1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 「LINEやってない人」の気になる本音や心理、5つの理由を徹底解説!

「LINEやってない人」の気になる本音や心理、5つの理由を徹底解説!

 2021/03/12 特徴
この記事は約 9 分で読めます。

LINEはスマートフォンの普及とともに幅広い世代に浸透し、すっかりスタンダードなコミュニケーションツールの1つとなりました。

しかし未だに「LINEはやってない」と答える人も少なからず存在するもの。

LINEが当たり前の人にとっては、便利なのになんで?と疑問に思うことでしょう。

そこで今回の記事では「LINEやってない人の本音LINEをやらない理由について徹底的に解説していきます。

 

大学生〜60代までのLINEの使用率は?

現在、実際のところLINEはどの程度使用されているのでしょうか。

主要SNSである、LINE・Facebook・Twitter・Instagramのアクティブユーザー数を比べると、ここ数年LINEがダントツで1位をキープしています。

他の主要SNSと比べ、メッセンジャー機能に特化しているという特徴を持つLINEは友人や仕事先との連絡方法として使っている層が多いと思われます。

 

さらに年代別のLINE利用率を見てみると、10代では8割近くと最も多く、20代から40代は75%前後とほぼ同じくらいの割合。

50代では7割程度、60代では6割を切っています。

若者と社会人においては、大多数の人がLINEを使用していることがわかりますね。

 

とはいえ「LINEをやってない派」も、20代~40代の15%前後は存在しているということ。

20人のうち3人くらいはLINEをやっていない可能性がある、と考えると決して少なくはないといえそうです。

参考元:https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

 

「LINEやってない」は嘘?隠された本音や心理とは

LINEをやっていない人、というのはたしかにどの世代にも存在します。

しかし「やっていない」という答えが常に本当かはわかりませんよね。

ここではそんな「LINEやってない」という言葉に隠された本音や心理に迫ってみましょう。

 

単純にLINE交換したくない

もっともありがちな本音としては、単純にLINEを交換したくない場合です。

ごく親しい人にしかLINEは教えたくない、あるいはその人とは直接連絡を取りたくないなど、理由はさまざまでしょう。

とはいえ「教えられない」と正直に答えるのは角が立つもの。

LINE自体をやってないことにするのは、円滑なお付き合いのための一種の対処法なのです。

 

相手からの下心が見えて嫌だ

「遊び相手としてキープしておこう」「人脈が魅力的だからつながっておこう」など、何らかの下心をもってLINE交換しようとしてくる人も少なくありませんよね。

しかしそうした下心は案外相手にはバレバレなものです。

利用されること前提では連絡先なんて教えたくないもの。

もしそうした相手に「LINEやってない」といわれたら、あなたの下心を見透かされていたと潔く諦めましょう。

 

訳ありの場合も・・・

訳ありだけどいちいち説明するのも…と「LINEやっていない」ことにする人もいます。

恋人から他人とのLINE交換を禁じられているあるいは既婚者で誤解を招かないために交換しないという場合もあるでしょう。

自分の気持ちというよりは、周りの気持ちを慮ってLINE交換しないタイプの人もいるのです。

 

個人情報の漏洩を気にしている

個人情報の漏洩を気にしているなど、慎重派ゆえに「LINEやっていない」派を装う人もいます。

気にしない人は全く気にしないかもしれませんが、漏洩の可能性がゼロではないのも事実。

しかしこの場合は、もっと親しくなったり交流を深めていったりすればそのうち教えてもらえるかもしれません。

 

本当にラインやってない

最後のパターンは本当にLINEをやっていない場合です。

15%程度は本当にLINEをやっていないのですから、そうした人に合コンなどで出会う可能性もゼロではありません。

また、近年は若年層での「LINE離れ」が進んでいるとの動きもあり、Instagramなど他のSNSを主要な連絡手段として使っている人もいます

機能についての新着記事もございますのでぜひご覧ください。

もし相手も連絡先を交換したければ、電話番号などのLINE以外の連絡先を教えてくれるはずですよ。

マンガ動画で見る↓↓

恋活中のサラリーマン カズヤは、参加した合コンで超タイプの女の子と出会った。
彼女のLINEを聞くべく声をかけるも、彼女の口から衝撃の言葉が
私、LINEやってないんです…
現代においてにわかには信じがたい発言ではあるものの、代わりにメールアドレスを教えてもらい一安心するカズヤ。
しかし、カズヤの先輩ミサキとアヤにより「LINEやってない発言の裏に隠された本音」が暴かれる!
彼女は本当にLINEをやってないのか!?カズヤの恋の行方はいかに!?

ストーリーに乗せて楽しく、わかりやすく紹介していますので、本記事と合わせてぜひご覧ください。

 

本当に「LINEやってない」のには5つの理由があった

本当にLINEをやっていない人の場合、続いて疑問になってくるのが「なぜやらないのか」です。

ここでは、そうした「LINEやってない」人の5つの理由について解説していきます。

 

グループLINEが苦手

LINEにはさまざまな機能がありますが、中でも有名なのが「グループLINE」です。

複数の人に一括で情報が流せるなどとても便利な機能ですが、一方で厄介な一面も。

誰かの投稿に無反応では気まずいし、人数が多いぶん通知も頻繁だったりします。

LINEでの会話が好きな人なら苦になりませんが、メッセージのやり取りに消極的な人にとっては非常に面倒に感じるでしょう。

「LINEをすればLINEグループに入らなければならないかも…」というプレッシャーから、LINEを遠ざけている人もいるのです。

 

「LINE教えて」が迷惑

LINEは電話やメールよりも気楽な分、連絡先交換のハードルが低いという特徴があります。

そのため多くの人とつながりやすいのがメリットですが、それを望まない人にとっては苦痛なもの。

LINEをやっていれば「教えて」といわれる機会も増えるでしょう。

断る面倒を考えたらいっそLINEはやらない方がよいと判断しているのです。

 

電話・メールで十分

用のあるときだけ連絡が取れればよい、というタイプの人はLINEに必要性を感じません。

LINEがなくても携帯電話やメールがあるのだからそれで十分と考えているため、生活にLINEを取り入れようとは思わないのです。

 

まだガラケーを使っている

かなり人口は減ってきたものの、ガラケー派もいまだに存在しています。

ガラケー版のLINEサービスは2018年の3月に終了しているため、現在ガラケーの人はLINEを使うことができません。

その人がスマホに乗り換える予定がなければ、今後もしばらくLINEの導入はないでしょう。

 

友達いないから不要

ガチで友達がいないがゆえにLINEをやっていないという人もいます。

何だかんだでLINEは友人とつながるのに特化したツールです。

しかし、家族や兄弟との連絡なら電話でも事足ります

ゆえに友達がいないタイプの人にとって、LINEは無駄な機能に感じられやすいのです。

 

LINEをやってない・やめた男性&女性芸能人

LINEをやっていない派の人は芸能界にも。

最後に、今はLINEをやっていない、あるいはやめてしまった有名芸能人を紹介します。

 

永野芽郁

出典元:https://blog.stardust.co.jp/naganomei/

人気若手女優の永野芽郁さんは、バラエティ番組の中で「LINEをやめた」と発言しています。

その理由は「他人と連絡先をフレンドリーに交換しすぎてしまうから」なのだとか。

たしかにLINEは連絡先交換のハードルが低く、それほど親しくない相手でもその場のノリで交換しがちです。

特に有名人である永野さんは、いろいろな人からLINEを聞かれた経験があるのでしょう。

正直「誰だっけ?」という人とまでつながっているのは、なんとなく嫌ですよね。

 

また、永野さんは「限られた人とだけやり取りするのが好き」という発言もしており、友人や家族など親しい人とのつながりを大切にしたいという気持ちもあるのかもしれません。

 

出川哲郎

出典元:https://www.maseki.co.jp/talent/degawatetsuro

出川哲朗さんもLINEをやっていない芸能人の一人です。

特にグループLINEが苦手なようで「グループ内で反応がないといじめが起こる可能性があるから嫌」といった趣旨の発言を番組内でしています。

いちいち反応しないといけないプレッシャーは芸能人でも同じのよう。

人間関係に影響が出そうなら、いっそ出川さんのようにLINEから卒業するのもアリかもしれませんね。

 

松本人志

出典元:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=251

ダウンタウンの松本人志さんはいかにも芸能人らしい理由でLINEを使っていません。

ベッキーさんのLINE流出事件以来、LINEの安全性に懐疑的になってしまい使うのが怖くなったのだとか。

半分は松本さんのテレビ的冗談なのかもしれませんが、芸能人としてはトラブル予防として「LINEをやらない」という選択も十分ありえるといえるでしょう。

 

lineやってないのがおかしい、は偏見で不要な人もいる!

LINEが生活の中で当たり前になっている人にとって「LINEをやっていない人」というのは不思議な存在かもしれません。

しかし、LINEやらない派にも言い分があるものです。

グループトークや既読機能が嫌、必要性を感じないなど、その理由はさまざまですが「やらない」という判断もまた自由なもの。

もし「LINEやってない」といわれたとしても「今の時代になんで?おかしい!」とは思わずに、相手の気持ちを慮ることも大切です。

本当に関係性を続けたい相手であれば、LINEがなくてもきちんとつながれるものですよ。

 

まとめ
  • 20代から40代でのLINE普及率は75%程度。多くの人がLINEを活用している
  • 角の立たない断り方として「LINEやってない」という場合も
  • まだガラケーだから、電話やメールで十分だから、などの理由で本当にLINEをやってない人もいる
  • LINEをやってないからといって恋愛ができないわけじゃない!無理強いせずに関係をはぐくむことが大事

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2700万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

小野塚 晴子

小野塚 晴子

読書好きのインドア派です。恋に消極的な人にも楽しめるような記事を目指します!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 日本の憎き歴史「男尊女卑」を現代でも感じる瞬間や男の特徴、対処法とは

  • 「夫(妻)がムカつく!」夫婦喧嘩の原因とは?注意点や仲直りする方法

  • 僻み(ひがみ)の意味とは?妬みとの違い、使い方、性格を直す方法まで解説

  • 仕事に行きたくないときの対処法|理由・原因、NG行動から将来を考えよう

この記事も一緒に読まれています

  • 男性にはない「女性らしさの特徴」と女性らしさを身に着ける9つの心得とは

  • 自分に自信がない人の特徴&原因|自信のなさを克服するための方法を伝授!

  • 女嫌いな男性の特徴5選!嫌いになった原因・心理・効果的なアピール方法

  • 顔が薄い人の特徴とは?|薄い顔の人気芸能人と薄い顔がモテる理由を解説!

  • 媚びない女性は男性にモテる!媚びない女性の特徴&自分軸を持つ方法

  • 高齢出産にリスクはつきもの?3つの理由と妊娠・出産リスク、問題解決法

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 「LINEやってない人」の気になる本音や心理、5つの理由を徹底解説!