1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 肌が汚い人は汚肌原因を解明!生活習慣を見直して美肌女子を目指そう!

肌が汚い人は汚肌原因を解明!生活習慣を見直して美肌女子を目指そう!

特徴
この記事は約 11 分で読めます。

美しい肌を手に入れることは多くの女性にとって永遠のテーマでもありますよね。

そこでこの記事では、汚肌の特徴や肌が荒れる根本的な原因、肌悩み改善方法まで徹底解説

肌が汚くて悩む女性には嬉しい美肌を手に入れる情報満載ですよ。

メイクで誤魔化す必要のない綺麗なお肌を目指しましょう!

 

「肌が汚い」ってどんな肌?

そもそも肌が汚いとはどのような状態のことを指すのでしょうか?

「肌が汚い」印象になる特徴を6選紹介していきます。

 

シミやそばかすが目立つ

「綺麗な肌は?」と聞かれて、陶器のようにまっさらな肌を想像する人も多いでしょう。

茶色く斑点のように現れるシミやそばかすは、憧れの陶器肌から遠ざけてしまいます。

また、シミやそばかすは年齢を重ねるにつれて増加する人も多く一度できるとなかなか消えないので、若々しさを損なう要因ともなります。

 

ニキビ・ニキビ跡・吹き出物がある

肌トラブルといえばニキビや吹き出物が代表的。

目立つ場所にできて痛みや炎症を伴うこともあるので、容易にメイクで誤魔化せないのも悩みの原因になります。

また、炎症が悪化するとニキビ跡がデコボコと残ることもあり、なめらかな美肌を目指す女性の天敵ともいえるでしょう。

 

毛穴が目立っている

吹き出物などの肌トラブルがなくても全体的な印象を下げるのが毛穴の目立ちです。

特に皮脂分泌の盛んな鼻にできやすい黒ずみ毛穴は『イチゴ鼻』とも呼ばれ、多くの女性の悩みとなっています。

また、頬などの毛穴の開きはファンデーションなどが溜まる原因となり、清潔感のない印象にもなるので日頃のこまめなケアが必要です。

 

パリパリ乾燥肌

うるおったスベスベお肌は多くの人の憧れです。

それとは逆に肌が乾燥していると、皮膚がこわばって化粧ノリが悪く、乾燥が酷いときは白い粉を吹くなど、見た目の印象を悪くします。

また、肌の乾燥は

  • 小ジワやほうれい線
  • 皮脂の過剰分泌
  • 毛穴の開きやたるみ

などの原因ともなるため、肌トラブルや老けて見られる元ともいえるでしょう。

 

肌がたるんでいる

ハリのある肌は明るく美しい印象を与えますが、たるみは顔に影をつくるため暗い印象になり「汚肌」の原因となります

赤ちゃんのようにピンと張って弾力のある肌が美しいと思う人は多いのです。

 

くすみ・クマがある

大きな肌トラブルはないけど、肌が綺麗に見えない要因としてくすみやクマが挙げられます。

くすみ肌とは、

  • ツヤがなく日焼け後の黒褐色のよう
  • 透明感がなく黄ばみが強い
  • 血色がなく青くよどんでいる

などの状態を指し、メイクをしても浮いて見えるのが特徴です。

また、目の下のクマがあるなど、血色が悪く不健康そうな見た目も肌自体のイメージを悪くしがちです。

 

肌が汚い・汚肌予備軍になる7つの原因


ついついやりがちな汚肌予備軍になる7つの原因をまとめました。

無意識でしてしまっている習慣が原因になっていることも少なくありません。

「しっかりスキンケアしているのに肌が綺麗にならない」という人は自分の普段を思い返しながら確認してみてくださいね。

 

紫外線予防を怠っている

紫外線は肌の奥まで届いて、健やかな肌の元となるコラーゲンにダメージを与えます。

シミやシワなどの肌老化は年齢を重ねるごとに誰にでも起こる現象ですが、紫外線はコラーゲンを破壊して肌老化のスピードを早くする作用があるのです

「夏場しか紫外線対策していない」という人は注意が必要です。

 

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは「肌の生まれ変わり」のことで、肌を健康に美しく保つために欠かせない存在です。

肌には一定のサイクルで古い細胞が剥がれ落ちて、新しい細胞へと入れ替わる代謝機能が備わっています。

しかしこのサイクル、いわゆる『ターンオーバー』が乱れると肌細胞は古いままとなり、くすみや小ジワなどの原因となるのです。

 

便秘続き

どれだけ手間やお金をかけても肌が改善されないという人に多いのが、便秘です。

便秘になると腸内で有害物質が生み出されるようになり、吹き出物などの肌トラブルの原因になります。

肌の状態と腸内環境は密接に関係していると考えても良いでしょう。

 

ストレスの蓄積

ストレスは、精神的に人を追い詰める以外にも肌の老化を進める活性酵素を生み出す作用があります

さらに、免疫機能を低下させて肌代謝を妨げたり、男性ホルモンを増加させ皮脂分泌を過剰にしたりと、さまざまな肌トラブルを引き起こす要因ともなるのです。

そんな肌トラブルはターンオーバーのサイクルを狂わせ、悪循環を生み出してしまいます。

 

運動を全くしない

運動をすることは、「成長ホルモン増加による代謝の活性化」「血液循環をUPし、コラーゲンの生成を促す」など、人体にさまざまなメリットを招きます。

逆に、運動しないことはターンオーバーの乱れやコラーゲン不足を引き起こすため、肌老化のスピードを早める原因ともなります。

 

正しいスキンケアができていない

スキンケアを人から学ぶ機会は少なく、自己流で行っているという女性も多いですが、中には誤ったスキンケア方法が肌トラブルを引き起こしているケースもあります。

正しいスキンケアとは、

  • スキンケアの仕方や手順など基本を押さえる
  • 自分の肌タイプにあわせたスキンケア
  • 水分・油分の調整など季節や月経周期に合わせたスキンケア

などが挙げられますが、誤ったスキンケアをしているとどれだけいい美容成分の入った化粧水や美容液でも効果を発揮することができず、逆効果になることもあります。

関連記事や美容家本から勉強しながら、正しいスキンケアを目指しましょう。

 

メイク用品に菌が増殖している

スキンケアグッズばかりに注目がいき意外と見落とされがちなのがメイク用品のメンテナンスです。

メイク用品は肌に直接触れるため、雑菌が付着しているとニキビなど肌トラブルの原因ともなります

特に、皮脂を吸着しやすいスポンジやブラシは、密閉されたポーチやカバーの中で雑菌が繁殖しやすいため、汚れたままで使用するのは危険です。

 

もう肌が汚いなんて言わせない改善方法

肌を綺麗にするためにはどうしたらいいのでしょうか。

もう誰にも肌が汚いなんていわせない汚肌改善方法を8つ紹介していきます。

 

生活習慣の見直し

肌を改善するには日頃からの積み重ねが必要です。

  • ビタミンCなど肌の栄養を意識したバランスの良い食事
  • 自律神経を整えるための適切な睡眠サイクル
  • コラーゲンの生成や代謝を促す適度な運動

など、体が喜ぶ生活習慣を身に着けましょう。

どれだけ疲れていてもせめてメイクを落としてから眠ることもとても大切です

肌ストレスをためないように日頃から意識しておきましょう。

 

正しいスキンケアを身につける

『乾燥肌』『脂性肌』『混合肌』と自分の肌をよく観察してタイプを知り、それぞれに合ったスキンケアを選ぶことが大切です

また、スキンケアの手順も正しく行うよう気を付けることで、肌本来の力が発揮できるようになっていきます。

 

よく眠り睡眠の質を向上させる

睡眠の質が悪いと疲労が蓄積されて肌荒れの原因となります。

良質な睡眠を取ることは美肌作りのポイント!

寝つきや寝起きが悪い人は、

  • 寝る前にスマホなどの強い光を浴びない
  • 食事は眠りに入る2~3時間前までに済ませる
  • 朝起きたらカーテンを開けて日光を浴びる

このような行動に気をつけることで、体内リズムを整え睡眠の質を向上させる助けになってくれます

 

正しい洗顔方法で汚れを落とす

汚れを落とすためについゴシゴシ洗いたくなりますが、摩擦は美肌作りの上で厳禁です。

正しい洗顔方法は、

  • しっかり泡立てて顔をなぞるように洗う
  • 洗顔料が残らないよう入念に洗い流す
  • 摩擦を与えずタオルで優しく触れるように拭く

など、できるだけ肌に触れないよう優しく丁寧に行うようにしましょう。

自力でしっかり泡を立てるのが苦手な人は、泡立てネットを利用するのがおすすめです。

 

日焼け止めは毎日塗布

寒い時期や曇りの日など日焼けしづらい日は紫外線がないように感じますが、実際はそうではありません。

紫外線は夏以外でも常に降り注ぎ、シミやたるみなど肌の劣化を招く存在となるのです

  • 日焼け止めをこまめに塗り直す
  • 日傘・帽子・手袋なども使用し紫外線を浴びない
  • 曇りの日や少しの外出でも気を抜かない
  • 一日家で過ごす日でも日焼け止めを塗布する
  • 美容効果のある日焼け止めサプリを飲む

など、一年を通していつでも紫外線対策をしておくことが大切です。

 

明るい場所でメイク・スキンケアを行う

普段あまり自分の顔をじっくり見ない、光が当たりにくい場所でしか肌チェックをしていない、そんな女性は肌の隠れた粗を見逃しがちです。

小さな肌荒れや赤み、クマなどに気付かず治療やケアを怠ってしまい治りが遅くなる原因にもなります。

自然光が差し込む部屋か、明るい場所でメイク・スキンケアを行うのが美肌に近づく一歩になりますよ。

 

油ベースの食事は控える

スナック菓子やジャンクフード、揚げ物などの油っこい食生活が続くと、ニキビや吹き出物といった肌トラブルを引き起こしやすくなるため、摂り過ぎには注意が必要です。

「今日は揚げ物食べたから、明日は焼き魚でヘルシーにしよう」と、食事にメリハリをつけてコントロールするといいでしょう。

また、炭水化物や砂糖など糖質の摂りすぎも、糖化を招く原因になるので気を付けてくださいね。

 

ナチュラルタイムでのんびり過ごす

美肌作りにストレスは禁物です。

しかし、仕事や人間関係の疲れからいつの間にかストレスは蓄積されますよね。

そこで「アロマキャンドルで香りから癒される」「ヒーリングミュージックを聴いてリラックスする」など定期的なナチュラルタイムを設けるのがおすすめです。

自分を労わるのんびりタイムは副交感神経を活発化させてくれるので、いいストレスケアになります。

 

高校生から活躍し肌が汚いと言われていた女性芸能人


思春期ごろや環境の変化、季節の変わり目など、誰しも一度は肌トラブルを経験するもの。

特に多忙を極める芸能人はそのダメージを受けやすい職業ともいえます。

ここで紹介する女性芸能人は過去に肌が汚いといわれていた時期がありましたが、今は美肌の持ち主なので希望を与えてくれるでしょう。

 

桐谷美玲


出典元:https://eiga.com/person/83861/

10代でモデルとしてデビューし、女優やキャスターとしても活躍する桐谷美玲さん。

思春期・多忙が相まって肌の弾力のなさやニキビなど肌トラブルが目立ち、SNSで騒がれました。

しかしさすがは女優さん、のちに美肌に改善され化粧品のCMも務められたのです。

2018年には俳優の三浦翔平さんと結婚し、2020年には出産されたことが記憶に新しいですね。

 

真木よう子


出典元:https://www.lespros.co.jp/artists/yoko-maki/

クールビューティーの代表格ともいえる女優の真木よう子さんは、一時期ストレスからくるニキビ跡が目立ち汚肌が話題となっていましたが、見る影もないほどの美肌の持ち主になられました。

その変貌ぶりはクレーターで悩む汚肌女性の希望ともいえ、クールビューティーを生かした化粧品のCMにも抜擢されています。

 

小泉今日子


出典元:https://eiga.com/person/30668/

80年代に一躍トップアイドルとして君臨して以降、今も女優として活躍する小泉今日子さん。

その長きに渡る活躍から一時期は汚肌が噂されましたが、飾らない性格から大手エイジング化粧品のCMに抜擢され同年代女性からも厚い支持を得ています。

 

自分に自信を持つためにも肌が汚い女子から卒業しよう!

肌が綺麗になれば自分に自信もついて、日々をより明るく過ごせます。

この記事で紹介した以外にも、毛穴のつまりや黒ずみには毛穴パックを試してみるのもおすすめですし、どうしても改善されない肌トラブルは一度美容皮膚科で皮膚科医に相談することも視野にいれてみてください

肌の炎症を抑える薬やクリームを処方してくれますよ。

汚肌を卒業して、本来の美しさを取り戻しましょう!

 

まとめ

  • シミやそばかす、ニキビや毛穴の開きなどは肌を汚い印象にする
  • 乾燥や目の下のクマ、たるみなどがあると不健康で老けた印象になる
  • 汚肌の原因は便秘や運動不足、ストレスの蓄積などが挙げられる
  • 生活習慣の見直しや毎日の紫外線対策、ストレスケアが汚肌改善に効果的
  • 肌が汚い時期があってものちに改善した芸能人は数多く存在する

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

夏海

夏海

世界五大ミスコンの一つである、ミススプラナショナルの2019年日本代表兼、ネイルサロン経営をしています。
2019年に全くの未経験から自身初めてのミスコンテストMiss Supranational 関東大会に挑戦し優勝。
その後、東京代表として全国大会出場し日本一の座に輝き、現在は経営者・モデルに加えて幅広い経験を生かしライターとしても活躍中。
趣味は旅行と資格取得で、美容や社会に関する様々な知識と資格を持っています。

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • 出会ってから付き合うまでの期間・付き合うまでの流れ・恋を叶える行動とは

  • 【プロポーズされたい女性必見】彼から結婚の言葉を引き出すアピール方法

  • 婚活女性に増える「婚活地獄」の実態とは?特徴まとめ&抜け出す方法を紹介

  • 男性が今すぐ「チューしたい」と思う瞬間、女性からおねだりする方法を紹介

この記事も一緒に読まれています

  • 闇が深い人の特徴や心理とは?きっかけや原因・上手な付き合い方も解説

  • 「じわる」の意味とは?正しい使い方がわかる5つの例文!

  • ハンカチをプレゼントする意味とは?ハンカチの種類や贈るときの注意点など

  • 色白美人は男ウケ抜群!色白美人な芸能人&色白美人になる方法を紹介

  • 惚れっぽい女性の特徴とは?惚れやすい心理や性格の直し方を徹底解説

  • 【例文あり】「えぐい」とは?言葉の意味や使い方をわかりやすく解説!

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 肌が汚い人は汚肌原因を解明!生活習慣を見直して美肌女子を目指そう!