1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 「自分を律する」の意味や類語とは?メリットや自分を律する方法を紹介

「自分を律する」の意味や類語とは?メリットや自分を律する方法を紹介

 2021/09/20 定義
この記事は約 11 分で読めます。

自分を律して、もっとしっかりした人になりたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

もっと自分に厳しくしよう、明日から頑張ろうと思っても、いざ実行するとなるとなかなか難しいですよね。

この記事では、「自分を律する」の意味や類語を解説しながら、自分を律するメリットや方法を紹介します

 

「自分を律する」とは?

「自分を律する」という言葉を聞いたことはあるけれど、具体的にどういう意味なのか分からないという人も多いでしょう。

そんな時は、言葉の意味や英語ではどんな風に表現するのかなどを調べて、客観的に意味を理解するのもおすすめです。

まずは「自分を律する」の類語や言い換え、英語表現などを交えながら、言葉の具体的な意味を解説します。

 

【例文あり】意味は「自分を制御する」

「自分を律する」とは、自分の欲望や願望を自分の意思で制御することです。

例えば「今日は疲れているから勉強は休みたいな」と思っているとします。

そんな時でも強い意思で自分をコントロールして机に向かえた場合、「自分を律することで目標を達成できた」と言うことができます。

自分で決めたルールをしっかりと守るというニュアンスで使うと間違い無いでしょう

 

類語・言い換えは「自制する」など

「自分を律する」の類語や言い換えには「自制する」「自らに打ち勝つ」などがあります。

この言葉からも分かるように、自分で決めたルールを厳しく守ることが自分を律するということなのでしょう。

他にも「自分にブレーキをかける」と言い換えることもでき、自分の感情をコントロールすることを指しているのが分かります。

 

四字熟語は「外柔内剛」など

「自分を律する」と同じような意味を持つ四字熟語をチェックしましょう。

外柔内剛(がいじゅうないごう)

一見やさしくて穏やかに見えても、実は強い意志を持っている様を表し、しっかり自分自身をコントロールすることこそが大切という意味です。

自厳他寛(じけんたかん)

漢字のとおり、自分に厳しく他人に寛容な様を表します。自分を律することは、いかに自分に厳しくして自分自身を管理していけるかということなのです。

 

自分を律することで得られるメリット

自分に厳しくなろうと思っても、つい自分を甘やかしてしまい後悔することは誰にでもありますよね。

自分に厳しくなることで得られるメリットを知ると、チャレンジしてみたいと思えるかもしれません。

セルフコントロールが上手になると、様々なことがスムーズに進むなどのメリットがたくさんありますよ。

自分を律することで得られるメリットを詳しく見ていきましょう。

 

感情が安定する

自分を律することができると感情が安定するようになります。

自分自身を制御できないと、計画していたことが予定通りに進まなくなってしまうことも。

そうすると思わぬところでトラブルに見舞われて落ち込んでしまうなど、感情の起伏が激しくなってしまいがちです。

自分を律することができると、精神的に余裕ができて感情の起伏を穏やかにすることができますよ

 

 

時間に余裕が生まれる

時間に余裕が生まれることもメリットです。

自分に甘くなってしまうと「今日は疲れたからやめてしまおう」など、計画していた作業を翌日などに持ち越してしまいがちになります。

自分を律することができると、計画どおりに作業できるため、TO DOリストだけが降り積もって膨大な量になってしまうことはありません。

そのため「忙しい」という感覚を持つことが少なくなり、時間に余裕が生まれます。

 

 

人間関係のストレスが減る

自分を律することで人間関係のストレスが減ることも多いです。

いつも忙しくしていたり、思わぬハプニングに遭遇していると心に余裕を持つことができず、周りを客観的に見ることが難しくなってしまいます。

自分を律することができると、常に余裕を持てるようになります

そのため、人にやさしくするゆとりができて、人間関係のストレスを減らすことができるのです。

 

仕事がスムーズに進む

仕事がスムーズに進むようになることも挙げられます。

人間関係のストレスがなくなり、心や時間にゆとりを持ち、仕事だけに集中できるようになるのです

また、頭がスッキリした状態で仕事ができるようになると、「今やらなくてはいけないこと」がはっきりと見えるようになり、結果として仕事がスムーズに進みます。

 

自分に自信がつく

自分に自信がつくことも自分を律することで得られるメリットです。

常に余裕を持った状態だと、人間関係や仕事などでトラブルに遭遇しにくくなりますよね。

何事もスムーズに進められるようになると、自分に自信を持てるようになります

自分に自信がつくと、さらに自分を律することができるようになり、ポジティブなサイクルにつながるのです

 

自分を律することが難しい人の原因

自分を律すれば上手くいくことが増えると分かっていても、つい自分を甘やかしてしまい制御できない場面はよくあることですよね。

そんな時は、どうしてしっかりセルフコントロールができないのか原因を探ってみるのもおすすめです。

ここからは、自分を律することが難しい人の原因を紹介していきます。

 

すぐに諦めてしまう

自分を律するのが難しい人に多いのが、すぐに諦めてしまうことです。

すぐに諦めてしまう人の中には、「どうせやってもできないなら、頑張った時間が無駄になってしまう」と考える人も多いようです。

しかし、何事も継続しなければできるようにならないので、簡単にクリアできるレベルから始めるなどハードルを下げて試みてみるのもおすすめですよ

 

集中力に欠ける

集中力に欠けている人も、自分を律するのが難しい場合が多いです。

特に衝動性のある性格の人は、よそ見ばかりしてしまって目標に集中できなくなる可能性が高いので注意が必要でしょう。

仕事や私生活などで、大きなトラブルなどに直面するなど変化があった時に、そのことに気をとらわれてよそ見をしてしまうと、自分を律することはできません。

一度決めたらしっかりやり抜く覚悟を持つことが大切ですよ

 

誘惑に勝てない

自分を律するのが難しい人に多いのが誘惑に勝てないことです。

例えば「毎日家で1時間勉強する」という目標を立てていたとしても、友達に誘われてつい夜中まで遊びに行ってしまうなど、誘惑に負けて目標達成ができないケース。

達成したい目標がある時は、強い精神力と意志を持って臨むようにしてくださいね

 

目標がない

そもそも目標がないため、自分を律せないこともあるでしょう。

目標意識がないと、何かやってみたいと思ってみても、目標にしているという認識がなさすぎて頑張ることができません。

何かを成し遂げたいと思った時には、「これが自分の目標だ」という意志をしっかりと持つようにしましょう

 

面倒事を後回しにしてしまう

自分を律するのが難しい人は、面倒ごとを後回しにしてしまう特徴があります。

頑張ること自体が面倒になってしまうと続けることが難しくなってしまいます。

面倒だなと思うことこそ率先して片付けてしまうように習慣づけると、自分を律することができるようになるかもしれませんよ。

 

仕事をする上でも重要!自分を律するための方法

具体的にどうしたら自分を律することができるのか分からず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

急に自分を変えるのは難しいので、できることから始めるのがおすすめです。

特に理想が高い人は、思い通りにならないとやめてしまう傾向にあるため、低い目標から設定して成功体験を積み上げていくと、次第に上手く自己管理ができるようになりますよ

ここからは、自分を律するための方法を見ていきましょう。

 

1日1回5分程度の瞑想をする

1日1回5分程度、瞑想する時間を設けてみましょう。

自分を律するためには、心に余裕を持つことが大切です。

ストレスが溜まっていると、つい自分の目標を忘れがちになってしまいます。

姿勢を整えて目を瞑って、呼吸に集中してみましょう。

頭がスッキリして、やるべきことが見えてきたり、自分の目標を再確認することができるようになりますよ。

 

ストレス回避のルーティンを作る

ストレス回避のルーティンを作ることもおすすめです。

イライラが募ってしまうと、やるべきことも手につかなくなってしまいますよね。

ストレスが溜まった時に行うルーティンを決めておくと、常に心にゆとりを持てるようになりますよ

軽くジョギングをする、仕事の前に10分だけ好きな音楽を聴くなど自分にあったストレス回避のルーティンを探してみましょう。

 

 

思い通りにならなくても気にしない

思い通りにならないことがあっても、気にしないようにするのが自分を律する方法の1つです。

特に、高い目標を持って自分に厳しく頑張っている時に思った通りの結果にならないと、ひどく落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、思い通りに進まないことは多いので「そんなこともあるよね」と軽い気持ちで受け流すように普段から心がけることが大切です。

 

自分を客観視する癖をつける

自分を客観視する癖をつけることも大切です。

自分を律するためには、ストレスを減らして心に余裕を持つことが必要になります。

そのためには、自分はどんな時にストレスを感じてしまうのか、感じ方や考え方、行動の癖などを客観的に分析してみましょう

自分の傾向を把握することで、ストレスを抱えやすい場面を回避することができ、自分を律せるようになります。

 

何事にもこだわりすぎない

何事にもこだわりすぎないことが自分を律するコツでもあります。

高い目標を設定して自分を律しようとする時は、理想の自分や思い描いている姿があり、そこに向かって頑張る人が多いでしょう。

しかし、あまりにも完璧にこだわりすぎてしまうと、すぐに挫折してしまいます。

「こうでなくてはいけない」など強くこだわりすぎず、時に大きな気持ちで「完璧じゃないけど、これでも良いよね」というくらいの気持ちを持つと、頑張り続けることができますよ。

 

自分を律することができれば、恋愛もうまくいく

自分に厳しい人は、周りから見ても魅力的ですよね?

信頼することができ、憧れる人もいるでしょう。

異性なら恋に落ちることも珍しくありません。

自分を律することができれば、きっと異性からモテることもありますよ。

おすすめはマッチングアプリ【ハッピーメール】

隙間時間にも利用できるので、忙しい人にもぴったりですよ。

累計会員数3,000万を突破しているので、多くの異性との出会いも期待できます。

女性はこちら 男性はこちら

 

心をコントロールするには自分を律する力を育むことが大切!

自分を律するとは、目標を持ってセルフコントロールすることを言います。

自己管理がしっかりできるようになると、気持ちが安定したり、時間に余裕が生まれることで、ストレスフリーな生活ができるようになるのです。

ストレス回避のルーティンを作ったり、何事にもこだわりすぎずに物事を進めることができると、自分を律することができるようになるのでぜひ試してみてくださいね

自分を律することでより良い人生を設計していきましょう。

 

 

まとめ

  • 自分を律することはセルフコントロールをすること
  • 自分を律することができると、仕事がスムーズに進んだり、自信がつく
  • すぐに諦めてしまったり、誘惑に勝てない人は自分を律するのが難しい
  • 思い通りにならなくても「まあこんなもんか」くらいの気持ちを持つようにして、こだわりすぎずに頑張るのがおすすめ

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 【夢占い】好きな人の右側にいる夢の意味は?相手とくっつく・話す・歩くなどシーン別に解説

  • 夢占い | 修学旅行の夢の意味を状況・場所・人物別に徹底解説

  • 声が出ない夢の意味12選!状況や原因別に夢占いを解説

  • 寝とられる夢の意味17選!彼氏彼女が奪われる夢を状況・相手別に解説

この記事も一緒に読まれています

  • 「馬が合わない」の意味や使い方とは?馬が合わない人との付き合い方も解説

  • 【一途な恋をしよう】そもそも一途とは?意味や男女の特徴、見分け方を紹介

  • 若気の至り(ワカゲノイタリ)とは?後悔した恋愛・学校・人間関係を紹介

  • 「即レス」の意味とは?仕事・恋愛でのメリット&デメリット・注意点

  • 類は友を呼ぶは、いい意味?悪い意味?素敵な類友を引き寄せる7つの方法

  • 赤文字系ファッションとは?青文字系との違いや赤文字系について徹底解説!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 「自分を律する」の意味や類語とは?メリットや自分を律する方法を紹介