1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 余計な一言が多い人の心理とは?言われたときの対処法&治し方も解説!

余計な一言が多い人の心理とは?言われたときの対処法&治し方も解説!

特徴
この記事は約 10 分で読めます。

言わなくてもいいことを言ってしまう、いわゆる「余計な一言」が多い人っていますよね。

言われた側からすれば、「そんなこと言われる筋合いないけど?」とイラっとすることもありますし、うっかり言ってしまったなら「あぁ、余計なことを言ってしまった」と後悔することもあるかもしれません。

この記事では、余計な一言が多い人の心理や言われたときの対処法、治し方などを解説します

 

余計な一言が多い人は損をする

余計な一言が多い人は、なんだかんだ損をする場合が多いでしょう。

言っている側は何も考えずに発言していることが多いですが、言われた側はイラッとしているため忘れないはずです

余計な一言が多いと、たとえどんなに普段の生活態度がいいとしても、「あいつは一言多くてカチンとくる」と周りから距離を置かれることもありますし、上司からの評価も下がってしまうかもしれません。

取引先にそんなことをすれば、大事な商談が水の泡になる可能性だってあります。

恋愛でも一言多い人は「いい人だとは思うけど…」と思われてしまい、あと一歩のところで恋が実らないことも少なくないでしょう。

 

余計な一言が多い人には「故意型」と「無意識型」の2パターンがあります

故意型の人は、相手に不快な思いをさせることを理解した上で発言するタイプですが、ゆえに心がけ1つで言わないようにすることも可能です。

一方の無意識型の人は、悪気がなく相手を傷つけてしまうため、ある意味1番たちが悪いかもしれません。

 

【例文】余計な一言あるある

次は余計な一言あるあるの例文を紹介します。

 

ディスるような発言

余計な一言として、暗に相手を否定したり侮辱したりするような言い方が挙げられます。

  • 「中卒なのにそんな仕事もできるんだね」
  • 「君はスタイルも抜群だし話も上手いけど顔がイマイチなんだよなぁ」

普通に会話しているだけなのに、さりげなくディスってくる人っていますよね。

誉め言葉があったとしても、余計な一言があるだけで言われた側は傷つくでしょう。

 

自分が言いたいことの先回り発言

話を先回りして奪うようなカタチで相手の話す気をなくさせる発言も、余計な一言です。

・「この間ディズニーランドに行ったんだけどさ…」
⇒「あ~行ったんだ?今イベントやってるよね、超微妙だったけど(笑)」

・「最近話題のあの映画観てきた!でね、」
⇒「それ観た~!続き絶対あるわ~って感じの気になる終わり方だったよね!」

最後まで話を聞かず、途中で食い気味に入ってこられると、なんだかイラっとしますよね。

 

いらぬアドバイス

求めてもいないのにアドバイスをされると、余計な一言だと感じる人も少なくないはずです

中にはセクハラ発言ではないかと取れるような発言を繰り返す人も存在します。

  • 「結婚しないのか?結婚しないと人間として大きくなれないぞ~」
  • 「ダイエットするんだ~、頑張ってね!痩せないとモテないもんね?」

男性でも女性でも、上下関係で上の立場の人が言うことが多く、立場上聞かざるを得ないこともあるのがもどかしいですね。

 

聞いてもないことまで回答

質問されたことだけを答えればいいのに、ついつい余計な一言を言ってしまう人も多いです。

・「白のジャケットと黒のジャケットどちらにしますか?」
⇒「黒は縁起が悪いので白にします」

・「彼氏と付き合ってどれくらい経つの?」
⇒「今まで付き合った人数が30人くらいいて、いつも長続きしないんだけど、今の彼とは半年続いてるよ!」

「そんなことは聞いてない!」「聞かれたことだけ答えろよ!」とツッコみたくなる返事です。

たまになら気にならなくても、毎度こんな感じなら、何も聞きたくなくなってしまいますね。

 

わかってましたアピール

わかってましたアピールをする人も少なくありません。

  • サスペンスを観て…「なかなか面白かったね。やっぱりこいつが真犯人だったか~って感じだけど」
  • 他人のミスを見て…「失敗だったね。こうなると思ってたわ~」

言われた側は「本当にわかってたの?」「わかってたなら先に言ってくれればいいのに」と、発言者に対して不快な気持ちになるでしょう。

 

上から目線の発言

上から目線で余計な一言を発言する人は、ただでさえ不要な言葉で不快なのに、さらに人をイラっとさせています。

  • 「話の意味通じてる?もう1回説明するね」
  • 「またか~…なんでこれくらいのこともできないわけ?」

上から目線な発言は、素直に受け止められなかったり、反発心が出たりすることもあるので、多くの人を敵に回すことがあります。

 

余計な一言が多い人の心理

余計な一言が多い人は、必ずしも嫌な奴というわけではありません。

ではなぜ余計なことを口走ってしまうのか、余計な一言が多い人の心理を解説します。

身近に思い当たる人がいたら、余計な一言を発する理由について分析してみてください。

 

純粋に褒めているだけで悪気はない

余計な一言が多い人は、純粋に褒めているだけで悪気はないことが多いです

こちらは前述した無意識型の人に当てはまる心理です。

このタイプの人は、自分が思ったことがすぐに口から出てしまい、相手がどう感じるかということまでは気をまわすことができません。

たとえ考えたとしても根本的に感覚がズレているため、「褒めたのになんで機嫌悪くなっているのだろう?」と、理解できない場合がほとんどです。

一般的に言われたら不快に感じることでも、このタイプの人にとっては「私なら褒め言葉として受け止めるのにな」と相手の心情を読み取ることができません

そのため、人間関係が薄っぺらくなりやすいのが特徴です。

 

相手のことが心配

余計な一言が多くなってしまうのは、相手のことを心配する気持ちからきている場合もあります。

これは俗にいう「余計なお世話」というやつで、相手からすれば放っておいてほしいのに、その人のためを思って勝手にいろいろと情報を集めたり、お節介を焼いたりしてしまうのです

相手のことを心配に思う気持ちは優しさかもしれませんが、無意識的に余計な一言を放ち相手が不快に感じれば、それはただのお節介でしかありません。

 

もっと自分のことを見てほしい

余計な一言が多くなってしまう原因として、もっと自分のことを見てほしいという心理が大きい人もいます。

このタイプは自己顕示欲が強く、他者からの注目を集めたいがために余計な一言を言うケースが多いです

 

自分のほうが優位であることを主張したい

競争社会の日本では仕方のないことかもしれませんが、自分のほうが優位であることを主張する目的で、余計な一言が多くなってしまう人もいます。

余計な一言だとわかっていても、相手よりも優位に立って心を安定させようとして、牽制する意味を込めてわざと言ってしまうタイプです

とくに狩猟本能が備わっている競争心の強い男子は、職場のライバルに対してマウントを取るような発言をしてしまうことも多く、周りからすれば「そんなこと言わなきゃいいのに」と思われている傾向があります。

 

場の空気を和ませたい

場の空気を和ませたい一心で、結果的に余計な一言を言ってしまう人もいます。

このタイプも悪気があるわけではなく、自分がいる環境をとにかく穏やかなムードにしたいと思っているので、不穏な空気を感じ取ると考えなしに何かしら発言をします

しかし、空気を読む力が優れているわけではないので、むしろKY発言になっていることも少なくありません。

 

同僚・友達・彼氏・彼女…余計な一言を言われたときの対処法

同僚だろうが友達だろうが、余計な一言を言われたときはカチンときますよね。

そんなときにおすすめの対処法を紹介します。

 

「本音を言ってくれている」とポジティブに考える

余計な一言を言われたときは、心を広くして「本音を言ってくれている」とポジティブに考えることがおすすめです。

内容によってはデリカシーがなさすぎて、どうにもこうにもキレたくなるときもあるでしょう。

しかしそんなときでも深呼吸して、「この人は嘘をつけないから本音を言っているんだ」とプラスに考えるのです

デリカシーがないことを言われれば誰だって嫌ですし、楽しくありません。

ただ、全くの嘘なしで本音を言ってくれる人もそうそういないはずです

多少不愉快に感じても、「こういう風に自分は見られているのか」と素直に受け止めることもときには必要かもしれませんよ。

 

真に受けず軽くかわす

余計な一言を言われたら、ときには真に受けず軽くかわすことも大切です。

余計な一言を言う人は、相手の気持ちを考えないタイプの人が多く、コミュニケーション能力が高いとはいえません。

そういった人たちの言葉に毎回目くじらを立ててイライラするのは時間の無駄です

「はいはい、そうだねー」くらいに流して、真に受けないようにしましょう。

 

つい余計な一言を言ってしまう…そんな人におすすめの治し方

自分でも「つい余計な一言を言ってしまう」と感じている人もいるでしょう。

余計な一言を言う人が他人にいい印象を与えるのは困難です。

そういう自分を改善したいと思う人のために、治し方を紹介します。

 

言葉が喉からでる前に一度考える

つい余計な一言を言ってしまう人は、言葉が喉からでる前に一度考えるようにしましょう。

「自分の発言で相手はどう思うか」ということを常に考えることで、「もしかしたらこれは言わないほうがいいのかもしれない」ということが段々わかってくるはずです

思ったことをぽんぽん口に出さないで、その後の会話の流れや空気も頭の中でシミュレーションをしてみることがポイントです。

 

ゆっくり話すことを心がける

ゆっくり話すことを心がけるのも、余計な一言を言わないようにするためのポイントです。

余計な一言を言う人は、相手の話を聞かずにスピーディーに話を展開させることも少なくありません。

スピード感のある会話だと、よく考えないでうっかり不要な言葉を発言してしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも予防策としてゆっくり話すことを心がけ、自分の言葉を今一度頭の中でチェックしましょう

 

余計な一言ではなく相手を喜ばせる一言を添えよう!

余計な一言を言う人には、いろんな特徴や理由があります。

余計なことを言われて嬉しい人はいませんし、自分で自分の価値を下げてしまっている可能性大です。

余計な一言ではなく、相手を喜ばせる一言を選ぶことができれば、自身の価値も上がりますし周りからも好かれるようになるはずです

改善したいという人は、自分ができそうな方法から試してみてくださいね!

 

まとめ

  • 余計な一言を言う人には「故意型」と「無意識型」の2パターンがある
  • 余計な一言を言ってしまうのは、「相手のことが心配」「もっと自分を見てほしい」「自分の優位性を主張したい」などの心理がある
  • 余計な一言を言われたら、本音を言ってくれていると前向きに考えるか、真に受けないことが大切
  • 余計な一言を言わないようにするには、口に出す前にもう一度シミュレーションし、ゆっくり話すようにしよう

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ヘッピンゲン

ヘッピンゲン

自分の経験を元に、みなさんの探している答えが見つかるような記事を書いていきます!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 「情熱的」の意味とは?情熱的な人の特徴や情熱的な恋について紹介!

  • 癒しオーラ満載!天使のような人の特徴&天使みたいな女性になる方法を紹介

  • 比較する生き方を卒業!人と比べないで生きていくための秘訣を徹底解説!

  • 「懐が深い」の意味とは?懐が深い人の特徴や好かれる理由を徹底解説!

この記事も一緒に読まれています

  • 彼女ができない原因はコレ!モテない男の10個の特徴と対策を徹底解説

  • 「負のスパイラル」の意味とは?陥る原因や抜け出す方法を徹底解説!

  • 気になる彼は胸フェチ?おっぱい星人な男性の特徴や見抜き方を伝授!

  • 魅力たっぷり!ロールキャベツ男子の特徴・恋愛傾向・攻略法を徹底解説

  • 女性必読!男性が胸キュンする「可愛い女の子だなぁ」と想わせる特徴とは

  • 冷静な人の特徴や心理は?どんな性格?好きなタイプ・嫌いなタイプも紹介!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 余計な一言が多い人の心理とは?言われたときの対処法&治し方も解説!