1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 「人生詰んだ」ってどんな状況?人生詰んだときの対処法を年代別に解説

「人生詰んだ」ってどんな状況?人生詰んだときの対処法を年代別に解説

 2019/09/17 定義
この記事は約 10 分で読めます。

あなたは今までの人生経験の中で「人生詰んだ」と感じた挫折がありますか?

人生詰んだとは自分の人生において取りうる選択肢がなくなり、自分の将来に絶望を感じてしまう状態です。

この記事では年代別に「人生詰んだ」と感じた時の対処法を紹介するので、心の不安を取り除きましょう。

 

人生詰んだ状況とは?

具体的に「人生詰んだ」とは、どのような状況なのでしょうか。

実際に人生詰んだ人の話を聞かないとピンとこない人も多いでしょう

「人生詰んだ」と感じやすい状況別に確認していきましょう。

 

多額の借金を背負ったとき

たとえば1億円以上の借金を背負ったというと、普通の人では手に負えない状況で「人生詰んだ」と感じますよね。

1億円以上という借金は普通に働いていても返せないほどの額ですし、かといって自己破産すると社会的な信用を失います

就職するとしても、自己破産している場合は社会的な信用を失っているため、再就職が難しくなるでしょう。

また、仮に就職できたとしても、1億円以上という大金を働いて返すには何年もかかって先が見えにくいと不安になります。

金銭面で「人生詰んだ」という状況になれば、「生活保護」という制度はあります。

しかし、生活保護の審査は大変厳しく、経済学的にも日本の経済状況を考えると今後制度がなくなる可能性もゼロではないといわれています。

収入が得られなければ、食べるものがなくなり、まさに「人生詰んだ」という状況になるでしょう。

 

体の健康を失ったとき

「体が資本」という言葉の通り、体の健康を失うと働くこともできないニート状態になってしまいます。

収入がなくなるうえに、治療費がかかる場合もあり、金銭面での不安も大きく感じるでしょう

「やりたいことがあるけど、体が動かなくてできない」「生きてる意味がわからなくなってしまった」というように、行動できる選択肢がなくなってしまうのも「人生詰んだ」という状況といえます。

 

発達障害やうつ病で生きづらいとき

発達障害やうつ病が原因となって人間関係で苦労することが多く、社会で生きづらいと感じることが多くなります

発達障害が大人になってから発覚することもあり、仕事での失敗も多く人間関係でもトラブルを抱えやすくなります。

障害については自分一人で解決することができず、周囲の人にも理解されにくいため、さまざまなトラブルを解決できないまま、状況が悪化してしまうこともあります。

また、うつ病だと何ごとにも悲観的になりやすく、「人生詰んだ」と感じてしまうことがあります。

心の状態も暗くなりがちなので、自分で見える世界も暗く感じて、将来に希望を持つことが難しくなるでしょう

ただ、うつ病で不安感があり「人生詰んだ」と感じるのは自然なことです。自分を責めず、心療内科やカウンセリングなどの治療をして病状の回復を待つのも一つの方法です。

 

実は人生詰んでない状況とは

何か失敗や挫折があって本人は、「人生詰んだわ」と思っているけど、冷静に長い目で見た場合、人生は詰んでない状況もあります。

「人生詰んだ」と悲観的になりすぎず、改めて周囲の状況や自分の状態を見返してみましょう。

「実は人生詰んでない」という状況かもしれません。ぜひ将来への不安を解消するために参考にしてみてください。

 

就職活動や転職など若いうちの失敗

就職活動や転職などで失敗して、「人生詰んだわ」と感じてしまうこともあるでしょう。しかし、若いうちの就職活動や転職は本当に「人生詰んだ」という状況でしょうか?

特に若い20代であれば、転職などで失敗しても人生の1ページだと考えることができます。

就職先や転職先は努力次第でいくらでも見つけることができますよ

面接に失敗した瞬間は落ち込み、先が見えませんが、就職活動や転職を諦めないで続ければ、新たな仕事に出会うことは可能です。

また、就職以外の選択肢だっていくらでもあります。

資格試験や専門学校に行くなどして新たなスキルを獲得するのも良いでしょう。

20代の若い方なら転職活動や転職で失敗をして「人生詰んだ」と感じても、簡単に諦めないでください。

失敗した後のあなたの行動次第で、人生を変えることは可能です

 

家族とのトラブル

身近な存在である、家族とのトラブルは「お金の問題」や「後継の問題」など色々と面倒なことばかりです。

しかし、あなたの人生の主人公はあなた自身です。

家族とのトラブルに巻き込まれて「人生詰んだ」と感じる方もいるかもしれませんが、家族とのトラブルに関わらないように、環境から抜け出すというのも一つの選択肢です

家族に依存しなくても生きていけるような環境や、家族から独立した生活力を身に付けることが重要です。

環境を変えて、家族のトラブルに巻き込まれないようにする選択肢を持つことで、「人生詰んだ」という状況を回避することができます。

 

リストラや左遷・昇進できない

職場でリストラや左遷・昇進できない状況は、思うようにいかずもどかしさを感じますよね。

しかし、そんな状況でも新しい仕事や改善策があるはずです。

たとえば、リストラされても勤めていた職場で培ったスキルや知識を活かして他の職場を探すことはできます。

リストラされた職場よりも、自分の才能を活かせるような仕事につけるかもしれません

職場で昇進できないというときは、自分の能力不足だということを受け入れて、何か他にも自分のスキルを高めるチャンスだと捉えることができます。

年功序列が当たり前になっていて、全く昇進できないという職場なら仕方ありません。

しかし、昇進が可能な職場であれば、もう一度自分の力を磨くチャンスです。

「もう昇進できない」と決めつけて仕事を投げやりにしては、周囲から良い目では見られません。

職場で周囲の評価をさらに下げてしまう態度は、自ら昇進のチャンスを捨てることにもなります。

今までの経験を活かしたり、あなたが諦めなければ、リストラや左遷・昇進できない状況になっても選択肢はあります

諦めてしまうことが、「人生詰んだ」と感じてしまう大きな要因になるのです。

 

人生詰んだときの対処法

「人生詰んだ」と感じる状況でも、対処法を知れば「人生詰んだ」という状況から抜け出すこともできます。

また、自分の年齢や環境によっても、人生詰んだときの対処法が変わってきます。

「人生詰んだ」と感じている人に向けて、年齢別に対処法を紹介しますので、あなたの年齢に当てはまる項目を読んでみてください。

また、これから「人生が詰んだ」という状況にならないための対処法も加えて紹介しています。

 

大学生の場合

「人生詰んだ大学生」にならないために、大学生のうちから明確に目標を持って行動することが重要です。

大学生活を漠然とだらだら過ごしていると、「既卒なのに就職先がみつからない」や「社会人になってから苦労する」という人たちの体験談もよく聞きます。

自分がやりたい仕事は何なのかをよく考えずに、とりあえず就職してしまうと、「自分にこの仕事は合わない」と感じ、結果的に退職することになります。

そうならないためにも、社会人になって役に立つような内容の勉強を大学生のうちにしておくことが必要です。

また、就職活動を円滑に進めるため、社会経験を増やすためには、インターンシップに参加するのも良いでしょう。

つまり、自ら主体的に行動して、社会人としての経験を積むことで人間としての厚みが出るのです

面接でも話せることが増えれば他の就活生との差別化ができます。

このように、大学生のうちから社会人になった時に向けて、常に目標を持って主体的に行動する姿勢が「人生詰んだ大学生」にならないためにも重要です。

 

20代の場合

20代で「人生詰んだ」と感じた時の対処法は「0からやり直す」という気持ちを持つことです。

20代であればまだ若いので、転職先の選択肢は広くあります。全く違う場所で新しいチャレンジをすることも可能です。

つまり、若いからこそ「人生詰んだ」という状況を回避する力も時間もあるのです。

若さや伸び代があるので諦めなければ、「人生詰んだ」という状況から脱却できるでしょう

また、恋愛面でも同じことがいえます。20代のうちに彼女に振られてしまったとしても、条件の良い出会いは十分にあります。

 

30代の場合

30代で「人生詰んだ」と感じた時の対処法は勢い任せではなく、熟考してやり直すことです。

しかし、30代といっても、長い人生で考えたらまだ若い方です。

確かに、20代の頃よりかは選択肢は減ってしまうので、20代のときのように勢いで判断するのは少し危険です。

0からやり直すべきか、今いる場所でもう一踏ん張りしてみるか、よく考え直すことが重要です

自分と同じような経験をしてきた「人生の先輩の言葉」を参考にするのも一つの手です。

 

40代の場合

決して若いとはいえない40代で「人生詰んだ」と感じた時の対処法は、まずは現状で頑張り続けることです。

さすがに40代となると、転職もしにくいですし、養う大切な家族がいる人も多いでしょう。

上司としての立場や父親としての立場など、色々考えることも多いので、40代で0からやり直すよりも、今いる場所や環境で打開策を探すことが重要です

今まで培ってきた経験をフルに活かして、現状を見つめ直してみましょう。

 

50代の場合

人生の後半に差し掛かる50代に「人生詰んだ」と感じた時の対処法は、思い切って諦めてしまうことです。

50代となると、新たなスタートを始める選択肢が少なく、健康の問題や年齢の問題が多くなります。

そんな時は、無理してあがくのではなく「諦める」という、ある意味余裕を持った心を持つことが重要です

しかし、諦めるのは「投げ出す」ということではありません。

仕事で大失敗をしたとしても、今の仕事を辞めて転職を考えるより、定年まで勤めるのが得策です。

 

素敵な出会いがどん底を抜け出すきっかけに

日々の悩みやストレスを誰にも話せず1人で抱え込んでしまうことも、「人生詰んだ」と感じる要因の1つ。

なんでも話せるパートナーがいれば、視野が広がりどん底から抜け出すきっかけになることもあります。

マッチングアプリ「ハッピーメール」ならば累計会員数3,000万を突破しているので、素敵なパートナーがきっと見つかります

「人生詰んだ」と諦めるのではなく、前に進むためにまずは行動してみましょう。

女性はこちら 男性はこちら

 

人生は簡単に詰みません。人生詰んだ瞬間は人生を諦めた瞬間なのです

「人生詰んだ」と感じた時は、不安感や絶望感でいっぱいになりますよね。

しかし、「人生詰んだ」と感じた時でも対処法はいくらでもあります。

あなたが行動し、自分の力で選択肢を作っていく姿勢が「人生詰んだ」という状況を回避するために重要なことです

人生にはあなたが諦めなければ、いくらでも選択肢は作り出せます

あなたが人生を諦めた瞬間に「人生が詰んだ」と感じてしまうものです。

「人生が詰んだ」と感じた方でも今回の記事を参考に、自分を客観視し、人生詰んだ時の対処法を生かし、「人生詰んだ」という状況を回避していきましょう。

 

 

まとめ

  • 人生詰んだという瞬間は、自分が人生を諦めた瞬間
  • 自分で主体的に行動し、選択肢を作ることが重要
  • 「人生詰んだ」と感じる時は年代別に対処法を試してみる
  • 人生は簡単には詰まない。自分の力で新しい選択肢を作ってみよう

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 大阪北浜のおすすめスナック&バー4選!カラオケやお酒が楽しめる人気のバーも紹介

  • 大阪新世界のおすすめスナック&バー9選!ディープで面白いお店を紹介

  • 寝屋川のおすすめスナック&バー5選!カラオケを楽しめる店を紹介

  • 泉佐野のおすすめスナック8選!駅チカ人気店も紹介

この記事も一緒に読まれています

  • 即レスとは|仕事ができる人は即レス?何分以内?身につけるコツを解説

  • 中肉中背(ちゅうにくちゅうぜい)の意味とは?男性・女性の特徴を公開

  • 「不躾なお願い」とは?正しい意味・類語・使い方をきちんと理解しよう

  • 幼馴染の意味や定義とは?恋愛や結婚するのはアリ?メリットやデメリットも

  • ロジカルとは?意味をロジカルシンキングの鍛え方や思考方法とともに解説

  • 共感性羞恥心とは?陥ってしまう原因や特徴のある人、克服する方法を紹介

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 「人生詰んだ」ってどんな状況?人生詰んだときの対処法を年代別に解説