1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 回避依存症の男女の特徴とは?親密な関係を拒む原因や付き合い方を解説

回避依存症の男女の特徴とは?親密な関係を拒む原因や付き合い方を解説

特徴
この記事は約 9 分で読めます。

あなたは回避依存症という症状を聞いたことがあるでしょうか?

相手と親密な関係を築こうとした矢先に連絡を断たれた経験があるなら、もしかしたらその相手は回避依存症かもしれません。

今回の記事では回避依存症の人を見分けるための方法や、彼らと関わったときにどのように付き合っていったらいいかを紹介していきます。

「気になるあの人はもしかして回避依存症なのかも…」と思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

回避依存症とは

回避依存症とは「人と親密な関係性を構築することを避ける」人のことを指します。

それまでは普通に接していたのに仲良くなりはじめたら急に関係を切られたり、電話やLINEなどの連絡を絶たれたりしたら相手は回避依存症の可能性があります。

回避依存症は疾患ではなく、病気として診断される訳ではありません。そのため明確な治療法があるわけではなく、性格や人間性のひとつとして扱われています。

 

回避依存症になる原因

回避依存症になるのにはいくつか原因があるといわれています。ここでは主な原因を挙げていきますので、ひとつずつ見ていきましょう。

 

幼少期時代に十分な愛情を与えられなかった

子供の頃の経験は、その後大人になってからの人格形成に大いに関係しています。とくに両親から十分な愛情を受けずに育った子供は回避依存症になりやすいといわれています。

愛情が必要な子供時代に両親の気分次第で一貫性のないしつけを受けたり、ただの義務感で子育てをしていたりすると、子供は深い孤独を抱えたまま成長していきます。

そして愛されない自分に自信を無くし、相手にどのように心を開いたらいいのか分からないまま、大人になり回避依存症を引き起こしてしまうのです。

 

厳格な家庭に育った

しつけが異様に厳しく上下関係が激しかったり、親の意見には絶対従わせたりするなどの厳格な家庭環境だった場合も、回避依存症になりやすいといわれています。

自分の意見を自由に言うことを許されず、甘えることなく育った結果、人との信頼関係を築くことが苦手になってしまうのです。

また、愛情を素直に受け取ることが苦手で、孤独を感じやすい性格になってしまう原因にもなります。

 

過去にトラウマとなる体験をした

大切な友人に裏切られた、恋人からひどいカタチで別れを告げられたなど、過去にトラウマになるような経験をしている場合も、回避依存症の原因となります。

一度裏切られると次に人を信用しようと思っても、過去の辛い経験がトラウマとなって蘇り、なかなか難しいものです。

「また裏切られるかもしれない」という思考から不安と恐怖を感じ、他人との深い関わりを避けてしまう傾向にあります。

 

回避依存症な男女の特徴

回避依存症の人には、共通するいくつかの特徴があります。男女別に代表的な特徴を見ていきましょう。

 

男性

回避依存症の男性がどのような特徴を持っているのか紹介していきます。

チェックしてみたら「かつての彼氏や気になっていた人が当てはまる」という女性もいるかもしれません。

 

他人の評価を気にしすぎる

回避依存症の男性は、他人から自分がどう見られているかを過剰に気にします。

そのため、気になる女性と親しくなりかけた後、自分から身を引いたにも関わらずまた少し経つと平気で連絡してくるということがあります。

相手と一定の距離を保ちたいため、親しくなりすぎると距離を置き、時間が経って関係がリセットされた頃にまた戻ってくるのです。

 

他の女性と浮気する

回避依存症の男性は、彼女に好かれていたいけれども束縛されたくないという気持ちを持っています。

そのため、ドライで一定の距離感を保てる他の女性と恋愛関係を持つ、といった浮気に走る傾向があります。結婚まで考えるような深い関係になるのは回避依存症の男性にとって、とても苦手なことです。

また、もしも彼女に振られてしまったときに寂しくないように、キープの女性を作っておき孤独を回避する、という考えもあるようです。

 

音信不通になりがち

好き同士で恋人関係になったと思ったら、急に音信不通になる、ということが起こりがちなのが回避依存症の男性の特徴です。

付き合うまでは熱烈なアプローチをかけてくるのに、いざ両想いになって付き合うと途端にそっけなくなってしまいます。

回避依存症の男性はベタベタと常に一緒にいるような恋愛関係が苦手なため、たとえ彼女のことが嫌いなわけではなくても自分から距離を取ってしまいます

 

女性

回避依存症の女性にも共通した特徴があります。続けて見ていきましょう。

 

過剰に束縛を嫌う

男性もそうですが回避依存症の女性の特徴として、度を越して束縛を嫌うというものが挙げられます恋人が少しでも自分の行動に口を挟んだだけでも嫌な気持ちになり、気分を損ねてしまうのです。

原因としては、幼少期に親の過干渉により束縛されていた経験が影響していると考えられます。

「もう誰かに行動を束縛されたくない!窮屈になりたくない!」という思いから、自分の行動に口出しされると過剰に機嫌が悪くなってしまうのです。

 

本心をさらけ出せない

恋人や親しい友人であっても心が開けない、というのも回避依存症の女性に見られる特徴です。

子供の頃、親に支配されて育てられた場合、自分自身を出せずに育ってきたため大人になっても、他人に心を許せなくなってしまいます。

「本当の自分を出したら見捨てられる」「嫌われないか不安」という気持ちのせいで、

安心して自分をさらけ出せるような恋愛をすることができません。

 

回避依存症の男性を好きになりやすい

回避依存症の女性は、同じく回避依存症の男性に惹かれて好きになりやすいという傾向があります。

しかし、回避依存症の男性と違って、女性の場合は恋愛が進むにつれて恋人に依存していく可能性が高くなり、彼との関係にのめり込む傾向があります。

そのため、回避依存症の男性から連絡が途絶えると耐えられなくなり、距離感を逸脱した行動を取ってしまい自分にとっても相手にとっても辛い恋愛となりがちです。

 

回避依存症を克服する方法

「回避依存症を直したい!」という人に向けて、回避依存症の克服方法を紹介していきます。少しずつできるものですので、ぜひ試してみてくださいね。

 

人と会う回数を増やす

人とあまり会いたがらず、対人関係が苦手なのが回避依存症の人の特徴です。

そのため、まずは少しずつ人と会う回数を増やしていって人間関係を築き、会話する機会を多く設けるようにしてみてください

会話をすることによって、自分の言葉を相手に伝える練習になり、そのうち自分の本心も自然に伝えられるようになれるはずです。

 

信じたい人を見つける

回避依存症の人は、人を信じることを恐れています。そのため、まずは「この人なら信じられる」といえるような人を見つけましょう

最初からいきなり色々な人のことを信頼する、というのは難しいことです。まずは自分が大切に思う人、関係を失いたくない人から信じるように心がけてみてください。

 

カウンセリングを受ける

カウンセリングは回避依存症を克服するために効果的な方法といえます。回避依存症の多くは、子供の頃の親子関係から起こる可能性が高く、心理的なトラウマが原因だからです。

「いい子でいなければいけない」というプレッシャーが、大人になっても忘れられず、他人を信頼しきれなくなってしまうことがあります。

心理カウンセラーの助言を受け、心の傷と向き合っていけば「周りの人間は敵ばかりではない」と感じられるようになるでしょう

自分の心理状態をまずはきちんと理解し、少しずつ回避依存症を克服していくことが大事です。

 

回避依存症な恋人との正しい付き合い方

回避依存症の恋人を持つと、接し方に悩むことが多いですよね。どうしたら回避依存症の恋人と正しく付き合えるのか、正しい方法を見ていきましょう。

 

愛情表現を積極的にする

回避依存症の人は孤独を恐れ、また人のことを基本的に信頼していません。そのため、積極的に愛情表現をし、「自分はあなたのことを本当に愛して信頼している」ということをわかりやすく伝えていきましょう

「自分は愛されている」「この人なら信頼できる」と相手が信頼してくれれば、あなたは彼らにとって誰よりもかけがえのない恋人になることができるはずです。

 

口約束は必ず守る

一度約束をしたら、それがたとえ口約束でも必ず守ることが大切です。回避依存症の人は、人に裏切られることをとても恐れているため、口約束であったとしても約束を守らない人のことは信頼できず、関係を遠ざけようとしてしまいます

自分は軽く言ったつもりの約束でも言われた相手は案外覚えているものです。一度した約束は責任を持って守ることが信頼関係に繋がります

 

ゆっくりと2人の距離を縮めていく

急に心を開くことは、回避依存症の人にとって難しいことです。そのため、回避依存症の人と恋愛関係になったら、焦らずにゆっくり歩み寄るお付き合いをしましょう

少しずつ会話の内容を増やしたり、自分の本心を伝えたりしていけば段々と相手も心をさらけ出してくれるはずです。相手のペースに合わせて待つことも恋人関係を上手く進めるコツですよ。

 

素敵な恋愛をするために回避依存症を克服しよう!

回避依存症は当事者本人だけの原因ではなく、育ってきた家庭や友人関係など、その人をとりまく環境が原因となって引き起こされることが多いです。

過干渉な親に育てられた場合は過度な歩み寄りを嫌ったり、人生の中で裏切りにあったらそれがトラウマとなって自分から人との関わりを絶ってしまったりするなど、理由はさまざまです。

しかし、好きな人と恋愛関係を結び恋人となり、さらには結婚を望むなら、他者との関わりは必要不可欠です。

恋活にしても婚活にしても素敵な出会いをするために、少しずつ回避依存症を克服していきましょう。もしあなたが回避依存症に悩んでいるなら、この記事が手助けになることを祈っています。

 

まとめ

  • 回避依存症とは人との親密な関係を避ける人間性のこと
  • 回避依存症は幼少期の家庭環境が原因のことが多い
  • 信頼関係が築けず、本心をさらけ出せないことが多い
  • 克服には心理カウンセラーとのカウンセリングも有効
  • 回避依存症の恋人には恋愛表現を積極的にすることが大事

 

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

meino

meino

平成生まれの絵も描くライターです。
人の話を聞くのが大好きなので、会話から得た情報や自分の経験などを元に楽しく読める記事を執筆していきます。

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • ネトストの意味とは?ネトストをする人のヤバイ心理と対処方法を解説

  • 【ドン引き確定】勘違い男の特徴7選!キモイ男の撃退方法を徹底解説

  • 婚活に悩むバリキャリ女子多数!キャリアウーマンでも彼氏を作る方法

  • 回避依存症の男女の特徴とは?親密な関係を拒む原因や付き合い方を解説

この記事も一緒に読まれています

  • 【パリピとは?】言葉の意味・特徴・対処法・パリピに対する印象まとめ

  • 女性を魅了するイケボの定義とは?素敵な声の特徴や出し方のコツを徹底解説

  • ファッション好きのサブカル系男子と恋をしよう!特徴や女性のタイプはコレ

  • 「理系男子」の特徴&恋愛傾向とは?落とし方や付き合い方も徹底解説!

  • 一人暮らしが寂しい…孤独感を紛らわすために試したい解消方法を紹介!

  • 背徳的の意味・類語・対義語は?背徳感のある行動パターンや心理も解説

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 特徴
  4. 回避依存症の男女の特徴とは?親密な関係を拒む原因や付き合い方を解説