1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 繊細すぎるHSPの恋愛事情とは?恋愛をする上で気をつけたいポイント4つ

繊細すぎるHSPの恋愛事情とは?恋愛をする上で気をつけたいポイント4つ

恋愛
この記事は約 9 分で読めます。

「私はHSP気質だから…」と自分の性格を表現する人がいますが、HSPとはどのような性質を持っているのかわからない人もいるでしょう。

また、心が繊細なHSPの恋愛事情とはどのようなものなのかも気になりますよね。

そこで今回はHSPの恋愛をテーマに、恋愛事情あるあると恋愛をする上での注意点を記事にまとめます。

繊細な心ゆえに恋愛するのが怖いと思っている人は、この機会に自分と向き合って恋愛に対して前向きな気持ちを持ってくださいね!

 

そもそもHSPって?

HSPとは『Highly Sensitive Person』の略で、『人一倍繊細な人』という意味です。

つまり、HSPとは人の気質をあらわす名称であり、1990年代に提唱者であるアメリカの心理学研究者エレイン・アーロン博士によって付けられた言葉です。

HSPの人は繊細さが長所にも短所にもなっており、些細なことに気づきやすく想像力・洞察力が高い点は長所といえるでしょう。

 

一方で、繊細さゆえにストレスを感じやすい点が短所になります。

HSPは人口の15~20%…つまり5人に1人程度の割合しか当てはまらないため、社会において理解されにくいという問題があるのです。

また、似たような特徴があることからうつ病や発達障害の可能性を疑われがちですが、HSPは生まれ持った特性であり病気とは異なります。

 

HSPの恋愛傾向について

次に、HSPの恋愛傾向を見ていきましょう。

HSPは人の感情に対して敏感に反応するため、相手の気持ちを理解して共感しやすい特徴があり、これは恋愛に限らず良好な人間関係を築く上で大切な要素です。

相手の顔色・声のトーン・雰囲気など、本来なら目に見えない部分に気づくことができるHSPと付き合う側は配慮してもらえる居心地の良さを感じるでしょう。

ただし、HSPの敏感な一面は相手のネガティブな感情にも反応しますから、マイナス言葉やネガティブ行動に共感してしまい落ち込ませてしまう恐れがあります。

共感力の高さがプラスにもマイナスにも働くのがHSPの恋愛傾向であり、幸せな恋愛ができるかどうかは相手次第ということになります。

 

HSPの恋愛はしんどい?恋愛事情あるあるを公開


HSPの恋愛傾向から『辛そう』『疲れそう』といったマイナスイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。

そこで、HSPの恋愛事情あるあるを以下で解説していきます。

 

相手への気遣いが抜群

HSPは相手の感情を読み取る力に長けているため、恋人に対しての気遣いが抜群です。

「いつもより疲れているな…」「元気ないけど嫌なことあったのかな…」と相手の表情や声のトーンなどから察することができ、その都度気遣いを見せます。

相手からすると、自分のことをよく見てくれていると嬉しくなるポイントといえるでしょう。

 

一途で相手に尽くす

外部からの刺激に敏感なHSPは、恋愛において慎重な部分があります。

相手を選ぶ際にも自分に合う人かどうか慎重に見極めるのです。

そのため、交際に発展した場合は一途にその人を想い関係が長続きしやすいという特徴も。

前述したように相手の感情を読み取るのが得意なので、相手が何を求めているかを考え、尽くす傾向にあります。

 

喜びも悲しみも倍増

HSPには共感力の高さがあり、良くも悪くも作用することがあります。

たとえば相手に嬉しい出来事があった場合、自分のことのように喜び嬉しさを共有できますが、反対に悲しい出来事があった場合も同様に、自分のことのように悲しみ落ち込みます。

「喜びは2倍に悲しみは半分に」といった言葉がありますが、HSPの恋愛においては通用しないといえるでしょう。

 

相手に依存してしまう

HSPの特徴をまとめると、以下の通りになります。

  • 物事に対して深く考える
  • 些細な刺激に敏感
  • 共感力が強い

これらの特徴からいえるのは『自分よりも相手の気持ちを優先して行動しやすい』ということです。

自分の気持ちより相手のことを最優先し続けた結果、いつの間にか依存関係になってしまうことも珍しくありません。

 

浮気を疑ってしまう

敏感すぎることで不安を感じやすいのもHSPの特徴であり、恋愛において相手のちょっとした変化に対して浮気を疑ってしまいます。

  • 彼氏が友達とイベントに行く『女性の友達と浮気しているのではないか?』
  • 彼氏が大阪に出張に行く『浮気相手に会いに行くのではないか?』
  • 彼女がテーマ交流会に参加する『気の合う参加者を好きになるのではないか?』

友達との遊び・仕事の出張・交流会の参加、いずれも行動としてはごく自然なものですが、不安を感じやすいHSPの人はこれらの情報に対して敏感になり最悪の事態を想定します。

 

怒っているのでは?と勘違いしてしまう

些細な刺激に敏感な一面は、恋人の感情に対して間違った解釈をしやすくなります

  • 恋人が商品を置いたとき大きめな音がした
  • 恋人が大きく息を吐いた
  • 恋人がいつもよりたくさんお酒を飲んでいる

たとえば、このような状況において『相手が怒っているのではないか』と勘違いしてしまうので、同棲・結婚して一緒に暮らしている場合は自身もストレスを感じやすいでしょう。

「もしかしたらもうダメかもしれない」と別れを選ぶケースもあります。

 

「気にしすぎ」といわれがち

HSPの敏感な性格は良くいえば『感受性が豊か』ですが、悪くいえば『気にしすぎ』であり、実際に恋人にそういわれて悩みの種になるケースも少なくありません。

「いちいち気にしすぎじゃない?」と恋人の何気ない一言を重く受け止め「自分は気にしすぎなんだ」「自分は悪い」と責めて落ち込んでしまいます

 

HSPの男性・女性が恋愛をする上で気をつけたいポイント

HSPの人は恋愛に対して疲れるイメージが先行しますが、それはマイナス部分を見過ぎなだけであり本来は、共感が強く恋人の「一番の理解者」「支え」になれるケースも多くあります。

結婚して、パートナーと良好な夫婦関係を築くことも困難なことではないので、以下のポイントに注意して関係性を築きあげましょう。

 

感情の起伏が激しい人は相性的にNG

刺激的でドキドキする恋を望む人は多いですが、元々HSPの人は人一倍刺激に対して敏感なため、このような恋は不向きです。

感情の起伏が激しかったり、不安定だったりするタイプの人との付き合いは常に五感を働かせ疲弊してしまうからです。

最初はそんな刺激も楽しく感じますが、やがて心も体も疲れ果ててしまうでしょう。

とくに、HSS型HSPの人は繊細な反面刺激を求めてしまう特徴があるので、HSPの人以上に注意が必要です。

 

恋人にHSPの特性を理解してもらう

HSPに対して『扱いにくい』と感じてしまう人との付き合いはおすすめしません。

お互い理解し合うことは恋愛において大切な要素であり、これはHSPの恋愛においても例外ではないからです。

たとえば、HSPの特性を理解した相手であればテレビの音量や物音、話し方にも配慮してくれるでしょう。

歩み寄ってくれることで不自由なく付き合っていけますし、より良い関係性を築くことができます。

 

一人の時間が必要なことを伝えておく

HSPの人は日常生活の中で頻繁に五感を働かせているため、適度に心を休める時間が必要であり、そこで求められるのが『一人の時間』です。

恋人と同棲・結婚の話になったときには、必ず一人の時間が必要なことを伝えておきましょう。

ただ一人の時間が欲しいと訴えては角が立つ可能性があるので、「HSPの特性によるもの」「一人時間の必要性」をきちんと説明してくださいね。

 

疲れやすさを考慮して予定を立てる

HSPは、恋人とのデートや旅行はいつも以上に疲弊することが多くなります。

〇〇に何時に行って、△△には移動する…となると気持ちが追いつかずいっぱいいっぱいになってしまうからです。

また、HSPカップルとなると疲弊は倍増してしまい二人同時に疲れてしまうことも考えられます

恋人の片方がHSPにせよ、どちらもがHSPにせよ、疲れやすさを考慮して予定を立てることが大切です。

お互い完璧を求めようとせず、無理に頑張ろうとしない気持ちを持つことが重要といえます。

 

HSPの恋愛にヒントを与えてくれる本を読んでみよう


HSPの人にとって悩みの原因になりやすいのが恋愛です。

そこで、HSPの恋愛において大きなヒントとなってくれる本を2冊紹介します。

 

「ひといちばい敏感なあなたが人を愛するとき HSP気質と恋愛」


出典元:http://www.seishun.co.jp/book/22300/

HSPが恋愛において失敗しやすいことへの対処方法、他人との向き合い方、恋人と長続きする方法など、実践的なアドバイスが記載された本です。

『HSPの恋愛マニュアル』として活用することができます。

 

「敏感すぎてすぐ「恋」に動揺してしまうあなたへ」


出典元:https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000180844

HSPを自覚して恋愛に自信を失くしている人におすすめの本です。

人には相談しづらい性生活についても解説されているので、HSPの恋愛を深く知ることができるでしょう。

 

HSPの恋愛は疲れるから…と諦めず素敵な恋をしよう!

HSPの恋愛が疲れるのは事実ですが、対処方法があるのもまた事実であり、しっかりと対処すれば恋愛をすることも可能です。

現在、新型コロナウィルスによるコロナ禍で自粛している人が多いですが、自粛によるストレスに対処している人としていない人がいるでしょう。

その差はストレスの感じ方において歴然たる差があり、しっかりと対処している人はストレスに負けない自粛生活を継続できています。

これと同じで、HSPの恋愛に対しても特性を理解して対処すれば、不自由のない素敵な恋愛ができるのです。

HSPをネガティブに捉えるのではなく、個性として受け止め大恋愛をしちゃいましょう!

 

まとめ
  • HSPとは『人一倍繊細な人』という意味で、『Highly Sensitive Person』の略となる言葉
  • HSPの恋愛傾向として、『共感力の高さがプラスにもマイナスにも傾く』『恋人に対するアドバイスや助けることが得意』などが挙げられる
  • HSPの恋愛事情として、『相手への気遣いが抜群』『喜びも悲しみも倍増』『依存関係になりやすい』などのあるあるが挙げられる
  • HSPの恋愛における注意点として、『感情の起伏が激しい人とは相性が悪い』『恋人にHSPの特性を理解してもらう』などが挙げられる

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

リュカ

リュカ

二人の子を持つパパライター。恋愛では男性視点の解説はもちろん、妻のサポートで女性視点の解説も織り交ぜ、男性女性どちらにも参考になる記事を目指します。

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 限界がきてからだと手遅れ…心が疲れたと感じたときの身体SOS&対処法

  • 「だる絡み」の意味とは?だる絡みをしてくる人の心理・対処法も紹介!

  • 【例文あり】ネット用語「解せぬ」とは?読み方・意味・使い方を徹底解説!

  • 「照れくさい」の意味や類語とは?「照れくさい」と「恥ずかしい」の違い

この記事も一緒に読まれています

  • マグロ女は男性に嫌われる!マグロ女の特徴&原因・克服方法を解説!

  • 付き合ってから好きになる…これってアリ?お試し恋愛のメリットとは

  • 恋愛中の心に響く「愛」ある名言・失恋したときの「愛」ある言葉を一挙公開

  • 付き合う前に電話するきっかけ&話題・好印象を与える電話テクニック

  • 社内不倫に発展するきっかけ&社内不倫に陥るリスク・断ち切る方法とは

  • デート代は割り勘?男性が奢るべき?デート代に対する男女の本音を大公開!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 繊細すぎるHSPの恋愛事情とは?恋愛をする上で気をつけたいポイント4つ