1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 焦燥感とは?意味や使い方・焦燥感に駆られる原因と和らげるための対処法

焦燥感とは?意味や使い方・焦燥感に駆られる原因と和らげるための対処法

特徴
この記事は約 10 分で読めます。

焦りや不安を感じると何もかもが上手くいかず、恋愛になかなか踏み出せなかったり、恋人に八つ当たりしてしまったりと、そんな経験がある人もいるのではないでしょうか。

そのような「焦燥感」に駆られると、自分に余裕がなくなって大切なことが見えなくなり、大きな失敗をしてしまうこともあります。

どんなときに焦燥感を感じるのか、ゆとりを持つためにはどうすれば良いのかを知っておけば、楽しく幸せな人生を送ることができますよ。

この記事では、焦燥感の意味と原因、対処法などを解説します

 

焦燥感とは

周りの友達が結婚していくのに自分だけ恋人もいないときや仕事で資料作成の納期が迫っているときなど、焦ってイライラしている状態を「焦燥感に駆られる」と表現します。

自分の思った通りに事が進まない状況を指す「焦燥感」とは、具体的にどのような意味を持つのでしょうか。

まずは焦燥感の読み方と意味、類語や英語での表現方法を紹介します。

 

焦燥感の読み方・意味

焦燥感は「しょうそうかん」と読み「焦ってイライラしている状態」を指す言葉です

物事がうまく進まない状況に焦ってしまい、苛立ちを感じるようなときに使用します。

 

「焦る」という言葉は思うような結果が得られずに落ち着かない状況を表し、「燥」は「苛立つ」という意味を持っているのです。

近い意味を持つ2つの言葉が重なっていることから、強い苛立ちを表現する言葉として使用されています

 

焦燥感の類語

焦燥感の類語には、期限が迫っていてストレスを感じる状態を表す「切迫感

物事が思った通りに進まず気分が落ち着かない状態を指す「苛立ち

追い詰められて限界が近い状態の「切羽詰まる

などの言葉があります。

 

どの類語も事情があって早く終わらせたいのに事がなかなか進まない状況に、焦りや苛立ちを感じる状態を表す言葉として使われます。

 

焦燥感を英語でいうと?

焦燥感を表す英語にはいくつか種類があります。

「frustration」は、思い通りにいかないことに対して苛立ちを感じるときに使用される言葉です。

また、焦る気持ちがより込められた状態を表す「fretfulness」、我慢できないような強い焦燥感を表現する「impatient」という言葉もあります。

 

日本語と同様に微妙な意味合いの違い、不快感の度合いによって使い分けられているのです

 

焦燥感に駆られたときの主な症状


焦燥感に駆られると精神面に大きな影響を及ぼします。

その結果、大きな失敗や取り返しのつかない状況に陥ることもあり、これが焦燥感の怖い特徴といえます。

恋愛でも焦燥感が失恋の原因になったという人も少なくないでしょう。

 

実際に焦燥感に駆られると行動や考え方にどのような影響を与えるのでしょうか。

焦燥感に駆られたときに起こる主な症状について解説します

 

短気になる

焦燥感に駆られたときの症状の一つに、短気になることが挙げられます。

焦りや不安を感じると余裕がなくなって、恋人のささいな言動が気になったり、傷つけるような言葉をいってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

人間関係にも悪影響を与えてしまう可能性があるので、自分が今どんな気持ちなのかを客観的に見る意識をすることが大切です

 

集中力が低下する

焦燥感に駆られると集中力が低下してしまいます。

たとえば、フリーランスで仕事をしている人の場合、責任がすべて自分自身にのしかかり焦燥感に駆られる場面も多くあるでしょう。

そんな焦りやイライラを感じると、そのことで頭がいっぱいになってしまい、さらに仕事に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

また、集中力が下がったことにより無駄な時間が増えてしまいます。

もし新しい仕事を生み出せたとしてもクオリティが低く、その結果仕事をやり直すことになり全体的な活動効率も下がってしまうでしょう

 

冷静な判断ができない

焦燥感に駆られると冷静な判断ができなくなるのも症状の一つです。

仕事の期限が近づいていたり次の業務が溜まっていたりと、プレッシャーを感じる環境にいると焦ってしまい、適当な判断で終わらせてしまったことがある人もいるのではないでしょうか

 

焦った状態で正しい判断ができないまま無理やり仕事を推し進めてしまうと、大幅なやり直しなどが発生してしまい、時間を無駄にしてしまう原因にもなるため注意が必要です。

焦っているときほど、一度深呼吸をして落ち着くことが大切です。

 

焦燥感に駆られる原因

焦燥感は時間や人間関係、性格などさまざまな原因によって引き起こされます。

焦りやイライラを感じたときは何かしらの原因があるはずなので、原因を突き止めれば落ち着いて冷静な対応をすることができるでしょう。

 

自分自身で原因を突き止めようとする意識を持てば、間違った行動を取るリスクも減ります。

ここでは、焦燥感に駆られてしまう原因について紹介していきます。

 

時間に追われている

焦燥感に駆られる原因の一つは時間に追われていることです。

特に仕事の納期が迫っているときに感じやすく、キャリアアップのために頑張っているのに思うような成果が出ないと余計に焦ってしまいます。

 

るべきことがたくさんあると時間が足りないと感じてしまい、自然と自分を追い込んでしまうのです

時間は有限なので自分にとって本当に必要なことは何かを見極めることが大切です。

 

心に余裕がない

心に余裕がないことも焦燥感に駆られる原因になります。

自分のことで頭がいっぱいになると、恋人や家族との時間を後回しにしてしまいがちに。

心に余裕があれば「大したことないな」と受け流すことができていたのに、心や気持ちに余裕がないと、他人からの些細な言動がいちいち気になり心に刺さってしまうのです

 

他人と比較しがち

  • 同年代の人たちが結婚していく
  • 同僚(後輩)が出世した
  • 友達の方がSNSのフォロワーが多い

など、他人と比較してしまうことで劣等感から焦りや不安を感じてしまい、できない自分が嫌いになることがあります。

しかし、周りがそうしているからと自分の行動を合わせて決めてしまうことは、結果的に自分のためになりません。

他人を意識するときは自分がどうしたいのかを考えることが大事です

 

完璧主義すぎる

物事を完璧にこなす努力は素晴らしいものですが、完璧主義すぎると自分を追い込んでしまい焦燥感につながります。

「これくらいで十分」という判断ができないため、いつまで経っても自分の仕事に満足できず、さらに焦燥感が募ってしまいます。

 

また、完璧を求める人は取り組む前からあれこれと頭で考えてしまい、結果的に動けなかったということにもなりがちです。

そんな自分に対してまた苛立ってしまうという悪循環を招いてしまうこともあります

 

激しい不安感はうつの可能性も

焦燥感が強いときはうつ病の可能性もあるといわれています。

イライラが長期間続いていたり嫌なことを考え続けていたり、そういった背景には、不安障害などの精神疾患が隠れているかもしれません

休養をとっても激しい不安症状から逃れられず、

  • 仕事に行くことが辛い
  • 食欲低下
  • 睡眠不足

などの身体症状が続くようなときは専門医に相談してみることをおすすめします。

 

焦燥感を和らげるための対処法


日々の生活の中で不安や心配事は避けられませんよね。

焦燥感に駆られると人間の身体や心に強い影響を与え、仕事や人間関係に支障をきたす場合もあります。

 

焦燥感を感じたときの解決方法として、生活習慣や自分の行動を振り返るなど気持ちをコントロールするのが良いでしょう。

最後に焦燥感を和らげるための対処法を紹介します。

 

生活習慣を見直す

焦燥感に駆られたときは生活習慣を見直した方が良いでしょう。

深夜まで起きていることが多く睡眠が不足していたり、好きなものばかり食べるような生活を続けていると、体だけでなく心にも悪影響を与えてしまいます。

1日のサイクルをしっかり作って生活の質を高めていくことで、体調に良い影響をもたらすだけでなく、ストレスも減って焦りやイライラも解消されますよ

 

ゆとりを持って行動する

焦燥感に駆られないためにはゆとりを持って行動することが大事です。

たとえば、「機械学習を◯日の◯時までに」「明後日までにデータ分析が必要」など期日がある仕事は、2〜3日前に自分の期限を決めて進めることで余裕が生まれ、焦ることも少なくなるでしょう

好きな人とのデートでも、目的地までのルートや電車の時間などを事前に調べておけば焦ることがなくなるだけでなく、余裕のある大人に見られますよ。

 

他人と比べない

他人と比較をしてしまうと自分との差を感じて焦燥感に駆られてしまいます。

しかし、他人と比較しても自分の状況は変わりません。

自分にとっての幸せは何かを考えて、やるべきことに専念すれば焦る必要もなくなるでしょう。

焦燥感を減らすためには他人ではなく、自分を中心に考えることが大切です

 

休日は仕事のことを考えない

焦燥感に駆られた状況が続くと身体に支障をきたすこともあります。

そのため、休日は仕事のことを忘れてリフレッシュしましょう。

 

仕事のことを考えず好きなことに没頭したり、友達や好きな人との時間を楽しんだりすることで焦っていたことが気にならなくなります。

また、オン・オフをしっかりと切り替えることで結果的に仕事の効率を上げる効果もありますよ

 

自分のために時間を使う

焦燥感を感じたときはお菓子を食べたり本を読んだりして、自分の好きなことをしてみましょう。

追い詰められた状態では良い成果を出すことはできません。

自分のための時間を意識的に作れば頭がスッキリして、仕事もはかどることでしょう

また、焦燥感を強く感じるときほど、冷静になって落ち着ける時間を作る工夫が大切です。

 

恋に焦燥感は禁物!ゆとりを持って相手と接するようにしましょう。

焦燥感は「焦って苛立っている」状態を意味する言葉です。

焦燥感に駆られると心に余裕がなくなり、自分だけでなく仕事や人間関係にも悪影響を与えてしまいます。

その原因として時間や気持ちに余裕がないことが挙げられます。

焦りを感じたときは少し立ち止まり、ゆとりを持って相手と接することが大切です

 

恋愛においても焦燥感に駆られて好きな人の気持ちが分からなくなったときは、一度冷静になりましょう。

些細なことで焦燥感に駆られてしまうと、その気持ちが言動に表れてしまい、失恋の原因にもなってしまいます。

焦燥感を上手にコントロールして、素敵な恋愛をしてくださいね。

 

まとめ

  • 焦燥感は「焦ってイライラしている状態」を指す言葉
  • 焦燥感に駆られると精神面に大きな影響を与える
  • 強い焦燥感に長期的に駆られる場合、うつ病の可能性もある
  • 生活習慣の改善や他人との比較をやめれば焦燥感が和らぐ

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2700万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 会社を辞めたい理由ランキング|退職前にやるべきこと・辞める判断方法とは

  • 反骨精神がある人ってどんな人?意味や特徴、メリット・デメリットを解説

  • BBQやキャンプ好きのアウトドア女子のモテる特徴&おしゃれコーデを紹介

  • 生きるのが辛い人へ|辛くなる瞬間や前向きに過ごす方法・名言を紹介

この記事も一緒に読まれています

  • 花嫁リップとは?人気のオペラ5番を含むプチプラ&デパコスランキング

  • 依存体質かも…何かに依存してしまう人の特徴や原因とは?治し方も紹介!

  • あざとい女は男にモテる!あざとい女の意味や特徴・モテテクニックを紹介

  • うざい友達の特徴を徹底解説!鼻につく友達の上手な対処法・付き合い方

  • 誘い受けの意味とは?その気にさせようとする男女の特徴や対処法を紹介

  • ハグが人にもたらす嬉しい効果とは?毎日ハグ健康生活でストレス徹底解消

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 焦燥感とは?意味や使い方・焦燥感に駆られる原因と和らげるための対処法