1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 婚活
  4. 専業主婦になりたい女性が知っておくべき!夫の収入や婚活方法とは?

専業主婦になりたい女性が知っておくべき!夫の収入や婚活方法とは?

婚活
この記事は約 9 分で読めます。

最近では夫婦共働きの世帯が増えてきているとはいえ、女性なら誰もが一度は結婚して「専業主婦」になることに憧れを抱いたことがありますよね

しかし、独身時代の生活レベルを落とさずに専業主婦になるには、夫にそれなりの収入がないと難しく、男性が抱く専業主婦に対する意見もさまざまです。

今回の記事では、専業主婦になりたい女性が知るべきことや専業主婦になるための方法などを解説します。

 

現在は共働き世帯の割合が多い

平成28年に内閣府が報告した資料によると、共働き世帯と専業主婦がいる世帯は、

昭和55年 専業主婦 1,114万世帯

     共働き     614万世帯

 

平成9年   専業主婦  621万世帯

      共働き     649万世帯

 

平成27年 専業主婦   687 万世帯

      共働き    1,114万世帯

 

参考元:内閣府男女共同参画局 男女共同参画白書(概要版)平成28年度版

このように、共働き世帯は年々増加していることが分かります

平成9年以降専業主婦世帯の数が、共働き世帯の数を上回るようになり、現在では約3組に2組の割合で共働き世帯が多い状況となっています。

専業主婦世帯と共働き世帯の推移を見ると、その背景には男性の年収が上がりにくくなり家計の収入を増やす必要があったことや、女性たちが働きやすい環境が整うようになったことなどが考えらえます

 

専業主婦になりたい女性に対する男性の本音を暴露!

専業主婦がいる世帯は少なくなってきているのと同時に、専業主婦に対する世間の考え方も以前と比べて変化してきています。

そこで気になるのが、専業主婦になりたい女性に対する男性の本音です。

専業主婦に対して賛成・反対なのか、その意見を見ていきましょう。

 

賛成派の男性の意見

奥さんが専業主婦でいることに対して、賛成派の男性の意見を挙げていきます。

  • 子供の成長のために妻に家庭を守ってもらいたい
  • 家事・育児・介護などと両立して仕事をするのは大変
  • 収入の多い夫が働いた方が良い
  • いつも美味しい料理を作って家で待っていてほしい
  • 家に妻がいてくれた方が安心する

子供がいる家庭では、やはり子育てのために家にいてほしいという意見が多く見受けられます。

さらに、いつも家に誰かがいるという安心感を得たいという声も少なくないようです。

 

否定派の男性の意見

一方、専業主婦には反対で、できれば妻も働いてほしいという男性の意見を見ていきます。

  • 女性は家庭を守るという固定観念にとらわれる必要はない
  • 能力が高い女性が働くことで社会や個人のためになる
  • 夫婦で働いた方がより高い収入が得られる
  • 万が一離婚したときのために仕事は続けた方がいい
  • ただ専業主婦になるのは甘えに見える
  • 外の社会との繋がりを持っていてほしい

専業主婦に対して意見が分かれるのは、男性の年収・世帯に必要なお金、子供の有無、女性の仕事に関する意見や価値観の違いによって生じるものといえるでしょう。

 

なぜ?専業主婦になりたい女性の理由

専業主婦に対するさまざまな意見がある中でも、「専業主婦になりたい」と思う女性は少なくありません。

なぜ専業主婦になりたいと思うのか、その理由を見てみましょう。

 

ただ仕事を辞めたい

独身時代にハードな仕事をしてきた女性なら、仕事を辞めたいことを理由に「専業主婦になりたい」と思うかもしれません。

仕事がハードという理由だけでなく、好きな仕事でない・やりがいが感じられない仕事で働いてきた女性も、結婚を機に仕事から離れたいと思う傾向にあるようです。

 

家事が大好き

「仕事も好きだったけれど、仕事以上に料理や掃除などの家事が大好き」というタイプの女性も、専業主婦になりたいと思う傾向があります。

会社で働くことでキャリアを積んでいくよりも、家庭を守る妻としての人生のほうが、より自分に合っていることをわかっているのです。

 

子供の成長が見たい

子育てがしたいと願う女性は、とくに専業主婦になりたいと思うでしょう。

育児をしながら仕事をすると、どうしても子供といる時間が減ってしまい、日々の子供の成長を見逃してしまう可能性も考えられます。

それなら専業主婦として家事や育児に専念したいと思うのは当然のことかもしれません。

 

家事と仕事の両立が難しい

結婚前に正社員でバリバリ働いていた女性こそ、家事も完璧にこなそうとするため、家事と仕事の両立に悩むこともあります。

それなら結婚後、家事に専念して旦那のサポート役に回りたいと気持ちを切り替える女性もいるようです。

 

専業主婦になるための必要な夫の年収

専業主婦になりたい女性が結婚したからといって、無条件に専業主婦になれるわけではありません。

世帯に必要な生活費などが働く夫の年収だけでまかなえるのかどうかが重要なポイントです。

では、専業主婦になるには、どのくらいの年収が必要かを解説しましょう。

 

最低年収は500万以上

妻が専業主婦となっても生活ができる夫の最低年収は、500万円といわれています。

年収500万円だと、毎月の手取りは約24〜26万円程度と考えてよいでしょう。

そこから、家賃・食費・光熱費など必要なお金を使い、さらに子供がいる場合はその分教育費などもかかってきます。

家賃に掛けられるお金も月7~8万円とすると、あまり裕福な暮らしは難しいかもしれませんね。

 

安心の年収は1500万円超

一方で妻が専業主婦であっても、生活にゆとりを持って安心して生活できるのは、夫の年収が1,500万円超といわれています。

もちろん、子供の数や住んでいる場所、夫婦が求める生活水準の高さにもよります。

いわゆる「勝ち組」と呼ばれる年収1,000万円超えであっても、それぞれの家庭の状況によってゆとりある生活ができるかどうかは異なるのです。

 

年収はあなたの生活水準が目安になる

夫の年収は専業主婦になりたいと思っているあなたの生活水準が目安になります。

今のあなたが倹約家であまり贅沢な生活を望んでいないのであれば、年収500万円の男性でも専業主婦になることは可能でしょう。

しかし、贅沢な暮らしを望み、生活水準を実際の世帯年収以上に高めてしまうと生活が破綻する可能性が高くなります。

基本的には、夫婦がどの程度の生活水準を保って生活をするのかによって、専業主婦に必要な収入も変わってくることを認識しておくことが大事です。

 

専業主婦になるための婚活方法

最近では、夫だけの収入を頼りにすると、「突然リストラされて仕事を失ったらどうしよう」と不安に思い、専業主婦になることにリスクを感じる女性も多いでしょう。

しかし、そんな不安やリスクに悩むよりも、「とにかく専業主婦になりたい」という独身女性は、婚活のときから戦略的に動く必要があります

最後に専業主婦になるための婚活方法を紹介します。

 

若いうちから婚活をはじめる

専業主婦になっても安心して生活ができるような、高収入で良い条件の独身男性を狙うなら、できるだけ若いうちから婚活をはじめましょう

今や大学生のうちから婚活に励む女子もいます。

婚活をはじめるのが早いほど、好条件の男性に出会える確率も高まり、念願の専業主婦になれる可能性も高まります。

 

家庭的な女性になる

家事や料理などのスキルを磨き、家庭的な女性になっておくのも専業主婦になるための婚活方法として効果的です。

家事の能力が高いと、「君は外で働くよりも家庭を守る方が合っている」と男性たちからも評価され、専業主婦になりたいと言っても説得力が増しますよ!

全く家事ができないようだと、専業主婦は向いていないと思われてしまう可能性もあるので、家庭的な女性になれるように努力することが大切です。

 

幅広い年齢層の男性を旦那候補にする

妻が専業主婦である家庭は、相応の世帯収入が必要です。

しかし、まだ若い世代の男性だとそこまでの年収に到達していない人が多いでしょう。

そのため、年齢が多少離れていても希望の年収がクリアできる幅広い年齢層の男性を候補にすると可能性が広がります。

一般的に男性の年齢が上がるほど年収も高くなるため、自分が思い描くゆとりある専業主婦ライフができる男性と出会える確率も高まります。

 

専業主婦を希望する男性を選ぶ

共働き夫婦でなくどうしても専業主婦になりたいなら、婚活を進めて交流をしていく中で結婚相手として専業主婦になりたい女性を希望する男性を見極めていきましょう。

たとえば結婚相談所やネット婚活などに登録する場合も、自分のプロフィールや希望を書く婚活情報のところに「専業主婦希望」とあらかじめ記入してしまうのです

専業主婦についてどう考えているのかも聞いておくといいかもしれません。

そうすると、婚活の初めの段階で、ある程度の男性が絞られるため、無駄な婚活をしなくてもすみます。

 

専業主婦にはリスクがあることも知っておこう

専業主婦に憧れて、幸運にも高年収の男性と結婚できたとしましょう。

しかし、夫がリストラにあう・事故や病気などの理由で突然働けなくなることもあります。

専業主婦を選ぶことによって、このようなリスクが伴うことを意識しておかなければいけません。

専業主婦になりたいと思うなら、リスクや現実を知った上で、結婚後も生活に苦労せずに夫婦円満でいられるような男性との出会いを求めることが必要です。

 

まとめ

  • 現在は専業主婦がいる世帯より共働き世帯が多く、世帯の3組に2組が共働き世帯である
  • 専業主婦になりたいと思う女性への男性の意見として、やや否定的意見が多い傾向がある
  • 子育てや家事に専念したいなど専業主婦になりたい女性は少なくない
  • 専業主婦になっても夫に一定以上の収入がないとゆとりある暮らしは難しい
  • どうしても専業主婦になりたければ早い年代から効率よく婚活をするとよい

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

Yuki

Yuki

看護師歴15年のアラフォーナース。
現在アメリカに滞在中!
自分が苦しんだ経験を生かして、仕事・恋愛・婚活に悩む女性に向けて情報を発信しています。

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 専業主婦になりたい女性が知っておくべき!夫の収入や婚活方法とは?

  • アナタは大丈夫?男性がドン引きする「痛い女」の特徴や改善方法を解説!

  • 嫉妬深い人の特徴とは?嫉妬深くなる心理や行動・直す方法を徹底紹介

  • 「スピード婚は離婚率が高い」はうそ?成功するポイントと決め手をチェック

この記事も一緒に読まれています

  • 相席屋はひとりで行っても大丈夫?【男女別】相席屋の攻略法も徹底調査!

  • 年齢こそが武器?アラフィフ婚活の厳しい現実と成功させるための方法!

  • 婚活パーティーが勝負?40代バツイチが再婚を成功させるポイント

  • 結婚相手として大丈夫?幸せにできない男の特徴とその見極め方

  • 【必見】逆玉の輿を狙う男性が増加中?お金持ちの女性と結婚する方法を紹介

  • 【将来が不安】結婚できない女性が陥りやすい間違った相手の選び方

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 婚活
  4. 専業主婦になりたい女性が知っておくべき!夫の収入や婚活方法とは?