1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋活
  4. 隣を歩きたくない…女性の好感度を下げる「男のダサい服装」あるある

隣を歩きたくない…女性の好感度を下げる「男のダサい服装」あるある

恋活
この記事は約 9 分で読めます。

「服装なんてどうでもよくない?」そう思っていませんか?

しかし、人と人が知り合うときに最初に目にするのは外見です。見た目がダサいだけで相手に与える印象はマイナスになりますし、最悪の場合、ドン引きされてしまうこともあります。

この記事では女性の好感度を下げる、男のダサい服装あるあるや、女子ウケがいいファッションコーデのポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

服がダサいことは恋愛で大いに不利!

服がダサいことは、恋愛においては大いに不利です。

第一印象では何より見た目の印象が強く残りますし、初デートのときにダサい服を着てこられたら、女性は超萎えます。

とくに同じ会社でスーツ姿に見慣れている場合、悪いギャップとして印象がガタ落ちします。これから関係を発展していきたいと思っている女性に引かれたら、そこから起死回生するのは至難の業です。

「好きな服を自由に着たい」「見た目ばかりを気にする女性なんて嫌だ」という男性もいるかもしれませんが、ダサい服を着ている男性と一緒に歩きたい女性なんていません。

ダサい服装は、簡単に改善できるポイントですモテるためには、自分の服装が客観的に見てダサいかどうかを知る必要があります。

 

男のダサい服装あるある

まずは男性のダサい服装あるあるを紹介します。

これらの項目に心当たりがある人は、「あの人ファッションセンスなくない?」と言われているかもしれません。

 

チェーンが付いている

チェーンが付いているファッションをする人は、ダサいと思われている可能性大です。

メンズファッションアイテムとして、ボトムスにチェーンを付ける人がいますが、実は女性ウケはよくありません。子どもっぽいようにも見えますし、少し時代遅れ感があるからです

男性の中には「チェーンは男らしくてかっこいい」という人もいますが、大学生っぽいと思われることもあります。

中二病感すら漂うため、買った服にチェーンがセットで付いてきたとしても外して着るべきです

 

目立つところに書かれた謎の英語

目立つところに英語が書かれた服を着る人は、ダサい男子代表といえます。

とくに英語の意味をわかっていない人は、「俺イケてるぜ」「なめるなよ」など日本語にすると恥ずかしい意味の英語が書かれた服を着ているかもしれません。

英語ができる女子からすると「ありえない…」と絶句されてしまう可能性大です。

小学生や中学生が着ているイメージが強いですし、大人びている女子からすると、子どもっぽく見えてしまうのです

 

アニメオタクを予想させるいでたち

シャツを入れてズボンを限りなく上まで上げている人や、シワでよれよれのチェック柄のシャツを着ている人など、アニメオタクを予想させるいでたちの男子も、ダサい服装の鉄板です。

そういうコーディネートをする人は、なんとなく不潔に見えますし、「不潔な男子=ダサい」と考える女子がほとんど

二次元の萌えキャラがでかでかとプリントされた服装は当然ながら論外です。

 

おしゃれすぎて逆にダサい

ファッションセンスがいいことは素敵なポイントとはいえ、おしゃれすぎる男子にはついていけず、1周回って逆にダサい印象を与えます。

両方の靴下をあえて違う色や柄にしたり、ズボンを靴下にインさせたり、おしゃれすぎると理解できないという女子も少なくありません

本当にファッションが好きで、それらの独特なファッションを好む女子であれば、そういう着こなしに理解を示してくれることもありますが、大多数の女子は引いてしまうでしょう

 

インパクトが強いロゴやデザイン

インパクトが強いロゴやド派手なデザインの服を好んで着ている人たちは、ダサいと思われているかもしれません。

カラフルな色使いだったり奇抜な服装だったりする男性は、良くも悪くも街中で目立ちます

自分のスタイルをしっかりと築いている人は、インパクトが強い服を着ることにも抵抗がないかもしれませんが、初デートで派手な服装をされたら「ちょっと恥ずかしいかも…」と引かれてしまう可能性大です

 

いつも同じ服装

「クローゼットの中にはチェックシャツだらけ」「ボーダーを着ておけば間違いない」など、いつも同じ服装をしている男性も、ダサい服装だと思われる可能性があります。

ぶっ飛んだファッションをする男子は引かれることが多いですが、かといっていつも同じ服装でも「服に興味ないのかな」「いつも同じでつまらない」と思われてしまうのです。

 

清潔感ゼロ

服に汚れが付いていたり、服が臭ったりするような清潔感ゼロの人は、ダサさを極めているといっても過言ではありません。

どんなに高いファッションブランドのバッグや靴を身に着けていても、肝心のトップスやパンツがシワシワ・ヨレヨレだと、不潔感が漂いダサく見えます

たとえ洗濯をした服を着ていても、周囲から「清潔感がない」と思われては意味がありません

今すぐ清潔感漂う服装にシフトチェンジしてください。

 

ダサい服装の男性にありがちな特徴

次はダサい服装の男性にありがちな特徴を紹介します。

これらの特徴に当てはまる人は、自分ではイケていると思っていても、女子からの評判は低いかもしれません。

 

昔から母親に服を選んでもらっている

ダサい服装をしている男性にありがちなのが、昔から母親に服を選んでもらっていて自分で選ぶ機会が少なかったということです。

母親に服を選んでもらうと、母親の好みがどうしても出てしまい、本人の雰囲気に合っていない服装や、一昔前のファッションになることが多いです。

さらに母親に選んでもらってばかりいると、「どういう服が着たいか」「自分の体型にはどういう服装が似合うのか」を考える力が育ちません

そのため、大人になってもファッションセンスが磨かれず、ダサい服を選んでしまうのです。

 

「腰パン=かっこいい」

「腰パン=かっこいい」と思い込んでいるのも、ダサい男性あるあるです。

中高生であれば多少腰パンすることもあるかもしれませんが、いい大人が下着が丸見えになる程腰パンをするのはみっともないですし、下品に見えてしまいます

とくに仕事でスーツを着なければいけないという人が腰パンをしていると、仕事に対してもだらしがないように見えて、女性からすると非常にダサいポイントです。

 

アクセサリーを多用している

ダサい服装の男性によく見られるのが、アクセサリーを多用していることです。

アクセサリーはポイントとして使用するからこそ、おしゃれに見えるアイテムです

そのため、じゃらじゃらとピアスや指輪などをたくさんしていると、「え、もしかして凶器?」と引かれてしまう可能性大。

統一感がないように見えますし、「あの人ってアクセサリーをたくさんつければいいと思ってるよね」と陰で笑われているかもしれません。

 

ブランドに頼っている

ブランドに頼りきっていることも、ダサい服装の男性の特徴として挙げられます。

おしゃれなファッションブランドの服を着れば、自分もおしゃれになれるような気がしますが、そんなことはありません。

全身を高級ブランドで合わせていても、1つ1つのアイテムがカラフル過ぎてごちゃごちゃすると、メインカラーがわからず、「目がちかちかする」と言われる可能性もあります。

また、ブランド店のロゴが前面に押し出されていると、ブランド感が出すぎて卑しく見える場合もあるでしょう

 

自分に似合う服・似合わない服がわかってない

自分に似合う服と似合わない服がわかっていないというのも、ダサい服装をする男性の特徴です。

「自分が着たい服」と「自分に似合う服」は必ずしも一致するとはかぎりません

ちょっとぽっちゃり体型の人が細身のデニムを着ようとしても、サイズ感が合わずにダサくなりますし、7分丈のパンツを履こうとしても、スタイルが悪い人が履けば全体のバランスが悪く、客観的にダサく見えてしまうでしょう。

 

もう服がダサいとは言わせない!ファッションコーデの3つのポイント

「自分はファッションセンスが無いし…」と自信がない人のために、ファッションコーデの3つのポイントを伝授します。

誰にでもすぐにできることなので、ぜひ取り入れてくださいね!

 

ファッションセンスのある友人に客観的な意見をもらう

ファッションセンスを向上させるためには、ファッションセンスのある友人に客観的な意見をもらうことが手っ取り早くて効果的です。

自分ではいいと思っていても、他人から見れば「ちょっとサイズが変かも」「その色は似合ってないんじゃない?」と率直な意見をもらうことができます

多少辛口なコメントでも、自分に似合うファッションを教えてもらえれば最高なので、「これはちょっとな…」と思っても、素直に従うことが大切です

周りの友達に聞くことに抵抗があるなら、おしゃれな店員さんに相談するという方法もアリです。

 

シンプルを前提に全体のカラーを3色以下にする

コーディネートを考えるときは、「シンプル」が基本。これを前提に、全体のカラーを3色以下にするのがおすすめです。

間違ってもウォーリーのような元気なカラーを全身に使わないほうが無難です。

ベースになるトップスやパンツには、白や黒などの落ち着いた色合いをもってきて、靴やマフラーなどの小物で差し色として元気なカラーを使うとバランスがいいでしょう。

 

服装に合わせた小物使いを意識する

服装に合わせた小物使いを意識することも大切です。

全身にカラーが入っていれば、それだけでバランスが取れているので、色のあるピアスをつけたりネックレスをする必要はありません。アイテムを取り入れる際は、全体のバランス感を意識することが大切です

モノトーンコーデなどのシンプルなファッションをしたときに、少し派手なピアスや帽子を取り入れると、オシャレ度がぐぐっとアップしますよ。

 

ダサい服装を見直すだけでモテ度UP!

ファッションって本当に奥が深いですし、自分に似合うスタイルのコーディネートを探すのって簡単じゃないですよね。

ファッションコンテストの優勝者も、一生懸命自分に似合うファッションを考え、コーディネートの勉強をしたはずです。

基本的にがちゃがちゃした服装よりも、シンプルで落ち着いたファッションのほうが女性ウケします。もし自信がない人は、ド派手なファッションよりも落ち着いた色の服を選び、自分の体型に合ったサイズ感で着るのがおすすめです

今までファッションに興味がなかったという人も、ダサい服装を見直すだけでモテ度がアップするので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

まとめ

  • 服がダサいと、それだけでマイナスな印象を与えやすい
  • 「腰のあたりにチェーンをつけている」「英語が書かれた服を着ている」という人はダサいと思われている可能性あり
  • アクセサリーの多用や、ブランドに頼りきっている人はダサく見えるかも
  • ファッションセンスを上げたいときは、服装に合わせた小物使いで全体のバランスを意識しよう

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ヘッピンゲン

ヘッピンゲン

自分の経験を元に、みなさんの探している答えが見つかるような記事を書いていきます!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 「間が悪い」の意味とは?間が悪い人の特徴・原因・改善方法も徹底解説!

  • 男性が「逃した魚は大きい」と感じる心理&実感する瞬間を徹底解説!

  • こんなに幸せだと怖い…「幸せ恐怖症」の症状・原因・克服方法まとめ

  • 波長が合う人ってどんな人?波長が合う異性の特徴&見つけ方を大公開!

この記事も一緒に読まれています

  • 【2018年の恋愛運】恋の予感や星座別・恋愛運アップの時期とは?

  • 年上彼女は何歳までOK?年下彼氏が抱くメリット・デメリットの本音を公開

  • こんな嫉妬女にはならないで!恋愛や職場における嫉妬女の特徴とは?

  • バレンタインポストってなに?2020年はないの?詳細と使い方を解説!

  • もしかして私引き立て役…?引き立て役から脱却して合コンを制す方法を伝授!

  • オタク女子の特徴5選!恋活・婚活のポイント&ぴったりな男性も紹介!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 恋活
  4. 隣を歩きたくない…女性の好感度を下げる「男のダサい服装」あるある