1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 【男性100人に質問】元カノは引きずる?復縁したい?未練タラタラ男の行動とは

【男性100人に質問】元カノは引きずる?復縁したい?未練タラタラ男の行動とは

恋愛
この記事は約 7 分で読めます。

「せっかく付き合っているのに、彼氏は元カノに未練があるみたい…」と思ったことはありませんか。

彼女がいても元カノを引きずっているという男性は案外多いもの。

今回の記事では、アンケート調査をもとに男性の元カノへの心理や未練タラタラ男の典型的行動を紹介していきます

 

【質問】元カノを引きずったことはある?

Q.元カノを引きずったことはありますか?

A.

  • ある…57人
  • ない…43人

※成人男性100人対象

成人男性100人に「元カノを引きずったことはあるか?」アンケート調査したところ、57%の人が「ある」と回答しました。

半数以上の男性が元カノを引きずった経験を持っており、ありふれた男性心理だといえます。

あなたの恋人も元カノに何らかの未練を抱えている可能性はゼロではないのです。

 

【質問】復縁したい元カノはいる?

Q.復縁したい元カノはいますか?

A.

  • いる…30人
  • いない…70人

※成人男性100人対象

こちらも成人男性100人にアンケート調査したところ、復縁したい元カノが「いる」と回答した人は3割にとどまりました。

引きずった経験はあっても「復縁したい」気持ちとは必ずしもイコールではないのかもしれません。

今カノの対応によっては、たとえ元カノに未練のある男性でも忘れさせることは可能です。

もし彼氏が元カノを引きずっていても、まずは落ち着いて対処することが今後の関係性の鍵になるでしょう。

 

元カノに未練タラタラなのはなぜ?

そもそも、なぜ男性は別れたはずの元カノに未練を残してしまうのでしょうか。

まずはその理由や原因を詳しく見ていきましょう。

 

別れてから大切さに気づいた

元カノに未練タラタラな男性は、別れてから彼女の大切さに気づいた可能性が高いです。

元カノの優しさや素晴らしさを別れた後でようやく理解したのかもしれません。

別れたけれど、結婚相手にするなら元カノが良かったと後になって後悔する人もいます

正直虫のいい話ですが、あんな素敵な女性と別れなければよかったと今更後悔しているのです。

 

一人なことが寂しい

寂しがりやの男性は元カノへの未練が強くなる傾向にあります。

今まで隣にいた人が突然いなくなるのだから、寂しさや孤独感に苛まれても仕方ありません

一人なことが今更ながら身に染みて、彼女に戻ってきてほしい・やり直したいという気持ちが強くなってしまうのです。

 

体の相性が良かった

体の相性が良かったという下世話な理由から、元カノに未練タラタラになるパターンもあります。

たしかに体の相性がぴったりな相手というのは得難いものですが、前提として愛情がなくなったのなら関係も同時に消滅せざるを得ないもの。

しかし、そこを忘れて「また体の関係を結ぶために復縁したい」と思う男性もいるのです。

 

元カノに未練がある男の行動

では、元カノに未練がある男性はどのような行動を見せるのでしょうか。

 

理由をつけて会おうとする

元カノに未練がある男性は、何かと理由をつけて会おうとします。

「借りていたものを返したい」「相談がある」など、別れた女性からしたら「何で?」と思うような理由をこじつけて会う機会を作ってくるのです。

しかし、別れたつもりの元カノからすれば迷惑だと思われる可能性のほうが高いでしょう。

 

SNSをこっそりチェックしている

元カノに未練がある男性は、彼女のSNSをこっそりチェックしています。

SNSを見れば、今彼女が何をしているのかあるいは新しい恋人ができたかどうかなど、おおよその情報が得られるからです。

また、自分からチェックしておいて充実した元カノの状況に右往左往するのも、未練タラタラな証拠です。

 

新しい恋愛に消極的

元カノに未練がある男子は、新しい恋愛に消極的になってしまいます。

せっかく出会いがあってもどうしても元カノと比べてしまうため、なかなか他の人を好きになれません。

どうせ恋愛するなら新しい恋人を探すより、元カノと復縁したいとすら思っています。

 

元カノを忘れられない男性への対処法

自分の彼氏や好きな人が元カノへの未練を断ち切れていなかったら、とても不安ですよね。

最後に元カノを忘れられない男性への適切な対処方法を紹介するので、元カノに負けない関係性を築きましょう。

 

忘れられるように努力する

元カノに未練があることにモヤモヤするのは仕方ありませんが、まずは元カノを忘れさせる努力をしましょう。

たとえ未練があっても、思い出を上書きできるよう今を思いっきり楽しむことが大切です。

一緒に楽しく過ごし、愛情を伝えていけば元カノの記憶も薄れていくはずです。

 

元カノを思い出させない

未練がある男性には元カノを思い出させないことも大事です。

例えば、元カノと行ったデートスポットは避ける、元カノの話は一切出さないなど、元カノを想起させるような言動はできるだけ避けましょう。

また、彼のほうから元カノを話題にしても過剰反応せずスルーしてしまうのがベターです。

 

無理に自分に気を向けさせない

いくら元カノを忘れてほしくても、無理に自分に気を向けさせるのはNGです。

「私だけを見て!」「元カノのことは完全に忘れて!」と言っても、急に切り替えるのは無理でしょう。

むしろ強引に要求することが逆効果になる可能性もあるため、元カノを忘れてほしいなら対策は打ちつつも気長に待つのがおすすめです。

 

元カノの思い出を整理させる

もし男性にも「元カノへの未練を断ち切りたい」という意志があるのなら、一緒に思い出を整理しましょう。

写真や元カノからのプレゼントは処分し、LINEや電話番号といったデータも消してもらうなど、元カノに関わるものを身の回りから整理していくことで、彼自身も元カノへの想いを清算していけるはずです。

ただし彼の了承は必ず得ること、勝手に捨てるのは絶対NGです

 

元カノへの未練を忘れるくらい楽しい時間を過ごそう!

彼氏が元カノへの未練を残しているというのは嫌なものです。

「今は私と付き合ってるのに!」と怒りたくなるかもしれませんが、無理やり忘れさせようとするのは逆効果かもしれません

また好きな人が未練タラタラだと、つらい思いをすることでしょう。

もし彼の元カノへの未練を断ち切りたいなら、焦らず一緒に忘れていく努力をすることが大事です。

元カノを忘れるくらい楽しい時間を過ごすことで、彼もあなたに気持ちを向けてくれるはずです。

 

まとめ
  • 元カノを引きずったことのある男性は57%!
  • 3割の男性が復縁したい元カノが「いる」
  • 元カノに未練タラタラな男性は、別れてから相手の良さや一人でいることの寂しさに気づいたパターンが多い
  • 元カノに未練のある男性は、理由を付けて会おうとしたりSNSをチェックしたりしている
  • 彼・好きな人に元カノを忘れてほしいなら、焦らず今の自分との楽しい思い出を増やすことが大事

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

小野塚 晴子

小野塚 晴子

読書好きのインドア派です。恋に消極的な人にも楽しめるような記事を目指します!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 【2024年】イケメンランキング!若手俳優・殿堂入り・アイドル一挙公開

  • 年上彼女と結婚した割合は?結婚プレッシャーやエピソードなど男の本音を紹介

  • 彼女の家に挨拶へ!手土産はどうする?相場は?渡し方やポイントを紹介

  • 結婚を決めた理由はなに?【男女200人に聞いた】決め手やエピソードを紹介

この記事も一緒に読まれています

  • 恋人繋ぎするのはなぜ?恋人同士と付き合う前それぞれの心理を紹介!

  • 付き合って3ヶ月目はカップルにおいて重要!乗り越えるためのポイント7選

  • 彼女を怒らせた…連絡がこない・既読無視の彼女と別れずに仲直りする方法

  • 彼とのお泊りデートを成功させる究極テクニック&ドン引き確定のNG行動

  • ドライブデートでキスする絶好のタイミング5選!失敗しないための注意点

  • 二股でどっちも好きな女性心理とは?二股されやすい男性の特徴など一挙公開

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 【男性100人に質問】元カノは引きずる?復縁したい?未練タラタラ男の行動とは