1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 【占い師監修】デジャブの意味や使い方とは?起こりやすい人&原因を解説

【占い師監修】デジャブの意味や使い方とは?起こりやすい人&原因を解説

 2022/12/18 定義
この記事は約 10 分で読めます。

デジャブという現象を体験したことはありますか?

デジャブとは具体的にどのような現象なのか、なぜ起きるのかについて、知らない人が多いのではないでしょうか。

この記事では、デジャブの意味や使い方、起こりやすい原因について解説します

天宮日向子
天宮日向子

占い師の「天宮日向子」です。

「初めて訪れる旅先なのに見覚えのある景色や建物が…」「通ったこともない道なのに曲がったところに何があるのかまでわかる…」 そういう現象をデジャブといいます。

10代、20代と若い頃ほどデジャブを経験しやすいといわれていますが、確かに実際自分の経験でもそうでした。

このような現象が多く報告されているにもかかわらず、この現象のメカニズムはいまだに解明されていません。

脳の認知神経科学や心理学においての課題となっており、いまだに謎のベールに包まれているです。

 

デジャブとは?意味や使い方

デジャブという言葉は知っていても、具体的な意味や使い方について知らない人が多いでしょう。

ここでは、デジャブの意味や使い方、例文について紹介します

デジャブはよく間違えて使用されることが多いので、デジャブの意味や使い方についてよく理解しておきましょう。

 

意味

デジャブとは、一度も体験したことがないのに、すでに体験したことがあるように感じてしまう現象のことです

日本語ではデジャブのことを「既視感」と呼びます。

デジャブは20世紀から脳神経や心理学の分野において、注目を集めた研究内容でした。

しかし、再現することが難しく、現在ではあまり研究が進んでいないようです。

 

語源

デジャブの語源は、フランス語といわれています。

デジャブはフランス語で書くと「déjà vu」。

具体的には、フランス語で「すでに」という意味のdéjàと「見る」という意味のvoirの過去分詞であるvuを合わせたものがデジャブになります。

 

使い方・例文

デジャブの使い方の例文としては

  • 海外旅行で初めて訪れた国なのにもかかわらず、デジャブを感じた
  • この映画を観ている途中でデジャブを感じた
  • すれ違った男性にデジャブを感じたが、気のせいだった

などがあります。

ほかにもデジャブを使った文章があるので、気になる人はぜひ調べてみてください。

 

よくある使い方の間違い

デジャブは間違った使い方をされる場合があります。

デジャブという言葉は、一度も経験したことがないのにもかかわらず、すでに体験したように感じるときにだけ使うようにしましょう

たとえば、友人と話しているときに「この話前にもしなかった?」となる場合はデジャブです。

しかし「前にもこの話はしたよね」となる場合はデジャブではありません。

 

デジャブの原因

デジャブが起こるのは、身体的・精神的な要因から、スピリチュアル的な要因までいろいろあります。

では、デジャブが起こるのはどのようなことが原因なのでしょうか?

ここでは、デジャブの要因4選について紹介します

 

ストレスや疲れによる脳のバグ

デジャブが起こる要因として、ストレスや疲れによる脳のバグが挙げられます。

脳に強いストレスがかかると、記憶障害を引き起こす可能性が高いです。

たとえば、仕事で疲れた状態で新しい場所に行ったとしても、過去に訪れた同じような場所と勘違いしてしまうことがあります。

脳が疲れやストレスを抱えていると、新鮮な体験をしても感動が薄まってしまうので、ストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

 

視覚情報のわずかな誤差

デジャブは視覚情報のわずかな誤差が原因ともいわれています。

人体の構造上、効き目はもう片方の目よりもわずかに早くものを認識し、脳内に記憶します

その後、もう片方の目がわずかな差で同じものを見て脳内に記憶するので、その左右の目の視覚情報の誤差が、デジャブを引き起こしている可能性があるのです。

ただし、盲目の人でもデジャブを経験することがあるといわれているので、この説が本当に正しいかどうかは定かではありません。

 

前世で経験した記憶

デジャブは前世で経験した記憶が要因という説もあり、また仏教において、輪廻転生という考え方もあります。

輪廻転生とは、同じ人間が何度も生死を繰り返し、新しい生命に生まれ変わることです。

この輪廻転生を繰り返しているときに、前世で経験した記憶の断片がデジャブとして蘇ったのかもしれません。

 

統合失調症やてんかんなどの病気

統合失調症やてんかんなどの病気が原因で、デジャブが起こってしまうこともあります。

具体的には、統合失調症の発病初期や、側頭葉てんかんの発作の前兆などにデジャブを経験することが多いようです。

特に統合失調症は、妄想や幻想などの症状が起きやすいので、デジャブが起こっても不思議ではないのかもしれません。

脳の病気が原因でデジャブが起こるということも、あわせて覚えておきましょう。

 

デジャブが起こりやすい人

デジャブが起こりやすい人には、共通した特徴が見られます。

では、デジャブが起こりやすい人とはどのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、デジャブが起こりやすい人3選を紹介します

 

10代から20代前半の若者

10代から20代前半の若者は、デジャブが起こりやすいといわれています。

ただし、なぜ若者のほうがデジャブが起こりやすいのか、原因ははっきりとわかっていません。

デジャブ経験者を対象として調査した結果、歳を取るごとにデジャブ現象が起こる機会が減っていくことがわかっているだけです。

若いうちにいろいろな経験を積んで、デジャブという不思議な現象を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

 

旅行が好きな人

旅行が好きな人も、デジャブが起こりやすいといわれています。

旅に出ると、今まで知らなかったことを発見する機会が増えますよね

それが脳にとっていい刺激となり、デジャブが起こりやすくなるのです。

デジャブを経験してみたい人は、いろいろなところに出掛けて、感受性を磨きましょう。

 

強いストレスを感じている人

強いストレスを感じている人は、デジャブが起こりやすい傾向にあるでしょう。

ストレスや疲れによる脳のバグは、デジャブが起こる代表的な要因です。

強いストレスを抱えている状態だと、脳疲労によって錯覚や記憶障害が起こりやすくなるので、デジャブが起こってしまいます。

頻繁にデジャブを経験する人は、もしかしたら強いストレスに晒されているのかもしれません。

 

デジャブのスピリチュアル的意味

デジャブははっきりと科学的に証明はされていません。

そのため、デジャブにはさまざまな解釈があり、中には非科学的な解釈もあります。

最後に、デジャブのスピリチュアル的な意味について見ていきましょう

 

現実世界とパラレルワールドの混線

デジャブは現実世界とパラレルワールドの混線を意味するといわれています。

パラレルワールドとは現在住んでいる世界とは違う、もう一つの世界のことです。

映画や小説などによく出てくる考え方をイメージしたらわかりやすいかもしれません。

何らかの要因によって、現実世界からパラレルワールドへ移動し、デジャブ体験をした可能性があります。

 

ご先祖様や神様からのメッセージ

デジャブはご先祖様や神様からのメッセージという考え方もあります。

ご先祖様や神様は、人間関係やお金、健康などの生活に関わることを守ってくれる存在です。

そのため、デジャブにあったときは、今後何か悪いことが起こることを暗示してくれているのかもしれません。

デジャブは決して悪い現象ではないので、安心してください。

 

未来のことが当たってしまう予知夢

デジャブは予知夢によって引き起こる現象ともいわれています。

予知夢とは、未来に起こる出来事を夢で体験することであり、超常現象や超能力の一つです。

霊感の強い人や感受性と想像力が豊かな人が、よく見る傾向にあります。

予知夢で見ていたことを実際に現実で体験した場合、デジャブのように感じてしまうのでしょう。

 

見えない霊からのメッセージ

デジャブは見えない霊からのメッセージとして、解釈することもできるでしょう。

見えない霊の中には、守護霊のような人生の導き手として人をサポートしてくれる存在もいれば、運気を低下させる悪霊もいます。

どちらから送られてきたメッセージなのかはわかりませんが、見えない力を感じている証拠です。

デジャブを体験したときは、守護霊が見守ってくれているとポジティブに解釈しましょう

 

恋愛を楽しんでストレスを忘れよう

デジャブのメカニズムは完全に解明されていませんが、日々のストレスや疲れが原因かもしれません。

ストレスを解消するなら、思い切り恋愛を楽しむのも一つの手です。

好きな人とデートをしたり、恋人とまったり過ごしたりするのもいいでしょう。

とはいえ、身近に出会いがなくて寂しい思いをしている人もいるはず。

もし、出会いを探すなら、マッチングアプリ「ハッピーメール」がおすすめです。

累計会員数3,000万を突破しているので、数多くの出会いが期待できます。

ぜひハッピーメールで、素敵なパートナーを見つけて、恋愛を楽しんでくださいね。

女性はこちら 男性はこちら

 

デジャブはこのシーン見たことあると感じる現象のこと!見る原因や意味を理解して不思議な現象を楽しんでみよう

一度も経験したことがないのに、なぜか経験したように感じる不思議な現象「デジャブ」。

残念ながら、デジャブが起こる原因はいまだに解明されていません。

しかし、現段階ではデジャブという現象に悪い意味合いはなさそうなので安心してください

この不思議な現象のさらなる解明に期待しましょう。

天宮日向子
天宮日向子

デジャブはなぜ起こるのか、いろいろな説が提唱されています。

本記事にもあったように、脳のバグという説もあります。

人の脳は、複雑な回路が絡み合いながら膨大な情報を蓄積しているので、多少のバグがあってもおかしくはないでしょう。

しかし、せっかくなら「意識下に埋もれている先祖からの情報が…」「前世の記憶が…」「パラレルワールドが…」などのように考える方がロマンがありますよね。

理屈よりもまずは経験して、その感覚を楽しむことをおすすめします。

 

 

まとめ
  • デジャブとは、初めての経験を以前も経験したことのあるような強い懐かしさを感じる現象のこと
  • デジャブが起こる原因として、ストレスや疲れによる脳のバグや視覚情報のわずからズレ、前世で経験した記憶などが挙げられる
  • 強いストレスを抱えている人や感受性が豊かな人はデジャブを感じやすい

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 別れるか迷う!別れるべき彼氏の特徴&悩んだときの判断方法を徹底解説

  • 自暴自棄になってしまう原因・心理とは?立ち直る方法と対処法を解説

  • 「メンヘラ」の意味や特徴とは?メンヘラ男女の改善方法&対処法を紹介

  • 嫉妬しない方法8選!恋人に嫉妬してしまう瞬間や原因も解説!

この記事も一緒に読まれています

  • おじさん・おばさんは何歳から?【200人に聞いた】年齢基準&要素を紹介

  • アサインとは?意味や使い方、使う時のポイントを紹介!

  • 屁理屈(へりくつ)|本当に正しい?意味や使い方、言い換え表現を解説

  • DQN(ドキュン)の意味とは?特徴と対処法・対策を知って上手く避けよう

  • 「不躾なお願い」とは?正しい意味・類語・使い方をきちんと理解しよう

  • 貴殿(きでん)を女性に使うのは失礼?意味や使い方、使うときの注意点

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 【占い師監修】デジャブの意味や使い方とは?起こりやすい人&原因を解説