1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 愛情不足で育った大人の特徴とは?恋愛に影響を及ぼす理由と克服法を紹介!

愛情不足で育った大人の特徴とは?恋愛に影響を及ぼす理由と克服法を紹介!

 2019/10/24 特徴
この記事は約 9 分で読めます。

子供の頃両親から愛情を注がれなかった人には、いくつかの共通点があります。

その共通点は、人間関係や恋愛においての障害となり、つらい経験をする人も少なくないでしょう。

この記事では、愛情不足で育った大人の特徴や、それらが及ぼす悪影響の克服方法を紹介します。

 

そもそも「愛情」とは?

愛情という言葉は普段耳にすることは多いですが、具体的な意味を答えることができる人は少ないのではないでしょうか?

愛情とは、親と子、恋人や友人などの特定の相手に抱く感情で「人を大切に思う気持ち」「愛おしく思う気持ち」のことを指します。

愛情は相手のことを大切に思えば思うほど強くなり、見返りを求めずに注ぐことができる感情でもあります。

 

子供の頃から愛情不足で育った大人の特徴

子供の頃に周りからたくさんの愛情をもらうことができなかった人には、いくつかの共通点があり、そのことを愛着障害と呼びます。

以下で紹介しているのが、その代表的な特徴です。

これらは本人でも気付かないうちに特徴として現れているので、自分ではコントロールできないことが多いです。そして、人間関係や恋愛の障害となることも少なくありません。

 

依存体質である

子供の頃に愛情を注いでもらうことができないと、大人になってからその反動が出てしまい「自分のことを認めてほしい」「もっと愛して欲しい」という思いが強くなります。

これがさらに悪化すると「愛情を独り占めしたい」「自分だけを見てほしい」という気持ちに変わり、友達や恋人を束縛することもあります。

常に誰かに気にかけてもらわないと、不安になってしまうのが特徴といえます。

 

自分の価値が見出せない

子供の頃に愛された記憶がないと「自分は親に愛されなかった悪い子なんだ」「私はこの世に存在する価値がないんだ」と自己否定をしてしまう傾向があります。愛されなかったことで自分の存在価値が見つけられずに、常に悲観的になる人も少なくはありません。

つまり、愛情が注がれなかった理由が、すべて自分にあると考えてしまうのです。

このような場合「誰にも愛してもらえるはずがない」と考え、人と交流することを避け、孤立してしまうこともあります。

 

人を信じることができない

愛情不足で育った人は、人を信用することができないという特徴があります。ちょっとしたことで友達や恋人を疑ったり、被害妄想をしてしまうのはその代表的な例。

そのため、恋愛関係においては相手の浮気を疑ったり、監視をしたりなど、相手のことを信用できないせいで、神経質になることがよくあります。

恋人のスマホを覗いたり、SNSの投稿内容をすべてチェックしたり、日常生活でも行動に現れるのが特徴といえます。

 

愛情表現が上手くできない

愛された経験がない人は、他人の愛し方もわからない人が多いでしょう。そのため、自分が他人に対して抱いている感情が愛情かどうかも判断ができないことも多くあります。

そして、恋人に対しても愛情をうまく表現することができないため、相手を不安にさせてしまうのも特徴の1つ。愛されずに育った人は、人との間に距離を取るので、特にスキンシップを苦手としている人がたくさんいます。

 

【診断】愛情不足の人が見せる症状やサイン

愛情不足の人は、無意識のうちに決まった行動をする傾向があります。これらは不安や寂しさのあらわれであり、子供の頃からの癖として、大人になってもやめることができない人がたくさんいます。

また、それらの行動は他人にネガティブな印象を与えることもあります。ここでは愛情不足の人が見せる特徴の中でも、特にランキングで上位のものを紹介します。

 

爪を噛む

幼少期によく見られる症状が、爪を噛むことです。心理学的に、強いストレスを抱えていると、子供は手を口元に持っていきやすいといわれています。これがさらに発展すると、爪を噛むという行為になります。

この爪を噛む行為は一種の自傷行為であり、これによってストレスを発散しているとも考えられています。

爪を噛む癖は大人になってもやめることができず、職場で仕事をしている時などに爪を噛んでしまう人もたくさんいるでしょう。

 

嘘をつく

愛情を注がれた経験がないと、良いことと悪いことの判断ができず、平気で嘘をついてしまいます。また、人と比べて罪悪感を感じることが少ないので、嘘をついて人を傷つけたとしてもなんとも思わないのです。

嘘をたくさんつくことは「周りの人にかまってほしい」「注目してもらいたい」という欲求のあらわれでもあります。「嫌われることよりも相手にされないことのほうが怖い」という考えがあるため、嘘を繰り返してしまうのでしょう。

 

表情が乏しい

愛情不足で育つと、感情表現の仕方がわからずに、心の中で思っていることを素直に表現することができません。そのため、周りが笑っていても1人だけ真剣な顔をしていたり、悲しくても平然としていることがあります。

さらに、周りの人に近づきにくい印象を与えてしまうのが特徴でもあります。恋人や友達からは「何を考えているのかわからない」と思われ、他人との距離を縮めることができない原因となります。

 

孤独を好む

愛情を知らない子どもは、幼稚園や学校などで周りに溶け込むことができず、孤独を好む傾向があります。

「他人との付き合い方がわからない」「誰も自分のことになんて興味がない」とネガティブに考えてしまい、人とのコミュニケーションを避けてしまうのでしょう。

これは主に幼少期・思春期で多く見られ、1人でいることに慣れてしまうと、大人になっても人間関係をうまく築くことができない原因となります。

 

愛情不足が恋愛に影響を及ぼす理由

では、具体的に子供の頃の愛情不足が、恋愛面でどのような影響を与えるのかを紹介します。

愛された経験がないと、恋人との関係において、愛情表現の仕方がわからずに、コミュニケーションがうまく取れないことが多くあります。

これにより交際が長続きしないことも。以下が、恋愛に及ぼす悪影響の代表的な例です。

 

恋人に依存し過ぎてしまう

子供の頃にたくさんの愛情をもらっていないと、その反動で恋人に執着してしまう可能性があります。「自分のことだけを愛して欲しい」という強い思いから、依存につながるのでしょう。

そして、まるで子供がママに甘えるかのように、恋人に対して大きな愛を求めてしまうのです。これによって独占欲も強くなり、相手の負担となることがあります。

 

すぐに不安を感じてしまう

子供の頃に両親に捨てられた、家族がいなかった、という経験があると、恋人が「いつか自分の元を離れてしまうのではないか」という恐怖心に襲われます。

そのため、恋人をずっとそばに置いておこうと束縛をしたり、監視をしたりする可能性があります。

恋人の小さな行動がきっかけで被害妄想をしたり、ヒステリックを起こしてしまうのも特徴の1つです。

 

愛されたい認められたい気持ちが大きすぎる

愛情不足で育った人は、普通の人よりも愛情を求める気持ちが人一倍強いのが特徴。そのため「心にある隙間を埋めてほしい」「寂しさを忘れさせてほしい」など、恋人に対して多くの愛情を求める傾向があります。

また、恋人からの愛情が感じられないと、自分自身に問題があると感じ、自己否定をすることもあるでしょう。

 

恋人を信用できない

愛情不足で育った人は「自分は愛される価値のない人間だ」という悲観的な考えを持つ傾向があります。そのため、恋人であっても「いつか愛想をつかされるのではないか」「本当は自分のことを愛していないのではないか」などと、疑ってしまいます。

そのため、恋人を試すような行動をとるなど、相手の信頼を裏切ってしまうことがあります。また「裏切られるのが怖いから、信用したくない」という思いも持っているのです。

 

愛情不足の男女でも幸せな恋愛をするための克服方法

子供の頃に愛されなかったという経験は、心の奥深くに刻み込まれ、大人になっても自分自身の人間性に大きな影響を与えているといえるでしょう。

しかし、愛情不足であったとしても、それを克服して幸せな恋愛ができる可能性はあります。

ここでは、過去の経験を乗り越えて幸せをつかむために、具体的な克服方法や、不安やストレスの解消方法を紹介します。

 

新しい趣味を見つけよう

恋人に依存するのを防ぐためには、新しい趣味を見つけるのがおすすめ。趣味を新たに始めると、新しい友達もでき、気分を一転させることができますよ。

そうすると「恋人しか信頼できる人がいなかった」という状態から抜け出し、ネットワークを広げるきっかけとなります。

スポーツ、料理、旅行など、何か没頭できるものを見つけ、自分の時間を楽しめるようにしましょう

 

自分にもっと自信をつけよう

自分に自信をつけることができれば「いつか恋人に捨てられてしまうのではないか」という不安を減らすことができます。

仕事で成果を出したり、趣味で人に自慢できるものを見つけたりなど「自分は価値のある人間なんだ」と思えるものを見つけることによって、恋人に依存せずに、精神的に独立することができるようになるでしょう。

 

正直な気持ちを伝えてみよう

相手と本気で向き合いたいという気持ちがあれば、自分の中にある不安やストレスなどを恋人にすべて打ち明けてみましょう。

しっかりと話し合いをして、ありのままの自分を受け入れてもらうことで、1人で抱え込んでいたネガティブな部分を隠す必要がなくなります。そうすることで気持ちが楽になり、恋人と信頼関係が築けるようになるでしょう。

 

相手の意思を尊重しよう

愛情不足で育つと「自分のことをかまってほしい」という思いが強く、相手の意思を無視してしまいがちになります。

しかし、自分の気持ちを押し付けるばかりではなく「相手がどう感じているのか」「どうしたいのか」を尊重するようにしましょう。

そうすることで「愛されたい」という思いばかりではなく、相手のことを「大切にしたい」「愛してあげたい」という感情が芽生えるようになるでしょう。

 

まずはあなたから愛情を注ぐこと!そうすれば自然とあなたも愛され、愛情不足も徐々に改善されるでしょう!

愛情不足で育つとその人の性格に大きな影響を与え、大人になってから恋愛が上手にできなくなる可能性があるでしょう。恋人に依存したり、信頼できないなど、恋愛面において大きな障害があります

しかし、これらはちょっとした努力で克服することは可能で、愛された経験がなくても幸せな恋愛をすることができるでしょう。

ぜひこのおすすめ記事で紹介した克服方法を活かして、恋人への愛情の注ぎ方を学び、幸せを手に入れましょう。

 

まとめ

  • 愛情不足で育った大人は、恋人に依存してしまうことが多い
  • 愛された経験がないと、他人の愛し方、愛情表現の仕方がわからない
  • 幼少期に愛情が不足していると、爪を噛んだり、孤独を好んだりする傾向がある
  • 愛情不足で育った大人が幸せな恋愛をするには、没頭できる何かを見つけることが効果的
  • 愛されたいのであれば、相手を愛することから始めることが大切

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

NAOTO@肉食部

NAOTO@肉食部

肉食部代表│1984年生まれ|離婚後、付き合った彼女に軟禁され身ぐるみ剥がされる。妥協した選択をし続けて人生後悔の連続。自分の人生で苦しんだ分、人の人生を後悔させないように徹底的にサポートします。30代から素敵な彼女を作る逆転の鍵があります。このサイトにあるコラムは全て僕の実体験を基に恋愛に悩む人のために魂を込めて書いています。

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 【完全版】自分磨きで男前になる方法7選!いい男の必須条件を大公開

  • 出会いを求めるあなた!銀座でナンパしやすいバーや居酒屋スポット13選

  • 地元で出会いがない…と悩むあなたに素敵な出会いを見つける方法10選を紹介

  • LINEで出会いを探すのは危険!危ない理由や覚えておくべきポイントとは

この記事も一緒に読まれています

  • バカップルの特徴とは?イタいカップルにありがちな行動や会話を徹底紹介!

  • 気持ち悪い人は恋愛対象外?気持ち悪い男女の特徴と対処法を徹底解説!

  • 結婚式をしないナシ婚を望む女性が多い!理由や離婚率、お祝いなどを調査

  • 当て馬なんていや!当て馬になりやすい人の特徴や意味、対処法を紹介!

  • クチャラーは嫌われる!自分では気づきにくい咀嚼音の原因と改善方法を解説

  • すぐ笑っちゃう笑い上戸がモテる理由とは?男女共通の特徴や心理を解説!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 愛情不足で育った大人の特徴とは?恋愛に影響を及ぼす理由と克服法を紹介!