1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 亭主関白の意味とは?亭主関白になりやすい男性の特徴・うまくやっていくコツ

亭主関白の意味とは?亭主関白になりやすい男性の特徴・うまくやっていくコツ

特徴
この記事は約 8 分で読めます。

「亭主関白」というと、頼りがいはあるけど前時代的で面倒そう…というイメージが少なからず付きまとうものです。

とくに自分の彼氏が亭主関白っぽい場合「このまま結婚して大丈夫かな?」と不安になることもあるでしょう。

今回の記事では、亭主関白になりやすい男性の特徴やうまくやっていくためのコツを紹介していきます

 

亭主関白の意味とは

亭主関白(ていしゅかんぱく)とは、家庭内において亭主(夫)が関白(権力者)のように支配的に振る舞うさまを意味します。

亭主関白のもとでは妻は夫に従順であることが望まれるため、女性側からすると少々窮屈なように思えるかもしれません。

しかし、戦後から平成初期あたりまではある意味理想的な家族像とされてきました。

亭主関白は夫が権力者であるかわりに、家庭の采配や経済については責任を持つ必要があります。

専業主婦の多かった時代において亭主関白は、妻側にとっても安心できる形だったのです。

一方、共働き世帯が当たり前となった現在では「亭主関白」はあまり意味をなさず、やや古風で時代遅れのイメージとなりつつあるといえるでしょう。

 

モラハラとの違い

妻の意見を聞かず強権をふるう、というと「モラハラ」がイメージされます。

しかし、亭主関白とモラハラはイコールといえるのでしょうか。

モラハラとはモラルハラスメントの略であり、道徳や倫理に反する方法で相手を追い詰め、思い通りにすることです。

相手の人権を認めず、言葉あるいは暴力で徹底的に服従させる行為であり、決して許されることではありません。

対して「亭主関白」の場合、主な決定権は夫にありますが妻の意思は尊重されます

亭主関白的な振る舞いをする人がモラハラ加害者になるパターンもありますが、亭主関白そのものはモラハラとは違うものです。

通常の亭主関白であれば、家庭内で立ててもらいたがるものの理不尽に相手を傷つけるようなことは決してしないでしょう。

もしパートナーが亭主関白的な気質なら、ただの亭主関白なのかモラハラ夫予備軍なのかをしっかり見極めることをおすすめします。

 

亭主関白になりやすい男性の特徴

続いては、亭主関白になりやすい男性の特徴を紹介します

 

人に感謝を伝えるのが苦手

亭主関白になりやすい男性は、基本的にプライドが高く照れ屋です。

そのため、自分の気持ちをいちいち口にするのは恥だと思っているところがあります

このタイプは、他人、とくに女性から何かしてもらってもストレートに感謝を伝えることができません。

「ありがとう」をなかなか言わない男性は、亭主関白になる可能性が高いのです。

 

理想の女性像が凝り固まってる

亭主関白タイプの男性は、女性や結婚に対する考え方が古風です。

理想の女性像も「三歩下がってついてくるタイプ」「料理や掃除が得意」といったふうに凝り固まっていることが多いです。

理想のタイプが古臭いな…と感じる男性は、亭主関白になりやすいでしょう。

 

自分の父親が亭主関白

自分の父親が亭主関白だった人は、本人も亭主関白になりやすいです。

育った家庭環境はその人の価値観に大きな影響を与えます。

父親の権力が絶対で母親が従順、という家庭で育った場合はそれが当たり前だと思うでしょう。

そのため、自分が結婚した後も自分の父親と同じように振る舞うのです

 

プライドが高すぎる

亭主関白になりやすい男性には、プライドが高すぎるという特徴があります。

自分自身が一番正しいと思っており相手の意見を受け入れるのが苦手なため、恋人や家族には強権的になりがちです。

また、そのプライドの高さから誤りに気付いても自分から折れることはなかなかないでしょう。

 

いちいち口うるさい

服装や言葉遣いなど、恋人に対していちいち口出ししてくる人は、亭主関白になる可能性が高いです。

亭主関白タイプの男性は頑固で「こうあるべき」という理想像が強いため、そこから少しでも相手がズレていると口出ししたくなってしまうのです。

いちいち口うるさいな…と感じる彼氏は、亭主関白予備軍と考えてよいでしょう。

 

自分の間違いを認めない

亭主関白予備軍の男性は、自分の間違いをなかなか認めません。

このタイプの男性は非常にプライドが高く、たとえ自分が間違っていたとしても謝りたくないと思っているからです。

「お前の説明が悪い」など、相手のせいにすることもしばしばです。

 

ちょっとした言動も偉そう

亭主関白になりやすい男性は、ちょっとした言動でも偉そうです。

「お茶」「飯」など単語で会話したり、大した説明もせず相手に察してもらいたがったりすることも多いです。

彼女や妻は自分にかいがいしくて当たり前だと思っているので、つい偉そうな言動になってしまうのでしょう。

 

亭主関白と結婚するメリット・デメリット

リーダーシップはあるものの、ちょっと扱いが面倒な亭主関白の男性。

そうしたタイプとの結婚を考えている場合、上手く結婚生活がやっていけるかと不安になることもあるでしょう。

ここでは、亭主関白な男性と結婚するメリットとデメリットについて見ていきます

 

メリット

亭主関白タイプの男性との結婚で得られるメリットは以下の通りです。

  • 家庭内の重要なことを決めてくれる
  • 家族第一に日々過ごしてくれる
  • 扱いになれれば楽に思える

亭主関白の長所といえば、頼りがいです。

自分が家庭内のリーダーという意識が強いため、困りごとや重要な決断に対しては先頭を切って解決してくれます。

また、普段立ててくれる妻や子どもを心の底では大切に思っているので、家庭を裏切るようなこともしないでしょう。

多少偉そうではあるものの頼りがいのある夫なのは間違いないため、妻側が上手にコントロールできれば円満な家庭が築きやすいです。

 

デメリット

一方、亭主関白タイプとの結婚で考えられるデメリットは以下の通りです。

  • 夫の考えが家族のルールになる
  • 夫婦喧嘩しても謝ってくれない
  • 家事の手伝いは期待できない

亭主関白はみんなの意思が同じ方向であれば、頼りがいのある夫だと思えます。

しかし、意見が合わないと途端に強権的な夫に見えてきてしまいます。

そのため、常に夫の考えがルールでありそれに従わざるを得ないのはストレスになりやすいです。

また、夫婦喧嘩しても謝ってもらえず家事の手伝いは期待できないのもデメリットでしょう。

家事育児をお互い分担しつつ、フラットな夫婦関係を築きたい女性にとっては苦痛かもしれません。

 

亭主関白気質の彼とうまくやっていくコツ

亭主関白タイプの彼氏と結婚したら、どう付き合っていくのがベストなのでしょうか。

最後に、亭主関白気質の彼とうまくやっていくためのコツを解説します

 

たくさん褒めてあげる

プライドの高い亭主関白な夫を操縦するには、たくさん褒めてあげるのがおすすめです。

亭主関白な男性は、女性から頼られたい・尊敬されたいという気持ちが人一倍強いです

仕事面でも家庭面でも、できるだけ相手を褒めることを心がけましょう。

褒めて彼をその気にさせれば、家事や育児も手伝ってくれるようになるかもしれません。

 

わかりやすく頼る

亭主関白な男性には、わかりやすく頼りましょう。

「あなたにしかお願いできないの」と頼ることで、相手の男性心理をくすぐり自尊心を満たすことができます。

もし何かお願いしたいときは、「手伝って!」と命令するのではなく「あなたの力が必要」だと悩み相談のように伝えるのがおすすめです。

 

受け流すのも大切

亭主関白な男性の言動は、ときに女性をイラつかせることがあります。

もともと男性は女性を守るもの、女性は男性を支えるものという意識が強いので、一歩間違うと男尊女卑になりかねません。

いちいち真面目に向き合っていると女性側が傷ついてしまいます

亭主関白なのだ、とある程度割り切って相手の言動を受け流すことも大切です。

 

亭主関白っぽい彼氏は、女性が操る側になると関係がうまくいきやすい !

亭主関白タイプの男性は昔ほど多くはないかもしれません。

しかし、あまりいないタイプだからこそ「どう付き合っていけばいいかわからない…」と悩んでしまうことも多いでしょう。

亭主関白な男性とうまくやっていきたいなら、プライドが高く考え方が古風といった相手の特徴を知っておくべきです。

一見厄介ですが、そのプライドの高さを上手に利用すれば、頼りがいのある夫になってくれるでしょう

ぜひ女性側が上手にコントロールして、幸せなお付き合いを目指してくださいね。

 

まとめ
  • 「亭主関白」とは、夫が家庭内で支配的に振る舞うことを意味する
  • 亭主関白になりやすい男性には、感謝を伝えるのが苦手・プライドが高すぎる・言動が偉そうといった特徴がある
  • 亭主関白タイプの男性と結婚すると、重要なことを率先して決めてくれる・家庭第一で過ごしてくれるなどのメリットがある
  • 亭主関白タイプの男性と結婚すると、夫の考えがそのまま家庭のルールになってしまうといったデメリットがある
  • 亭主関白気質の男性とうまくやっていきたいなら、相手のプライドを上手にくすぐることが大事

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数3000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

小野塚 晴子

小野塚 晴子

読書好きのインドア派です。恋に消極的な人にも楽しめるような記事を目指します!

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 友達と恋人の違いとは?友達から恋人になるきっかけや目指す方法を紹介

  • 元彼が忘れられない女性はどのくらいいる?その理由や未練を断ち切る方法

  • 社会人は出会いがない?【400人に聞いた】出会いのきっかけランキング

  • 【男性100人に質問】元カノは引きずる?復縁したい?未練タラタラ男の行動とは

この記事も一緒に読まれています

  • 生理前&生理中に眠くなる原因とは?とにかく眠いときの対処法を解説

  • 塩顔男子の定義や特徴とは?塩顔イケメン人気俳優ランキングも発表!

  • 年上彼女のあるある発表!年下彼氏を虜にする魅力&嫌われるNG行動まとめ

  • 成功体験を増やすことでメリットがある?自信がない人の特徴や成功体験など

  • ストーカー気質な男女の特徴や心理とは?見分け方や対処法も解説

  • 「理想の上司像」とは?男性・女性が憧れる理想の上司の条件&芸能人を紹介

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 亭主関白の意味とは?亭主関白になりやすい男性の特徴・うまくやっていくコツ