1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 失恋
  4. 自信喪失の原因とは?回復方法や自信を失ったときの対処法を徹底紹介

自信喪失の原因とは?回復方法や自信を失ったときの対処法を徹底紹介

失恋
この記事は約 10 分で読めます。

失恋したり仕事で失敗したりしたとき、自信を失って落ち込む経験をしたことは誰もがありますよね。

 

自信喪失して、SNSなどの情報もすべてシャットアウトし、「もう誰にも会いたくない」とふさぎ込んでしまう人も少なくありません。

 

そんなとても辛い経験をしたとき、どうすれば気持ちを回復させられるのか、どのように対処すべきなのかと悩みますよね。

 

そこでこの記事では、自信喪失したときの回復方法や自信を失ったときの対処法を徹底紹介します。

 

少しずつ元気と自信を取り戻せるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

うつ病目前?自信喪失とは

まずは、自信喪失という言葉について見ていきましょう。

 

自信喪失とはそもそもどういう意味なのかに加えて、類語や対義語についても紹介します。

 

言葉の意味

自信喪失の「自信」とは、自分自身の価値や能力を信じることを表し、「喪失」とは、なくすことを指します。

 

つまり「自信喪失」という言葉は、自分自身の価値や能力を信じられなくなることを意味します。

 

自信喪失に陥ったことで落ち込み、酷くなると存在理由さえ分からなくなり、うつ病など精神的に病んでしまうこともあります

 

このように言葉の意味をかみ砕くと、自信喪失とは生きていく上で非常に辛い状態であると理解することができるでしょう。

 

類語・対義語

自信喪失という言葉の類語や対義語にはどのような言葉があるのでしょうか。

 

まず、類語には「挫折絶望無力感敗北感」などがあります。

 

それに対して、自信喪失や喪失という言葉の対義語には「獲得・取得」などがあります。

 

自信喪失に陥る原因

どうして人は自信喪失に陥ってしまうのでしょうか。

具体的な例を挙げながら、自信喪失に陥る原因を解説します。

 

誰かと比較して自分の無力さを実感した

誰かと比較して自分の無力さを実感したことが原因で、自信喪失に陥ることがあります。

 

たとえば「高い点数を取ることができた!」と思っていた試験で、自分よりも友人や他人が高い点数を取っていたり、そもそも平均点が高かったりした場合、劣等感から自信をなくすことがあります。

 

とくに点数や評価に関しては他人との比較がしやすいので、ついつい比べてしまい、自分の能力や価値がより無力であることを実感させられるのです。

 

受験に失敗して自信喪失してしまったというのも、学生にはよくあるケースでしょう。

 

好きな人に振られた

好きな人に振られたことが原因で自信喪失に陥ることもあります。

 

恋愛は私たちにさまざまな感情を経験させてくれます。

幸せで気持ちが高揚する瞬間がある一方で、絶望を感じるような出来事も多々ありますが、とくに好きな人に振られるというのはとても辛いものです。

 

振られることで、彼氏・彼女にとって「自分は必要がないんだ」と実感するので、ショックも大きく自信喪失に繋がってしまうのです。

 

仕事でのミスが続いた

人が自信喪失に陥るとき、仕事でのミスが続いたことが原因になることもあります。

 

せっかく任せてもらえたプロジェクトで気合を入れて取り組んだはずなのに、ちょっとしたミスが重なって、「自分は失敗ばかりしている…」と落ち込んでしまうケースです。

 

とくに新人時代は経験が少ないため、仕事でのミスで自信喪失に陥ることは珍しくありません。

 

仕事でのミスは、その内容や状況によってクライアントに大きな迷惑をかけてしまうこともあるため、より自信喪失に陥る可能性が高いでしょう。

 

完璧主義な性格

完璧主義な性格が、自信喪失に陥る原因になることもあります。

 

完璧主義者は自分に対して厳しいので、周りの人が「たいしたことない」とスルーできるようなことでも、「自分はダメだ」と思い込む傾向があります。

その結果、1人で挫折感を抱え込んでしまい、自信喪失に陥るのです。

 

完璧主義な性格の人物は人一倍努力できる一方、「自分自身を許すということができません

そのため、ストレスが溜まりやすく、ちょっとしたことでも自信をなくしてしまうのです。

 

目標が高すぎた

目標が高すぎたがために、自信喪失に陥ることもあります。

 

たとえば、偏差値40前後の学生が、偏差値65あたりの学校を目指して受験勉強しようとすると、相当な努力が必要になります。

 

その目標が高すぎると「達成できないこと」が当たり前ではありますが、より敗北感を感じやすい状況であることには違いありません。

 

高い目標を掲げることは悪いことではありませんし、自分が思っていた以上に良い結果が出せる可能性もあるので、むしろ良いことです。

 

しかし、掲げた目標が高すぎると「その目標に届くはずがない」と悲観的な心理に陥りやすく、自分自身の能力が低いように感じて自信喪失に陥ってしまうのです。

 

自信喪失からの回復方法

自信喪失してしまったとき、どのように行動すれば回復できるのでしょうか。

自信喪失からの具体的な回復方法を紹介しますので、ぜひ試してみてください。

 

あらゆる物事をポジティブに考える

自信喪失から回復するには、あらゆる物事をポジティブに考えることからはじめてみましょう。

 

自信喪失に陥ったときにはどうしても気持ちが沈み、ネガティブ思考に走りがちです。

 

気が済むまで落ち込んだあとは、できるだけ物事をポジティブに捉えられるように心がけると、気持ちも上を向いてきますよ。

 

「大好きな彼から振られたのは、もっと素敵な人に出会うための出来事だった」

「この仕事で失敗したからこそ、上司や同僚のありがたみに気付けた」

など、前向きに物事を考えてみてくださいね。

 

運動やアウトドアで思いっきり体を動かす

気持ちが沈んでいるときは何もする気が起きないものですが、そんなときだからこそ運動やアウトドアで思いっきり体を動かすことも、自信喪失からの回復に有効です。

 

思いっきり体を動かして汗をかくことでストレス解消になりリフレッシュすることができます

 

とくにアウトドアは、木や森、川などに自然や大地の大きさを感じられ、自信喪失した原因は「ちっぽけで大したことない」と思えるきっかけにもなりますよ。

 

「運動やアウトドアは得意じゃない…」という人は、ちょっとした散歩やサイクリングが手軽でおすすめな対処方法です。

 

心を許せる友達や家族に話を聞いてもらう

自信喪失に陥ったときは、心を許せる友達や家族に話を聞いてもらうのもよい方法です。

 

友達や家族に。

話を聞いてもらえるだけで、安心したり気持ちが落ち着いたりする場合があります

「人に弱みを見せるのは気が引ける」という人でも、とくに人間関係が原因で敗北感や絶望を感じている場合、味方になってくれる人が1人でもいれば気持ちは楽になるでしょう。

 

すぐに会えない相手でも、電話やLINEで気軽に相談ができますから、「ちょっと話を聞いてほしい」と連絡してみてくださいね。

 

得意なことに時間を割く

自信喪失に陥っているときには、自分が得意なことに時間を割くということも回復方法としておすすめです。

 

失敗したこと・できないことがあったときに自信喪失に陥るなら、得意なこと・できることをやるのが自信を取り戻すには有効です。

 

料理を作ることが得意なら友人に手料理を振る舞う、ゲームが得意ならとことん熱中して攻略するなど、得意分野であればなんでも構いません。

 

得意なことに集中して取り組めば、成功体験を重ねることができ、自信を取り戻せるはずです。

 

現状や気持ちを紙に書く

現状や気持ちを紙に書き出すことも、自信喪失から回復するためには良い方法です。

 

紙に書き出すという行動によって、自分自身の気持ちや置かれた状況をより冷静に捉えることができます

 

最初は気持ちを思いのままに、どんどん書き連ねてみてください。

 

そして、自分はどうしたいのかなどを整理していくと、自信喪失で落ち込んだ気持ちも少しずつ客観的に見ることができ、必要以上に落ち込まずに回復することができるでしょう。

 

冷静になれることで、改善策やすべきこと、学びなんかも見えてきますよ!

 

自信喪失で辛いときの対処法

自信喪失で辛いとき、どのように対処すればよいのかも知りたいですよね。

 

辛い気持ちでいっぱいになってしまう前に、できる対処法を紹介します。

 

無理せず休息する

自信喪失で辛いときは、なにより無理せず休息することが一番大事です。

 

自信喪失に陥っているとき、心はとても辛い状況に置かれていますから、無理をすべきではありません。

 

仕事をしていると、「無理をしないとやっていけない!」と休息できない場合も多いですが、休む期間は長い人生の全体で考えるとほんの短い期間です。

 

無理をすると余計に自信を失い、精神的に病んでしまうかもしれません。

病気になってしまうと、回復するにはかなり長い時間がかかります。

怖がらずに休むのが得策です。

 

好きなことだけする

好きなことだけするのも、自信喪失で辛いときにはおすすめの対処法です。

 

多少、洗濯物や洗い物が溜まったって命を取られるわけではありませんよね。

辛いときには美味しいものをたくさん食べる、ひたすら寝るなど、自分の心が満たされることだけをやるようにしてみてください

 

好きなことを好きなだけやって幸せを感じられれば、きっと辛さは和らぎますよ。

 

思い切って退職・転職する

仕事でミスが続くなどで自信喪失に陥って辛いなら、思い切って退職・転職して心機一転するのも対処法のひとつです。

 

今の職場や業務内容・業務量が合っていないと感じるなら、会社や上司に相談したり、場合によっては退職・転職など、思い切って行動を起こしてみたりするのもアリです。

 

まずは、転職エージェントに登録してみたり、履歴書を書いたりするのもいいでしょう。

 

その中で、本気で転職先を探すのか、あるいはもう少し留まって頑張ってみるのかを考え、判断しても遅くはありませんよ。

 

自信は少しずつ取り戻すことができる

自信喪失に陥ったときは、ひどく辛く悲しい出来事として気持ちは落ち込みます。

 

自分の能力や価値が感じられないような挫折や敗北は本当にショックで、場合によってはこの世の終わりであるかのような気にもなってしまうでしょう。

 

しかし、自信は少しずつ取り戻すことができます。

 

この記事で紹介した自信を失ったときの対処法をはじめ、回復方法についてもぜひ試してみてください。

 

きっとその辛い経験も無駄にならず、今後の人生においての糧になりますよ。

まとめ
・自信喪失とは、自分の価値や能力を信じられなくなること
・誰かと比較して自分の無力さを感じたり、好きな人に振られたり、仕事でのミスが続いたりという経験が自信喪失に陥る原因
・自信喪失から回復するには、ポジティブに考える・思いっきり体を動かす・話を聞いてもらうなどの方法がある
・自信喪失で辛いときには、無理せず休息するのがおすすめ

\ SNSでシェアしよう! /

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋愛ノウハウを配信する 恋活・婚活トレンド情報サイト|ハッピーメールライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
理想の恋がしたいならハッピーメールで!
理想の人となんて出逢えるはずない…そうあきらめていませんか?

あなたの理想の恋、ぜひハッピーメールではじめてください。

累計会員数2000万を超える「ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの理想の恋人を探してみませんか?

 
恋のきっかけづくりはコチラから

専門家・ライター紹介 専門家・ライター一覧

ハッピーライフ編集部

ハッピーライフ編集部

みなさん初めまして。マッチングサイト「ハッピーメール」がお送りする恋愛メディア「ハッピーライフ」の編集部です。
気になる記事を提供できるように日々、アンテナを張り巡らしていきます!読み物の一つとなれば幸いでございます。
会社概要:https://happymail.co.jp/company/

専門家・ライターが執筆した記事  記事一覧

  • スイッチバーで出会いを見つけるコツ徹底調査!おすすめの店舗もご紹介!

  • 居酒屋に出会いはある?東京・大阪・名古屋の出会いが見つかる居酒屋を紹介

  • 天王寺の居酒屋に出会いはある?天王寺で出会える居酒屋とバーをご紹介!

  • 大阪の居酒屋に出会いはある?出会える居酒屋・バー・相席居酒屋をご紹介!

この記事も一緒に読まれています

  • 「絶対に見返してやる!」元恋人を見返す方法や行動に移す際のポイントとは

  • 恋愛での「身を引く」ってどういう意味?その男性心理や身を引く瞬間とは

  • これで辛い期間にサヨナラ!男が失恋のどん底から立ち直る5つの方法

  • 失恋男子たちよ!フラれた彼女とよりを戻した理由とは?復縁方法を紹介

  • 傷心旅行におすすめのスポット13選!失恋に一人旅がおすすめな理由も解説

  • 振られた時こそ最大のチャンス!失恋した時こそ取るべき意外な行動とは

  1. 出会い恋愛のハッピーメール
  2. ハッピーライフ
  3. 失恋
  4. 自信喪失の原因とは?回復方法や自信を失ったときの対処法を徹底紹介