1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 「拙い(つたない)」の意味とは?「拙い文章」のビジネス例文・使い方

「拙い(つたない)」の意味とは?「拙い文章」のビジネス例文・使い方

定義
この記事は約 6 分で読めます。

「拙い(つたない)」とは、「能力が低い」「不器用」「巧みでない」という意味の言葉です。

ビジネスでもよく使われる言葉なので、ビジネスマンであれば意味や使い方を知っておく必要があります。

この記事では、「拙い」の意味や使い方、「拙い文章」を使ったビジネス例文を紹介していきます

この記事を参考に、ビジネスシーンで「拙い」を上手く活用していきましょう!

 

「拙い(つたない)」とは

「拙い(つたない)」とは、「能力が劣っている」「技術が低い」という意味の言葉です。

名詞につくことが多く、その際は「拙い言葉」「拙い文章」といった使い方をします。

能力の低さを形容する言葉ではありますが、「拙い文章で恐縮ですが」というように自らを謙遜する際の言葉として使われることもあります。

 

「拙い」の類義語

「拙い」の類義語には「下手」「不得意」「ぎこちない」などがあげられます。

いずれも「拙い」とほぼ同じ意味ではありますが、直接的な物言いのためビジネスでは「拙い」を使うことが多いです。

 

「拙い」の対義語

「拙い」の対義語としては「上手」「得意」「器用」などがあげられます。

 

「拙い文章」はビジネスシーンで使う機会が多い

ビジネスシーンでは、自らの書いた文章に対する謙遜として「拙い文章」を使うことが良くあります。

ビジネスメールやプレゼンテーションなどで「拙い文章ですが……」と前置きをすることで謙虚な姿勢を示すことができるのです。

他にも個人ブログや感謝状、結婚式のスピーチなどでも、「拙い文章ですが」は前置きや締めの言葉としてよく用いられています。

 

「拙い文章」の例文

「拙い文章」をビジネスで使う場合、どのような使い方があるのでしょうか。

ここでは、「拙い文章」を使った例文を紹介していきます。

 

謙遜する場合

自らの文章を謙遜する場合に、「拙い文章」を使って謙虚な姿勢を示すことができます。

【例文】

「拙い文章ではありますが、ご一読いただけますと幸いです。」

「拙い文章で申し訳ありません。なにか不明点などあればご連絡ください。」

 

評価する場合

人を評価する際に「拙い文章でしたが」と前置きをするパターンもあります。

【例文】

「拙い文章でしたが、あなたの優しい人柄が伝わってきました。」

「拙い文章ではあったが、息子が書いてくれた手紙は非常に嬉しかった。」

 

「拙い文章」の類語表現

「拙い文章」の類語表現としては「稚拙な文章」「下手な文章」「乱筆乱文」などがあげられます。

それぞれの意味を例文とともに確認していきましょう。

 

稚拙な文章

「稚拙な文章」とは、「子どもっぽく未熟な文章」という意味であり、「拙い言葉」よりも攻撃的なニュアンスを持ちます。

【例文】

「こんな稚拙な文章では取引先に送れないので、書き直してください。」

「稚拙な文章ではありますが、今回のプロジェクトを資料にまとめました。」

「稚拙な文章」は人に言うには攻撃的で、謙遜として使うにも自虐の要素が強くなってしまいます。

場合によっては「クオリティが低いと宣言している」というニュアンスで取られてしまうこともあるので注意が必要です。

 

下手な文章

「下手な文章」は、「拙い文章」をより直接的に表現した言葉です。

【例文】

「下手な文章ですが、一度ご確認をお願いします。」

「下手な文章」はくだけた言い方のため、ビジネスなどのかしこまった場所で使うのは避けた方が良いでしょう。

 

乱筆乱文

「乱筆乱文」は「文字や文章が乱れていること」という意味の四字熟語です。

【例文】

「乱筆乱文、失礼いたしました。」

「乱筆乱文お許しください。」

「乱筆乱文」は、自筆の文章をへりくだって言う際に使います。

字が汚いという意味も含まれているので、直筆の文字ではないメールでは使用しないようにしましょう。

特にビジネスシーンでは乱筆乱文で相手に送るのは失礼だと解釈されることも多いので、謙遜だとしても乱筆乱文という表現は避けるべきです。

 

「拙い文章」を使うときの注意点

「拙い文章」を使うときには、いくつか注意すべきポイントがあります。

「拙い文章」は目上の人や取引先に対して使うことが多いですが、乱用は禁物です。

頻繁に「拙い文章ですが」を使ってしまうと、「とりあえず言っておけば良いと思っていそう」だと受け取られる可能性があります。

また、短い文章で「拙い文章ですが」という前置きもふさわしくありませんので注意しましょう。

 

「拙い文章」の使い方を理解してビジネスで使いこなそう

「拙い文章」は、ビジネスシーンでよく使う言葉です。

主に自らの書いた文章の前置きに「拙い文章ですが」と前置きをすることで、謙虚な姿勢を示すことができます。

ただし、頻繁に使いすぎるのは良くなかったり、短い文章には適していなかったりなど、注意点もあります

この記事を参考に、「拙い」の意味や使い方を理解し、ビジネスで活用していきましょう!

 

まとめ
  • 「拙い(つたない)」とは、「能力が低い」「不器用」「巧みでない」という意味の言葉
  • 「拙い」の類義語は「下手」「不得意」「ぎこちない」
  • 「拙い」の対義語は「上手」「得意」「器用」
  • 「拙い文章」はビジネスシーンで使う機会が多い言葉
  • 「拙い文章」の類語表現は「稚拙な文章」「下手な文章」「乱筆乱文」

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • カラーの花言葉に怖い意味はある?白・ピンク・黒など色別の意味も紹介

  • クチナシの花言葉は怖い?縁起が悪いと言われる理由や育て方まで解説

  • カモミールの花言葉は怖い?意味・由来・おすすめのプレゼントシーンも解説

  • 切れ長の目のイケメン男性芸能人ランキングTOP10を発表!1位はあの人気俳優!

この記事も一緒に読まれています

  • 肩書きとは?一般的な会社や外資系企業で使われている肩書き(役職)一覧も

  • 【例文付き】「送付」の意味とは?言い換え表現や注意点を解説!

  • 「ふてくされる」の意味や使い方とは?ふてくされている人への上手な接し方

  • 新天地とは?『新天地でのご活躍を』の意味や正しい使い方、類語を紹介!

  • 中肉中背(ちゅうにくちゅうぜい)の意味とは?男性・女性の特徴を公開

  • 妥協(だきょう)とは|意味や類語、使い方をわかりやすく解説

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 定義
  4. 「拙い(つたない)」の意味とは?「拙い文章」のビジネス例文・使い方