1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 負い目を感じるの意味&引け目との違いを解説!負い目を感じる心理とは

負い目を感じるの意味&引け目との違いを解説!負い目を感じる心理とは

 2022/02/21 定義
この記事は約 8 分で読めます。

「負い目を感じる」とは「人に迷惑をかけたり負担をかけたりして、申し訳ないと感じること」です。

誰かを傷つけてしまったり、罪悪感に苛まれたときに使われます。

この記事では、負い目を感じるの意味や引け目との違い、負い目を感じたときの対処法について解説します。

 

「負い目を感じる」の意味

まずは「負い目を感じる」という言葉の意味について見ていきましょう。

「負い目を感じる」という日本語は「人に迷惑をかけたり負担をかけたりして、申し訳ないと感じること」を意味します。

 

類語

「負い目を感じる」の同義語・類義語には「罪悪感を感じる」「うしろめたい」「申し訳ない」などがあります。

どの言葉も悪いことをして相手にわびたいと思う気持ちを表す言葉です。

 

対義語

「負い目を感じる」の対義語は「自画自賛」「自信過剰」などが挙げられます。

負い目は控えめでネガティブな印象を受ける言葉ですが、一方「自画自賛」や「自信過剰」は積極的でポジティブな印象を表す言葉として使われるので、対義語としてはぴったりと言えるでしょう。

 

使い方・例文

「負い目を感じる」の例文や使い方を見ていきましょう。

まず例文としては「両親から借金をしていることに負い目を感じる」「仕事でミスをしてしまった自分に負い目を感じる」などがあります。

使い方としては、いずれも相手に罪悪感を感じているときに使われることが多いです。

 

「負い目」「引け目」の違い

「負い目」と似たような言葉に「引け目」という言葉がありますが、意味は全く異なります。

負い目は相手に申し訳なさを感じることで、引け目は自分に劣等感を感じることです。

ここでは、両者の言葉の違いについて詳しく解説します。

 

負い目は相手に抱く感情

「負い目」と「引け目」は感情を抱く対象が異なります

具体的には「負い目」は相手に対して申し訳ないという感情を抱きますが、「引け目」は他人と自分を比較したときに、あくまでも自分に対して不甲斐ないという感情を抱くことです

 

負い目は罪悪感に言い換えられる

「負い目」と「引け目」という言葉はあまり馴染みがないですよね。

そのため「負い目=罪悪感」「引け目=劣等感」と言い換えるとわかりやすくなるでしょう。

 

負い目を感じる瞬間・心理とは

仕事や恋愛など、人にはさまざまな負い目を感じる瞬間があります。

では具体的に負い目を感じる心理はどのようなときに発生するのでしょうか?

ここでは、負い目を感じる瞬間や心理について紹介していきます。

 

後悔しているとき

負い目を感じる瞬間として、後悔しているときが挙げられます。

よくあるケースとして、相手に嘘をついたり、悪口を言って傷つけてしまったときに、謝ることができなかったときです。

後から「なぜ素直に謝らなかったのだろう」と深く後悔して、負い目を感じてしまいます。

 

 

失望しているとき

失望しているときも負い目を感じやすいです。

人に余計な迷惑や負担をかけたときに、申し訳なさに加えて「自分はなんてダメなのだろう」と自分自身を責めて落ち込みます。

そして、深く責めすぎると自分に絶望してしまい、そのときに負い目を感じてしまうでしょう。

 

自分を軽蔑したとき

自分を軽蔑したときに、負い目に感じる心理が働いてしまうこともあるでしょう。

「自分なんて価値がない」と自分自身を大切に扱わない言葉を口に出したり、心の中で思ってしまうと、負い目を感じてしまいます。

頭の中でネガティブ感情が湧いている状態は、自分の心も身体も傷つけてしまうということを覚えておきましょう。

 

責任を感じているとき

負い目を感じる心理は、責任を感じているときに働きます。

例えば、職場で取り返しのつかないミスをしたときに「これ以上迷惑をかけられない」「自分が責任を負わなければならない」と感じたときなど。

責任感が強い人ほど、負い目を感じやすい傾向が強いです。

 

恋愛が怖くなったとき

恋愛が怖くなったときも負い目を感じる可能性が高いです。

恋愛は出会いもあれば、当然別れもありますよね。

浮気したりひどい言葉をかけたりして相手を傷つけた経験がある人ほど、負い目を感じやすいでしょう

また、結婚するつもりがないのにズルズルと付き合っている場合も、負い目を感じやすいです。

 

 

負い目を感じたときの対処法

負い目をずっと感じたままでいると、それに伴ってどんどんストレスが増えてしまいます。

だからこそ、負い目を感じたときは適切に対処することが大切です。

ここでは、負い目を感じたときの対処法6選を紹介します。

 

負い目を感じていることを話す

負い目を感じたときは、そのことについて他人に話すことがおすすめです。

人に話すことによって、スッキリとした気分になって負い目から解放されるでしょう

自分の頭の中だけでモヤモヤしているよりは、よっぽどマシだと言えます。

ネガティブな感情を手放すには、とにかくアウトプットすることが大切ですよ。

 

自分の良い部分に目を向ける

負い目を感じたときの対処法として、自分の良い部分に目を向けることが挙げられます。

負い目を感じているときは、どうしても自分の悪い部分にしか目がいきません。

だからこそ、自分の良い部分に意識して目を向けることが大切なのです。

そうすることによって「自分にはこんな良い部分があるじゃないか」と思えるようになり、自己肯定感が下がらず、深く負い目を感じることもなくなるでしょう

 

自分を責め過ぎるのはやめる

負い目を感じたときは、自分を責め過ぎるのはやめましょう。

自分を責めることほど無意味なことはありません。

なぜなら、自分自身がもっと傷つき、自分を責めても現状から何も改善しないからです。

負い目を感じてネガティブな感情が出てきたときは、自分を責めるのではなくありのままの自分を認めてあげましょう

 

負い目を書き出し整理する

負い目を感じたときは、負い目を書き出して自分の気持ちを整理してみましょう。

今自分の抱えている感情をノートや紙に書き出す行為は、エクスプレッシブ・ライティングと呼ばれており、心理学的にもストレス解消に効果があると言われています。

そのため、負い目を感じたら、頭の中でモヤモヤと悩み続けるのではなく、ひたすら感情を書き出しましょう。

客観的に自分の感情を見つめられることによって、現状を整理しやすくなりますよ。

 

 

ネガティブな言動を改める

ネガティブな言動を改めるのもおすすめの対処法です。

負い目を感じたときは、つい「どうせ自分なんてダメだ…」「もう嫌だ」などとネガティブなことを口に出してしまいます。

そんなときは、まず自分がネガティブなことを言っていることに気づいて、ポジティブな言葉に置き換えましょう

そうすれば、徐々に前向きな気持ちになってくるはずですよ。

 

同じことを繰り返さないと決意する

負い目を感じたときの対処法として、同じことを繰り返さないと決意することがおすすめです。

「2度と同じ過ちを繰り返さない」と決意していち早く改善することが、自分も相手も望むことではないでしょうか?

いつまでも負い目ばかりを感じていても誰も得しません

そのため、負い目を感じたことはしっかり反省して自分の成長に繋げましょう。

 

恋愛でも負い目を感じる必要なし

ひどい別れ方を経験すると相手への負い目を感じることもあるでしょう。

人との出会いに別れは付き物です。

いつまでもネガティブな気持ちを引きずらずに新しい出会いを見つけましょう。

身近に出会いのチャンスがなければ、マッチングアプリ「ハッピーメール」がおすすめです。

累計会員数3,000万を突破しているので、理想の相手がきっと見つかります。

ぜひハッピーメールで負い目を克服できるような素敵な出会いを探しましょう。

女性はこちら 男性はこちら

 

負い目を感じるのではなく、周囲からの評価に目を向けよう!

人は誰でも負い目を感じる瞬間はありますが、ネガティブ感情に支配されてうつ状態になる人もいれば、上手く対処して前向きに人生を過ごす人もいます。

ずっと負い目を感じながら生きていくのは絶対に嫌ですよね。

だからこそ、自分の良い部分に目を向けたり、自分を責め過ぎるのはやめて、ネガティブ感情を手放しましょう

 

まとめ
  • 負い目は迷惑をかけたり負担をかけたりしたときに申し訳ないと感じることであり、「罪悪感」という言葉に置き換えられる
  • 人は後悔しているときや責任を感じているときに、負い目を感じやすい
  • 負い目を感じたときの対処法として、自分を責め過ぎるのはやめる・自分の良い部分に目を向ける・同じことを繰り返さないと決意することがおすすめ

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • オリーブの花言葉には怖い意味もある?結婚式で人気の理由も解説

  • カトレアの花言葉を色別に解説!基本情報やおすすめのギフトシーンも

  • アイリスには怖い花言葉がある?色別の意味や特徴・種類も解説

  • 【夢占い】好きな人の右側にいる夢の意味は?相手とくっつく・話す・歩くなどシーン別に解説

この記事も一緒に読まれています

  • 内助の功の意味とは?言い換えや使い方・夫を支える妻の性格などを紹介

  • 可愛い子の基準は男女で違う!男性が思う可愛い子の外見・性格の特徴とは?

  • 事なかれ主義の意味は?事なかれ主義に陥る人の心理&良くない理由・克服法

  • 【知って得する】色眼鏡とは?言葉の意味や使い方など例文付きで紹介!

  • 英気を養うとはどういう意味?例文付きの使い方や言い換え、類義語を解説

  • 「頭でっかち」の意味や使い方とは?知識先行型な人の特徴や心理・改善方法

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 負い目を感じるの意味&引け目との違いを解説!負い目を感じる心理とは