1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 高齢出産にリスクはつきもの?3つの理由と妊娠・出産リスク、問題解決法

高齢出産にリスクはつきもの?3つの理由と妊娠・出産リスク、問題解決法

特徴
この記事は約 8 分で読めます。

晩婚化が進む今、誰もが高齢出産になる可能性を無視することはできません

そこで今回の記事では、知っておきたい高齢出産にまつわるリスクやそうした問題の解決方法について紹介していきます

仕事が忙しくて結婚が後回しになっていた人や、35を過ぎてようやく子供が欲しくなった人など、高齢出産の可能性がある女性はぜひ参考にしてください。

 

「高齢出産」って何歳から?

初婚年齢自体が上昇している現在、昔よりは高年齢で出産する人は珍しくなくなりました。

しかし、そもそも「高齢出産」とは何歳からの出産を指すものなのでしょうか。

まずは高齢出産の定義やその割合について見ていきましょう。

 

厚生労働省のグラフによると…

日本産婦人科学会の定義によれば、高齢出産とされるのは「35歳以上での初産」です

一方、二人目、三人目であれば35歳以上であっても高齢出産には該当しません。

35歳を過ぎた頃から女性の体は徐々に妊娠しづらくなり、また流産や難産といった出産リスクの可能性も上昇していきます。

ゆえに35歳というのは出産において、ひとつのターニングポイントとなる年齢といえるでしょう。

 

しかし、近年の年齢別出生数の割合を調べたデータ(※2016年)によれば、35歳以上での初産の割合は全体の3割近くを占めています。

うち35~39歳までがもっとも多く、40代以降での出産も5%以上存在しています。

30代後半や40代で初産を経験する「高齢出産」は決して珍しくはないことなのです

とはいえ、若いころよりも高齢出産の方がさまざまなリスクが上がるという部分は見逃せません。

リスクとメリットを比べた上で「結婚」や「出産」への準備をすることが、自身のライフプランにおいても重要であるといえるでしょう。

参考元:https://www.mhlw.go.jp/content/12401000/000488877.pdf

 

高齢出産になぜリスクが多い?3つの理由


あらゆる妊娠・出産にはリスクがつきものですが、母体自身に体の衰えが見え始める「35歳以上の出産」では、子供への影響の可能性を無視することはできません。

続いては、高齢出産においてリスクが増えてしまう理由について解説していきます。

 

卵子の老化

人間の体は加齢とともに衰えていくものです。

卵子についても例外ではなく、年齢とともに老化が進むのを避けることはできません。

20代と30代ではどうしても卵子の質に差が出てきてしまいます。

老化した卵子は染色体異常などのリスクが高くなりやすいです。

 

また、男性側もこうした老化とは無関係ではありません。

精子も年齢とともに減少・老化してしまうため、35歳以上のカップル間では徐々に自然妊娠が難しくなってしまいます

 

遺伝

両親のいずれかに染色体異常がある場合、胎児に遺伝する可能性があります

この場合、親に症状がなくとも隠れた染色体の異常構造を保有していれば、それが子供に発現してしまうことがあるのです。

 

環境による影響

空気中の汚染物質や放射線など、環境が赤ちゃんに影響を与える可能性もあります。

さまざまな自然環境の変化が人間の体に影響することで、遺伝子が傷ついてしまうことがあるからです。

また、妊娠期の感染症が大きく影響することもあります

胎児の染色体異常や遺伝子異常といったリスクの他に、風疹のように先天性の障害を引き起こすものも存在します。

 

初産でも経産婦でも高齢出産に起こりうるリスクとは?

いくら医学が発達したとはいえ、妊娠・出産に伴う危険はゼロではありません。

続いては初産・経産婦関係なく起こりうる高齢出産でのリスクについて見ていきましょう。

 

リスク1.流産する恐れがある

流産は全妊娠において15%前後は起こる可能性があるものです。

どんな人であっても多少のリスクが存在しますが、流産率は出産年齢が上がるとともに上昇していきます。

 

流産の主な原因は染色体異常によるもの

母体の年齢が上がるとともに、卵子の老化による染色体異常の割合も増えてしまいます。

ゆえに、流産のリスクは高齢出産であればあるほど上昇するのです。

また、出産前後の時期に赤ちゃんが亡くなってしまう「周産期死亡率」も35歳以降から増加傾向にあります。

 

リスク2.子供に障害が残る可能性がある

高齢出産ではダウン症などの障害の発現率が高まる可能性もあります

特にダウン症の原因は卵子の分裂異常による染色体異常です。

こうした卵子の分裂異常には加齢が大きく関わっています。

40代以降での卵子の分裂異常は20代の約10倍ともいわれており、卵子の劣化が染色体疾患などの子供の障害を引き起こす可能性は高齢出産においては無視できない要素です。

 

リスク3.母体への負担

妊娠時には妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、臓器障害など、母体に何らかの影響が出ることも少なくありません。

こうした妊娠合併症の症状が出た場合は、産科のもとで適切に管理されます。

 

しかし、場合によっては出産時の大きなリスクにつながる可能性もあります。

特に40代以降ではこうした症状の発現率は35歳未満の約2倍にもなるため、母体への負担を無視することはできません。

また、「前置胎盤」や「胎盤早期剥離」といったリスクの発現も高齢出産の方が高いです。

 

リスク4.難産になることも

高齢出産での分娩は、難産になる確率も高くなります。

特に初産で高齢ともなると出産時の子宮口が開きづらく、場合によっては「帝王切開」でのお産になることもあります

また、20代や30代前半と比べ体力も低下しているため、産後の回復も時間がかかりがちです。

 

高齢出産のリスクを背負う確率を減らす3つの方法


さまざまなリスクが伴う高齢出産。

できればそうした危険は回避したい、と思う女性は多いでしょう。

最後に、高齢出産のリスクの確率を減らすための方法について解説していきます。

 

医学的には30代前半までの妊娠が望ましい

あくまで医学的見地からですが、できることなら妊娠・出産は30代前半までが望ましいです。

年齢が上がれば上がるほど妊娠率は低下し、出産に関わるリスクが上昇するのは避けられないからです。

 

とはいえ、誰もが理想的な時期に妊娠できるわけではありませんよね。

結婚年齢やライフプランの影響で高齢出産の可能性が高い、ということであれば早めに産科・婦人科に相談するのがおすすめです。

また、妊活しているにも関わらずなかなか妊娠しない、という場合も早期に産婦人科医に相談したほうが良いでしょう。

 

不妊治療は早めに行う

35歳を過ぎると高齢出産でのリスクの他に、そもそも妊娠しづらいという可能性が出てきます。

不妊も年齢の上昇とともにリスクが高まるため、なるべく早期のうちから治療を行うことが大切です。

 

40代を過ぎると一般的な不妊治療での妊娠が難しくなり、体外受精などの「高度生殖医療」に頼らざるを得なくなってしまうかもしれません。

金銭面や体への負担も大きいため、妊娠を望むなら早めに不妊治療をはじめることをおすすめします

不妊治療についてもっと詳しく知りたい人は、不妊治療病院レビューや医師監修本に目を通してみましょう。

 

事前に検査することもできる

妊娠したもののどうしても不安がある、という場合はリスクを事前に検査(出生前診断)することも可能です。

母体の血液を検査する「母体血清マーカーテスト」や胎盤の一部を利用する「絨毛検査」、羊水を採取する「羊水検査」などの検査手段があります。

これらの出生前診断はマーカ―テストであれば1~2万程度、絨毛検査や羊水検査は10~20万程度の費用が必要ですが、市区町村によっては補助の対象となる場合もあるため情報を集めておくと良いでしょう。

 

また、絨毛検査と羊水検査は検査の確度が高い「確定的検査」ではありますが、母子ともに負担が大きいという点は注意が必要です。

ただし、検査結果を理由に中絶することは法的には認められていません。

胎児の状態を事前に知ることで、その後の出産や育児に対する心構えも変わるでしょう。

よくパートナーとも相談して、妊娠した場合の出生前診断の必要性などを決定することが大切です。

 

出産・育児共に力を合わせられる男性と恋をしよう!

高齢出産の場合は多くのリスクが伴います。

母体への負担や子供の障害の発現率の上昇など、決して無視できない要素が多いです。

特に母親側は妊娠初期のつわりが辛かったり、妊娠高血圧などの合併症に悩まされたりすることも少なくありません。

また、出産後の育児でも思わぬトラブルに見舞われる可能性もあるでしょう。

リスクの多い35歳以上での妊娠・出産を望むなら、しっかりと協力しあえるような男性と恋愛することが望ましいです

大人女子の恋活・婚活相手には「出産・育児に協力的」という部分を重要視することも大切になるでしょう。

 

まとめ

  • 高齢出産とは「35歳以上での初産」を意味する
  • 近年、高齢出産の割合は全体の3割を占めており、珍しくはないものとなりつつある
  • 高齢出産では卵子の劣化やそれに伴う染色体異常、環境による影響といったリスクが高まる
  • 35歳以上の出産では、流産や母体への負担、難産といったリスクが起こりやすい
  • 高齢出産におけるリスクの確率を減らしたいなら、早めの不妊治療やパートナーとの話し合いが重要

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

小野塚 晴子

小野塚 晴子

読書好きのインドア派です。恋に消極的な人にも楽しめるような記事を目指します!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 早く結婚したい女性心理や結婚する方法、男性心理を刺激する4つのテク!

  • キスのとき唇をハムハムする男性心理とは?対応方法、最高のやり方を紹介

  • 子供嫌いな人の抱える心理や理由、4つの原因&特徴、克服方法を徹底解説!

  • 婚外恋愛とは?不倫とどう違う?主婦がハマりやすい理由&危険な5つの理由

この記事も一緒に読まれています

  • 「従順」の意味とは?従順な人の特徴・心理・付き合い方を徹底解説!

  • シングルファザーあるあるとは?再婚やよくある悩みも徹底解説!

  • 断れない人の特徴や心理とは?断れない性格を変えるための方法も解説!

  • 綺麗好きな人の性格と心理の特徴は?付き合うメリット&デメリットも解説!

  • 意外と自分では気づかない!?目が死んでる人の特徴や改善策を紹介!

  • 話が長い人は疲れる!話が長くなる理由や特徴、切り上げ方・対処法まで紹介

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 高齢出産にリスクはつきもの?3つの理由と妊娠・出産リスク、問題解決法