1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 奢ってくれる男性心理&奢ってもらうときに好印象を与える態度を解説

奢ってくれる男性心理&奢ってもらうときに好印象を与える態度を解説

恋愛
この記事は約 10 分で読めます。

男友達や好きな人と食事に行くとき、女性なら男性側に奢ってもらえた経験がある人は多いでしょう

上司と部下の関係性ではない場合、「もしかして私に気があるの?」と思っている女性もいるかもしれません。

今回の記事では、男性はなぜ女性に食事を奢ってくれるのか、その心理を解説します

また、奢ってもらうときに好印象を与える態度も併せて紹介しますので、マナーの1つとして押さえておきましょう。

 

「奢ってくれる=脈あり」確定ではない

男性から奢ってもらうと、大事にされている感があって悪い気はしないものです。

人によっては「奢ってくれるのは私に脈ありだからかも…」と、奢ってくれることを好意の表れと感じる女性もいるでしょう。

しかし残念ながら、「奢ってくれる=脈あり」と確定することはできません。

 

なぜなら、男性には「女性に対してこうあるべき」という特有の心理があるためです

男性心理をきちんと理解して、奢られ上手な女性になると、金銭面でも恋愛面でも得することがありますよ!

 

奢ってくれる男性心理


男性が奢ってくれるのは、男性特有の心理があるためです。

ここからは、デートで食事代をすべて支払うときのさまざまな男性心理を解説します。

 

カッコつけたい

「女性の前ではカッコつけたい」と思うのが男心です。

そんな心理で奢ってくれる男性は少なくありません。

 

たとえば、女性に好意を抱いていて、相手の気を引くためにカッコつけようとするケースもあるでしょう。

また、とくに恋愛感情はないものの、自分がケチな男に見られたくないという心理から奢ってくれるケースもあります

どちらにせよ、相手にどう思われるかを気にして、食事代を支払う男性が多いでしょう。

 

下心がある

食事代を奢ることで相手に好印象を与えて、今後もデートを重ねたい、恋人関係になりたいという下心から奢ってくれることもあります。

これは好きな人に好かれたいという、とても自然な感情です。

ただし、いきなり肉体関係を迫るようなら、恋愛感情ではないためきっぱりと断りましょう。

お会計を済ませてからすぐに、「この後休憩できるところに行かない?」などと誘ってくる男性には、ついていかないほうが賢明です。

 

男性が奢るのがマナーだと思っている

古風な考え方の男性だと、女性には財布を開かせないのがマナーだと思っている人もいます。

一昔前までは、女性は結婚すると同時に家庭に入って、家族の身の回りのお世話をすることこそが女性の役割と考えられていました。

そのため、家庭の経済を担うのは男性の仕事という風潮があり、これに影響を受けている男性も少なくありません。

 

こういった男性は、女性に食事代を奢るのは当然のことだと考えているのです

女性側としてはその男らしさを魅力に感じますが、彼らは自分の収入に関わらず奢ってしまうので、普段は意外と質素な生活を送っていることもあるでしょう。

 

お金と心に余裕がある

収入が少なく、生活費を捻出するのが精一杯という男性は、女性に奢ってあげたくても先々の生活を考えると躊躇してしまいがちです。

一方で、社会的地位が高かったり、収入が多かったりする男性は、お金と心に余裕があるため、惜しむ必要なく奢ってあげられます。

物理的に奢ってあげることが可能なので、深い意味がなくても女性には奢るのが当たり前と思うのでしょう

 

常に人の上に立ちたい

男性はプライドの高い人が多い傾向があり、常に人の上に立ちたいと考える人もいます。

こういった負けず嫌いな性格の男性は、金銭面でも人より優位に立ちたいと考えるため、女性に支払いをさせることはありません。

女性に限らず、後輩や男友達などにも食事を奢ってあげることが多く、そうすることで自己顕示欲を満たしているのです

一度でも割り勘にしたら負けと思っているのでしょう。

 

奢ってもらうときに好印象を与える態度

多くの男性は、女性に奢るのがマナーだと思っていたり、好きな人の好感度をあげたいと思ったりして、食事代をすべて支払うことがあります。

しかし、それに甘んじて「奢ってもらうのが当たり前」という態度をとるのはNGです。

ここからは、奢ってもらうときに好印象を与える態度を解説しますので、大人のマナーとして心得ておきましょう。

 

お財布を出して会計を気にする

たとえ相手が上司や先輩といった目上の男性であっても、精算時にはお財布を出して会計を気にしましょう。

はじめから相手が支払うつもりでいても、財布も出さずに奢ってもらって当たり前という態度でいると、相手は不快な気持ちになります

「二度と奢りたくない」「デートしたくない」と思われる原因になりますので、必ずお財布は出すようにしてください。

きちんと支払う意思を見せて、そのうえで相手が「奢るよ」と言ってくれた際は、気持ちに甘えることが大切です。

 

お店とお料理のポジティブな感想を伝える

奢ってもらうのは、食事をプレゼントされたのと同じことです。

そのため、実際にプレゼントを贈られたときと同じように、奢られたときはお店や料理を具体的に褒めることで、支払者の気持ちを満足させることができます。

たとえば、「最後に食べた〇〇、とっても美味しかったです」というふうに、料理の内容を褒めるのもいいでしょう。

 

また、相手がお店を選んでくれた場合は、「こんな素敵なお店を知っているなんて、さすが〇〇さんですね」とお店と相手自体を褒めるのもおすすめです

そうすることで、相手も気持ちよく奢ることができます。

「奢ってよかったな…!」と男性に思ってもらえれば、次回もきっとご馳走してくれることでしょう。

 

その場と帰宅後にお礼を伝える

奢ってもらったときには、その場で「ありがとうございます」とお礼を言葉にして伝えるのがマナーです

しかし、「男性なら女性に奢るのは当たり前」と考える人の場合、お礼を伝えることすらできない人もいます。

これでは相手を不快にさせてしまい、非常識な女性と判断されます。

奢ってもらったら、その場でお礼を伝えるのはもちろんですが、メールなどでやり取りができる関係なら、帰宅後にお礼メールを送るとより好感度がアップするでしょう。

 

次回は自分が奢ることを提案する

奢ってくれた相手に好印象を与えるには、次回は自分が奢ることを提案するのがおすすめです。

そうすることで、気になる男性と次回のデートを約束しやすくなります。

さらに「今回のお礼に次回は私が…」と伝えることで、奢ってもらうことを当たり前と思っていないことや、奢ってもらったことに感謝している気持ちを伝えることができます。

謙虚な気持ちを表現することで、相手に好感を持ってもらいやすくなるでしょう。

 

また、実際に次のデートの約束が叶った場合は、本当に奢る意思を見せることはもちろん、前回ご馳走してくれたことへのお礼の意味を込めて、プチギフトを贈るのもおすすめです

男性の好みに合わせてスイーツやドリップコーヒーを渡せば、喜んでもらえること間違いありません。

 

男友達・彼氏・好きな人に食事代を奢ってもらうテクニック


最後に、男友達や好きな人に食事代を奢ってもらうテクニックを紹介します。

ぜひ参考にして、奢られ上手な女性を目指しましょう。

 

エスコートしてもらっている感を出す

食事代を奢ってもらうには、男性にエスコートしてもらっている感を演出するのがおすすめです。

たとえば、お店を決める際「〇〇さんがおすすめのお店に連れて行ってほしいな」と主導権を渡すことで、男性側も「俺がエスコートしなきゃ」という気持ちになります

また、お店につくまでの間、「どんなお店か楽しみ!」とワクワク感をアピールすると、場の雰囲気が盛り上がってデート自体が楽しくなります。

そうなれば、男性も「こんなに喜んでくれるなら、もっと楽しませてあげたい」という気持ちになるため、奢ってもらえる可能性がグッと高まるでしょう。

 

メニューを見てテンションを上げる

いよいよお店に着いたら、次はメニューを見てさらにテンションを上げましょう。

「すごーい!どれも美味しそうな料理ばかりで迷っちゃう」と絶賛すると、「好きなものを選んでいいよ」という返答が期待できて、奢ってもらえる確率が高まります。

さらに好きな男性の場合は、「〇〇さんのおすすめは?」と訪ねてみるのもいいかもしれません。

 

お店選びだけでなく、料理までエスコートを求められると、「頼りにされてるな」と嬉しくなって、「俺がこの人を守ってあげなきゃ」という感情さえ湧いてくる可能性があります

そうなれば、すでにこの時点で女性に奢ることが決定していることもあるでしょう。

 

料理を美味しそうに食べる

男性に食事代を奢ってもらうには、料理を美味しそうに食べることが何よりも重要です。

せっかく2人で食事に来たのに、無言で食べたりうつむき加減で食べたりしていたら、料理が美味しくなさそうに見えてしまいます。

 

さらに「この料理美味しくないね」なんて言ってしまえば、男性のエスコートを批判しているように感じられるため、相手のテンションはダダ下がりでしょう。

それでは奢りがいがないうえに、デート自体が楽しくなくなるため、次のデートにつながる可能性は低くなります。

デートを台無しにせず、男性に気持ちよく奢ってもらうためには、満面の笑みで少し大げさなくらいに「美味しい!」と言いながら食事の時間を楽しむことが大切です

 

スイーツを食べたらトイレに立つ

最後にスイーツを食べたらトイレに立ちましょう。

なぜなら、このタイミングが男性にとってスマートに会計を済ませられるベストタイミングだからです

カード払いでサインをしたり、現金支払いで財布からお金を出し入れしたりしている間は、お互いに気を使うため、できるだけ女性がいないほうがいいのです。

 

トイレから戻ってきてお会計が終わっていたら、「え!お会計してくれたんですね。ありがとうございます。私の分はおいくらですか?」とお財布を出しましょう。

そうすることで、自分も支払う意思があることを伝えることができます。

そのうえで、相手が「いいよ。俺の奢りだよ」と言ってもらえたら、「ありがとうございます!じゃあ次は私にご馳走させてくださいね」とお礼を言いましょう。

最後まで礼儀を忘れないことが、次回の食事代も奢ってもらえる可能性を高めるコツですよ。

 

最初から奢ってもらう気でいると「うざい」と思われる可能性大!

女性の前ではカッコつけたいという心理や、自己顕示欲の表れから男性は女性に食事代を奢ることが多いです。

しかし、「奢ってもらうのが当たり前」という態度では、相手に不快感を与えてしまい、2度と誘ってもらえない可能性が高くなります。

奢ってもらう側のマナーをわきまえて、お互いが気持ちのよい時間を過ごせるように振る舞うことが大切です

とくにお付き合いをする前は、お会計のときの女性の行動をしっかりチェックしている男性が多いため、自分も支払う姿勢を必ず見せましょう。

 

まとめ

  • 奢ってくれる男性心理には、「女性の前ではカッコつけたい」「男性が奢るのがマナーだと思っている」「常に人の上に立ちたいと考えている」などが挙げられる
  • 奢ってもらうときに好印象を与えるには、お財布を出して会計を気にしたり、その場と帰宅後にお礼を伝えたりすることが大事
  • 男友達・彼氏・好きな人に食事代を奢ってもらうテクニックとして、「エスコートしてもらっている感を出す」「メニューを見てテンションを上げる」「スイーツを食べたらトイレに立つ」などの方法が効果的

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

まい

まい

猫好きwebライターの「まい」です。
愛猫のかまってアプローチに癒されながら執筆中!
読者の皆さんに役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 奢ってくれる男性心理&奢ってもらうときに好印象を与える態度を解説

  • 爪フェチな男性の心理とは?爪好きな男性に好まれる形&ネイルを紹介

  • ブランケット症候群とは?症状や原因&大人になっても治らない人の解決策

  • それは強がり?本音?「彼氏はいらない」と言う女性心理を徹底解説!

この記事も一緒に読まれています

  • 幻滅したよ…男性が女性に幻滅する瞬間とは?女性のNG行動を大公開!

  • 男性が女性を抱き寄せる意味や肩を抱き寄せる・抱きしめる方法別心理とは?

  • 日本アカデミー賞だけじゃない!2018年大注目の映画祭in東京

  • ウブの意味とは?ウブな男女に共通する特徴&ウブな異性を落とす方法

  • おっとりな女性の特徴は癒し系!男にモテる理由や長所と短所も解説!

  • 奥手男子の心理・特徴を知って脈ありサインを見逃さずに付き合う方法

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋愛
  4. 奢ってくれる男性心理&奢ってもらうときに好印象を与える態度を解説