1. 出会い・マッチングのハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 婚活
  4. 40代バツイチ女性の厳しい婚活パーティー・マッチングアプリ事情

40代バツイチ女性の厳しい婚活パーティー・マッチングアプリ事情

婚活
この記事は約 8 分で読めます。

皆さんはアラフォーの独身女性に対してどのようなイメージを持たれてますか?
恋愛相談をしてもあきらめろの一言。
もう手遅れだ。
誰がそんな年増に手を出すか。
などネガティブな印象をお持ちだと思います。

そうです!本当にアラフォーの婚活は男女ともに厳しくて過酷なのです。
しかし、ちょっとした意識の転換や男性の向き合い方で素晴らしい出会いを見つけることもできます。
そんな横浜在住40代バツイチ子持ち女性の私が実体験した婚活事情をお送りします。

  • 婚活パーティー・サークルや婚活アプリサイトで出会った勘違い男性との屈辱体験

数ある婚活パーティーや相談所、アプリなどを利用しましたが、その中で様々な男性と出会いました。
また、今まで私の人生でもあったことのないような最悪な性格の男性もいました。
今回はその中でもとっておきの2名をレポートします。

その最悪男性の出会いは突然に

婚活をしている女性の人たちの中でも利用度が高い、婚活パーティー。
女性は料金が無料だったりします笑

また、参加費が必要な、参加条件が医者や弁護士等の職業の男性限定なものや個室などを利用したプライバシーが守られているパーティーもあります。銀座会場、池袋会場など良い男性が集まりそうな地区での開催もあり当然レベルが高い女性の参加率も高くなります。

更に外国人も参加するような異国の異性を求める、男性オススメのの婚活パーティーもあり、男性・女性双方に色々な趣向に沿ったイベントが各地で催されてます。

最初は年収・経済力や国際結婚等条件の高い参加者の男性たちを求めていましたが
私以上のレベルを求める男性が非常に多いという現実もあり、可能性を信じ徐々に年収や条件を落としてパーティーに参加するようになりました。

そこでそのお見合いパーティーの個室会場で出会ったのです!
勘違い男性に!
その男性は、30代後半で婚活や見合い等のパーティーに慣れているよう。
女性のエスコートも上手く、またルックスも細身で、アップされていた写真を見る限り塩顔系男子の星野源さんを二発くらい殴った程度でまあまあ良い感じ。

だけど、話していくうちに徐々に本性を現し始めました。
その男性は自分に自信があるのか、過去の華麗な女性遍歴や、その中には芸能人もいたとか
現在は年収が低いけど、すでに社長候補で今後の生活は明るいとか。
皆様もお分かりと思いますが、これらの話は何ら証拠がないのです。

その他、自分の先祖は武将だったとかどうでもいい自慢話を一方的にされ意気消沈した私は
相手から連絡先の交換を希望されましたがもはや恋愛対象とは見れず、しっかりとお断りさせていただきました。
もっとしっかりした大人な男性との出会いを求めていたのに…。

初めての婚活アプリで出会った肉食系の50代男性

様々な婚活パーティーに参加し、嫌な思いしかなかった私は前回の教訓もありyahooの広告で目にした某マッチングアプリに登録してみることにしました。

今までのメディアのイメージもあり、出会い系の類は完全スルーを決め込んでいたのですが、
背に腹をかえられない状況の私は「再婚」という目標を達成するために、登録した日から息をするくらい自然に暇があればアプリを見る毎日。

それは、年収や職業・年齢などあらゆる検索条件の中から気になる異性を見つけ出し、その異性に「いいね」をしたりされたりしてマッチングすることで、メールでの会話が可能になる婚活アプリです。

登録をして数日経ったある日、私にも理想にかなり近い男性を見つけ暫くやり取りすることに成功しました。
アプリの中ではすごく紳士な態度を取っていた男性。
50代の会社役員でお金持ち風のプロフィール、バツイチのようで子供は奥さんの方が親権を持っていて最近はほぼ会ってないとのこと。
また、子供が大好きでボランティアサークルなどで、自身がライフワークで行っているボクシングを教えていると話してくれました。

もうこれは会うしかない!
ということで実際にデートの約束をし、彼が予約してくれていたレストランへ。
そこで彼がとった行動が、今までやり取りしていたのは何だったのかと思うほど欲求不満エピソード・・・

「離婚してからは暫くご無沙汰だ」
「〇〇さん(私の事)の顔 体系まで全て私の好み」

などと完全に体目当てとしか思えないような言葉攻めに遭い、男性経験が少ない私はさすがに身の危険を感じて、誘われたお酒も一滴も飲まず逃げるようにその場を後にしました。

バツイチ子持ち40代女性の婚活は厳しいのか


冒頭にも書きましたが、40代バツイチで子持ちというワケありアラフォー女性の婚活は、かなり厳しいのが実情です。
男性に求める年収や条件などをかなり落としたとしても、今度は婚活ではなく体目当ての男性が出てきたりと、恋愛できるような理想の相手を見つけることはかなり厳しい状況でした。

自分でいうのもなんですが、身なりに気を付けていてもやはり老化は隠せません。
更に子持ちということでハードルをかなり上げています
今までこんなに打ち込んだものはないのではないか!?
と思うほど婚活に心血を注いできましたが、私の力不足かそれとも40代以上のおばさんを駆逐する世の中の風潮が悪いのか・・・
誰にも相談できず、暫くは人間不信の日々が続きました。

体験に基づいて自身を改めた注意点

結婚相談所や婚活パーティー、マッチングアプリ等婚活のサービスで出来ることは考えられる限りやってみたものの「とにかく良い男性とめぐり合いたい」という気持ちが先走ってしまい、反省もせずに失敗を繰り返していました。
しかしある日を境に気持ちの変化が起きました。
さて、どういった理由があってそのように至ったのでしょうか。詳しくお話しましょう。

何で婚活がうまくいかないのか考えてみた

思えば12年前、元旦那の不倫が原因で半ば見切り発車で決めてしまった離婚。
あのとき許しておけばこんな辛い思いをしなくて済んだのでは?
と回想するようなやり切れない毎日で、婚活でよい巡り会わせがないのも婚活パーティーや婚活アプリ、はたまた出会う男性のせいだと決めつけて、明らかに被害者意識を持っていました。

けれどある日の夜、泥酔してネットを気持ちよくサーフィンしていたとき、あるブログの記事を見かけ、まさにキラー・カーンからモンゴリアチョップをされたときのような衝撃を受けました。その一説がこれです。

人生がうまくいかないのは何事も人のせいにするからだ

まぁどこの馬の骨が書いたかわからないような、日々家庭菜園のことをシュールに書き綴るブログだったのですが、これは私に言っているんだと直感しました。

厳しい現実に諦めるのでなく改善して自らの夢に近づくこと

そのブログを見た日から私は変わりました
男性側のせいにするのではなく、自分が変わることでチャンスを得ることができる。
まさに「ピンチはチャンス!」なのです。
そして次の改善をさっそく実施することにしました。

身だしなみの改革

いつも軽い女と思われていたのか、ワンナイトラブをご希望の紳士に狙われていたので、膝上のスカートをやめ膝下のスカートへ。
また、原色を好みがちで赤等のドきつい色味を選ぶ傾向にあったので、ベージュや薄いピンクなど年相応の上品な色味へ変更。
そうすることで相手にも本当に婚活したいという熱意が伝わったのか、婚活パーティーで女性たちを獲物にする体目的の男性たちが寄ってこなくなりました。

身の丈に合った男性を選ぶ

今までは、最大に高いスペックの男性を選びがちだったのですが、自分の生活を考えたうえで、

年収も普通に食べれる程度でいい。
学歴が私より高くなくていい。
お子さんがいらっしゃってもよい。

と、妥協ではありませんがそういった男性たちを対象にして選ぶ基準を広げました。
過去放映されていたCMでこんなセリフがありました。

上を見たらきりがない、下を見たら君がいた

ちょっと上から目線で失礼ですが、今の伴侶と出会いまさにその通りと痛感してます。

自身にあった最良の方法で婚活する

婚活パーティーでは、直接相手とお話しする機会があるので、どうしても外見に目が行きがち。イケメンが好きな私は、すぐに「惚れてまうやろ!」のフラグが立っていました。

そのため直接会うパーティーではなく、会うまでにやり取り中心で人となりをしっかり判断できる婚活アプリを中心に利用することにしました。
ただやり取りの回数を増やし、見切り発車ですぐ会うことは止め、お互いのことをある程度信用できるまでは会わないと決めて時間をかけて慎重に男性を選んでいきました。

私が利用した中で理想の男性と出会うことに成功した婚活アプリ。
途中でさらッと書いちゃいましたが、そうです!皆さんがこの記事を読んだだけで察するようにひねくれた性格で厄介な私にも、自分自身を改善することで それなりの交際期間をへて再婚してくれる優しい魅力のある男性を見つけることができました。

彼もバツイチのアラフォー男性です。
今は旦那のテノールな音色のイビキを隣で聞きながら、幸せに満ちた気分でこの記事を書いてます。
40代で独身、はたまたバツイチで子持ちの方がいらっしゃったら、1つこんな私でも出会えたんだと勇気を持ってもらい将来の伴侶探しに精を出してほしいなと思います。

まとめ
・身の丈に合った男性を選ぶ
・自身にあった婚活の方法を詮索する
・人のせいにせず、自分が理想の相手に歩み寄るような努力をする
・40代バツイチ子持ちの婚活は厳しいが、考えた方次第で理想の男性に出会える
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 結婚の決め手は?想定外彼女がお嫁さんにクラスチェンジした理由

  • 女性が思う理想の「結婚年齢」と実際の平均年齢のギャップとは

  • 切ない大人たちに送る恋愛話!笑いと涙の胸きゅんエピソード5選

  • 【札幌出会い決定版】地元の素敵な色白女子が集う出会いの場・スポット7選

関連記事

  • 女心がわからない?女性の心理や本音を見抜き「心」をつかむ方法とは

  • 結婚相手として大丈夫?幸せにできない男の特徴とその見極め方

  • 【結婚したい】結婚した経緯を大公開!出会いのきっかけランキング

  • 【婚活女性へ】結婚相手の条件で本当は「妥協できる」条件もあった!

  • 婚活パーティーが勝負?40代バツイチが再婚を成功させるポイント

  • 【婚活入門】社会人同士の出会いを生み出す「きっかけ&場所」の法則

  1. 出会い・マッチングのハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 婚活
  4. 40代バツイチ女性の厳しい婚活パーティー・マッチングアプリ事情