに生まれやすい
  • 何もしたくない状態から抜け出す方法は、信頼できる人に相談する・無理せずとにかく体を休めるなど、自分を甘やかしてあげること

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 男性が理解するべき生理痛のつらさ!女性が求める男性の神対応とは?

  • 風俗通いは大切な人を傷つける!風俗通いがやめられない原因&対処法を解説

  • 独身アラサー女子の悩み&イタイ特徴5選!恋愛成就を叶える秘訣とは

  • 男性上司に贈ると喜ばれるプレゼント人気ランキング【年代別に紹介】

この記事も一緒に読まれています

  • 女性が苦手な男性必見!急増する「女性恐怖症」の症状と原因&克服方法とは

  • 人のせいにする人の心理状態とは?上手な付き合い方と対処法を紹介!

  • 連絡不精になる理由が判明!連絡不精な男性の心理&特徴・上手な対処法

  • 見つめ合うときの男女の心理は?両思い度・好きな人の見つめ方をチェック!

  • どうでもいいと思う人の特徴や心理とは?無気力状態を脱却する対処法も紹介

  • 【STOP】ネトストの意味とは?心理や対処方法、やめたい人の使い方など

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 深層心理
  4. 何もしたくない原因とは?何もしたくない心理や状態から抜け出す方法を紹介