1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 泣ける恋愛映画!史上最強のおすすめ邦画ランキング

泣ける恋愛映画!史上最強のおすすめ邦画ランキング

恋愛
この記事は約 10 分で読めます。

 

「恋愛映画を観て泣きたい気分だけど、なにを観たらいいのか迷う…」

 

泣ける恋愛映画といっても、たくさんの映画の中から探すのは一苦労ですよね。

そこで今回は、号泣必須の泣ける恋愛映画おすすめ人気ランキングTOP10を紹介します。

 

名作と呼ばれる90年代作品から2018年最新作まで、監督や出演者など詳細情報とともに解説しますので、ぜひチェックしてみましょう!

 

恋愛映画で泣いた経験がある人の割合

 

まず、どれくらいの人が恋愛映画で泣いたことがあるのか紹介します。

 

Q.恋愛映画を観て泣いたことはありますか?

 

・ある……58.8%

・なし……41.2%

※有効回答件数388件

 

引用元:マイナビウーマン 「泣ける恋愛映画はこれ!388人の女性に聞いた、邦画・洋画別ランキング」
https://woman.mynavi.jp/article/180120-6/

 

「マイナビウーマン」サイトで実施されたアンケートでは、約6割の女性が恋愛映画で泣いたことがあると回答しています。

 

恋愛映画を観ると恋愛へのモチベーションが高まったり、次の恋のヒントがもらえたりすることもあります。

切ない胸キュン映画で思う存分泣いて、恋愛意欲を高めていきましょう!

 

号泣必須の泣ける恋愛映画<邦画>ランキングTOP10

 

「泣ける恋愛映画」といわれている人気の高い作品の中から、おすすめの邦画10作品をランキング形式で紹介します。

 

【1位】世界の中心で、愛をさけぶ

出典:http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/m1007/index-j.html

 

泣ける恋愛映画といえば、社会現象にもなった世界の中心で、愛をさけぶを外すわけにはいきません。

 

片山恭一さんの同名小説を基に製作された興行収入85億円の大ヒット映画です。

テレビドラマ化した同作品も放送されたことで、注目を一気に集めたため、観たことはないけど作品名は知ってるという人も多いことでしょう。

 

婚約者の失踪をきっかけに、高校時代に死別した初恋相手との思い出をたどっていく純愛ストーリーで、高校時代の主人公朔太郎と恋人アキの淡く切ない恋に涙が止まらなくなる作品です。

 

【詳細情報】

  • 公開年:2004年
  • 監督:行定勲
  • 原作:片山恭一
  • 脚本:坂元裕二・伊藤ちひろ・行定勲
  • 音楽:めいなCo.
  • キャスト:大沢たかお・柴咲コウ・長澤まさみ・森山未來・山崎努・宮藤官九郎・津田寛治・高橋一生 他

 

【2位】タイヨウのうた

出典:http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d1535/

 

太陽に当たることができない難病を抱えた少女の夢や恋模様を描いた感動作。

シンガーソングライターYUIさんの初主演作品として話題となり、主題歌「Good-bye days」も大ヒットとなりました。

 

恋愛だけでなく病気と向き合い奮闘する少女の姿や、家族愛の人間ドラマに思わず涙してしまう作品です!

 

2018年5月にはアメリカでリメイクされた「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」が公開。

気になる方はぜひこちらもチェックしてみましょう。

 

【詳細情報】

  • 公開年:2006年
  • 監督:小泉徳宏
  • 原作・脚本:坂東賢治
  • 音楽:YUI・椎名KAY太
  • キャスト:YUI・塚本高史・麻木久仁子・岸谷五朗・通山愛里 他

 

【3位】いま、会いにゆきます

出典:https://www.toho.co.jp/movie/lineup/ima/welcome-j.html

 

雨の季節、夫と息子のもとに死んだはずの妻が記憶をなくして還ってくる奇跡の6週間のストーリー。

原作者である市川拓司氏の恋愛ファンタジー小説を基に、1位で紹介した「世界の中心で、愛をさけぶ」と同じ製作スタッフによって手がけられた作品です。

 

興行収入48億円の大ヒットとなり、夫婦愛家族愛が感じられる映画として泣ける恋愛ストーリーの代表作品になっています。

 

【詳細情報】

  • 公開年:2004年
  • 監督:土井裕泰
  • 原作:市川拓司
  • 脚本:岡田惠和
  • 音楽:松谷卓
  • キャスト:竹内結子・中村獅童・武井証・浅利陽介・平岡祐太 他

 

【4位】ジョゼと虎と魚たち

出典:https://www.asmik-ace.co.jp/lineup/1086

 

芥川受賞作家田辺聖子さんの短編小説を映画化したジョゼと虎と魚たち

足の不自由な少女ジョゼと大学生恒夫のリアルな恋愛を描いています。

 

王道の純愛映画とは違いますが、生々しくも切ないラブストーリーに号泣する人が多い映画です。

演技力に定評のある人気俳優妻夫木聡さんと、女優池脇千鶴さんの熱演ぶりも見逃せません。

 

【詳細情報】

  • 公開年:2003年
  • 監督:犬童一心
  • 原作:田辺聖子
  • 脚本:渡辺あや
  • 音楽:くるり
  • キャスト:妻夫木聡・池脇千鶴・新屋英子・上野樹里・江口徳子 他

 

【5位】ぼくは明日、昨日のきみとデートする

出典:https://www.toho.co.jp/movie/lineup/bokuasu-movie.html

 

京都の美大に通う20歳の主人公南山高寿が、電車の中で出会った福寿愛美に一目惚れすることから始まる青春・ファンタジックラブストーリー。

10〜20代女性を中心に人気を博したベストセラー小説を実写化した作品です。

 

福士蒼汰さんと小松菜奈さん演じる爽やかカップルの淡く運命的な恋。

その結末にきっと涙が止まらなくなるでしょう。

 

【詳細情報】

  • 公開年:2016年
  • 監督:三木孝浩
  • 原作:七月隆文
  • 脚本:吉田智子
  • 音楽:松谷卓
  • キャスト:福士蒼汰・小松菜奈・山田裕貴・東出昌大 他

 

【6位】ただ、君を愛してる

出典:https://www.cinematoday.jp/movie/T0004790

 

宮崎あおいさんと玉木宏さんが主演したただ、君を愛してるは、「いま、会いにゆきます」の市川拓司さん原作「恋愛寫眞 もうひとつの物語」を映画化した作品です。

 

写真をきっかけに恋に落ちた2人のピュアで儚いラブストーリーが泣けると評判になっています。

胸キュンして恋をしたくなる映画が観たい人におすすめです!

 

【詳細情報】

  • 公開年:2006年
  • 監督:新城毅彦
  • 原作:市川拓司
  • 脚本:坂東賢治
  • 音楽:池頼広
  • キャスト:玉木宏・宮崎あおい・黒木メイサ・小出恵介・上原美佐 他

 

【7位】ソラニン

出典:https://www.asmik-ace.co.jp/lineup/1286

 

浅尾いにおさんの人気コミックを映画化したソラニンは、音楽の夢を諦めきれないフリーターの彼氏種田と、入社2年目で会社を辞めてしまった彼女芽衣子の青春恋愛ラブストーリー。

 

もともと青年向け漫画であることや、男性人気の高いロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」が主題歌を担当していることから、映画を観て思いっきり泣きたい男性にもおすすめの作品です。

 

【詳細情報】

  • 公開年:2010年
  • 監督:三木孝浩
  • 原作:浅野いにお
  • 脚本:高橋泉
  • 音楽:ent
  • キャスト:宮崎あおい・高良健吾・桐谷健太・近藤洋一・伊藤歩 他

 

【8位】orange-オレンジ-

出典:https://www.ns3.co.jp/430/

 

高校2年生の春に、10年後の自分から届いた1通の手紙をきっかけに繰り広げられる青春恋愛作品。

 

「その手紙に書かれていたのは、大切な人の未来が無いということ。」

大切な人翔(山﨑賢人)を失わないために、後悔のないよう行動する菜穂(土屋太鳳)が奮闘する恋愛ストーリーとなっています。

 

少女漫画ファンだけでなく幅広い層に人気があり、恋愛学園ドラマとしてもファンタジー作品としても楽しめます。

山﨑賢人さんと女優土屋太鳳さんの胸キュンシーンも満載です。

 

【詳細情報】

  • 公開年:2015年
  • 監督:橋本光二郎
  • 原作:高野苺
  • 脚本:松居凛子・橋本光二郎
  • 音楽:大友良英
  • キャスト:土屋太鳳・山﨑賢人・竜星涼・山崎紘菜・桜田通 他

 

【9位】ラブレター

出典:http://2016.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=217

 

岩井俊二監督の長編デビュー作「ラブレター

 

主人公渡辺博子が亡くなった婚約者藤井樹に出した手紙をきっかけに、同姓同名の女性と出会い、文通を通して交流していく様子が物語の軸です。

映像や音楽の美しさ、亡くなった婚約者へのさまざまな思いが涙腺を刺激する名作となっています。

 

一時期フランスに移住し、最近日本での女優業に本格復帰した中山美穂さんが主人公と文通相手の二役を演じています。

当時25歳の中山美穂さんのかわいい姿も必見です!

 

【詳細情報】

  • 公開年:1995年
  • 監督:岩井俊二
  • 脚本:岩井俊二
  • 音楽:REMEDIOS
  • キャスト:中山美穂・豊川悦司・酒井美紀・柏原崇 他

 

【10位】今夜、ロマンス劇場で

出典:http://wwws.warnerbros.co.jp/romance-gekijo/gallery/index.html

 

映画監督に憧れる青年と、モノクロ映画の中から現れたお姫様との恋を描いた恋愛ファンタジー作品。

「テルマエ・ロマエ」「のだめカンタービレ」シリーズを手がけた武内英樹監督がメガホンをとり、ラブコメディ要素もありながら号泣できる恋愛映画と話題になっています。

 

劇中では数々の名画へのオマージュがちりばめられ、綾瀬はるかさんのレトロな衣装が楽しめます。

映画好き、ファッション好きの人にもおすすめの作品です!

 

【詳細情報】

  • 公開年:2018年
  • 監督:武内英樹
  • 脚本:宇山佳佑
  • 音楽:住友紀人
  • キャスト:綾瀬はるか・坂口健太郎・本田翼・北村一輝・中尾明慶 他

 

泣ける恋愛映画の世界を堪能しよう!

 

泣くことはストレス解消にもなり、美容にも効果的だといわれています。

「泣いてスッキリしたい!」「映画を観て恋愛モードになりたい!」という人は、紹介した作品の中からお気に入りを見つけて、泣ける恋愛映画の世界を堪能しましょう。

 

いまや映画館だけでなく、レンタル商品やネットでも手軽に映画が観られる時代です。

最新版の映画から昔の映画まで幅広くチェックして、ぜひ素敵な作品に出会ってくださいね!

 

 

まとめ
  • 約6割の女性が恋愛映画を観て泣いた経験がある
  • 恋愛のモチベーションを上げるためにも泣ける恋愛映画はおすすめ
  • お気に入りの作品を見つけて泣ける恋愛映画の世界を堪能しよう!

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 【青森出会い決定版】必ず出会う!人気出会いスポットとイベント10選

  • 【北海道出会い決定版】人気の出会いの場とスポット・イベント10選

  • 【東京出会い決定版】必ず出会える男女の激熱スポット&イベント10選

  • 【実録】結婚したら生き地獄だった…女性の辛すぎる悲惨エピソード

関連記事

  • 【映画祭】永遠の名作に出会える!?開催イベントを一挙大公開

  • 常識破りのキスフレ!本当にキスだけ?男の気持ちの真実に迫る

  • 男性が腕枕をする心理とは?仰天の真実と長時間しびれないコツ

  • 一目惚れの恋はうまくいく!運命を感じる男性・女性の心理とは?

  • 男を惑わす女性の色気の特徴とは?大人の色気を出すコツを紹介

  • 相性もわかる!?キスの種類で相手の心理や本当の気持ちを見抜く方法

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 泣ける恋愛映画!史上最強のおすすめ邦画ランキング