1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. コラム
  4. ストレス爆発!?破壊衝動の原因・抑える方法・診断方法を徹底解説!

ストレス爆発!?破壊衝動の原因・抑える方法・診断方法を徹底解説!

コラム
この記事は約 9 分で読めます。

あなたはストレスが溜まってきたら爆発し、破壊衝動を感じるタイプですか?

あるいは周りの人にそういったストレスを突然爆発させてしまうような人はいませんか?

破壊衝動に駆られると暴力的になるため、本人も周りも辛いですよね。

この記事では、そんな破壊衝動の原因や感情を抑える方法を解説します。

また、診断方法についても紹介しますので、破壊衝動を感じ困っている人やイライラしやすい人が身近にいて改善したい場合は、ぜひ参考にしてみてください。

 

破壊衝動とは

そもそも破壊衝動とは、どのような意味を指す言葉なのでしょうか?

破壊衝動とは、

人間に様々な事柄が原因となって主に発作的に沸き起こる衝動であり、そこから物事を破壊したり暴れるといった行動を起こすという欲求に駆り立てられるという状態になる
引用元:weblio辞書

ことを指します。

つまり、気持ちを抑えきれなくなり、物を破壊したくなったり暴力的な行動をとりたくなったりする衝動のことを表す言葉です。

このように書くと、「映画やドラマの中の話じゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、破壊衝動という状態は実際は誰にでも起こりうるものです。

 

破壊衝動の原因

破壊衝動に駆られる理由には、いくつかの原因があります。

ここでは、破壊衝動の原因を6つ解説します。

 

溜まったストレス

破壊衝動の原因のひとつとして、溜まったストレスが挙げられます。

現代社会ではストレスを感じずに生きていくことは難しいですよね。

そのため、日々少しずつストレスを発散できるような環境であればいいのですが、自分の感じるストレスに気が付かないまま、どんどん溜め込んでしまう人がいます。

そういった人は、ある一定のラインを越えたところで大爆発する恐れがあります。

普段あまり怒らない人が怒ると、手が付けられなくなってしまうのは、ストレスを溜め込む傾向があるからといえそうです。

 

人への妬みや嫉妬

人への妬みや嫉妬も破壊衝動に駆られる原因のひとつです。

人への妬みや嫉妬というマイナスの感情は、非常に大きなエネルギーをもっており、攻撃的になりやすくなります。

そういった感情をパワーにして、勉強に打ち込むとか、仕事で良い成績を残すなどステップアップにつながるようなエネルギーに変えられるのが理想でしょう。

しかし気持ちを変換できずに、どうしたらよいかわからず何かを破壊するという行動でしか発散できない人もいるのが現実です。

 

怒りやすい性格

破壊衝動が起こる要因として、怒りやすい性格であることも挙げられます。

怒りに達する沸点が他の人よりも低いため、ちょっとしたことで怒りにつながってしまうのです。

しかし、社会生活を送るうえでは「いつも怒りの感情を表に出すのは良くない」と自覚しているため、我慢していることも多々あります。

そんな小さなイライラの積み重ねが、大きな破壊衝動の原因となっているのです。

 

人間関係のトラブル

人間関係のトラブルも破壊衝動の原因のひとつです。

普段自分がいるコミュニティー内で人間関係のトラブルが起きたら結構なストレスになります。

精神的な病気の原因にまでなることもあるので、人間の心にとっては影響が大きいものです。

そんな人間関係のトラブルが続くと、大きなストレスがかかった状態になり、限界がくると激しい破壊衝動に駆られることがあります。

 

うまくいかない恋愛関係

恋愛関係でもうまくいかないことがあると、破壊衝動が沸き起こる原因になります。

たとえば、

  • 彼女である自分には見せないような笑顔を他の女の子に見せていた
  • 彼氏に二股をかけられていた
  • 彼女が他の男に奪われてしまった

というケースがわかりやすいでしょう。

支配欲が強い人であれば、相手との関係性に嫉妬を感じるような出来事や、大事な人をとられてしまった場合などは喪失感が怒りとなり、破壊衝動につながりやすいです。

「大好きな相手から大事にしてもらえない」という愛情飢餓感が、破壊衝動の原因となるのです。

 

仕事やゲームでのミス

仕事やゲームでのミスも破壊衝動に駆られる原因になります。

  • 仕事の成功で得られたはずの利益が、失敗し得られなかった
  • ゲームでのミスで、勝利するという目標達成ができなかった

このようなときに、普段怒らないような人でも、悔しさからなにもかもがどうでもよくなり破壊衝動につながることがあるのです。

さらには自分のミスだけでなく、相手のミスによって「利益を邪魔された」とか「目標達成を阻害された」と感じ、破壊衝動の原因になる可能性もあります。

 

破壊衝動を抑える方法

破壊衝動を感じたとき、頭では「ダメ」とわかっていても簡単に抑えられないこともありますよね。

そんなときに、破壊衝動を抑える3つの方法を紹介します。

 

一旦、6秒待ってみる

破壊衝動を感じたときに、高ぶった感情を抑えるための有効な方法として、一旦、6秒待ってみるということがおすすめです。

「なぜ6秒待つの?」とか「本当に6秒でいいの?」と思うかもしれませんね。

実は人がイラッとして怒りの感情が沸き起こるとき、アドレナリンが分泌され、およそ6秒の間にその分泌のピークがすぎるからです。

この6秒間を我慢できれば、気持ちを落ち着かせることができます。

6秒を数えながら、深呼吸をするのも破壊衝動を落ち着かせるのに有効です。

 

ポジティブに解釈する

破壊衝動を抑えるには、ポジティブに解釈するということも有効な方法のひとつです。

物事をネガティブに考え自分の世界に入り込むと、だんだんと周りが見えなくなり、怒りの感情が沸き起こってきてしまいます。

しかしそこで、ポジティブに解釈して気持ちを切り替えることができれば、怒りを抑え、破壊衝動に駆られることを減らせるようになります。

いきなり「ポジティブになれ」といわれても難しいですから、物事を考える視点を変えてみるように心がけることからはじめてみてもいいですね。

 

壊してもいいものを用意する

激しい破壊衝動を抑えるために、あえて壊してもいいものを用意しておくというのもよい方法です。

どうしても破壊衝動を抑えられないときがあるかもしれません。

そんなときには壊してしまってもよいもので、ケガの危険がないものをあえて破壊するという行為によって、マイナスのエネルギーを発散してみてください。

読まなくなった雑誌をビリビリに破いたり、着古したTシャツを引き裂いたりするのもスッキリするでしょう。

 

【診断方法】あなたの破壊衝動はどれくらい?

破壊衝動がどれくらいなのか診断チェック項目を挙げてみました。

簡単ではありますが、一度これらのチェック項目であなたの破壊衝動を診断してみましょう。

  • 誰かを羨んでいる、恨んでいる イライラしやすい
  • 最近よく食べるor食べない
  • 寂しがり屋で愛情飢餓感を感じる
  • 怒りの沸点が低い
  • 支配欲が強い

当てはまる項目が多ければ多いほど、破壊衝動が強いということになります。

 

イライラを発散したい人におすすめのストレス解消法

破壊衝動に駆られる前に、なにかできることはないのかと思うこともありますよね。

そこで、イライラを発散したい人におすすめのストレス解消法をいくつか紹介します。

紹介したイライラ発散方法で、破壊衝動が少しでも楽になるといいですね!

 

ガムを噛む

おすすめのストレス解消法として、ガムを噛むことが挙げられます。

意外かもしれませんが、ガムを噛むという行為も、ある意味食べ物を破壊するという行為になります。

さらには「噛む」という行為自体が、ストレス緩和に非常に役立つという効果があります。

ストレス発散のために色々食べるのもいいですが、それは長期的に見ると肥満など健康上によくはないので、ガムを噛むという行為がストレス解消には最適かもしれませんね。

 

運動をして体を動かす

運動をして体を動かすということも、心理学観点からみてストレス発散には非常に効果的です。

身体を動かして汗を流すことで、スッキリとリフレッシュできますし、なにより健康維持にもプラスです。

ストレスを感じたらランニングするとか、いつもより早歩きしてみるとか小さなことでいいのでやってみてくださいね。

 

カラオケで大声を出す

カラオケで大声を出すという行為も、ストレス発散法としておすすめです。

自宅や職場で大声を出すのは迷惑極まりないですが、カラオケボックスであれば多少大きな声を出しても許されます。

大好きな音楽をかけて大声で歌うのもよし、ただ愚痴を叫ぶのもよしです。

むしゃくしゃしたらカラオケに逃げ込む!と決めておいてもいいですね。

 

カウンセリングを受けてみる

自分の力で対処するには難しい場合は、カウンセリングを受けてみるのもひとつの手です。

社会心理学や発達心理学などの専門家からカウンセリングを受ける機会があれば、辛く感じていた破壊衝動に駆られる自分を正しく捉えられるチャンスにもなります。

なにより助けてくれる人がいるというだけで、精神的にも落ち着く可能性が高いでしょう。

破壊衝動によってなにか取り返しのつかないことをしてしまう前に、専門家に頼るということも視野に入れてみてくださいね。

 

ひどい場合は病気の可能性もあるので一度病院へ行こう

破壊衝動とは、物に当たったり壊したり、暴力的になったりと人間誰にでも起こりうる衝動です。

自然と沸き起こる感情ですから悪いことではありませんが、上手にそのエネルギーを発散していく必要があります。

しかし、この記事で紹介したような方法で対処できないようなひどい破壊衝動に駆られる場合は、取り返しのつかない行動をとる前に、専門家へ相談することも必要になってきます。

場合によっては、精神的な病気の可能性もゼロではありませんから、一度病院へ行ってみることがおすすめです。

 

まとめ

  • 破壊衝動とは、物を破壊したくなったり暴れたくなったりする衝動のこと
  • 破壊衝動の原因は怒りやすい性格やストレス・嫉妬、人間関係などのトラブルなど
  • 一旦、6秒待つことが激しい破壊衝動を抑える方法のひとつ
  • イライラを発散するには、ガムを噛んだり運動したり、大声を出したりするのが効果的
  • 破壊衝動がひどい場合は、病院など専門家へ相談することも必要

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

あき

あき

20代主婦のWEBライター*あき です^^
サイトの「ハッピーライフ」というタイトル通り、幸せな生活・人生のために、日々のときめきを大事にしています♡
読みやすく、役立つ記事をお届けできるよう、心を込めて書いています!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • なんかズレてる…?話が通じない人の特徴・原因・対処方法を徹底解説!

  • 愛が止まらない!「彼女が好きすぎる」そんな彼氏の特徴的な行動とは?

  • 人を好きになれない理由とは?その心理や人を好きになる方法も徹底解説!

  • 幸薄い人の性格・顔の特徴!「幸薄そう」と思われる女子がすべき対処法とは

この記事も一緒に読まれています

  • 幸せな恋愛「Wonderful World」ハッピーメールWebドラマ@最終話

  • 現代に蘇る恋の和歌「金木犀と私」ハッピーメールWebドラマ@第5話

  • 人生詰んだ瞬間とは?人生詰んだ3つの状況と年代別のとるべき対処法

  • 『ハッピーメール』のイメージモデル 野呂佳代さんのマル秘『恋バナ』を深堀インタビュー【Part1】

  • 言葉の裏に隠された本音「特別な人」ハッピーメールWebドラマ@第3話

  • 『ハッピーメール』のイメージモデル 野呂佳代さんのマル秘『恋バナ』を深堀インタビュー【Part3】

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. コラム
  4. ストレス爆発!?破壊衝動の原因・抑える方法・診断方法を徹底解説!