1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 「舌打ち」は今すぐ直すべき悪い癖!舌打ちする人の心理や直し方を解説!

「舌打ち」は今すぐ直すべき悪い癖!舌打ちする人の心理や直し方を解説!

 2020/07/17 特徴
この記事は約 10 分で読めます。

電車の中で肩がぶつかったときや仕事でミスが起きたときなど、嫌なことがあるとつい舌打ちをしてしまう人はいませんか?

舌打ちは悪い癖のひとつで、続けていると仕事やプライベートでの人間関係に悪影響を与えることがあります。

この記事では、舌打ちが癖になっている男性・女性に向けて、舌打ちをする人の心理や性格、舌打ちの直し方について詳しく解説します

 

舌打ちとは

はじめに、「舌打ち」の言葉の意味や海外での意味、舌打ちをされた人の気持ちについて解説します。

 

言葉の意味

「舌打ち」とは舌を上顎に当ててはじき鳴らし、「チッ」と音を出す行為のこと。

不快感や苛立ち、不満などを感じていて、ネガティブな感情になっているときに出やすい仕草です。

舌を鳴らす行為は美味しいものを味わうときにもすることがありますが、この場合は「舌鼓(したつづみ)」と呼ばれます。

 

海外では意味が異なることも

日本では悪い印象が強い舌打ちですが、英語圏では会話の途中に舌打ちをしてクリック音を出すことがよくあります。

この場合の舌打ちは「click the tongue」と呼ばれ、考えているときや言葉に詰まったときに使われる会話表現のひとつです。

他にも、中国や韓国では相手を褒め称えるときや感動したとき、シリアでは他人への同情や後悔を表すとき、インドでは相槌として舌打ちをするケースがあります。

このように、国や文化の違いによって舌打ちにはさまざまな意味があります

しかし、日本では失礼な行為として捉えられることが多いので、舌打ちが癖になっている人は注意しましょう。

 

「チッ」と舌打ちされた人の気持ち

ため息や貧乏ゆすりなど、他人がやっていると気になる癖ってありますよね。「チッ」と舌打ちされるのも、そんなイラッとする行為のひとつです。

舌打ちはどの世代にも嫌われる行為で、舌打ちをされた人は「下品」「不愉快」「態度が悪い」と感じることが多いです。

また、自分よりも上の立場の人や体格のいい人から舌打ちをされると、威圧感や攻撃性を感じるケースも。

舌打ちをされた人は「怖い」と感じて、コミュニケーションが取りづらくなってしまうこともあるでしょう。

 

舌打ちする人の心理

舌打ちをする人は、どんな心理状態になると舌を鳴らしてしまうのでしょうか。

舌打ちをする人の心理について解説します。

 

イライラアピール

怒りの感情表現として舌打ちをする人は多く、自分がイライラしていることを相手にアピールするために舌打ちをするケースがあります。

言い争いをするほどではないけど、頭にきていることを相手にわかってほしいという心理から舌打ちをしていることが多いです。

また、言葉が出ないほど怒っていて、思わず舌打ちでイライラを表現してしまうこともよくあるパターンです。

 

不満が溜まっている

舌打ちする人は、自分の中に不満が溜まっている心理状態であることが考えられます。

不満が溜まるとストレスを解消しようとして、不快感を与える行為をしてしまうことがあるのです。

いやな仕事を押し付けられたり、人間関係が上手くいっていなかったりすると、舌打ちをして自分のストレスを発散しようとする人がいます。

舌打ち以外にも、大きな音を立ててドアを閉める、大きなため息つくなどの行為をしていたら、不満が溜まっている可能性が高いでしょう。

 

自分自身に苛立っている

失敗ばかりしている、他人に上手く頼れないなど、舌打ちする人は自分の不甲斐なさを感じていることも考えられます。

自分自身への苛立ちを表現するために、舌打ちをするケースがあるのです。

しかし、その行為が自分に向けたものだとしても、舌打ちは周りの人に不快感を与えます。

「怒りっぽい」「話しかけづらい」と思われる場合があるので、自分に向けた舌打ちもしないように注意する必要があります。

 

相手を見下したい

舌打ちをする人の心理には、相手を見下したいという気持ちを持っている場合もあります。

このタイプの人は、わざと聞こえるように舌打ちをして相手にプレッシャーをかけることが多いです。

人の粗探しばかりして、「こんなこともできないの?」と大げさに責めて舌打ちをするのが特徴です。

その一方で、上下関係へのこだわりが強く、目上の人には舌打ちをしません。

自分の方が優位だと示すために、弱い立場の人だけに舌打ちをすることが多いでしょう。

 

無意識パターン

舌打ちをする人の中には、不満やイライラがなくても自然に舌打ちをしてしまう人がいます

無意識にしている行為なので、本人は周りの人に指摘されて舌打ちをしていることに気づくケースが多いです。

この場合、自分では自覚がなくても、実はストレスが溜まっていて舌打ちの癖が出ていることもあります。

 

舌打ちする人の性格

舌打ちをする人は性格によって悪い癖が出ている場合があります。

どのような性格の人が舌打ちをしやすいのかチェックしてみましょう。

 

プライドが高く負けず嫌い

舌打ちをする人は、プライドが高く負けず嫌いな傾向があります。

舌打ちをすることで相手を威嚇し、自分の方が強い立場だと思わせたいのです。

プライドが高い人は自分が正しいと思い込んでいることが多いので、違う意見を言われたことにイライラして舌打ちをしてしまうケースもあるでしょう。

 

自分に自信がある

自分に自信がある人も、周りの人に対して舌打ちをすることがあります。

とくに理由がなく自分に自信を持っている人もいますが、努力をして結果を出してきた経験から自分に自信を持っている人もいます。

自信過剰になって周囲に対して威圧的になったり見下したりすると、舌打ちをしてしまうようです。

 

言いたいことを言えない

言いたいことを言えないタイプの人は、自分の感情を言葉で伝えるのが苦手です。

相手に遠慮していたり自己表現が下手だったりすることから、言葉ではなく舌打ちで不満や苛立ちを表してしまいます

舌打ちだけでは何を伝えたいのかわからないため、相手は「え?なんかした?」とモヤモヤした気持ちになってしまいます。

 

なんでも1人で抱え込む

なんでも1人で抱え込んでしまう性格の人は、トラブルやミスが起きたときに自分だけで解決しようとします。

周りに相談したり手助けしてもらったりできないので、どんどん負担が大きくなってストレスが溜まってしまうのです

周りへの不満や自分自身への苛立ちから、舌打ちをしてしまうことがあるようです。

 

器が小さく余裕がない

器が小さい人は、他の人なら気にしないようなミスでもイライラして相手を責めることがあります

気持ちに余裕がないので相手がどう思うか考えられず、自分の怒りを舌打ちで表してしまうのです。

また、器が小さい人は他人からの評価を気にするところがあり、高い評価を受けている人を見ると「なんであの人ばっかり」と不満を溜めて舌打ちをするケースもあります。

 

恋愛するなら今すぐ直そう!舌打ちの直し方

舌打ちは悪い印象を与えるため、当然恋愛においてもイメージダウンにつながります。

恋活中の人は、出会いのチャンスを逃さないように舌打ちを直すようにしましょう。

今日からできる舌打ちの直し方を4つ紹介します。

 

イラッとしたら深呼吸することを習慣づける

上手に感情をコントロールできるようになると、心に余裕ができて舌打ちをする回数を減らせます。

イラッとしたときは深呼吸をするようにしましょう。深呼吸をするとリラックス効果が期待でき、気持ちを落ち着かせることができます。

深呼吸をする際は、腹式呼吸を意識するのがポイントです。

【深呼吸のやり方】

  1. 楽な姿勢をとり、軽く目を閉じる
  2. 口をすぼめて、お腹をへこませるようにして息をゆっくりと吐き出す
  3. 息を全て吐き出したら、お腹を膨らませるように一気に鼻から息を吸いこむ
  4. 2〜3を繰り返す

習慣づけることができれば、自然と舌打ちの癖もなくなっていくことでしょう。

 

こまめにストレスを発散させる

舌打ちをする人はストレスが溜まっていることが多く、とくに気持ちに余裕がない、自分の言いたいことが言えないタイプの人はストレスに弱い傾向があります。

また、無意識に舌打ちをしてしまう人も、知らないうちにストレスを溜め込んでいる場合があるので、こまめにストレスを発散させましょう。

ストレスを発散する方法は、

  • 友達と会っておしゃべりをする
  • 1人でゆっくり散歩をする
  • 読書をしたりテレビを見たりして家でゴロゴロする
  • カラオケで大声を出す
  • ウォーキングやジョギングなどの運動をする

などがあります。

自分の性格に合っているもの、自分がリラックスできるものを見つけて、思いっきりストレスを発散してくださいね。

 

舌打ちの代わりになる癖をつける

舌打ちをやめたいときは、舌打ちの代わりになる癖を見つけてみるのもおすすめの方法です。

ただし、爪を噛む、机をトントン叩くなどの癖は、舌打ちと同じように周りの人に不快感を与えます。

イラッとしたら手をギュッと握る、唇を軽く噛むなど、人目につきにくく周りの人に悪い印象を与えない動作を意識してみてください。

 

舌打ちすることで周りに与える印象を今一度認識する

舌打ちされても注意できない人は多いため、舌打ちをしている側は「周りはそんなに気にしていない」と思っている場合があります。

しかし、舌打ちは相手に嫌われやすい行為なので、「一緒にいると気分が悪くなる」「コミュニケーションが取りづらい」など、自分が気付かないうちに評判が悪くなっている可能性があります

舌打ちはその空間にいる人たちにストレスを与え、自分の印象を悪くする癖だと認識すれば舌打ちをやめようと本気で思えるはずです。

舌打ちを直すために意識を変えれば、行動も変わっていくでしょう。

 

 心穏やかで優しい人との出会いを探したい人におすすめ!

ハピメ

「心穏やかな優しい人と恋がしたいけれど、どこで探せばいいの?」と困っている人もいるはず。

そんな人におすすめなのが、マッチングアプリ「ハッピーメール」です!

累計会員数2000万を超えるハッピーメールなら、誰でも自由に素敵な出会いを探すことができます。

あなたにぴったりの相手が見つかること間違いなし!

誰でもかんたんに登録できるので、ぜひ素敵な恋をみつけてくださいね!

女性はこちら 男性はこちら

 

舌打ちは悪印象しか与えない悪い癖

近年では新型コロナウイルスの影響で、マスク着用や外出自粛が要請されるなど環境が変化しています。

マスク不足などの社会問題も起きたことから、ストレスや不安が溜まって舌打ちをするようになってしまった人もいるかもしれませんね。

舌打ちをする人の性格や心理はさまざまですが、舌打ちが癖になっていると周りからの評価が下がってしまう可能性があります

悪い癖は仕事や恋愛に悪影響を与えるので、早めに直すように心がけましょう。

 

まとめ

  • 舌打ちは舌を上顎に当ててはじき鳴らして、「チッ」と音を出す行為のこと
  • 舌打ちをする人の心理は、相手へのイライラアピール・自分自身への苛立ち・相手を見下したいなどがある
  • 舌打ちをする人の性格は、プライドが高くて負けず嫌い・自分に自信がある・なんでも1人で抱え込むなどの傾向がある
  • 舌打ちを直すには、深呼吸をする・こまめにストレスを発散する・舌打ちが印象を悪くする癖だと認識するなどの方法がおすすめ

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 彼氏に振られそうで怖い!別れを予感させるサイン&対処法を大公開!

  • 告白なしで付き合う男性心理とは?曖昧な2人の関係を確認する方法!

  • 清楚系女子の特徴&モテる理由とは?男ウケする清楚系女子になる方法

  • 【傾聴とは】傾聴のコミュニケーション効果・実践方法・傾聴力UPのコツ

この記事も一緒に読まれています

  • おじさん好き女子が急増中?特徴や心理を知ってモテるおじさんになる方法!

  • シングルファザーあるあるとは?再婚やよくある悩みも徹底解説!

  • 思い込みが激しい人の心理とは?思い込みを捨てて楽に生きる方法も伝授!

  • 手を繋ぐ行為で隠れた男性心理を丸裸に!握り方で分かる相手の気持ちとは

  • YESマンの八方美人は嫌われる?八方美人の特徴や意味、男女別心理を解説

  • つり目美人の印象を変えるメイク方法!キツネ顔の芸能人・女優も紹介!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 「舌打ち」は今すぐ直すべき悪い癖!舌打ちする人の心理や直し方を解説!