1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 嫌なら無理しない!飲み会の上手な断り方&嫌な印象を与える断り方とは

嫌なら無理しない!飲み会の上手な断り方&嫌な印象を与える断り方とは

特徴
この記事は約 11 分で読めます。

別にお酒は嫌いじゃないし、特に苦手な人がいるわけじゃないけど、飲み会に誘われると「行きたくないな…」と思ってしまうことってありますよね。

仲の良い友達との飲み会なら参加したいけど、会社の飲み会は出来るなら断りたいという人も多いと思います。

しかし何度も誘いを断ると、「せっかく誘ってるのにあいつは付き合いが悪い」などと、角が立ったり、雰囲気が悪くなったりしないかと心配してしまうものです。

 

そこでこの記事では、飲み会の上手な断り方や、嫌な印象を与えてしまう断り方を解説します。

この記事を読んで、上手な断りテクニックをマスターしちゃいましょう。

 

飲み会のベストな断り方は人・状況・タイミングによってさまざま

飲み会は基本的に嫌いではないという人でも、仕事の後は自分磨きに時間を使いたい、家族との時間を優先したいなどと、飲み会を断りたいケースもありますよね。

ましてや、苦手な上司やあまり気乗りしない仲間からの誘いだと、行きたくない気持ちはさらに高まってしまいます。

飲み会のベストな断り方は、そのシチュエーションによって異なるので、自分の状況に合わせた断り方をチョイスすることが大切です。

 

上司や友達からのお誘い…気乗りしない飲み会を断るメリット

今でこそ「最近の若者は飲み会を断る」といわれるようになりましたが、それでも飲み会というイベントが消えたわけではありません。

上司や友達から誘われると、「断って嫌われたらどうしよう」「仕事に影響したら困る」と心配して、断れない人もいるのではないでしょうか。

しかし、飲みのお誘いを断ることにはメリットもたくさんあります!

まずは気乗りしない飲み会を断るメリットを解説していきましょう。

 

プライベートとの線引きができる

気乗りしない飲み会を断るメリットとして挙げられるのが、プライベートとの線引きができることです。

日本では未だに「仕事が終わって一杯飲みに行く」という生活スタイルの人が多いですが、海外ではまずそういったことはありません。

仕事が終わってからも職場の人といると、ついつい仕事の愚痴がはじまり、だらだらと飲みすぎてしまうなんてことも少なくないですよね。

飲み会を断れるようになれば、オンオフの切り替えができるようになるでしょう。

 

自分の時間を有効活用できる

自分の時間を有効活用できるというのも、飲み会を断るメリットとして挙げられます。

平日は仕事もあったり、日によっては残業もあったりと、なかなか自分の時間は取りにくいものですよね。

せっかく1日の仕事が終わったのに、参加したくない飲み会に参加していたら、時間の無駄と感じてしまうことでしょう。

自分の目標のために自己研鑽したい人や、自分の趣味を充実させたいという人などは、飲み会を断るだけでその時間を有効に使え、1日を振り返ったときに「今日は充実した1日だったな」と思えるはずです。

 

お金が貯まる

飲み会に参加しないことの最大のメリットともいえるのが、お金が貯まることです。

飲み会はタダではありません。

1回3,000円の飲み会が週に1回だとすると、月12,000円の出費です。

それだけのお金をかけて参加するほどのイベントでしょうか

仮にその飲み会に1年間参加しなければ、約15万円近くお金が貯まります

社会人になったばかりの人や、自分のライフプランをしっかり設計している人にとっては、非常に大きなメリットといえるでしょう。

 

心に余裕が生まれる

気乗りしない飲み会を断ることで、心に余裕が生まれることもメリットのひとつです。

飲み会があるというだけで、「行きたくないな」「他にしたい事あるのにな」とモヤモヤした気持ちで1日を過ごす人もいるでしょう。

そんな心境では仕事に集中できにくく、イライラしてしまうこともあるかもしれません。

あらかじめ断っておけば、心に余裕が生まれてくるでしょう。

 

次回以降の飲み会も断りやすくなる

気乗りしない飲み会を断れば、次回以降の飲み会も断りやすくなります。

他人からどう思われるかを気にしない人もいますが、誘いを断るときに気が重くなる人のほうが多いはずです。

しかし、一度断ってしまえば、次に誘われたときも「ごめん、今日もパスするね」とサラっと断れるようになります。

 

飲み会の上手な断り方

飲み会を断ることは、決して拒絶ではありません。

断り上手になれば自分のコミュニケーション能力もアップし、ストレスを感じる機会も減るでしょう。

誘ってくれたことに対して「お礼の言葉」と、その気持ちに答えられないことに「謝罪する言葉」を伝えることで、相手も拒否されたとは思わないはずです。

飲み会の上手な断り方を例文とともに紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

体調不良を理由にする

飲み会を断りたいときは、体調不良を理由にしましょう。

体調不良であれば相手も「仕方ないな」と思ってくれます。

  • 「今朝から頭痛が酷いので、今日は家に帰って寝ます」
  • 「ごめん、腹痛続きでしんどいから参加はパスするね」

ただし、体調不良を理由にするときは、嘘をついているのではないかと疑われないように、時折体調が悪いフリをみせるなどの注意も必要です。

 

先約があることを理由にする

飲み会をスマートに断るには、先約があることを伝える方法がおすすめです。

  • 「今日は友達と女子会の約束があるので参加できません」
  • 「家族と食事する予定があります」

「先約ってなに?」と聞かれる可能性もあるので、より具体的な予定を伝えたほうがリアリティを生みます。

恋人がいる人なら「デートでお店を予約している」と言って断るのもアリですね。

 

緊急の仕事を理由にする

緊急の仕事を理由に飲み会を断ることも賢い手段です。

  • 「明日までにプレゼンの資料作るので参加できません」
  • 「ごめん、急な仕事が入ったから行けそうにないや」

ただし、何度も急な仕事を理由に断っていると、「あいつは仕事ができない、段取りが悪い」「飲み会の時だけ忙しそうにしている、嘘なんじゃない?」などと陰口を叩かれる可能性もあるので、ほどほどにしましょう。

 

家庭の事情を理由にする

飲み会の上手な断り方は、家庭の事情を理由にすることです。

  • 「子どもが熱を出して心配なので帰ります」
  • 「両親が来ているので今日は参加できないです」

家庭の事情であれば、あれこれ口出しできないため、しょうがないと思ってもらえるはずです。

 

金欠を理由にする

飲み会の断り方として、金欠を理由にすることもアリです。

  • 「今月ちょっと使いすぎちゃって行けません」
  • 「パートナーの誕生日にお金が必要なので今回はやめとくね」

金欠の理由を伝えてもいいし、伝えなくても相手は察してそれ以上誘ってこなくなるでしょう。

まれに「おごるから行こうよ!と言われることもあるので、そんなときのために対処法として他の理由も考えておく必要があります。

 

相手に嫌な印象を与える飲み会の断り方

飲み会の断り方によっては、相手に嫌な印象を与えてしまいます。

相手との関係性に支障をきたすこともあるかもしれません。

以下のような断り方は、十分に注意してくださいね!

 

曖昧な言い回しを使う

曖昧な言い回しを使うと、相手に嫌な印象を与える可能性があります。

断るという行為は、少なからずストレスや罪悪感があるので、「行けたら行こうかな~」「予定を確認して、都合がつきそうなら行く!」などと曖昧な返事をしてしまうことがあります。

しかしそれは、誘う側にとって「それってつまりどっちなの?」「本当は断りたいけど、中途半端にお茶を濁しているのかな?」などとイラっとさせる返事です。

 

実際、予定を確認してみないと参加できるかわからないこともあると思います。

しかしその場合でも、せっかく誘ってくれた相手のためにも、出来るだけ早く返事をした方がよいでしょう。

返事が遅くなればなるほど、せっかく参加したのに「嫌々参加してきたよ」と思われたり、不参加になれば「最初から断るつもりだったんだ」と変な誤解を生んでしまうかもしれません。

 

バレる嘘をつく

当然ながら、バレる嘘をつくと相手に嫌な印象を与えます。

「今日母親の体調が悪くて帰ります」「子どものお迎えがあるので参加できません」などと断ったはいいものの、他の仲間と飲んでいるところを断った人に見られた場合、「あいつ嘘ついたんだな」と一気に信用ガタ落ちです。

とくに上司からの誘いを断った嘘がバレると、職場の人間関係に亀裂が走る可能性大。

嘘をつくならつき通すための行動をしなければいけません。

 

一度行くと言っておきながらドタキャンする

一度行くと言っておきながら、ドタキャンする人の印象は最悪です。

ドタキャンされると、お店との人数調整など幹事の手間が増えたり、料金変更ができずに1人1人の負担が増えたりする可能性があります。

ドタキャンは一気に信用をなくす行為ですので、一度行くと言ったら責任を持って行くべきでしょう。

どうしてもキャンセルせざるを得ない急用が出来たときは、行けなくなった理由を丁寧に伝え、会費を支払うなどの誠意ある行動を取るべきでしょう。

 

当日に断りの連絡を入れる

前もって飲み会に誘われていた場合、回答を当日に引き伸ばして断るというのも最悪です。

当日に断りの連絡を受けると、「なんで前もって回答できないの?」などど、参加できないという回答に加え、連絡が遅くなったこと自体にもキレられるでしょう。

「飲み会に参加できるように、急いで仕事を終わらせようとしたけどだめだった」なんて言われても、断られた方は言い訳にしか聞こえず、余計にイライラするだけでしょう。

 

飲み会に行かないキャラを確立するためのポイント

飲み会に行かないキャラを確立すれば、「あいつは誘っても行かないな」と思われ、そのうち誘われなくなります。

このキャラを確立しつつも、良好な人間関係をキープするためには、日頃のコミュニケーションを大切にすることがポイントです。

日頃から周囲の人とコミュニケーションを取っていれば、飲み会に行かなくても情報交換することができます。

飲み会でこそできる話や濃い内容の話をしたいという上司もいるかもしれませんが、そういう相手には自分からコミュニケーションを取りに行くことが大切です。

飲み会に参加しない人」として認識してもらえば、お誘いされる回数も減っていくため、悪印象を与えることもなくなるでしょう。

 

飲み会に行きたくないときは心の声に従って断ろう

お酒が好きな人や飲み会の雰囲気が好きという人でも、飲み会に行きたくないという日もあるでしょう。

体調が悪かったり、プライベートの時間を持ちたかったり、なんとなく気乗りしないという日は誰にでもあるものです。

心のどこかで行きたくないという気持ちがあるまま参加して、楽しい飲み会になればよいのですが、そういうときは「やっぱり断っておけばよかった」と後悔することも少なくありません。

そうならないためにも、行きたくないときは心の声に従って断りましょう

心のどこかで帰りたいと思いながら参加するよりも、自分の気持ちを相手に伝えてしっかりと断るほうが、お互いの理解につながるかもしれません。

 

まとめ
  • 気乗りしない飲み会を断るメリットには「自分の時間を有効活用できる」「お金が貯まる」「心に余裕が生まれる」などがある
  • 飲み会の断り方として、体調不良や家族の都合などを理由にするのがおすすめ
  • 曖昧な言い回しやバレる嘘をついて断ると、相手に嫌な印象を持たれる可能性大
  • 普段からのコミュニケーションで信頼関係を構築し、上手に飲み会に行かないキャラを確立するのも賢いやり方

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

鈴木あずき

鈴木あずき

自分の経験を元に、みなさんの探している答えが見つかるような記事を書いていきます!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 振る(ふる)の意味とは?振るほうが辛いと感じる女性心理・原因や対処法

  • イケメン爽やか男子に共通する女子ウケ抜群のモテる特徴&髪型全集を公開

  • 楽しい人ってどんな人?男女に共通する楽しい人の特徴やなる方法を紹介

  • マッチングアプリでライン交換後に連絡スルーの原因やLINEを続けるコツ

この記事も一緒に読まれています

  • 「アンニュイ」の意味とは?アンニュイな男性の特徴やモテる理由を解説!

  • 面倒な人のあるある特徴と深層心理や対処法、面倒くさい人認定診断を紹介

  • ゆとり世代とは?年齢や特徴・さとり世代との違いや上手な付き合い方を紹介

  • 好意の脈ありサインを見逃すな!【ツンデレ男子】の特徴と落とす方法とは

  • 攻撃的な人の特徴や心理とは?自分の身を守るおすすめの対処法も紹介!

  • いじられキャラが人に愛される理由とは?モテないいじられ&脱却方法も紹介

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 嫌なら無理しない!飲み会の上手な断り方&嫌な印象を与える断り方とは