1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 挨拶をする意味とは?挨拶のメリット&好印象を与える挨拶の仕方も解説!

挨拶をする意味とは?挨拶のメリット&好印象を与える挨拶の仕方も解説!

定義
この記事は約 9 分で読めます。

人に出会ったときや別れるときなど、日常のさまざまな場面で挨拶をする機会はたくさんあります。

毎日挨拶をしているとつい適当になってしまうことがありますが、挨拶次第で相手と良好な関係性を築けることも少なくありません。

この記事では、挨拶をする意味やメリット、好印象を与える挨拶の仕方など、挨拶に関する情報を解説します。

 

そもそも挨拶とは

はじめに、挨拶の意味や種類など基礎知識を解説します。

 

挨拶の意味

「挨」という漢字には押す、「拶」という漢字には迫るという意味があり、もともと「挨拶」は禅宗の修行のひとつ、禅問答を指す仏教用語でした。

私たちが日頃使っている「挨拶」には、相手に対して自分の心を開き、尊敬や感謝などを表す礼儀的な動作・言葉という意味があります。

挨拶ができないと、「無礼な人だ」と思われる可能性が高いので注意しましょう。

 

挨拶の種類

日本文化の挨拶は相手やシーンによって、さまざまな言葉や動作で行われます。

どのような挨拶の種類があるのか、一例を紹介します。

 

【日本語のあいさつ言葉】

★出会ったとき

  • おはようございます
  • こんにちは
  • こんばんわ
  • お元気でしたか?
  • お久しぶりです
  • やあ

 

★別れるとき

  • さようなら
  • お先に失礼します
  • またね
  • バイバイ
  • お元気で

 

★出発・見送りのとき

  • 行ってきます
  • 行ってらっしゃい

 

★食事のとき

  • いただきます
  • ごちそうさまでした

 

【動作で行う挨拶】

  • お辞儀(深く頭を下げる)
  • 会釈(軽く頭を下げる)
  • 手を振る
  • 握手

 

挨拶をするメリット

きちんと挨拶をすることで、たくさんのメリットが得られます。

どのようなメリットがあるのかチェックしてみましょう。

 

マナーがなっている人という印象を与える

挨拶の言葉や動作は国によって異なりますが、挨拶は世界共通のコミュニケーションツールであり、人間関係における基本的なマナーです。

しかし、子供のときはきちんと挨拶をしていた人でも、大人になると挨拶をしなくなってしまうことがあります。

礼儀の基本である挨拶をしない人は、周囲から「常識がない」と思われることも珍しくありません。

反対に、気持ちよく挨拶ができる人は、「マナーがなっている人」という好印象を与えることができるでしょう。

 

良好な人間関係を築ける

人には「他人から認められたい」という承認欲求があり、欲求が満たされた人は充実感や自信を得られます。

相手の承認欲求を満たすには、「行動承認」と「存在承認」があります。

行動承認
相手の行動に対して行うもの。例として、褒める・評価する・お礼をする・謝罪するなどの言動が挙げられる

【存在承認】
相手の存在に対して行うもの。例として、声をかける・共感する・変化に気づく・名前を呼ぶなどの言動が挙げられる

挨拶は相手の存在を認める存在承認」に当てはまり、相手の承認欲求を満たすことができる方法のひとつです。

反対に挨拶をしないと、相手は「自分の存在を無視されている」と感じてしまうことも少なくありません。

きちんと挨拶をする人は、相手の承認欲求を満たして好印象を与えることができ、良好な人間関係を築けるというメリットがあります。

 

会話のきっかけになる

初対面の人や好きな人など、声をかけたいけどなんて言っていいのかわからないときもありますよね。

そんなときは、「こんにちは」「元気だった?」など、挨拶をすることで会話のきっかけを作ることができます。

とくに会話上手な人は、そのあとスムーズに相手に話題を振ることが多いので、仲良くなりたい相手には、挨拶後のネタを事前に準備しておくのがおすすめです。

 

笑顔になる機会が増える

挨拶をするときは基本的に笑顔を作って相手に話しかけますよね。

また、相手から挨拶が返ってきたときも、自分の承認欲求が満たされるため、自然と笑顔になるでしょう。

このように挨拶をする機会が多くなれば、笑顔になる機会も増えます。

笑顔は「優しい」「親しみやすい」などのポジティブなイメージを与えるため、微笑む機会が多いと好感度をアップさせる効果が期待できるでしょう。

また、表情は脳に影響を与えるといわれることから、作り笑顔でも楽しい気分になれるのもメリットのひとつです。

 

好印象を与える挨拶の仕方

挨拶の仕方によって、相手の好感度アップを狙える場合があります。

相手に好印象を与える挨拶の仕方をチェックしておきましょう。

 

相手の目を見る

挨拶をするときは、相手の目を見るのが基本です。

目を見ることで関心を持っていると示すことができ、気持ちが伝わりやすくなります。

作業中なら手を止めて、歩いているときは一度立ち止まって、しっかりとアイコンタクトをとりながら挨拶をしましょう。

 

自然な笑顔で声をかける

自然な笑顔で挨拶をすれば、相手に安心感や信頼感を与えることができるでしょう。

口角を上げるように意識して、温かみのある表情で声をかけるのがポイントです。

何かを企むような不気味な笑顔は、相手に悪印象を与えるだけですので、鏡の前で自分の笑顔をチェックしてみるといいですよ。

 

名前を添える

相手に好印象を与えるなら、挨拶の言葉に相手の名前を添えるのが効果的です。

名前を呼ぶことで丁寧な印象になり、相手の承認欲求を満たすこともできます。

親しみを感じてコミュニケーションがとりやすくなるので、相手と仲良くなりたいときにもおすすめです。

○○さん、おはよう」と自然に名前を添えて話しかけてみましょう。

 

明るい声のトーンを心がける

挨拶をするときに明るい声のトーンを心がけると、相手にポジティブな印象を与えられます。

とくに、初対面のときは第一印象が肝心です。

高い声かつ早口で挨拶すれば「元気で明るい印象」に、高い声かつゆっくり挨拶すれば「優しく大らかな印象」になります。

どちらにせよ、明るい声で話しかければ「いい人そうだな」「楽しく会話できそう」と、良いイメージを持たせることができるでしょう。

 

その場の雰囲気に合わせて一言付け加える

相手に好印象を与えるには、挨拶のあとに一言付け加えるのもおすすめです。

おはようございます。今日は天気いいですね。

さようなら。気をつけて帰ってね。

など、挨拶するだけでなく、自分の言葉を一言添えることで気持ちが伝わりやすくなります。

会話が弾むきっかけをつかめる可能性もあるので、積極的にその場の雰囲気に合わせて一言付け加えてみてください。

しっかり実践することで、円滑なコミュニケーションがとれるでしょう。

 

する意味ある…?むしろしないほうがいい挨拶のNG例

「する意味ある?」と感じさせる挨拶は、むしろしないほうがマシです。

印象を悪くしないためにも、挨拶のNG例をチェックしておきましょう。

 

めんどくさそうに挨拶する

スマホなどを見ながら挨拶をしたり、「あーっす」「どうも…」など気だるそうに挨拶をしたり、めんどくさそうに挨拶をするのはNGです。

めんどくさそうに挨拶をされると、相手は自分の存在も適当に扱われているように感じてしまいます。

失礼な人だな」と嫌悪感を抱かれる場合があるので、きちんと挨拶をするようにしましょう。

 

ボソボソと小声で聞こえない

「緊張する」「恥ずかしい」などの理由から、挨拶するときの声が小さくなってしまう人は要注意です。

挨拶は相手に伝わらなければ意味がありません。

ボソボソと小声で挨拶をすると、聞きとれなかった相手がイライラする可能性があります。

挨拶をするときは、相手に伝わる声の大きさハッキリと言葉を発することを意識しましょう。

 

挨拶において心がけたいこと

良好な人間関係を築くために、挨拶する際の心がけておきたいポイントを紹介します。

 

自分から積極的に挨拶する

人は好意を向けられると同じように好意で返したくなるという心理の法則があり、これを「好意の返報性」といいます。

先に自分から笑顔で挨拶をして好意を示すことで、相手も好意を返してくれるようになるでしょう。

挨拶はされたら返すのではなく、自分から積極的にすることが大切です。

とくに、人とのコミュニケーションが苦手な人ほど自分から挨拶をすると、良好な人間関係を築きやすくなるでしょう。

 

どんな人にも挨拶する

社会人にとって、挨拶はビジネスマナーの基本です。

ビジネスシーンにおいてもしっかり挨拶ができる人は、コミュニケーション上手で仕事ができる印象を与えられます。

挨拶からビジネスチャンスにつながる場合もあるため、どんな人にも明るく挨拶するようにしましょう。

 

挨拶は人間関係において超重要!

挨拶は人間関係において超重要なコミュニケーションツールであり、基本的なマナーでもあります。

挨拶をおろそかにすると、気づかないうちに周りの評判を下げてしまうかもしれません。

好印象を与える挨拶は、日頃から行っていないと実践できないでしょう。

家族や仲間、会社の人、恋人など、相手やシーンに合わせてきちんと挨拶をするように心がけてくださいね。

 

まとめ
  • 「挨拶」には、相手に対して自分の心を開き、尊敬や感謝などを表す礼儀的な動作・言葉という意味がある
  • 挨拶をすることには、良好な人間関係が築ける・会話のきっかけになる・笑顔になる機会が増えるなどのメリットがある
  • 好印象を与える挨拶の仕方として、相手の目を見る・自然な笑顔で声をかける・明るい声のトーンを心がけることなどがポイント
  • 挨拶をするときは、めんどくさそうにしたり、小声でボソボソ言ったりするのはNG
  • 自分から積極的に挨拶する・どんな人にも挨拶することを心がけることが大事

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 二股でどっちも好きな男性心理とは?4つの心理的特徴や本命を見抜くコツ

  • 自分を好きになれない人必見の自分を好きになる方法&メリットを大公開!

  • イライラする友人からの自虐風自慢あるあるまとめや心理・対処法を紹介

  • 恋愛は難しいと感じる瞬間や原因、大人の恋が難しくなる理由や対処法を紹介

この記事も一緒に読まれています

  • いつめん(イツメン)ってどういう意味?作り方や類語、グループ名を紹介

  • 人生詰んだ瞬間とは?人生詰んだ3つの状況と年代別のとるべき対処法

  • 「チルする(chill)」の意味とは?スラングの由来とSNSでの使い方

  • 中肉中背(ちゅうにくちゅうぜい)の意味とは?男性・女性の特徴を公開

  • 「ジト目」とは?言葉の意味や使い方&人気ジト目キャラクターを紹介!

  • 「フッ軽」の意味と使い方を徹底解説!特徴と周囲に与えるモテ印象とは

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 挨拶をする意味とは?挨拶のメリット&好印象を与える挨拶の仕方も解説!