1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 言葉足らずな人の特徴5選!言葉が足りなくなる原因や克服方法も伝授!

言葉足らずな人の特徴5選!言葉が足りなくなる原因や克服方法も伝授!

特徴
この記事は約 10 分で読めます。

仕事や恋愛などさまざまな人間関係において、「自分の説明不足のせいで誤解を生んでしまった…」なんていう経験はありませんか?

言葉足らずな人は、なにかと思わぬタイミングで勘違いが起きたり、恋愛ですれ違いが生まれたりしがちなため、「誤解されやすくて…」と悩むことも多いでしょう。

そこでこの記事では、言葉足らずな人の特徴や言葉足らずになる原因について解説します

さらに言葉足らずの克服方法も紹介しますので、ぜひ参考にして日常生活に役立ててみてください。

 

言葉足らずとは

そもそも「言葉足らず」とは、どのような意味の言葉なのでしょうか。

ここでは「言葉足らず」の意味や、「言葉足らず」と「舌足らず」の違いについて解説していきます。

 

言葉の意味

「言葉足らず」とは、

“十分に説明できていないこと。また、そのさま”

引用:goo辞書

という意味がある言葉です。

事柄の説明に言葉が不十分で、説明不足なことを指しています。

また、「他人への思いやりがない」という意味合いで、「言葉足らずな人」という表現が使われることもあります

ビジネスシーンでの謝罪メールやクレーム対応など、「言葉足らずで申し訳ございません」と謝罪しなければいけない状況で使ったことがあるという人もいるでしょう。

 

「言葉足らず」と「舌足らず」の違い

「言葉足らず」の類語表現として、「舌足らず」という言葉があります。

ここでは、「言葉足らず」と「舌足らず」の違いについて見てみましょう。

まず「舌足らず」という言葉には、

“1言葉数が足りず、十分に言い尽くせていないこと。また、そのさま”
“2舌の動きが滑らかでなく、物言いがはっきりしないこと”

引用:goo辞書

という2つの意味があります。

つまり、説明不足という意味合いでは「言葉足らず」と「舌足らず」は同じですが、物言い・発音がはっきりしないという意味合いでは「言葉足らず」を使用することはできません

このように「言葉足らず」と「舌足らず」を言い換えることができない場合もあるので注意が必要です。

 

仕事でも恋愛でも誤解されやすい!言葉足らずな人の特徴5選


言葉足らずな人は、悪気がないにもかかわらず、説明不足なことが多々あるので仕事でも恋愛でも誤解されやすい傾向があります。

ここでは、そんな言葉足らずな人の特徴を5つ紹介します。

 

考え方が自分基準

言葉足らずな人は、 相手の立場で物事を考えることができず、考え方が自分基準であることが多いです。

相手の視点で物事を捉えることが苦手なため、 「これぐらいでわかるだろう」と自分視点からみた説明になりがちです

部下や後輩に仕事を教える際には、「相手はどこまで理解できているか」「どこまで情報共有できたか」などを確認することを怠り、想定外のミスや勘違いが引き起こされることも少なくありません。

 

言い方が回りくどい

言葉足らずな人の特徴として、言い方が回りくどいということも挙げられます。

取引先の顧客とのやりとりで、結論を「はい」か「いいえ」で答えるべきところを、理由から話しはじめて遠回しな説明になり、何も伝わらない…なんてことも珍しくありません。

「ストレートに伝えるのは良くないのでは」という気遣いからオブラートに包んだ表現をするも、言い訳がましく聞こえてしまい、裏目に出てしまうのです

 

プライドが高い

言葉足らずな人は、 人から怒られたり責められたりしたくないと強く思っているなど、プライドが高い傾向にあります。

プライドの高さから、責められることのないよう自分自身を守ろうと、人とのコミュニケーションを避けようとしたり、拒絶しようとしたりします

そういった行動から言葉足らずな人間と思われて、余計に人間関係が悪化することも少なくありません。

 

無口で表情が乏しい

おとなしいタイプで自分自身の気持ちを表現することが少なく、無口で表情が乏しいのも言葉足らずな人の特徴です。

自分の意見をはっきりと伝えたり、感情を表現したりすることが苦手な性格をしています。落ち着いた静かなタイプの人は、怒っていないのに怒っていると誤解されることも少なくないでしょう

 

マイペース

他人からどう思われているかまったく気にならない、マイペースなタイプの言葉足らずな人もいます。

マイペースな人は自分のペースで話すため、話自体が脱線しやすい傾向があり、こちらが聞かないと大事なことがわからない…というケースも少なくありません。

このようなタイプの人は、言葉足らずと思われていること自体、とくに気にしていなくて、周囲からの評価にはあまり興味がありません

そのため、知らぬ間に「周りへの思いやりが足りない人」と疎まれることも…。

 

説明不足…言葉足らずになる原因

言葉足らずな人が、説明不足で誤解を生んでしまうのはどうしてなのでしょうか。

ここでは、言葉足らずになる原因を解説します。

 

自分の表現力や相手の理解力への過信

言葉足らずになってしまうのは、自分の表現力や相手の理解力への過信が原因となっていることが多いです。

「自分には表現力が十分に備わっている」とどこかで勘違いしていたり、「こう言えば相手も理解できるだろう」と思い込んだりして、結果的に誤解を生んでしまうのです

自分自身の話し方や説明の仕方が、相手にとって最適かどうか、という配慮が欠けてしまっているのでしょう。

 

「同じ考えを持っているはず」という認識

人によって価値観や考え方は違うのに、「同じ考えを持っているはず」という認識をもっているがために、言葉足らずになっている人もいます。

「家族だからわかるでしょ」「恋人なんだから察してくれるよね」などのように、「こう言えば私の意図は伝わるでしょ」という勝手な思い込みで言葉足らずになるのです

親しい関係性の相手であればあるほど、自分の思考や感情を読み取ってくれると勘違いして言葉足らずになり、お互いに不満が溜まって喧嘩に発展することが多い傾向にあります。

 

語彙が少なすぎる

言葉足らずな人は、適切な言い回しを知らない、言葉のレパートリーが少ないなど、語彙が少なすぎることが原因となっていることも少なくありません。

語彙力の低さから、物事を説明するのに適切な言葉選びができず、うまく伝わらないのです。

とくに現代の社会人は、動画サービスが発展した影響もあり、活字に触れる機会が少ない傾向にあります

単語の知識が少ないだけでなく、言葉の意味を知らなかったり使い方を誤ったりして、結果として言葉足らずとなってしまうのです。

 

緊張でうまく言葉が出てこない

「人前でのプレゼンはダメだしの嵐…」など、緊張が原因でうまく言葉が出てこないという人もいます。

とくに新社会人など、慣れない環境で相手に気を使いすぎて言葉足らずになる人も…。

ビジネスメールでは正しい敬語表現を使うなど、文面でのやり取りは落ち着いて丁寧に対応できる一方で、直接人と会話するとなると「失礼のないように…」「おかしな言葉遣いになっていないかな」などと気にして、途端に緊張してしまうのです

緊張しすぎて頭が真っ白になったり、言おうと思っていたことを言い忘れたりという経験は、誰しもあるのではないでしょうか。

 

主語を省略している

主語を省略していることが原因で、「何のことかさっぱりわからん」と言葉足らずを指摘されることも多いです。

何十年も人生を共にしている熟年夫婦であれば、主語を抜きにしても、阿吽の呼吸で会話が成り立つことも少なくないかもしれません。

しかし、一般的には主語のないまま話を進めると、内容が正しく伝わる可能性は低いです

話の途中で「何のこと?」「誰が?」とよく聞き返される人は、主語を省略していないか確認してみてください。

 

要改善!言葉足らずの克服方法


「言葉足らずな人間かも」と自分に心当たりのある人は、できれば改善したいですよね。

そこで最後に、言葉足らずの克服方法を4つ紹介します。

 

察してもらえることを期待しない

言葉足らずの改善には、「親友や恋人だからといって気持ちを汲み取ってもらえるとは限らない」と考えるなど、察してもらえることを期待しないことが大切です。

テレパシーを使えるような超能力者でない限り、人は気持ちを察することはできません

とくに「恋人に察してほしい」という女性は多いので、注意したいポイントです。

相手にどうしてほしいのか、自分はどうしたいのかをハッキリと言葉にしましょう。

 

伝えたいことを事前に整理する

言葉足らずを克服するには、 伝えたいことを事前に整理するのがおすすめです。

就活生が面接のシミュレーションをするように、「こう答えよう」と前もって考えておきましょう。

また、英単語の頭文字を取った「5W1H」を意識して、文章を組み立てるようにすると、さらに良くなるはずです

  • When :いつ
  • Where:どこで
  • Who :だれが
  • What :何を
  • Why :なぜ
  • How :どのように

対面でのコミュニケーションで緊張してしまう人には、ぜひ試してもらいたい方法です。

 

誰が聞いても伝わるような話し方を心がける

小学生でもわかるような言葉遣いをするなど、誰が聞いても伝わるような話し方を心がけるのも、言葉足らずの克服に役立ちます。

アジェンダ、コンセンサス、スキーム…などと、最近ではビジネス用語をわかりにくいカタカナで表現することが多く、話の内容を理解できないまま取り残されてしまう人も…

しかし、これではトラブルやすれ違いの元になりかねません。

誰にでもわかる言葉を使おうと、相手への思いやりをもつように意識するだけでも、言葉足らずの改善に繋がりますよ。

 

言葉以外の表現も駆使する

身振り手振りを取り入れる、声のトーンを変えるなど、言葉以外の表現を駆使すると言葉足らずな部分を補うことができます。

言葉足らずで誤解される人は、無表情なことが影響していることも少なくありません

感情を込めて話したり、一番伝えたいことを意識的にジェスチャーで強調したりと、シーンに合わせて工夫するのも説明力アップにおすすめです。

 

伝え方を工夫すれば言葉足らずは改善できる!

言葉知らずな人は、思わぬ誤解を招いたり、ミスを引き起こしたりして、他人を不快にさせることも少なくありません。

もし自分自身が「言葉足らずかも…」と少しでも自覚している場合は、人とのコミュニケーションが辛くなっている人もいるでしょう。

しかし、伝え方を工夫すれば、言葉足らずを改善することは可能です

この記事でも、言葉足らずを改善する方法をいくつか紹介しましたので、ぜひ試してみてください!

 

まとめ

  • 「言葉足らず」とは、言葉が不十分で説明不足なさまを指し、類語表現として「舌足らず」という言葉が使われる場合がある
  • 言葉足らずな人の特徴としては、考え方が自分基準・言い方が回りくどい・プライドが高い・無口で表情が乏しい・マイペースであることが挙げられる
  • 言葉足らずになる原因には、自分の表現力や相手の理解力への過信・「同じ考えを持っているはず」という認識・緊張でうまく言葉が出てこないなどがある
  • 言葉足らずを克服するには、察してもらえることを期待しない・伝えたいことを事前に整理する・誰が聞いても伝わるような話し方を心がける・言葉以外の表現を駆使することがおすすめ

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

あき

あき

20代主婦のWEBライター*あき です^^
サイトの「ハッピーライフ」というタイトル通り、幸せな生活・人生のために、日々のときめきを大事にしています♡
読みやすく、役立つ記事をお届けできるよう、心を込めて書いています!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 「投げやり」の意味とは?投げやりになる人の特徴・心理・対処法も紹介!

  • Twitterでの出会いを叶えたい!仲を深める方法や注意点を徹底解説!

  • 楽しく遊びたい!オンライン飲み会におすすめの遊び・ゲームを徹底紹介!

  • 「軽率」の意味とは?軽率な行動あるある&軽率な性格を改善する方法を紹介

この記事も一緒に読まれています

  • ネナベの意味とは?ネット世界に存在するネナベの特徴や見分け方を紹介

  • 「感傷に浸る」の意味とは?感傷に浸りたくなる瞬間&浸る人の心理を解説

  • 「生真面目」の意味とは?生真面目な人の特徴・心理・改善方法まとめ

  • 屁理屈の意味や使い方とは?身近に潜む屁理屈な人の特徴&対処法も解説

  • ネット用語の「ネカマ」とは?言葉の意味・特徴・見分け方を徹底解説

  • 「姑息」の意味とは?姑息な手段や姑息な人の特徴&対処法を徹底解説!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 言葉足らずな人の特徴5選!言葉が足りなくなる原因や克服方法も伝授!