1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 仕事でケアレスミスが多い人の特徴・原因7選や対策する方法を紹介!

仕事でケアレスミスが多い人の特徴・原因7選や対策する方法を紹介!

特徴
この記事は約 9 分で読めます。

不注意などが原因で起こる「ケアレスミス」は、大きなミスにつながる可能性のある怖いものです。

学生の頃、学校や塾で指摘された経験のある人もいるでしょう。

ビジネスの場においてもケアレスミスはなるべく予防したいもの。

今回の記事では、仕事でのケアレスミスが多い人の特徴や予防するための対策法について解説していきます

 

仕事でよく耳にするケアレスミスとは?

ケアレスミスとは、本来なら問題なくできるにも関わらず不注意や集中力不足のせいで発生する簡単なミスのことです。

単純な転記ミスや暗算ミス、問題文の読み間違いや思い込みミスなどは、代表的なケアレスミスといえるでしょう。

誰にでも起こりうる間違いともいえますが、あまりに頻度が多いのは問題です。

疲れのせいで簡単な計算ミスをしたり、勘違いでお得意様との約束時間を間違ったりと、1つ1つは小さなまちがいでも、積み重なっていけば信用を失うことになりかねません

周囲も「あの人はケアレスミスが多いから…」と、重要な仕事を任せてくれなくなるでしょう。

場合によっては小さなミスがクリティカルミスを引き起こす可能性もあります。

ケアレスミスの発生率が高いと感じているのなら一刻も早く対策をとることが大切です。

 

ケアレスミスが多い人の特徴・原因7選

ケアレスミスが多い人には、共通した特徴や原因が存在します。

以下の特徴に当てはまることが多い場合は、ケアレスミス防止改善のための対策が必要といえるでしょう。

 

集中力が保てない

ケアレスミスが多い原因としては、はじめに集中力のなさが考えられます。

そういう性格というよりは、集中力が保てないような働き方をしている可能性が高いです。

一般的に集中力は「朝~午前中」がもっとも高いとされています。

そのため、ミス防止対策のためには午前中のうちに複雑な仕事を済ませるのがおすすめ。

逆に、夜遅くまでの残業や徹夜の勉強法は集中力を散漫にするため、ケアレスミスが多くなる可能性があり注意が必要です。

 

子供の頃から焦りやすい

同時に複数のことを頼まれるとテンパってしまう、イレギュラーなことが起こるとパニックになってしまうといった特徴のある人も要注意です。

こうしたタイプの人は子供の頃から焦りやすく、中学受験などの重要な場面でミスしてしまった…なんて経験もあるのではないでしょうか。

焦りやすい人は情報過多になりがちな「マルチタスク」が苦手

複数のことを同時に行うと一気にパニックになって、ケアレスミスが発生しやすくなるのです。

 

脳がお疲れモード

最近やたらケアレスミスが増えた…という場合は、脳がお疲れモードなのかもしれません。

脳は、睡眠不足やストレスの影響で疲れてしまうことがあります。

脳疲労が起こると、集中力や注意力に関わる「ノルアドレナリン」や心身を安定させる効果のある「セロトニン」という2つの脳内物質が減少し、倦怠感や集中力不足につながります。

ストレスが溜まっていたり不規則な生活が続いている人は、脳疲労のせいでケアレスミスが起こっている可能性が高いです。

 

物忘れがひどい

ケアレスミスの多い人には、物忘れがひどいタイプも存在します。

「いわれたことをすぐ忘れてしまう…」「約束をうっかり忘れていた」、このようなミスが多い場合は脳が老化している可能性大!

年齢に関係なく脳の老化は起こるため、若い人でも油断はできません。

すべてスマホ任せにして、『自分で記憶する』『自分で考える』機会が少なくなっていると脳老化は起こりやすくなります。

忘れっぽい人はそうした脳機能を意識的に使うことで、ケアレスミスを予防できるでしょう。

 

自信過剰なタイプ

自信過剰なタイプもケアレスミスをしやすいです。

自分の行動に強い自信があるため、間違いを見逃してしまうのです。

自分がやったことに間違いはない、と思わずに見直しや点検を丁寧に行うことがミス対策としておすすめです。

 

せっかちな性格

せっかちで、どんどん仕事を自分で進めてしまうタイプも要注意です。

とにかく仕事を早くすることに重点が置かれているため、慎重さに欠けケアレスミスが発生しやすくなります

いくら早く仕事を進めても、間違いだらけでは結局やり直しが増えるだけ。

効率よく仕事を進めたいのなら、正確さにも目を向けることが必要です。

 

発達障害(ADHD)の可能性も…

ケアレスミスや落ち着きのなさに悩んでいる人の中には、発達障害(ADHD注意欠陥・多動性障害)が隠れている可能性もあります。

小さな頃に保護者が気づくケースもありますが、大人になってから発覚することも珍しくありません。

ADHDの代表的な症状として挙げられるのは以下の3つです。

  • 落ち着きがない(多動性)
  • じっとしていられず、思いついたことをすぐ口にしてしまう(衝動性)
  • ケアレスミスや忘れ物が多い(不注意)

一見誰にでもある特性に思えますが、小さな頃からこれらの症状に悩まされていたり社会生活の中で生きづらさを感じていたりする場合はADHDが疑われる可能性も。

また、ADHDは不注意や衝動性が周囲に誤解を与えることもあり、それが対人関係のトラブルや心身のバランスに影響することも少なくありません。

ADHDの原因には大脳の前頭前野の働きが関わっているとされ、薬物療法などの治療を受けることで改善が期待できます。

もしケアレスミスの多さやそれに伴ううつ症状などに悩んでいるのなら一度専門医に相談するのがおすすめです。

 

ケアレスミスが多い短所を対策する方法

最後に、ケアレスミスが多い人におすすめの改善策を紹介します。

ミスが減らせれば、より仕事や人間関係での信頼度をアップさせることができるはずです。

 

物事を慎重に扱う

ケアレスミスの多い人は基本的にせっかちで自信家。

そのため『間違いはない』ことを前提に作業をどんどん進めがちです。

しかし、ケアレスミスを減らしたいならもっと慎重さを持つべき。

『ミスは起こるもの』ということを前提に、物事を慎重に扱うよう心がけましょう。

慎重さや丁寧さをもって行動するだけで、これまでよりもずっとケアレスミスの頻度を減らすことができるはずです。

 

身体・精神・脳の状態を健康に保つ

ケアレスミスを減らすためには、身体・精神・脳の状態を健康に保つことが大切です。

疲れや集中力の低下もケアレスミスを招く大きな要因です。

生活習慣を整え、しっかり睡眠時間を確保することができれば身体も脳もスッキリします。

また、ストレスの蓄積やイライラもよくないので、普段から適度にストレスを解消したり運動習慣を取り入れたりするのもおすすめです

心身ともに健全であれば、集中力もアップしケアレスミスも起こりにくくなります。

 

テストや仕事など最後に確認作業する

ミスをしやすい人は確認作業を怠りがち。

テストや仕事の後は、最後に確認作業を取り入れることでケアレスミスを減らせます。

指さし確認やチェックシートなどで、間違いや見落としがないか確認する癖をつけましょう。

作業が終わったことをゴールにせず、再確認をしてこそようやく完了です。

確認作業が当たり前になれば、グッとケアレスミスの数も減らせるでしょう。

 

心配な場合は、他にも確認する人をつける

自分だけの確認作業では心配…という人もいるでしょう。

また、慣れた作業だと自分のチェックでは間違いを見逃してしまう可能性もあります。

より慎重な作業が求められる場合は、他の人にも確認してもらうようにしましょう。

ダブルチェック体制は面倒さを感じるかもしれませんが、他人の目が入ることでより厳密にチェックしてもらうことが可能です。

失敗できない作業の場合は、ぜひ他の人にも確認を頼んでくださいね。

 

日頃から周囲への気配りをする

ケアレスミスが多い、ということは普段から視野狭窄に陥っている可能性があります。

つまり日頃から周りが見えていないということ。

共用物を自分本位に使ってはいないか、バスや電車では他の人に配慮しながら利用しているか、など他人と関わる場面での自分の振る舞いを振り返ってみてください

知らず知らずのうちに他人の邪魔になっているようなら、それは気配りが足りない証拠。

日頃からそうした周囲への気配りを心がけていけば、次第に仕事や勉強面でのケアレスミスも減っていくはずです。

 

「〇〇ぱなし」から卒業する

使ったものは出しっぱなし、ゴミは置きっぱなし、などつい「〇〇ぱなし」が癖になっていませんか?

「〇〇ぱなし」が当たり前になっているタイプの人は、仕事や勉強においてもやりっぱなしになりがち。

普段の生活でも使ったものは片付ける、ごみはゴミ箱へ、といった動作を自身に学習させることが必要です

そうすれば、仕事や作業の後の確認も当たり前の感覚になっていくはず。

〇〇ぱなしから卒業できれば、きっとケアレスミスの頻度も減っていくでしょう。

 

ケアレスミスが多いのは自分の行動を改めることで改善される!

「自分はそういう性格だから…」「子どもの頃からミスばっかりだったから…」と、ケアレスミスの多さを諦めている人もいるかもしれません。

しかし、ケアレスミスの原因を知り行動の癖を改めれば、そうした失敗を減らすことも可能です。

また、疲れや精神状態がケアレスミスを招いている場合もあります。

ケアレスミスを減らしたいのなら、ミスの起こりにくい作業方法を心がけ規則正しい生活習慣やストレス解消に勤めることが大切です。

ぜひ自分のやり方や生活環境を見直して、ケアレスミスの改善を目指してくださいね。

 

まとめ

  • ケアレスミスとは、不注意や集中力不足などが原因で起こる簡単な間違いのこと
  • 集中力が続かない、焦りやすい、せっかちといった特徴のある人はケアレスミスを起こしやすい
  • ケアレスミスを減らすには、物事に慎重になる、心身の健康を心がける、普段から気配りを忘れないといったことを実践することが大事

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

小野塚 晴子

小野塚 晴子

読書好きのインドア派です。恋に消極的な人にも楽しめるような記事を目指します!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 「センスがいい」と言われる人の特徴は?言葉の意味や外国語での表現を解説

  • 奥二重から平行二重にする方法!自分に合った方法でくっきり二重を目指そう

  • シンプリストとは?シンプリストの考え方とモノの選び方・メリットを解説!

  • 顔タイプ診断|フレッシュタイプの特徴とは?似合う服・髪型・メイクまとめ

この記事も一緒に読まれています

  • 【美意識とは】美意識が高い人の特徴&美意識を高める方法を徹底解説!

  • フェチズム(フェティシズム)とは?意味や原因・フェチの種類13選を紹介

  • フットワークが軽い人に共通する特徴とは?長所&短所・上手な付き合い方

  • モラハラ男の特徴とは?見分け方・チェック方法・心理・対処法を徹底解説!

  • 孤独感でいっぱい…孤独を感じる原因&孤独で辛いときに楽になる方法

  • 「唯一無二」の意味とは?正しい使い方を解説!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 仕事でケアレスミスが多い人の特徴・原因7選や対策する方法を紹介!