1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 心が荒むの意味とは?荒々しい感情が湧く原因&心が荒んだときの対処法

心が荒むの意味とは?荒々しい感情が湧く原因&心が荒んだときの対処法

特徴
この記事は約 9 分で読めます。

周りの人たちに優しくできなかったり、気分が落ち込んでイライラしたりしている人は、心が荒んでいるのかもしれません。

心が荒んだ状態のままだと、仕事も恋愛も上手くはいかないでしょう

そこで今回の記事では、「心が荒む」の意味や心が荒んでしまう原因、対処方法を解説していきます

自分のトゲトゲしい感情に悩まされている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

「心が荒む(こころがすさむ)」とは

そもそも「心が荒む」とはどのような意味を持つのでしょうか。

まずは「心が荒む」という言葉の意味について説明していきます。

 

言葉の意味

まず「荒む」という言葉をネットの辞書で調べてみると、

心の持ち方・行動などが乱れてきて、ゆとりやおおらかさがなくなる。とげとげした状態になる。

引用元:Weblio辞書「すさ・む【▽荒む/▽進む/▽遊む】

と記載されています。

つまり「心が荒む」とは、ネガティブな気持ちから投げやりになったり、八つ当たりしたりして、生活態度が荒れている状態を意味します

常にイライラして言動が乱暴になっている人がいれば、まさに心が荒んでいる状態といえるでしょう。

 

類語表現

「心が荒む」と似たような意味をもつ言葉はいくつかあります。

「心が荒む」の類語表現は下記のとおりです。

  • 心のバランスが崩れる
  • 心が荒れる
  • 精神状態が悪化する
  • 心がカサカサになる

いずれにしても、心の状態や感情が乱れている様子を表します。

ネガティブな印象が強い言葉ですので、できれば使いたくない表現かもしれませんね。

 

心が荒む原因


男性でも女性でも、心が荒んだ状態になったことがある人は多いはずです。

しかし、なぜ人の心は荒れてしまうのでしょうか。

ここでは心が荒む主な原因について解説していきます。

 

ストレスが溜まる

心が荒む大きな原因として、ストレスが溜まることが挙げられます。

仕事のストレスや人間関係のストレス、恋愛のストレスなど、日常生活を送っているとさまざまなストレスの積み重ねにより、心に余裕がなくなってしまうことがあります。

そしてそのままの状態でいると、物事を前向きに捉えることが難しくなるため、荒々しい態度に出たり、暴言を吐きやすくなったりするのです

心が荒んでしまえば、他人に優しくすることはおろか、自分を大切にすることすらできなくなることも珍しくありません。

 

人間関係の悪化

人間関係の悪化も、心が荒む原因の1つです。

相手に対しての不満が積もり、とげとげしい気持ちを持ってしまえば、言葉にも荒んだ感情が滲み出ることがあります。

また、相手に対しての不信感や、苛立ちなどからさらに人間関係が悪化してしまい、結果的に負のスパイラルから抜け出せなくなる人もいるでしょう

 

ミスを連発する

仕事や学校でミスを連発することも、心が荒む原因となります。

誰でも不運が重なり、いつもはしないようなミスを連発することはあります。

とくに社会人であれば、ミスは絶対に許されないという緊張感から誤った行動をとってしまうこともあるでしょう

 

しかし、大事なところで失敗を繰り返してしまうと、「もうやだ!」「自分には無理!」と投げやりになり、心が荒む原因になってしまいます。

心に余裕がないときのミスは、人の感情を荒々しくさせるのです。

 

お金がない

「お金の余裕は心の余裕」といわれることがあるように、お金がない状況では心の余裕を保つことがとても難しくなってしまいます。

お金がなければ、友達と食事に出かけたり旅行に行ったりと、気分転換することが難しいでしょう。

また、将来に対しても漠然とした不安があり、心のバランスを崩してしまうこともあるはずです

お金の問題で自分の好きなことができないような状況は、心が荒む原因になり得るのです。

 

辛い恋愛

幸せな恋愛は活力を呼びますが、相手に対してのストレスや不安感を感じる辛い恋愛は、心が荒む原因になります。

いくら相手を好きだからとはいえ、自分自身が幸せになれない恋愛をしているときは、「もうどうでもいい…」と投げやりになりがちです

しかし、恋人や好きな人がアプローチしてくれているのにもかかわらず、ぶっきら棒な態度をとってしまえば、2人の距離が一気に離れてしまう可能性があるので要注意です。

 

心が荒んだときの対処法

心が荒んでいる状態のままでは、仕事も恋愛も上手くいきません。

心に余裕がなく、自分の言動に荒々しさを感じるときは、次の対処法を試してみてください。

 

休息する

心が荒む原因にはストレスが関係していることを前述しましたが、些細なことでイライラしたり投げやりになったりしたときは、思い切って休息をとりましょう。

まずは今まで頑張った自分を褒めてあげて、無理のない範囲で休むことが大切です。

好きなだけ寝るのもいいですし、ゆっくりお風呂に浸かって心身を癒すのもおすすめです

気分をリフレッシュさせることができれば、心が荒んだ状態を脱出できるでしょう。

 

新しいことに挑戦する

自分の心が荒んでいる…と感じたときは、新しいことに挑戦するのもおすすめです。

何かにチャンレジして夢中になれば、嫌なことを忘れることができたり、楽しさを感じて自然とストレスを解消できたりします。

たとえば、料理教室に通う・ジムで運動をするなどの身近なことであれば、ハードルが低いのですぐにはじめられるでしょう。

 

また、なかなか行動に移す時間がないという人は、新しい音楽を聞いてみるのもアリです

新たな音楽はあなたにとって癒しを与えるかもしれませんし、通勤や通学時間に取り入れることができるので効率的です。

心が荒む原因となる対象を少しでも忘れることで、徐々に心の荒みを緩和させていくことが期待できます。

 

ストレス源と距離を置く

心が荒んだ原因であるストレス源と距離を置くことも、とげとげしい感情が生まれたときの対処法です。

たとえば、嫌味な上司が原因で自分の心が荒んだ場合、相手と接するときは必要最低限のコミュニケーションに留めたり、部署移動を希望したりしてみるといいかもしれません

「距離を置く=逃げる」と捉える人もいますが、ストレス源に立ち向かうことで、どんどん心が荒んでいき、日常生活に支障が出てしまっては元も子もありません。

自分の心が荒む原因がわかっている場合は、そのストレス源となるものと距離を置くことを視野に入れてみるといいでしょう。

 

お金を貯める

お金がない状態では、心に余裕がなくなりがちです。

そのため、できる範囲でお金を貯めていき、心の余裕を取り戻しましょう。

お金がある状況を作れば、将来に対しても悲観的になりにくくなるはずです

貯金をするだけで、お金によって心が荒む状況を阻止することができますよ。

 

信頼できる人に相談する

心が荒んでいるときは、自分一人で問題を抱えてしまいがちです。

しかし、一人で悩んでいるうちに、どんどん気持ちや言動がトゲトゲしくなれば、友人はおろか、恋人にすら距離を置かれてしまうかもしれません。

そんな孤独を味わわないためにも、自分の心が病んでいると感じたら、信頼している人に相談してみましょう。

人に話すことで、今抱えているストレスや不安が和らぐことがあります。一人で無理しすぎないことが大切ですよ。

 

心が荒んでいる人の特徴


心が荒む原因は人それぞれですが、実は心が荒んでいる人には、いくつかの共通する特徴があります。

自分や身近な人と照らし合わせながらチェックしてみてください。

 

理想とプライドが高い

心が荒んでいる人は、理想やプライドが高い傾向にあります。

自分の思い描いている理想と現実にギャップを感じてしまったり、誰かの一言でプライドが傷つけられてしまったりすると、一気にネガティブな感情に支配されてしまうのです。

とくにプライドが高い人は、自分が困った場面でも人を頼ることが苦手で、自分一人でストレスを抱え込んでしまう場合が多いでしょう

このような思考や性格が、心が荒む原因へと繋がりやすくなってしまうのです。

 

生活リズムが崩れている

心が荒んでいる人は、夜中にご飯を食べたり、夜更かししたりと、生活リズムが乱れていることが多いです。

「病は気から」という言葉があるように、生活リズムが乱れていると、体に負荷がかかります

とくに思い当たる節がなく、なぜか心が荒んでしまっていると感じている人は、生活リズムが崩れているのかもしれません。

まずは生活習慣を少しずつ改める努力が必要です。

 

ネガティブ思考

何かある毎に「自分はダメ人間だ」「絶対にできない」などとネガティブに考えてしまうのも、心が荒んでいる人の特徴です。

このタイプの人は、周囲にいくら「大丈夫だよ」と言われても、「だから自分には無理なんだって!」と卑屈になって返答します

そんな様子を見た周りの人からは、「あの人は心が荒んでる…」なんて思われることも少なくありません。

 

他人の目を過剰に気にする

心が荒んでいる人は、他人の目を過剰に気にしていることも特徴的です。

自分の意見を言うことで、他人に不快感を与えないかと考えたり、相手の些細な一言に敏感に反応したりします

常に周囲の目を気にしているので、自分でも気付かないうちにストレスが溜まっていくことでしょう。

人に嫌われることを人一倍恐れているのですが、心が荒めば、相手を気遣う余裕はなくなるので、結果的に敬遠されることも少なくないはずです。

 

心が荒むときは自分一人で抱え込まないことが大事!

どんな人でも失敗することや、人間関係にストレスを感じることがあります。

ネガティブな感情になっているときは一人で抱え込んでしまう人もいますが、友人や同僚に相談してみると打開策は見つかるものです。

誰にも相談できないときは、休息をとったり新しいことをはじめたりして、気分転換してみましょう

そうすれば、次第に荒んだ心も明るくなってくるかもしれません。

 

まとめ

  • 心が荒むとは、ネガティブな気持ちから投げやりになったり、八つ当たりしたりして、生活態度が荒れている状態を意味する
  • 心が荒む原因には、ストレスが溜まる・人間関係の悪化・ミスを連発することなどが挙げられる
  • 心が荒んだときは、休息をとったり、ストレス源と距離を置いたりすることが大事
  • 心が荒んでいる人には、理想とプライドが高い・生活リズムが崩れている・ネガティブ思考などの特徴がある

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

羅生門さけ美

羅生門さけ美

花よりお酒!
お酒がとにかく大好きで、週末は場末のスナックに度々現れる。
恋とお酒を天秤にかけるアラサーOLです。

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 心が荒むの意味とは?荒々しい感情が湧く原因&心が荒んだときの対処法

  • 告白の返事で「考えさせて」と言う人の心理&保留期間のベストな過ごし方

  • LINEで会話が長続きするコツ&盛り上がるおすすめの話題を大公開!

  • 男性に「得意料理ってなに?」と聞かれたときに好印象を与える答え方

この記事も一緒に読まれています

  • 「気になる人」と「好きな人」の境目は?気になる人に取る男女の態度10選

  • 病んでる人の特徴7選!接する際の注意点や脱・病み期の方法も伝授!

  • ひねくれ者の特徴8選!素直になれない人の心理・恋愛傾向・付き合い方とは

  • 【危険】既婚男性がハマる女性の特徴を大公開!不倫をするリスクとは

  • イライラしたときに物に当たる人の心理や特徴とは?上手な対処法も紹介!

  • みんなに愛されるカワウソ顔とは?カワウソ顔の特徴や似合うメイクをご紹介!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 心が荒むの意味とは?荒々しい感情が湧く原因&心が荒んだときの対処法