1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 不倫相手との結婚は悲惨?有り無しの結婚の特徴や恐ろしいリスクを紹介

不倫相手との結婚は悲惨?有り無しの結婚の特徴や恐ろしいリスクを紹介

恋愛
この記事は約 10 分で読めます。

好きになってしまった人が既婚者だったら「このまま関係を続けていいのか?」「幸せな結婚はできるのか?」と悩みますよね。

略奪婚は相手の家庭を巻き込んでトラブルになったり、社会的信用を失ったりとリスクが付き物です。

しかし、不倫相手が口にする「結婚しよう」の言葉に心が揺らいでしまうこともあるでしょう。

そもそも、不倫相手との結婚で幸せを掴むことはできるのでしょうか。

 

この記事では、不倫の末に結婚するのは有りか無しかについて解説します

また、不倫するリスクや不倫相手と関係を断ち切る方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

不倫の末結婚するのはあり?

「結婚したい」と思っても、不倫の場合は相手の夫婦関係や家庭を壊すことになります。

しかし、不倫からの結婚が必ずしも不幸になるとも限りません。

ここでは、不倫の末に結婚して幸せになれる場合と不幸になる場合の2つのパターンについて解説します。

 

幸せになれる不倫からの結婚

不倫からの結婚は、幸せになれない場合がほとんどです。

しかし、再婚後も円満な関係を築けている夫婦がいることも事実

まずは、幸せな夫婦関係でいられる不倫から結婚した3つのケースを紹介します。

 

もともと夫婦関係が破綻していた

不倫する前から夫婦関係が破綻していたケースは、再婚後も幸せになれるでしょう。

もともと不仲だったり別居していたりと、関係が冷え込んでいて離婚寸前の状況です。

不倫が離婚の直接的な原因でなければ、大きなトラブルにもなりにくいでしょう。

また、良好な夫婦関係を築いていた人が不倫をした場合、元の結婚生活同様、平穏な家庭を築きやすいです。

 

離れられない相手と出会ってしまった

『運命の人』といえるような離れられない相手と出会ってしまったケースは、再婚後も幸せになれるでしょう。

不倫からの結婚にはリスクが多く、相当な覚悟が必要です。

さまざまな障害を乗り越えていけるだけの強い絆があれば、幸せを掴むことはできます。

 

離婚から再婚までしっかり期間をあけた

離婚後すぐに再婚するのは『略奪婚』のイメージが強く、周囲から祝福されません。

離婚から再婚までしっかり期間をあけた夫婦は、不倫からの結婚であっても幸せになりやすいです。

しっかりと期間があいていれば、ほとぼりが冷めて周囲も認めてくれます

また、再婚までの期間も良好な関係を続けられるのは、本当に愛がある証拠といえるでしょう。

 

幸せになれない不倫からの結婚

不倫から結婚した直後は幸せな夫婦生活を送れますが、ほとんどの場合は長く続かないのが現実です。

不倫からの結婚で破綻をきたす夫婦にはどのような特徴があるのでしょうか。

幸せになれない不倫から結婚した2つのケースを紹介します。

 

深く考えずに離婚・再婚

深く考えず衝動的に離婚や再婚してしまうケースは、幸せになれないでしょう。

離婚する際の慰謝料の問題や世間の風当たりなど、不倫からの結婚にはリスクが付き物。

後先考えずに行動すると、必ず後悔する結果になります。

また、再婚直後はお互いに恋愛感情がありますが、飽きたり関係がマンネリ化したりすると破綻する可能性が高いです。

 

浮気癖があるタイプ

不倫からの結婚が破綻しやすい大きな原因として、どちらかが再び不倫をしてしまうことがあげられます。

とくに浮気癖のあるタイプは、他の異性に気持ちが向いて同じ過ちを繰り返すので注意が必要です。

このタイプは、常にドキドキするような刺激を求める『恋愛依存症』の可能性が高く、安心感を覚えるような結婚生活であっても満足できません

恋愛と結婚をわけて考えられなければ、幸せな結婚生活は送れないでしょう。

 

不倫相手が言う「結婚しよう」は信じていいの?

不倫はいけないことだと理解していても「嫁(旦那)とは別れる」「結婚しよう」など将来を約束する言葉に心が揺らぐものです。

結婚できる望みがあれば、ズルズルと関係を続けてしまう人は多いでしょう。

そもそも、不倫相手が言う「結婚しよう」は信じていいのか怪しいものです。

ここでは、不倫相手との結婚の約束について、その有効性や結婚できる可能性を法的な観点から解説します

 

原則無効・賠償請求もできない

結婚の約束をする『婚約』は法律上有効なので、不当に破棄した場合は損害賠償責任が発生します。

しかし、不倫行為がそもそも違法なので不倫相手との結婚の約束は法律上は原則無効です

つまり不倫相手が離婚しなかったり、結婚できなかったりしても賠償請求することはできません。

 

婚姻関係が破綻していれば婚約できる可能性はある

特例として、不倫相手との婚約であっても有効な場合もあります。

不倫相手の結婚生活が破綻していれば、法律上の婚姻関係が存在しないと考えられ、正当な婚約と判断されるでしょう。

婚姻関係が破綻している状況とは、配偶者と離婚調停中だったり、別居していたりと客観的な事実がなければいけません

 

不倫相手の一方的な主張では、婚姻関係が破綻していることは証明されないので要注意です。

また、この場合の婚約も結婚を強制することはできませんが『婚約の不履行』を理由に賠償請求できる可能性はあります。

 

不倫するリスク

不倫は一時のドキドキがあるだけで、幸せが成就することはほとんどありません。

それよりも、不倫によって人間関係が崩壊したり訴えられたりと、不幸になるリスクのほうが圧倒的に多いです。

ここでは、不倫する4つのリスクを紹介するので、しっかり頭に入れておきましょう。

 

慰謝料請求される

そもそも不倫は、民法で守られている『婚姻共同生活の平和の維持』を侵害する違法行為です

不倫相手の配偶者から訴えられたら裁判になり、慰謝料を請求されるでしょう。

慰謝料の相場は数10万円~300万円程度、裁判をする場合の弁護士費用は30万円程度とかなりの金額がかかります。

 

結婚できない可能性がある

不倫相手と結婚の約束をしていても結婚できない可能性があります。

子どもがいて家庭を築いている場合は簡単に離婚できませんし、不倫相手との婚約には法的な効力もありません。

 

不倫相手としては、都合のいい性的関係を手放したくないから「結婚しよう」と口先の約束で繋ぎ止めている可能性もあります

中途半端な関係をズルズルと続けているうちに、適齢期を逃してしまうかもしれません。

そうなれば、不倫相手とお別れしても結婚する相手を見つけることが難しくなってしまう心配もあります。

不倫は人生の貴重な時間を無駄にしてしまうリスクもあるのです。

 

周囲から理解を得られない

最近は不倫を『婚外恋愛』と呼ぶこともありますが、世間的にはマイナスなイメージしかありません

不倫は周囲からの理解を得られないことがほとんどです。

家族関係や友人関係にヒビが入ることも珍しくないのです。

2人がどれだけ真剣に愛しあっていても世間の風当たりは強く、心が折れて長続きしないこともあります。

 

社会的信用を失う

不倫の大きなリスクは、社会的信用を失うことです。

社内恋愛で不倫をしていることが周囲にバレて退職するケースもあります。

不倫を理由にクビになることはありませんが、職場では冷遇されたり、居づらい雰囲気になったりして働き続けるのは難しくなるでしょう。

 

また社内恋愛でなくても、不倫された側が乗り込んでくることも考えられます。

そうなれば騒動の責任を取るために、会社を辞めざるを得なくなるかもしれません。

 

不倫相手と関係を断ち切る5つの方法

不倫関係を続けて悲惨な結末になるくらいなら、関係を断ち切ることが賢明です。

しかし不倫関係とはいえ、好きになってしまった相手と別れることは簡単なことではありません。

最後に不倫相手と関係を断ち切る5つの方法を紹介します。

 

将来のことを考える

不倫をしているときは「いまが楽しければいい」と問題を先延ばしにしがちです。

将来のことを考えれば、不倫相手との関係を断ち切れるきっかけになるでしょう。

不倫から結婚できる可能性は低いですし、離婚したとしても幸せな将来を築ける保証はありません

将来の自分の幸せを考えたら、不倫という選択肢が間違っていることに気づけるはずです。

 

彼の妻(彼女の夫)の気持ちを考える

不倫で不幸になるのは、自分や不倫相手だけではありません。

夫婦関係を壊される彼の妻(彼女の夫)の気持ちを考えてみましょう

もし自分が不倫される立場だったら、ひどく傷つくでしょうし、夫(妻)・相手を許すことはできませんよね。

不倫を続けることで自分が加害者になることを理解しましょう。

 

家族・友達の気持ちを考える

不倫によって自分の身の回りの人たちにも心苦しい思いをさせることになります。

家族や友達の気持ちを考えてみてください。

不倫する人がそばにいるのは嫌」「不倫が近所でも知られて辛い」と、距離を置かれたり疎遠になったりされても仕方ありません。

最悪の場合、不倫によって親子関係の縁を切られることもあるでしょう。

 

親しい友達であっても既読スルーされたり、LINEをブロックされたりと友情を失うこともあります。

自分を大切に思ってくれている人の立場にたてば、不倫関係を断ち切る後押しになるでしょう。

 

描いている結婚生活を考える

不倫相手との結婚を望んでいるがゆえに、別れられない人もいます。

自分が思い描いている結婚生活を冷静に考えてみましょう。

本当にその人でなければ、実現できない結婚生活なのでしょうか

 

他の相手でも叶えられる理想なら、不倫のリスクを犯す必要はないはずです。

自分が望む結婚を整理することで、思いを断ち切るきっかけになるでしょう。

 

新しい出会いに視野を広げる

一度不倫を経験すると、既婚男性(既婚女性)にしか興味が湧かなくなることがあります。

再び不倫に陥らないためにも、新しい出会いに視野を広げることは大切です。

 

確かに結婚をしている人の方が経済的にも安定していたり、包容力があったりと魅力的に感じるでしょう。

しかし、きちんと向き合っていないだけで独身男性(独身女性)のなかにも理想の相手はきっといるはずです。

思い込みを捨てて、恋愛対象を広げて婚活や恋活に挑みましょう

 

不倫からの結婚より自分の幸せをいま一度考えてみよう!

不倫をしている男性のなかには「浮気は男の甲斐性」と昭和男子的な考え方の持ち主もいるでしょう。

また、不倫相手の言葉に惑わされて結婚する希望を抱いたまま、ズルズルと関係を続けて婚期を逃してしまう女性もいます。

 

ほとんどの場合は不倫から結婚まで至ることがなく、幸せになれないのが現実です。

悪いことだと分かっていながら不倫を続けることは自己肯定感が下がって、どんどん悲惨な状況に陥ります

不倫からの結婚を夢見るよりも、自分の幸せをいま一度考え直してみましょう。

 

まとめ
  • 不倫からの結婚で幸せになれるのは「もともと夫婦関係が破綻してた」「離婚から再婚までしっかり期間があいていた」などのケース
  • 不倫からの結婚で幸せになれないのは「深く考えていない」「浮気癖がある」ケース
  • 不倫相手の「結婚しよう」は法律上、原則無効
  • 不倫には「慰謝料を請求される」「社会的信用を失う」などのリスクがある
  • 不倫関係を断ち切る方法として「将来を考える」「家族・友達のことを考える」などがおすすめ

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2700万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 会社を辞めたい理由ランキング|退職前にやるべきこと・辞める判断方法とは

  • 反骨精神がある人ってどんな人?意味や特徴、メリット・デメリットを解説

  • BBQやキャンプ好きのアウトドア女子のモテる特徴&おしゃれコーデを紹介

  • 生きるのが辛い人へ|辛くなる瞬間や前向きに過ごす方法・名言を紹介

この記事も一緒に読まれています

  • 付き合ってから結婚までの交際期間は?プロポーズのタイミングや注意点など

  • 年上の女性はアリ?年上女性の魅力&年下男性への効果的なアプローチ方法

  • 口移しはドキドキのスキンシップ!口移しに隠された男性心理を大公開

  • 【据え膳食わぬは男の恥】 女性の本音からひも解く男性の対応の正解は

  • 紳士じゃない!女たらしな男性の特徴とは?診断&男性芸能人も一挙公開

  • 彼氏がかわいい過ぎる!胸キュンが止まらない9つの瞬間&共通点を大公開

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 不倫相手との結婚は悲惨?有り無しの結婚の特徴や恐ろしいリスクを紹介