1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 適宜の意味とは?類語や注意点、ビジネスシーンでの具体的な使い方を解説!

適宜の意味とは?類語や注意点、ビジネスシーンでの具体的な使い方を解説!

定義
この記事は約 7 分で読めます。

「適宜(てきぎ)」とは、「状況に適している」「状況に応じて各自が判断して行動する様子」という2つの意味を持つ言葉です。

ビジネスシーンで使われることが多い言葉ですが、間違った使い方をしている人も少なくありません。

そこでこの記事では、「適宜」の意味や類語表現について紹介します

「適宜」を使う際の注意点や具体的な使い方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「適宜」とは?

「適宜(てきぎ)」とは、「状況に適している」「状況に応じて、各自が判断して行動する様子」という2つの意味を持つ言葉です。

「適」という漢字には「ふさわしい」「当てはまる」という意味があり、「宜」には「その場に当てはまって都合がいい」「ほどよい」といった意味があります。

 

「随時」との違い

「随時(ずいじ)」は、「その時々」「好きなときにいつでも」という意味の言葉です。

「随時」には「好きなときに」という時間的な意味がありますが、「適宜」は状況に応じて対応するニュアンスなので、時間的な制限がありません。

「適宜」と「随時」の大きな違いは、時間的な範囲があるかないかだと覚えておきましょう。

 

「適宜」の類語・言い換え

「適宜」の類語表現には、「適切」「ふさわしい」「必要に応じて」があります。

類義語や言い換え表現を知ることで、「適宜」という言葉をより正確に理解できるでしょう。

ここでは、「適宜」の類語・言い換え表現について紹介します。

 

「適切」

「適切」とは、「状況や目的に合っていてふさわしいこと」という意味の言葉です。

【例文】

  • ミスしたときこそ適切な判断が求められる。
  • 新人教育では適切な方法とタイミングで注意することが大切だ。

「適切」はビジネスシーンで使われることが多い言葉なので、正しい使い方を覚えておきましょう。

 

「ふさわしい」

「ふさわしい」とは、「釣り合いがとれていること」という意味の言葉です。

【例文】

  • 彼女の業績に対してふさわしい額の報酬が支払われるべきだ。
  • 社運を賭けたプロジェクトなので本当に能力がある人こそリーダーになるのがふさわしい。

「適宜」の「状況に適している」という意味に近い言葉として、「ふさわしい」を使うことができます。

 

「必要に応じて」

「必要に応じて」とは、「対応や用意が必要になった場合に応じる」という意味の言葉です。

【例文】

  • 必要に応じて資料の補足をするようにしてください。
  • 納期に間に合わせるために必要に応じて残業してもらいたい。

「必要に応じて」は、「適宜」の「状況に応じて各自が判断して行動する様子」に近い意味合いがあります。

 

「適宜」を使う際の注意点

「適宜」という言葉は、状況や相手によっては失礼になってしまうこともあります。

ここでは、「適宜」を使う際の注意点について紹介するので、しっかりと理解しておきましょう。

 

目上に使わない

「適宜」を使う際の注意点として、目上の人に使わないことが挙げられます。

目上の人にお願いをするときに「適宜」を使うと、指示を出しているニュアンスが強くなってしまいます

目上の人に対して、上から目線で指示を出すのは失礼になるのでやめましょう。

どうしても「適宜」を使わなければいけないときは、「適宜〇〇してもらえると幸いです」など、敬語表現と合わせて使うことをおすすめします。

 

指す範囲を事前に確認しておく

「適宜」が指す範囲が曖昧な場合は、事前に確認しておくように注意しましょう。

たとえば、先輩が「適宜指示を仰ぐように」と言った場合、「仕事の忙しさのタイミングを見て判断してほしい」という意味で使っている可能性があります。

そのため、「困ったときにはすぐにでも」という意味で「適宜」を捉えてしまうと、ミスコミュニケーションが起きてしまいます。

「適宜」はビジネスシーンで多く使われる言葉なので、範囲が曖昧なときは不要なミスを生まないように確認しましょう。

自分で「適宜」を使う際にも、誤解がないように具体的な言葉で補足することをおすすめします。

 

【例文付き】「適宜」の使い方

「適宜」は具体的にどんな使われ方をするのでしょうか。

最後に、「適宜」の使い方を例文付きで紹介します。

 

「臨機応変に」という意味の「適宜」

「適宜」は、「臨機応変に」という意味で使われることがあります。

【例文】

  • 電話での受付時間は決まっていますが、適宜対応も致します。
  • 決められた仕事だけでなく、適宜周りのフォローもしてほしい。
  • ミスしたときは適宜報告をするようにしてください。

このように「適宜」は柔軟な対応が必要なときに使われます。

 

「各自の判断で」という意味の「適宜」

「各自の判断で」という意味で「適宜」が使われることもあります。

【例文】

  • 必要なものは適宜自分で購入するのがルールだ。
  • アルバイトの採用に関しては、店舗の判断で適宜行っても大丈夫です。
  • いちいち確認しなくていいので適宜休憩をとってください。

ビジネスシーンでは各自で物事を判断しなければいけない場面が多いため、「適宜」がよく使われます。

 

「最善の選択を」という意味の「適宜」

「適宜」は、「最善の選択を」という意味で使われることもあります。

【例文】

  • 在庫が不足したり余りすぎたりしないように、適宜補充する必要がある。
  • 大きなトラブルにつながる可能性があるので、周りに確認した上で適宜判断してください。
  • 相手の要望に沿うように適宜対応をお願いします。

「各自の判断で」の使い方に似ていますが、「その場に最も適した判断を」というニュアンスが含まれている使い方です。

 

「適宜」の意味を理解して正しく使いこなそう!

「適宜」とは、「状況に適している」「状況に応じて各自が判断して行動する様子」という2つの意味を持つ言葉です。

「随時」と混同しやすいので、きちんと違いを理解しておく必要があります

また、ビジネスシーンにおいては目上の人に対しては使わないなどの注意も必要です。

この記事で紹介した類語や例文を参考にして、「適宜」を使いこなしましょう。

 

まとめ
  • 適宜とは「状況に適している」「状況に応じて各自が判断して行動する様子」という2つの意味を持つ言葉
  • 適宜の類語・言い換えは「適切」「ふさわしい」「必要に応じて」
  • 適宜を使う際の注意点は「目上の人に使わない」「指す範囲を事前に確認しておく」

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ゆきまさ

ゆきまさ

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 「垂涎」の意味や使い方とは?例文付きで解説!

  • 「承知いたしました」の使い方とは?「かしこまりました」との違いも解説!

  • 適宜の意味とは?類語や注意点、ビジネスシーンでの具体的な使い方を解説!

  • 【例文付き】「送付」の意味とは?言い換え表現や注意点を解説!

この記事も一緒に読まれています

  • レガシーの意味とは?ビジネス・IT分野での使い方も解説!

  • 逆張りオタクの意味とは?うざい特徴・嫌いになる心理・ひねくれエピソード

  • リアコとガチ恋の違いとは?それぞれの意味や対象になる推しも詳しく解説!

  • 朝令暮改とは?意味や類語、ビジネスでの使い方などを解説!

  • 「つきましては」の意味と使い方とは?ビジネスシーンの例文や類語を解説

  • 策士とはどういう意味?褒め言葉?悪口?策士の特徴と合わせて解説!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 適宜の意味とは?類語や注意点、ビジネスシーンでの具体的な使い方を解説!