1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 頭の悪い人の話し方の特徴とは?頭が良く見える会話のコツを徹底解説

頭の悪い人の話し方の特徴とは?頭が良く見える会話のコツを徹底解説

特徴
この記事は約 9 分で読めます。

ビジネスにおいて、相手にきちんと伝わる話し方をすることはとても大切です。

頭の悪い人のような話し方をしてしまうと、それだけでビジネスチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

この記事では、頭の悪い人の話し方の特徴や使いがちなフレーズ、頭が良く見える会話のコツを解説していきます

この記事を読んでスマートな会話術を身につけましょう!

 

頭の悪い人の話し方の特徴

頭の悪い人の話し方には共通する特徴があります。

ここでは頭の悪い人の話し方の特徴を紹介しますので、自分に当てはまっているものがないか振り返ってみましょう。

 

話がダラダラと長い

頭の悪い人は、話がダラダラと長くなってしまいがちです。

話の中に不必要な情報が多いため、いつまでたっても要領を得ないことを話し続けてしまいます。

たとえば、「13時に駅に着いた」ということを伝えるときに「朝8時に起きて、そこから朝食を食べて、着替えて髪の毛をセットして…」といった不必要な情報も伝えてしまうのです。

不必要な情報が入ることによって、相手は話を理解しづらくなります。

言いたいことを簡潔にまとめることができていないと、「頭の悪い人の話し方だな」と思われてしまうでしょう。

 

言葉遣いがおかしい

頭の悪い人の話し方として、言葉遣いがおかしいという特徴もあります。

例としては、「私がおっしゃったのは」といった敬語の間違いや、大事な場面で「やばくて」「マジで」といった若者言葉を使うことなどです。

言葉遣いがおかしいと、相手に幻滅される場合もあるでしょう。

言葉遣いは、ビジネスマンの最低限のマナーであり、きちんと使えていないだけで仕事ができないと思われてしまいます。

 

感情論

頭の悪い人は、感情論で話を進めてしまう傾向があります。

きちんとしたデータや根拠を述べずに「私はそう感じた」「私がこう思うのだからこうだ」など、そのときの感情に沿って話をするため建設的な会話ができません。

論理的な考え方ができなくて感情論に走る人は、相手から「独りよがりな話をするな」と思われ、頭の悪い人のレッテルを貼られてしまいます。

 

自分で調べない

疑問を自分で調べないのも、頭の悪い人の特徴です。

頭の悪い人は、調べればすぐに解決するようなことでも、自分で調べたり考えたりせずに周囲の人に聞いて楽に解決しようとします。

聞かれた人はいちいち手を止めなくてはいけなくなるため、「こんな簡単なことくらい自分で調べて欲しい」「自分で調べることもできない頭の悪い人だな」と思われてしまうのです。

 

人のせいにする

頭の悪い人は、すぐに人に責任を押し付ける傾向にあります。

頭の良い人は、「自分に非があったときは素直に認めた方が非難されない」ということを理解しています

しかし、頭の悪い人は論点をすり替えたり誰かを巻き込もうとしたりして、かえって自分の評価が落ちる行動をしてしまうのです。

 

繋ぎの言葉が多い

頭の悪い人は、繋ぎの言葉を多用するという特徴があります。

「えーと」「あのー」「うーんと」などといった言葉が会話の中に多く出てくるため、スムーズに話が進まず相手をイライラさせてしまいます。

「言いたいことが頭の中でまとまっていない」ということが相手に伝わるので、「この人は頭が悪い」と思われてしまうのです。

 

結果だけを知りたがる

物事の結果だけを知りたがるのも、頭の悪い人の特徴です。

頭の悪い人は話の流れを理解することが苦手です。

途中経過を聞こうとせずに「で、どうなったの?」「結局どういうこと?」などと結論を急かします

プロセスを理解しようとしないと、もしなにか問題が起きたとしても原因が分からず、同じようなミスを繰り返してしまうでしょう。

 

やたら難しい言葉を使いたがる

頭の悪い人の話し方の特徴として、やたら難しい言葉を使いたがることも挙げられます。

やたらと難しい言葉を使うと、相手が理解しづらくなるため、会話がスムーズに進まなくなります。

しかし、頭の悪い人は「自分はこんな言葉を知っている」「こんな言葉が使える自分は頭がいい」ということをアピールするために、あえて難しい言葉を使うのです。

話が相手にしっかり伝わるかどうかはあまり考えない傾向にあります。

 

感想が一言で終わる

感想が一言で終わるのも、頭の悪い人の特徴です。

たとえば、「この映画どうだった?」と聞かれたときに、頭の悪い人は「面白かった」と感想を一言で終わらせてしまいます。

相手は「面白かったとしたらどこが面白かったのか」「つまらなかったとしたら、なにがつまらないと感じたのか」といった感想の次の話を聞きたいのに、大事な部分にまで辿りつくことができないのです。

ビジネスにおける「どうだった?」という質問は、感想ではなく意見や気付きを求められているため、「面白かった」「すごかった」などの感想しか言えないと、頭が悪いと思われることになります。

 

頭の悪い人が使いがちなフレーズ

頭の悪い人には、会話中に使いがちなフレーズが存在します。

ここでは頭の悪い人が使いがちなフレーズを紹介するので、自分の口癖になっていないか確認してみてください。

 

「めっちゃ」「めちゃくちゃ」

頭の悪い人は、「めっちゃ」「めちゃくちゃ」というフレーズを多用します。

「めっちゃ」「めちゃくちゃ」は強調の言葉として品がなく、非常にくだけた表現です

「めっちゃ面白かった」「めちゃくちゃ凄かった」といった言葉を使うと、「語彙力が少ない人」「話し言葉でしか話せない人」というレッテルを貼られてしまうため、ビジネスの場では使わないことをおすすめします。

 

「〇〇さんが言ってました」

「〇〇さんが言ってました」も、頭の悪い人が使いがちなフレーズだといえます。

ビジネスの場では自分が何を考えたか、どのような論理でその結論に至ったかを述べることが大切です。

「〇〇さんが言ってました」という発言をしてしまうと、根拠のないことを言っているのと同じだとみなされてしまうでしょう。

なにか主張を述べたいときには、「〇〇さんが言ってました」ではなく、自分の意見をきちんと相手に伝えるようにした方が賢明です。

 

「させていただく」

頭の悪い人は「させていただく」を多く使う傾向にあります。

「させていただく」は一見丁寧な言葉に聞こえますが、「とりあえず言っておけば無難」という言葉でもあります。

敬語には、さまざまな表現や言い回しがあるため、「させていただく」を多用する人は、「敬語が使えない人」だと思われても仕方ありません。

「させていただく」自体は間違った言葉ではありませんが、使いすぎには注意しましょう。

 

頭が良く見える会話のコツ

頭が良く見える会話ができる人は、どのような話の進め方をしているのでしょうか。

ここでは最後に、頭が良く見える会話のコツを紹介していきます。

意識をすればすぐに会話に取り入れることができるので、是非とも実践してみてください。

 

始めに結論を提示する

頭が良く見える会話をしたいのであれば、結論を始めに提示することが大切です。

たとえば、相手が「この前の会議はどうだった?」と聞いてきたときに、「賛成派と反対派が半分ずつに分かれていて、そこで議論が白熱して……」といった途中経過を先に話すと、話が理解しづらくなります。

まずは「会議が難航して結論が出ませんでした」といった結果を述べ、続けて「というのも賛成派と反対派が半分ずつに分かれてしまって…」と難航した理由を述べましょう。

結論を述べてから理由や途中経過を話すと、話がまとまって相手に伝わりやすくなります

 

ポイントを絞って簡潔にまとめる

頭の良い会話のコツとして、ポイントを絞って簡潔にまとめることも大切です。

相手がなにを聞いてきているのか瞬時に判断し、余計な情報を省いて相手に伝えるようにしましょう。

たとえば、進捗状況を聞かれているときに「10時に席に着いて、そこから作業を始めて…」といった必要ない情報は省くべきです。

「現在〇〇まで進んでいて、あと2時間ほどで終わる予定です」と相手の求めている情報だけを述べることで、会話がスムーズになるでしょう。

 

最初の一言で惹きつける

頭の良い話し方だと思わせるには、最初の一言で惹きつけるというテクニックも効果的です。

最初の一言で相手に興味を持たせることができれば、話を聞いてもらいやすくなるでしょう。

たとえば「旅行はどうだった?」という質問に対しては、「いろいろあって楽しかったです」と返すよりも「びっくりすることがあったんですよ!」と返した方が、相手は興味を持ちやすくなります。

上手くいけばこちらのペースに持ち込むことができるため、是非とも試してみてください。

 

自分の得意分野に繋げる

自分の得意分野に繋げるという会話のテクニックもあります。

なにか質問を振られたときに、自分が専門にしている分野や得意としている話題に引き込むことで、オリジナリティのある切り口で話をすることができるのです。

たとえば、「A社との取引についてどう思う?」と聞かれたときは、「営業の観点から見ると」「グローバル化の面においては」などと、自分が話しやすい土俵に持ち込んでみてください

すると、自然とスラスラと言葉が出てくるはずです。

自分の専門分野であれば深い知見で話すことができるため、相手の興味を引きやすいというメリットもあります。

 

頭の悪い話し方をやめてスマートなコミュニケーションを取ろう

ビジネスの場において、スマートなコミュニケーションを取ることは非常に大切です。

どんなに良いアイディアや企画があっても、頭の悪い話し方をしていては相手に伝わらず、せっかくのチャンスが水の泡になってしまいます。

ビジネス能力には、会話力やプレゼン力が大いに関係してきます。

頭のいい話し方ができれば、さらなるチャンスを掴めるようになるでしょう。

この記事を参考に、頭の悪い話し方から脱却できるように心がけましょう!

 

まとめ
  • 頭の悪い人の話し方の特徴は「話がダラダラと長い」「言葉遣いがおかしい」「感情論」など
  • 頭の悪い人が使いがちなフレーズは「めっちゃ」「めちゃくちゃ」「〇〇さんが言ってました」「させていただく」
  • 頭が良く見える会話のコツは「始めに結論を提示する」「ポイントを絞って簡潔にまとめる」「最初の一言で惹きつける」など

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 北新地のおすすめスナック一覧!人気のお店や面白いママに会える店舗を紹介

  • 梅田のおすすめスナック6選!安いお店やカラオケが楽しめる人気店を紹介

  • トマトの花言葉と由来は?怖い意味はあるのかを解説

  • エリンギの花言葉はなぜ宇宙?由来をわかりやすく紹介

この記事も一緒に読まれています

  • 「おっちょこちょいな人」の意味・特徴とは?長所&治す方法を徹底解説

  • 【必見】空回りする人に共通する特徴とは?予防法を知って克服しよう!

  • シングルファザーあるあるとは?再婚やよくある悩みも徹底解説!

  • 低学歴で自信がない!学歴コンプレックスを抱える人の特徴や克服方法

  • 聡明とは?意味や特徴・人から好かれる聡明な女性・男性になる方法って?

  • 長続きするカップルの特徴&すぐ別れるカップルの特徴|長続きの秘訣も紹介

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 頭の悪い人の話し方の特徴とは?頭が良く見える会話のコツを徹底解説