1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 深層心理
  4. サザエさん症候群とは?原因となりやすい人の特徴・克服方法まで紹介!

サザエさん症候群とは?原因となりやすい人の特徴・克服方法まで紹介!

深層心理
この記事は約 8 分で読めます。

社会人になれば誰もが一度は、仕事に行きたくないと感じたことがあるはずです。

とくに日曜日の夕方は、次の日の仕事のことを考えると憂鬱感を拭えません。

このように、仕事に行くのを億劫に感じている人は「サザエさん症候群」かも…。

そこで今回のページでは、サザエさん症候群とは何か?発症の原因や、なりやすい人の特徴を紹介していきます。

記事後半には克服方法も解説しているので、憂鬱感に悩んでいる人はぜひ最後まで読んでみてください。

 

そもそもサザエさん症候群とは

サザエさん症候群というワードを耳にしたことがある人は多いでしょう。

ここでは、サザエさん症候群の詳しい意味と原因を解説していきます。

 

どんな意味?いつからなるの?

サザエさん症候群とは、日曜日の夕方になると次の日の仕事や学校のことを考え、気持ちが落ち込んでしまう心理状態のことをいいます。

国民的アニメ「サザエさん」の放送時間が日曜日の夕方と、まさに休日の終わりを感じる時間帯のためこのような名前がつけられました。

他にも「ちびまる子ちゃん」や「笑点」などの番組もありますが、歴史の長さや知名度からこう呼ばれるようになったそうです。

また、シフト制で平日が休みの人でも、同じようにサザエさん症候群といいます。

 

英語「Blue Monday(憂鬱な月曜日)」の別名でもある

日本ではサザエさん症候群といいますが、海外ではBlue Monday(憂鬱な月曜日)や、Sunday Scaries(日曜日の恐怖)とも呼ばれています。

意味はサザエさん症候群と同じで、休み明けの仕事や学校のことを考えると憂鬱な気持ちになる状態のことを指します。

 

サザエさん症候群になる原因は?

サザエさん症候群になる原因は、仕事のストレスが大きく関係しているでしょう。

職場の人間関係に悩んでいたり、業務内容に不満があったり…なんらかの理由でストレスを抱えて、仕事に行きたくないと考えている場合にサザエさん症候群になってしまうのです。

また、仕事にストレスを感じていない人でも、生活習慣の乱れが原因でサザエさん症候群になってしまうケースもあります

 

【診断】サザエさん症候群の症状となりやすい人の特徴


ここからは、サザエさん症候群の詳しい症状と発症しやすい人の特徴をお伝えしていきます。

自分にも該当する項目がないか、自己診断してみてください。

 

サザエさん症候群の症状

サザエさん症候群の症状は人によってさまざまです。

精神的なものだけでなく、身体的な症状が表れたらSOSサインかもしれません。

以下の項目と自分の症状を照らし合わせながらチェックしてみてください。

  • 眠れなくなる
  • 涙がでる
  • 気分が憂鬱になる
  • 食欲がなくなる
  • 頭痛や胃痛がする
  • 倦怠感がある
  • 吐き気がする

気分が落ち込むだけでなく、体にも症状がでる人は「うつ病」などの精神疾患である可能性も否定できません

「これくらい大丈夫だろう」と軽い気持ちで見過ごしていると、体調を崩し出社拒否症や出勤困難症になるなど、取り返しのつかないことになってしまいます。

自分で解決できないほど苦しい場合は、精神科医の先生やプロの専門家に相談することをおすすめします。

 

サザエさん症候群になりやすい人の特徴

サザエさん症候群は、主に会社や学校でのストレスを抱えている人が発症しやすいと思われがちですが、実はそれ以外にも原因があります。

自身もサザエさん症候群に悩んだ経験があるという自律神経の名医:小林弘幸さんによると、休日の寝溜めは睡眠リズムを崩してしまう原因になるのだとか。

体内時計がズレることにより、「体調がすぐれない」「不安感がある」などのサザエさん症候群の症状が出てしまう可能性があるそうです。

参考元:“サザエさん症候群”に悩んだ医師 日曜の夜に熟睡するための「ある方法」

 

良かれと思って休日に寝溜めをしていた人はこの機会にやめてみましょう。

その他にも、サザエさん症候群になりやすい人の特徴は以下の通りです。

  • 平日の睡眠時間が短い
  • 休みの前の日はテンションが高い
  • 土日はとくに予定をいれない
  • 趣味がない
  • 会社や学校に気の合わない人がいる
  • 休日は昼過ぎまで寝ている

上記の項目に多く該当する人は、サザエさん症候群になりやすいといえます。

サザエさん症候群は男性・女性、年齢問わず誰にでも起こりうる危険性があるものです。

日頃から生活習慣を見直していくことが大切だといえるでしょう。

 

サザエさん症候群を克服するには?対策法を紹介

最後に、サザエさん症候群を克服するための対策法を紹介します。

いくつかのポイントを押さえて、休日の憂鬱な時間を無くしていきましょう!

 

休日前に仕事は済ませておく

仕事を残したまま休日を迎えてしまうと、休みの日も仕事のことを考えてさらに憂鬱になってしまいます。

できるなら、休日前までに仕事を済ませておきましょう。

しかし、仕事を残さないために残業して遅くまで働くのは、精神的にも身体的にもよくありません

どうしても仕事が終わらない場合は、翌週のタスクやスケジュールを退社するまでに割り出しておくと、休み明けもスムーズに仕事を進められますよ。

 

来週の予定をある程度把握しておく

何事も、予測がつかないことは不安ですよね。

「月曜は忙しいかな…」と、休み明けにどうなるか分からない仕事の不安が、サザエさん症候群を発症させてしまう原因に…

そんな不安を抱いている人は、まず来週の予定を頭の中でイメトレしておきましょう。

予定を把握しておけば、失敗しないための下準備や事前の情報収集ができます。

「来週は会議があるから今のうちに資料を見直しておこう」「取引先とこんな話をしよう」など、ある程度のイメージができていれば仕事で失敗するリスクが軽減され、憂鬱感もなくなるはずです。

 

月曜の仕事終わりに楽しみを作る

一番憂鬱な月曜日に、楽しみな予定を立てておくのも効果的な対処法です。

友人と飲み会の約束をしたり、自分へのご褒美に買い物をしたり、1日の終わりに楽しみがあると嫌な仕事も集中力アップして頑張れちゃいますよね。

月曜日だけに限定せず、週の真ん中の水曜日に予定を入れるのもいいでしょう。

自分の機嫌は自分自身で上手くとってあげることが大切です。

 

気の置けない人に相談してみる

周りに信頼できる人がいる場合は、自分が抱えている悩みを相談してみるのも解決策です。

話を聞いてもらうだけで気持ちが軽くなり、ストレスが緩和されることもあります。

自分だけだとネガティブな考えしか思い浮かばない人は、他人に相談して意見をもらいましょう。

自分では気づかないような客観的な視点のアドバイスをもらえるかもしれません。

 

オンとオフの落差をつけすぎない

サザエさん症候群を改善するには、オンとオフの落差をつけすぎないことが大切です。

休日に1日部屋に引きこもってゲームばかりしていると、脳を休日モードから急に仕事モードに切り替えるのは難しいですよね。

落差が激しすぎると、それだけ仕事をするのが憂鬱に感じてしまうのです。

休みの日でも平日と変わらないルーティーンを意識したり、なるべく外出をしてリフレッシュしたりしましょう。

ダラダラ過ごすより、その日その日の目標を立てて有意義な時間を過ごすことができれば、オンもオフも平等に楽しめるはずです。

 

どうしても辛い場合は転職も視野に入れる

どうしても辛い気持ちが拭えない場合は、転職を考えてみてもいいかもしれません。

とくに会社員であれば転職するのは勇気がいる決断ですが、悩みながら何年も辛い時間を過ごすよりマシです。

 

上司に退職の意思を伝えることに不安やストレスを感じる人は、退職代行サービスを利用してみてもいいでしょう。

労働組合法人運営の「退職代行ガーディアン」なら、全国対応で安心・確実に退職できるのでおすすめです。

退職の手続き等は、会社側と代行サービス側のやり取りだけで済むので、上司や職場の人と気まずい思いをすることもありません。

LINEで無料相談も受け付けているので、まずは話だけでも聞いてみるといいでしょう。

 

サザエさん症候群を上手に対処しよう


サザエさん症候群は誰にでも起こりうる可能性があります。

「私は大丈夫だろう」と、自分には無関係だと思っていたら後々取り返しのつかないことになりかねません

仕事や学校に対してストレスを感じたら、早めに対処するよう心掛けましょう。

自分の精神状態は自分にしかわかりませんので、日頃から自分の心と向き合う習慣をつけて気持ちの変化にいち早く気づくことが大切です。

 

まとめ
  • サザエさん症候群とは、日曜日の夕方になると次の日の仕事や学校のことを考え、気持ちが落ち込んでしまう心理状態のこと
  • サザエさん症候群の症状は、「気分が憂鬱になる」「眠れなくなる」など
  • サザエさん症候群になりやすい人の特徴は、「平日の睡眠時間が短い」「趣味がない」など
  • 「休日前に仕事は済ませておく」「月曜の仕事終わりに楽しみを作る」などの方法でサザエさん症候群を上手に対処しよう

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

Tomomi

Tomomi

沖縄在住の主婦ライターです!
綺麗な海と可愛い我が子に癒されながらゆる〜く生きてます。
読んでいてハッピーになれる記事を書いていきます♪

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 心を閉ざす人の特徴とは?原因や心理・心を閉ざす人との上手な接し方を解説

  • 仕事が暇なときに試してほしい対処法9選|有効な時間の使い方を解説

  • 仕事が遅い人の特徴とは?遅い理由と仕事が早い人に近づくための改善方法

  • 小心者とは?意味や特徴・臆病な自分から卒業するための克服方法を紹介

この記事も一緒に読まれています

  • 【男性必読】生理中の女性心理&心から感謝される男性の神対応を紹介

  • 婚約破棄の危機!マリッジブルーの症状&原因・乗り越え方を徹底解説

  • 下唇を噛む仕草に隠された心理とは?その原因と噛む癖の改善方法を紹介!

  • 種類多数の異常性癖とは?性癖が異常な人の心理や原因について徹底解説

  • 自分と向き合うってどんな意味?得られるメリットと自分と向き合う方法

  • tiktokがうざい原因とは?男女共通のtiktokerの特徴と広告の消し方を紹介!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 深層心理
  4. サザエさん症候群とは?原因となりやすい人の特徴・克服方法まで紹介!