1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 婚活
  4. 伴侶の意味とは?人生のパートナーを見つける方法や見極め方を解説

伴侶の意味とは?人生のパートナーを見つける方法や見極め方を解説

婚活
この記事は約 9 分で読めます。

配偶者やパートナーを指す「伴侶」という言葉。

若い世代にはあまり馴染みがないかもしれませんが、伴侶にはさまざまな意味が込められており、現在では男性女性関係なく使用されている言葉なのです。

ここでは、伴侶の意味や語源に加え、人生の伴侶の見極め方や見つけ方までご紹介します

現在、出会いを求めている人はぜひ参考にしてみてください。

 

伴侶とは?

「生涯の伴侶」や「伴侶を見つける」のように、伴侶という言葉を用いるときがあります。

かつては「妻」という意味で使われていたことが多いようですが、現在ではどのような意味を持ち、どのように使用されているのでしょうか。

語源や類語についても解説していきます。

 

伴侶の意味

伴侶の読み方は「はんりょ」で、共に連れ立って行く者という意味があり、主に配偶者や結婚相手のことを指します。

しかし、実は伴侶は配偶者や結婚相手に限らず、連れ添うパートナーや仲間という意味も併せ持っているのです

つまり、生涯を共にする伴侶は「結婚相手」、同じ目標に向かって頑張る伴侶は「仲間」や「チームメイト」を指すのです。

このように伴侶はシチュエーションによって、さまざまな意味に捉えられます。

 

伴侶の語源

伴侶の語源は「伴」と「侶」のそれぞれの漢字が持つ意味にあるといわれています。

「伴(はん)」の意味は、友達や仲間・従者

一方「侶(りょ)」には、ともや連れ・一緒に連れ立つ仲間という意味があります。

これらの二字を組み合わせてできた熟語が「伴侶」なのです。

 

伴侶の類語

伴侶には2つの類義語があります。

まず一つ目はbetter half(ベターハーフ)」という言葉で「妻」や「夫」「配偶者」を意味するもの。

英語圏では、会話や文章でもよく使用される表現であり「愛する連れ」「良き半身」などの意味が込められています。

二つ目は「傍輩(ほうばい)」という言葉で「主君や師に仕える人」という意味。

また、同じ師に仕える同僚や同役といった意味合いもあります。

「伴侶」は主にパートナーや配偶者を指しますが「傍輩」はある一定の環境下で共にする仲間といった意味で使用されることがほとんどです。

 

人生の伴侶はどうやって見極めるべき?

恋愛感情ばかりを募らせ恋は盲目状態で人生の伴侶を選ぶと、ふと冷静になったときに「なんでこの人を選んだのだろう」といった後悔をしてしまうかもしれません。

これからの長い人生を共に歩む伴侶は、一時的な感情ではなく、慎重かつ冷静に見極める必要があります。

どのような点を意識しながら見極めるといいのか、解説していきましょう。

 

相手のことを第一に考えられるか

人生の伴侶を見極めるポイントとしてまず大切なのが「相手のことを第一に考えられるか」です。

相手の外見や肩書きなどの表面的な部分に恋をしている場合、自分のことよりもその人のことを優先するといった思考になるとは考えにくいでしょう。

相手の表面的な部分だけでなく、内面的な部分も含めて愛してくれる人であれば、どんな状況であっても相手を第一に考え行動するものです。

 

問題が起きても一緒に解決できるか

長い人生、多くの問題に直面することがあるでしょう。

その問題の中には、小さな悩みもあれば大きなトラブルもあります。

しかし、大小に限らずその都度寄り添ってくれ、問題解決のために一生懸命取り組んでくれる相手であれば、人生の伴侶に適しているといえます。

 

面と向かって話し合いができるか

お互いに「面と向かって話し合いができるか」も大切なポイントです。

話し合いが必要な場面で逃げる人、自分に都合の悪い話になると怒る人、真面目に話を聞かない人などは人生の伴侶には適していません

仮に、自分に都合の悪い話であっても、きちんと相手の話に耳を傾け、理解しようとしてくれる人を選ぶといいでしょう。

 

失敗や挫折から立ち直れるか

人生ではいろんな場面で失敗したり挫折したりするでしょう。

そのときに、失敗や挫折に屈しない精神力を持っているのかも、伴侶を見極めるポイントの一つです。

いくら優秀な人であっても挫折経験がなければ、何かトラブルに巻き込まれたときにどう対処していいのかわからず、そこから立ち上がれません。

そのような人と結婚した場合、最悪夫婦共倒れになる可能性も。

失敗や挫折をしても「頑張ればどうにかなる!」「まだまだやり直せる!」といった精神的なタフさがあり、ポジティブに切り返せる相手を選ぶといいでしょう。

 

感謝と謝罪の言葉を素直に伝えられるか

人が生きていくうえで最も大切なことといっても過言ではない「感謝」と「謝罪」。

伴侶といった近しい間柄であっても、決して忘れてはいけません。

自分に非があっても謝らない人、誰に対してもありがとうやごめんなさいが素直にいえない人は、人生の伴侶に向いていないでしょう。

どんなときでも素直に言葉を伝えられる人となら、仮に喧嘩をしたとしてもすぐ仲直りができるいい関係を築けるはずです

 

人生の伴侶を見つけるためにすべきことは?

人生の伴侶を見つける前に、実践しておきたいことがあります。

以下のポイントを押さえながら行動すれば、理想の伴侶が見つけやすくなるだけでなく、自分自身も磨かれていくでしょう。

人生の伴侶を見つけるためのポイントについて解説します。

 

理想のパートナー像をはっきりとさせておく

人生の伴侶を見つけるためには、理想のパートナー像を明確にしておきましょう。

もしかすると、自分が気付いていないだけで目の前に理想の人が現れているかもしれません。

理想のパートナー像を思い浮かべながら、その相手の特徴や性格、趣味、生活習慣などを詳しくノートに書いてみてください。

書き出すことで理想像が可視化されるので、理想の相手が現れたときに見つけやすくなり、出会いを逃さずに済みます。

 

出会いの場に率先して行く

人生の伴侶を見つけたいなら、出会いの場に率先して行くことも大切です。

「どうせ理想のパートナーには出会えないし…」とその場で足踏みをしていても何も起こりません。

率先して出会いの場に行き、できるだけ多くの人たちと会ったほうが、人生の伴侶に巡り合う確率は格段に上がるでしょう

また、さまざまな人に会うことで「理想の人だと思っていたのに何か違った」「理想のタイプではないけど相性が良さそう!」など、いろいろな発見ができるはずです。

 

自分磨きを忘れずに行う

人生の伴侶と出会いたいなら、自分磨きも忘れず行いましょう。

外見ばかりを磨くのではなく、中身も同様に磨くことが大切です。

初めて会った人や中身をあまり知らない人からすると、外見の印象は大きいでしょう。

しかし、会う頻度や会話が増えていくと、外見よりも中身の印象が大きくなり、そのギャップに愕然とされることも。

外見の美しさや清潔感に加え、相手を思いやる気持ちや素直な心など、中身の部分も磨いておきましょう。

また、自分自身が人生の伴侶として適しているのか、見つめ直すことも大切です。

 

経済観念を養っておく

魅力的な相手と出会えたとしても、金銭感覚が異なれば結婚相手として見ることは難しいでしょう。

人生の伴侶として選んでもらうには、相手の経済観念の理解と、それに合わせる努力も必要です。

また、お金に関する知識を増やしたり、貯蓄をしたりすることは自分自身の経済観念を養うきっかけになるので、取り入れてみるといいでしょう。

 

人生の伴侶を見つける方法とは?

人生の伴侶の見つけ方にはさまざまな方法があります。

「身近な場所でなかなか理想の人に出会えない…」という場合は、以下の方法を試すと素敵な人に巡り会えるかもしれません。

どのような見つけ方があるのか解説していきましょう。

 

友人に紹介してもらう

「出会いの場に自ら進んで行くのはちょっと気が引ける…」という人は、友人に紹介してもらうといいでしょう。

友人に紹介してもらうのには、さまざまなメリットがあります。

自分のことをよく知る友人の場合は、性格や好みなどが合うと思った人を紹介してくれるケースが多いでしょう。

また、信頼している友人の紹介ならば安心感があります

それに加え、友人の紹介だと最初は自分・友人・紹介相手の3人で会うことも可能です。

友人もいるなら、緊張もせず、楽に会話を楽しめるでしょう。

 

婚活パーティーに参加する

「真剣に出会いを求めているけど、堅苦しくない雰囲気がいい」という人は、婚活パーティーに参加してみましょう。

一見、婚活パーティーと聞くとハードルが高そうと思われがちですが、実は気軽に参加できる婚活スタイル。

婚活パーティーでもさまざまなタイプがあり、マッチングなしで連絡交換が自由なものや、プロフィールを明かさないフリースタイルのものなどがあります

婚活中の人向けの企画、恋活中の人向けの企画があるので、自分好みのパーティーを選んで参加してみるといいでしょう。

 

結婚相談所に行く

真剣に結婚を考えている人には、結婚相談所がおすすめです。

担当者が自分に合う相手をマッチングしてくれ、年収や学歴など相手の情報がはっきりしている点がメリットといえます。

また、相手の申し入れを断る場合は、担当者が代わりに連絡をしてくれるので安心です。

しかし、唯一のデメリットといえば、他の見つけ方よりもお金がかかること。

本気で結婚相手を探したい人、最初からお互いの身元を知っておきたい人向けのサービスといえるでしょう。

 

マッチングアプリを利用する

自分のタイミングで出会いを探したい人は、マッチングアプリを利用してみましょう。

マッチングアプリであれば、時間や場所に関係なく、自分のタイミングで気軽に利用できます。

また、遠方の人と出会うことも可能なので、今まで出会ってこなかったタイプの人と交流を持てるチャンスも

相手の年齢や条件などを選択して検索できるので、自分の理想の人にも出会いやすいでしょう。

 

素敵な伴侶を見つけたいなら自分磨きも忘れずに

これからの長い人生を共にする伴侶を見つけたいなら、恋愛感情に流されず冷静に見極めることが大切です。

相手のことを優先できる人なのか、問題解決に一緒に取り組んでくれる人なのかなど、あらゆる視点からチェックしてみてください。

また、理想の人に出会いたいのなら、外見と中身の自分磨きも忘れずに行いましょう。

きっと素敵な伴侶に巡りあえるはずです。

 

まとめ
  • 伴侶は配偶者や結婚相手に限らず、連れ添うパートナーや仲間という意味も持つ
  • 人生の伴侶を見極めるポイントは、自分のことよりも相手のことを第一に考えられるか
  • 伴侶を見つける前に、まず自分自身を見直してみることも大切
  • 出会いの場に行くのが苦手な人は、友人に紹介してもらったり、マッチングアプリを使ったりしよう

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 別れるか迷う!別れるべき彼氏の特徴&悩んだときの判断方法を徹底解説

  • 自暴自棄になってしまう原因・心理とは?立ち直る方法と対処法を解説

  • 「メンヘラ」の意味や特徴とは?メンヘラ男女の改善方法&対処法を紹介

  • 嫉妬しない方法8選!恋人に嫉妬してしまう瞬間や原因も解説!

この記事も一緒に読まれています

  • 後悔しない結婚相手の選び方!素敵な旦那になる男性の見極め方を紹介

  • バツイチ男性の再婚は難しい?おすすめの出会い方・婚活の注意点を紹介

  • 結婚はなし?不向きなフリーター彼氏の特徴やメリット、結婚前の確認リスト

  • 好きじゃない人と結婚した割合や結果は?結婚した理由や結婚前に確認するべきこと

  • 若い女性と結婚するには?おじさんがモテる3つの秘訣&プレゼントを紹介

  • プロポーズをするといい理由&心に残るプロポーズに必要な準備や流れとは

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 婚活
  4. 伴侶の意味とは?人生のパートナーを見つける方法や見極め方を解説