1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 恋愛観は男女で違う!異なる恋愛観を乗り越えて関係を深めるコツとは

恋愛観は男女で違う!異なる恋愛観を乗り越えて関係を深めるコツとは

恋愛
この記事は約 10 分で読めます。

恋愛をするうえでお互いの恋愛観を知っておくことは重要です。

細かい恋愛観は人それぞれ違うものですが、男女間では大きな差が生じていることをご存知ですか?

恋愛を上手く進めるためにも、まずは男女の恋愛観について知っておきましょう。

今回の記事では、男女の恋愛観の違いを徹底比較していきます。

 

恋愛観の意味とは

恋愛観とは、恋愛に対しての自分の考え方を指します。

誰にでも理想の恋愛があり、それに見合った相手と恋愛をしたいものですよね。

自分の恋愛観と相手の恋愛観があまりにも違うと、そこから恋人関係が破綻してしまうこともあります。

 

また、恋愛観は生涯変わらないものではなく、年齢を重ねるとともに変わっていく傾向があります。

若いときは身長や顔などのルックス重視だった人でも、社会人になった後は年収や安定感を重視するようになるなど、その年代によって恋愛観に違いが見られることがあるのです。

 

【男女別】恋愛観の違いを徹底分析

それでは、男女別にみる恋愛観の違いについて分析していきます。

 

異性を好きになる理由

異性を好きになる理由として、男女の間では判断材料が違ってきます。

一体異性のどこに着目して、その人を好きになるのかチェックしてみましょう。

 

男性:外見が好みかどうかを重視する

男性は女性よりも視覚的に相手が好きか嫌いかを判断することが多いです。

自分のストライクゾーンの外見かどうかを直感的に判断し、恋愛対象になる存在かを見極めます。

割と女性よりもストライクゾーンが広く、好きな範囲に収まればアプローチをかけることが多いです。

 

女性:信頼や誠実さを重視する

女性は男性よりも感受性や愛情表現が豊かな傾向があります。

好きな男性から与えられる愛情を重視するため、アプローチによって好意が大きく揺らいだりします。

アプローチをされていく中で、相手への信頼感を強くしたり、誠実さを判断したりして、相手のことを好きになっていくのです。

 

片思い中の思考回路

好きになる理由が違えば、片思い中に思っていることも違います。

男女間では異なる片思い中の思考回路もチェックしていきましょう。

 

男性:女性の落とし方を考えている

好きな女の子ができたら、どのようにすれば落とせるのかをひたすら考えるのが男性です。

攻めの姿勢を崩さず、デートの誘いなどさまざまな手を使って、女性にアプローチをしていきます。

獲物を捕らえるという狩猟本能がある男性は、片思い中が恋愛感情のピークです。

そのため、いざ付き合いはじめると一気に冷めてしまうという展開もありえます。

 

女性:男性の気持ちが気になっている

女性は基本的に受け身で、好きになった男性に対しても、自分のことをどう思っているのか、納得できる根拠を得てから付き合いたいという姿勢でいます。

お互いの気持ちが通じ合っている、安心した状態で付き合いたいと思っているので、片思い中は男性の気持ちを気にしています。

やり取りをしている男性に対して質問が多いのは、相手の気持ちを探っているからです。

 

仕事と恋愛のバランス

仕事と恋愛のバランスは、恋人関係においてトラブルのきっかけになりがちな問題です。

一方を重視してしまえば、もう一方が成り立たなくなるときもあり、なかなか解決策が見いだせない問題ではないしょうか。

男女間で生じる仕事と恋愛のバランスの違いについても、チェックしてみましょう。

 

男性:仕事に比重を置きがち

男性は女性よりも外部からの評価を気にします。

そのため、恋愛よりも目に見えて評価や利益のでる仕事に比重を置きがちです。

周りからすごいと思われたい、出世したいという見栄っ張りな一面もあり、それらを理解してくれない女性に対して不満を抱く場合もあります。

 

女性:どちらも半々に保てる

マルチタスクな女性脳を持つ女性は、仕事も恋愛も同じくらいのバランスを保つことができます。

そのため、男性には恋愛においても仕事と同じくらい構ってほしいと感じています。

「仕事を優先する男性=彼女をほったらかしにする男性」と解釈する女性もいるため、仕事ばかり重視する男性のことが理解できず、不満が爆発してしまうのです。

 

恋愛中の連絡の取り方

恋愛関係にある場合の連絡の取り方や頻度においても、女性と男性では違いがあります。

 

男性:用があるときだけ連絡を取る

何か伝えるべき用事があるときだけ連絡したいというのが男性心理です。

男性は考えていることを形や言葉にし、伝えるのが苦手な傾向があります。

そのため、連絡も必要最低限で、女性のように挨拶や帰宅の連絡などをする必要性を感じません。

 

女性:できるだけ連絡を取り合っていたい

挨拶やたわいもない出来事でもいいから、好きな人とはこまめに連絡を取っていたいというのが一般的な女性の恋愛観です。

そのため、男性からの連絡の回数が少ないと不安を感じ、多いと幸せを感じます。

いつでも自分のことを考えていてほしい、という女性が多く、好きな男性と少しでも長くつながっている感覚を味わっていたいのです。

 

恋愛に対する評価方法

男女間での恋愛観では、恋愛においての評価の仕方も違います。

 

男性:加点方式

男性の評価基準は「加点方式」です。

男性は最初に自分のことを受け入れてくれる女性を選んでいます。

そのため許容範囲が広く、男性の恋愛は最低ラインからはじまっていることが多いです。

期待のないゼロからのスタートであれば、一緒に過ごしているうちに、彼女の良いところにどんどん気づいていきます。

減点する余地がないことは、女性にとってありがたいですね!

 

女性:減点方式

女性の恋愛の評価は男性とは真逆で「減点方式」です。

自分が認めた男性を慎重に選んで恋愛をはじめているため、彼氏の良いところではなく、悪いところが目につけば減点されていきます。

最高点からはじまった恋愛は、その後に点を加えることよりも減点することが多くなるため、「こんなはずじゃなかった」と思う女性が多いのです。

 

恋に落ちるときのスピード

恋に落ちるスピードも、男女間では違いがあります。

恋に落ちるときの感情の盛り上がりについて男女差を見ていきましょう。

 

男性:熱しやすく冷めやすい

前述にもありましたが男性には狩猟本能という、狙った獲物を逃がさず捉えたいという気持ちがあります。

そのため、ターゲットの女性のことを好きだと思った、その瞬間に狩猟本能が生まれ、そこが恋愛感情のピークなのです。

あらゆる手を駆使し、女性を手に入れてしまえば、狩猟本能は開放感を感じ、落ち着いてしまいます。

そのため、男性は恋愛において、熱しやすく冷めやすい傾向があるといわれているのです。

 

女性:好きになるまで時間がかかり冷めにくい

女性は男性と比べて、好きになるまでに時間がかかります。

男性との時間を過ごしていく中でだんだん良い場所を見つけ、好きという気持ちを高めていくのです。

そのため、好きになるまでには時間がかかりますが、一度好きになったら冷めにくく、恋愛関係を続けていける傾向にあります。

 

男女共通の恋愛観もある!

恋愛観は紹介したように男女で異なる部分もありますが、共通する部分も存在します。

今度は男女共通の恋愛観を見ていきましょう。

 

恋は3年で冷める

恋の賞味期限は3年というのは、よく聞きますよね。

これは科学的側面から見た一般論で、フェニルエチルアミンという脳内ホルモンが関係しているからです。

このホルモンは恋愛をしはじめたころに分泌がはじまり、2~3年程度で分泌が終わるとされています。

フェニルエチルアミンはときめきに関わってくるホルモンのため、恋は3年で冷めるといわれているのです。

 

4年目以降から冷静な目で恋を見極める

ときめきのホルモンが落ち着く4年目以降に、相手のいろいろな側面が見えてくる、ということもあります。

はじめのうちは魅力の塊だと思っていた恋人でも、3年も一緒にいると良いところだけではなく、嫌な面もいろいろ目についてくるものです。

 

このままこの人と付き合っていてもいいのか、結婚してもいいのか、今後のことを冷静に判断しやすくなる時期だといえます。

 

恋愛観が合わないことを乗り越えて関係を深めるコツ

男女の恋愛観の違いや差を乗り越えて、恋愛関係を深めていくにはどうしたらいいのか、

関係を深めるためのコツについて紹介していきます。

 

男女の恋愛観は全く違うものだと理解する

まず、異性の恋愛観は自分のモノとは全く違うものだということを理解しましょう。

女性には男性の行動力が必要で、男性には女性のきめ細やかな気遣いが必要です。

それぞれに役割があるのだということを理解すると、気持ちにも余裕がでてきます。

 

同じ目的や目標をもつ

同じ目的や目標をもつと、2人でゴールを目指して進んでいけるため、お互いに不満をぶつけるよりも歩み寄ることを優先するようになります。

同じ目標に向かえば、お互いの恋愛観の違いを受け入れやすくなり、何よりも達成することに意識を集中させることができるでしょう。

2人が同じ方向を向いていれば、衝突も少なくなり、ポジティブな関係性を築けるはずです。

 

すれ違ったときは一方的に怒らない

価値観の違いから、ときにはすれ違ってしまうことがあります。

しかしその際、頭ごなしに一方的に怒ってはいけません。

 

たとえば、自分よりも他の友達のことを優先されても、相手は友達のことも恋人のことも同じように大切に思っている価値観の持ち主かもしれません。

相手の価値観を尊重しないと、その後の2人の関係にヒビが入ってしまう可能性が高いです。

一方的に怒らず、冷静に話し合いをしてみましょう。

 

自分の気持ちは素直に伝える

何か伝えたいことがあったら、素直に伝えることも大切です。

思い悩んでいることがあったとしても、口に出さなければ相手には伝わりません。

 

長く付き合っていると、何でも自分のことを分かってくれているような気分になってしまいますが、全てを理解するのは不可能です。

自分の気持ちは、きちんと自分の口から伝えることが大切です。

しっかりお互いのことを理解できれば、もやもやした気持ちが晴れて、2人の絆がさらに深いものになるでしょう。

 

男女の恋愛観を理解すればお互いに歩み寄れる

恋愛において、恋愛観が近いことは大切なことです。

異性間だけでなく、人それぞれ恋愛観には違いがあり、完全に分かり合うのは難しいでしょう。

 

しかし、男女の恋愛観の違いをしっかり理解して、お互いに歩み寄ることができれば、幸せな恋愛関係が長く続いていく可能性は広がります

お互いの恋愛観にどんな違いや傾向があるのか、しっかり把握して素敵な恋愛関係を築いてくださいね!

 

まとめ

  • 恋愛観とは、恋愛においての考え方を意味する言葉
  • 男女の間では恋愛観に大きな違いがあることが多い
  • 長い間付き合っていると冷静な目線でお互いのことを見られるようになる
  • 男女の恋愛観が違うことを理解し、お互いに歩み寄ることが大切

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

meino

meino

平成生まれの絵も描くライターです。
人の話を聞くのが大好きなので、会話から得た情報や自分の経験などを元に楽しく読める記事を執筆していきます。

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • ギャップ萌えとは?女性が男性にドキッとする恋愛に有利なギャップを紹介!

  • 同窓会あるある!思わず頷いてしまうエピソード&困ったときの対処法

  • 独身貴族ってなに?お一人さまで悠々自適な生活を送る男女の実態を徹底深堀

  • 距離が近い男性の心理とは?好意を見極めるコツと賢い対処法を大公開

この記事も一緒に読まれています

  • 熱い男はモテる?熱い男の特徴と好きになるメリット・デメリットを紹介!

  • 会えないほど好きになる心理は?彼女・彼氏に会いたいと思わせる方法

  • プラトニック・ラヴ|既婚者同士が肉体関係を持たずに恋愛する時代?

  • 男性が喜ぶ甘え方とは?甘え方がわからない女性が甘え上手になる方法

  • 【夢占い】元彼が夢に出てくる意味10選!見た後に起こる予兆とは?

  • 【旦那嫌いになる理由に気付いて!】妻をイライラさせる11個の共感

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 恋愛観は男女で違う!異なる恋愛観を乗り越えて関係を深めるコツとは