1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 深層心理
  4. 電話嫌いでストレスになる理由とは?苦手な人のあるあるや克服する方法を紹介

電話嫌いでストレスになる理由とは?苦手な人のあるあるや克服する方法を紹介

 2023/08/17 深層心理
この記事は約 12 分で読めます。

電話が嫌いで、できればメールやLINEだけで済ませられたらと思っている人は多いですよね。

仕事で電話応対が必要なのに、電話が苦手でストレスを感じている人は珍しくありません。

どうして電話はストレスになるのでしょうか?

この記事では、電話が嫌いな人の理由や苦手な人の特徴、克服するための対処法を紹介しています

 

電話が嫌いでストレスになる理由

電話応対を任されることが多い新入社員にとって、かかってきた電話を受けたり自分から電話をかけたりするのは、とてもプレッシャーがかかりますよね。

しかし、他の業務には慣れて楽にできるようになっても、電話だけはずっと苦手な人もいます。

電話が嫌いになる原因は人それぞれですが、電話応対はストレスになる要因が揃っているのです。

はじめに、電話が嫌いでストレスになる理由を解説しましょう。

 

緊張する

電話が嫌いになる理由の1つは、対面で話すよりも緊張しやすいからです。

大抵の場合、電話をとる前は誰がどんな要件でかけてきたのかも分からないため、電話をとってから相手に応じて瞬時の対応をすることになります。

こちらからかける場合は、相手がどんな状況か予測してかける必要がありますし、音声だけで素早く要件を伝えるというスキルも必要です。

受ける側もかける側もとっさの判断力や細かな気遣いが必要とされるため、他の業務よりもストレスを感じる業務と言えるでしょう。

 

表情がわからない

電話のコミュニケーションは音声だけで、相手の表情がわからないことでストレスになる人も多いです。

対面の会話なら、表情や態度から相手の気持ち、話の理解度がわかるので、必要に応じて言い方を変えたり、確認したりしながらフォローできます。

しかし電話の場合は顔が見えないので、相手の感情や理解度がわかりにくく、推測しながら話すことしかできません

電話を受ける場合も、顔が見えない相手への応対は相手との距離感があって、何を考えているかわかりづらい不安もあります。

 

すぐに返事が浮かばない

LINEやメールと違って、電話は相手が発言した後に考える時間がなくて、すぐに何か返事をする必要に迫られます。

要件によっては折り返し電話で済む場合もありますが、普通は相手が言ったことに対して、即対応しなくてはならないため、電話対応がストレスになる人も多いでしょう。

沈黙を恐れて慌てて返事して、後から「ああ言えば良かった」と後悔したり落ち込んだりすることも

メールやLINEのように、自分のペースで返事ができないので苦手意識を持つことになります。

 

LINEやメールの方が楽

若者に電話が嫌いな人が多いのは、LINEやメールの方が電話よりも慣れていて楽だからです。

中高年以上の人はコミュニケーションツールとして電話を使うことに慣れていますが、Y世代やZ世代の人は携帯メールやLINEの方が使い慣れています。

学生時代はメールやLINE、チャットで連絡を取り合い、電話による通話やリアルな対面をあまり経験していない世代にとっては、電話でのやり取りはストレスになるでしょう。

 

時間を奪われる

自分の都合のいいタイミングで対応できるLINEやメールと異なり、電話は通話中お互いの時間を拘束することになるツールです。

手が離せない用事の時や休み時間に電話をとることもありますし、どの程度の時間で会話が終わるかもわかりません。

電話をかける側は、相手の都合の悪い時間を把握してかける必要があり、相手に迷惑がかからないように、短時間で伝える工夫が必要です。

お互いの時間を奪う電話を使うやり取りは効率が悪く、ストレスだと感じる人も多いでしょう。

 

電話が嫌い・苦手な人の特徴

電話が嫌いな人や電話応対が苦手な人は、それぞれ苦手になった理由があるのですが、もともとの性格や考え方に要因があるのかもしれません。

続いては、電話が嫌いな人や苦手だと思っている人によくある特徴や心理を紹介しましょう。

 

面倒くさがり

電話に苦手意識がある人は、面倒くさがりな性格の人が多いでしょう。

メールの場合は、返信や発信する際に前のものをコピペして一部を変更すれば済みますが、電話はその都度話をしなくてはなりません。

相手との関係性や状況に応じて気を遣ったり、相手の都合によっては何度もかけ直したりする場合もあります

また、電話で話した内容を後で書類にまとめたり、社内で情報を共有したりする作業も伴うことがあるので、最初からメールでいいのにと思ってしまうでしょう。

 

自分のペースを乱されるのが苦手

自分のペースを乱されるのが苦手で、誰にも邪魔されずに集中して仕事に取り組みたいタイプの人は、かかってくる電話が苦手です。

自分の予定が崩れるような電話を受けたり、要領を得ない長電話につきあわされたりすることに、強いストレスを感じます。

早く切りたくても、取引先など目上の人の電話は切るタイミングが難しいため、いやいや雑談に応じることもあり、できれば電話はとりたくないのが本音でしょう。

 

ビジネスマナーが身についていない

社会人経験が少ない人や人と接する業務に慣れていない人は、ビジネスマナーが身についていないため、電話応対は特に難易度が高く感じるでしょう。

正しい敬語や丁寧語がすぐに出てこなくてシドロモドロになったり、失礼な言い方をしてしまったりして周りから注意されることもあります。

叱られたことが気になって、ますます言葉がうまく出てこなかったり、電話をなかなかとれなくなって注意され、ますます電話が嫌いになることもあります。

 

相手の反応を気にしすぎる

営業職の人やセールス電話をかける人は、相手の反応を気にしすぎて電話が苦手になる人もいます。

表情が見えないため、相手が低いトーンで話す人や、あまり相槌をうたないタイプの人だと、機嫌が悪いのではと気にし過ぎて、話すのが不安になってしまうのです。

人と話すとき緊張しやすい人や自分は話が下手だと思っている人は、相手が退屈しているかもしれないと過剰に心配して、余計話が途切れがちになることもあります。

 

うまく聞き取れないことに対する不安

自分の携帯電話と違って、職場の電話にかけてくる相手は不特定多数です。

中には早口の人や聞き取りにくい声の人もいるため、うまく聞き取れないことが不安で電話対応が心配になる人もいます。

相手が興奮気味で訳がわからない話し方をする人や、外国語の相手からかかってくることがよくある職場では、電話をとるのが恐怖になるかもしれません。

特に、周りに人がいなくて困ったことがあっても相談できないときには、なおさら電話に出たくなくなります

 

電話嫌いな人あるある6選

電話が死ぬほど嫌いな人や電話恐怖症の人は、自分で電話をかけるときもかかってきてもパニックになって、ドキドキが止まりません。

緊張のあまり、普段はありえない言い間違いをしてしまうなど、悲しいエピソードが後をたちません。

次は、電話が嫌いな人あるあるを紹介しましょう。

 

電話の着信音でビクッとしてしまう

電話が苦手な人は、電話がかかってくることを過剰に恐れているので、電話の着信音を聞くだけでビクッとしてしまいます。

油断している時に限って大きな着信音が鳴って、心臓がバクバクすることも日常茶飯事。

いつ電話がかかってくるかと常に怯えていて、関係ないアラーム音や誰かの携帯の着信音が鳴ってもいちいち驚いて動揺する人もいます。

 

受話器をすぐに取り上げない

自分のデスクに固定電話がある人は、電話をできるだけとりたくないので電話が鳴っても受話器をすぐに取り上げません。

まず周りをチラ見して、取りそうな人がいないかチェック

さらに他の人が取ることを期待しながら、なるべくゆっくりと受話器に手を伸ばします。

共有の電話の場合は、いつも電話から離れたところにいて、出るまでに時間がかかるようにしています。

 

第一声で噛んでしまう

元気よく電話に出ようと張り切って電話に出たものの、第一声で会社名や自分の名前を噛んでしまう人もいます。

言い直そうとすればするほどボロボロになり、意味不明な言い間違いをして相手を困惑させることもあります。

責任感が強い人ややる気がある人ほどやりがちなミスですが、周りは気にしていなくても本人はひどく落ち込むかもしれません。

 

なるべくメールで済ませようとする

電話が嫌いな人は、電話を使いたくないのでなるべくメールで済ませようとします。

電話なら1分もかからない要件でも、わざわざメールを送って「メールしたので確認して下さい」と電話することもあります。

欠席や遅刻など勤務先への連絡もメールで済ませたり、電話するくらいなら体調が悪くても無理して仕事に行ったりする、徹底した電話嫌いも少なくないでしょう。

 

人の名前や会社の名前を覚えられない

電話をかけてきた人の名前や会社の名前をすぐに覚えられない人や、メモを取るのが苦手な人は、電話をとるのも一苦労です。

同じ苗字や似た名前の人、紛らわしい企業名など、一度聞いただけでは相手が誰なのか判別できないこともあります。

こちらの困惑に関係なく、次々と要件を話してくる相手に対して、どうしたらいいのか途方にくれてしまうでしょう。

 

聞き取れなくても聞き返せない

電話が嫌いな人は、相手の話が聞き取れなくても聞いたら悪いと思って聞き返すことができません。

早口の人や、こちらが全て分かっていると思っていきなり話してくる人などの話を遮って「もう一度お願いします」と言えません。

話が長引くとますます分からなくなりますが、ここで聞き返したら相手が怒るだろうと心配になって我慢してしまい、状況は悪くなるばかりです

 

電話嫌いを克服する方法

どんなに電話が嫌いでも、いつも逃げてばかりいるわけにはいきませんよね。

電話の度にストレスを感じない程度に慣れたらいいのに、と思いませんか?

さらに電話応対が得意になって、楽しく仕事がこなせるようになったら最高ですよね。

最後に、電話嫌いを克服するためにおすすめの方法を紹介します。

 

リラックスして話す

電話が嫌いだと思う意識が強いと、緊張して早口になったり声が出しにくくなったりするので、電話はできるだけリラックスした状態で話すよう心がけましょう。

深呼吸やストレッチで体をほぐしたり、自社名や挨拶などよく口にする言葉はスムーズに言えるよう日頃から練習したりすると、緊張が軽減されます。

また、焦らないことを意識してゆったりと話せば、噛むことが少なくなりますし、話し相手もつられて話すスピードを落とすので、聞き取りやすくなるでしょう。

 

電話機の機能を覚える

オフィスによくあるビジネスフォンには「保留」「転送」などの機能がありますので、それぞれの電話機の機能を確認しておきましょう。

説明書の機能を全て覚える必要はありませんが、よく使うものはわかりやすくまとめて電話の近くに置いておけば、必要なときに焦らずに済みます。

「リダイヤル」や「短縮」機能を使えば、電話をかける際の時間を短縮することもできるでしょう

電話機によっては番号通知や着信履歴が見られるので、聞き取った電話番号に自信がなくても後からチェックできます。

 

マニュアルを作る

コールセンターなど電話応対がメインの職場にはマニュアルがありますが、電話に苦手意識がある人は自分専用のマニュアルを作っておくと、電話応対が楽になります。

電話をかけてくる会社名や担当者のリストや、内線で社内の人につなぐ場合の内線番号リスト、電話機の操作方法を用意すれば、電話中の緊張感が緩和されるでしょう。

さらに、よく使うフレーズやとりあえず返す言葉を文章にしておけば、困ったときにも頭が真っ白になることがなくなります

 

メールも併用する

数字や日付などの聞き間違いが心配なケースや、電話だけでは分かりにくい要件なら、メールを併用する方法も取り入れましょう。

自分がかけた場合は、後から確認の意味で重要な情報をまとめてメールしたり、電話で話した件が分かりやすくなる資料を添付してメールすれば、相手の理解度が深まります

かかってきた電話を受けた場合も、相手の了解が得られれば話した内容をメールで送ってもらえば、聞いた内容に間違いがないかチェックできるでしょう。

 

ミスを恐れずに慣れる

電話応対が得意な人でも、慣れないうちは何度かミスをすることもあったはずです。

ミスをしながら少しずつ慣れていけば、電話嫌いも克服できるでしょう。

完璧主義の人や周りの人の目が気になる人は難しいかもしれませんが、多少の失敗を恐れずに数をこなしていけば絶対に慣れていきます

自信がないからと避けてばかりいないで、ミスがいい経験になると思って前向きに取り組んでいれば、電話で楽に話せるようになりますよ。

 

好きな人との電話で苦手を克服しよう

好きな人との電話なら毎日でもしたいものですよね。

電話でのコミュニケーションが苦手な人も、好きな人との通話に慣れれば、徐々に苦手が克服できるかもしれません。

とはいえ、好きな人がいなかったり、身近に出会いがなかったりと、寂しい思いをしている人もいるはず。

素敵な出会いを探すなら、マッチングアプリ「ハッピーメール」がおすすめです。

累計会員数3,000万を突破しているので、数多くの出会いが期待できます。

20年以上の運営実績がある老舗のマッチングサービスなので、初心者の方も安心して利用できるのも魅力です。

ぜひハッピーメールを活用して、理想のパートナーを見つけてくださいね。

女性はこちら 男性はこちら

 

電話嫌いになった原因に合う対策をとってストレスをなくそう!

電話が嫌いでストレスになる原因は、慣れないための緊張や、表情がわからないためコミュニケーションが難しいことなど、人それぞれです。

面倒くさがりな人や、自分の時間を拘束されたりペースを乱されたりするのが嫌な人は、電話が苦手になることが多いでしょう。

着信音を聞くだけでビクッとしたり、電話がかかってきてもすぐにとらなかったりするなど、電話恐怖症の人あるあるエピソードもありますよね。

リラックスして話したりマニュアルを用意したりして、電話嫌いになった原因に合った対策をとれば、苦手意識も軽減していきます。

多少のミスは気にしないで電話に慣れて、電話によるストレスをなくしましょう。

 

まとめ
  • 電話が嫌いな理由は経験不足や顔が見えない相手への不安など人それぞれ
  • 電話が苦手な人は面倒くさがりやマイペースなどの特徴がある
  • 電話恐怖症のあるあるエピソードは笑えるけど本人は必死
  • 電話が嫌いになった原因がわかれば解決する方法もわかる
  • 自分に合った対処法を実践して電話のストレスをなくそう

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • カラーの花言葉に怖い意味はある?白・ピンク・黒など色別の意味も紹介

  • クチナシの花言葉は怖い?縁起が悪いと言われる理由や育て方まで解説

  • カモミールの花言葉は怖い?意味・由来・おすすめのプレゼントシーンも解説

  • 切れ長の目のイケメン男性芸能人ランキングTOP10を発表!1位はあの人気俳優!

この記事も一緒に読まれています

  • トプ画でわかる深層心理!LINEやSNSのトップ画像で性格・心理分析!

  • 好き避け男子の心理とは?特徴や好きな女性のタイプ、落とし方を解説

  • そっけない態度をとる男性心理とは?意味・使い方から対処法まで幅広く解説

  • 付き合う前に手をつなぐ男性心理とは?手の繋ぎ方によって異なる意味も解説

  • 嫉妬深い男は怖い!嫉妬心をメラメラ燃やす男性の特徴&対処法を解説

  • 付き合ってないのに嫉妬する7つの男性心理を徹底解説!正しい対処法とは

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 深層心理
  4. 電話嫌いでストレスになる理由とは?苦手な人のあるあるや克服する方法を紹介