ハッピーメールロゴ

Users Episode

ユーザーのエピソード

私から彼の掲示板募集へのメールがきっかけ

エピソードNo.08

私から彼の掲示板募集へのメールがきっかけ

女性 30代後半

彼の書き込みとプロフィールが気になって

最初の出会いは、彼が書き込んだ“食事を一緒にしよう”という内容の掲示板募集に目がとまり、彼のプロフィールを見たら、気になってしまったので私の方からメールをした事がきっかけでした。 会ってみると見た目は長髪で髪を後ろに一つに束ねている人でした。 個人的には短髪の人より長髪の人が好きだった事もあり、見た目はタイプの人でした。 食事をしようと決めていた目的のお店があったのですが、向かう途中で若い女性の店員さんからしつこく勧誘をうけ、 断るだろうと思っていたら、そのまま勧誘されたお店に入る事になり正直びっくりした記憶があります。 あとで聞いた所、こういう誘いはあまり断れないと性格だったみたいで、彼の人柄なのかなと感じました。

楽しそうに笑って話す彼の姿が好印象

私は初対面ではあまり自分からしゃべらない方で、反対に彼はよく話してくれるのでバランスがとれていました。 話す時、目線をあまり合わせず、楽しそうに笑って話す彼の姿がかなり好印象でした。 終始話がたえなくてすごく楽しかったです。 食事が終わり道を歩きながら、彼から『夜も遅いし、帰るかな』と言われた時、私はもう少し彼と話がしたかった。結局その日は帰る事に。帰り道が別々だったため、彼が私の為にタクシーを拾ってくれて、さっとタクシー代を渡してくれたのです。タクシーの中で、彼と一緒にいた時間を思い出したら、なんだかすごくあたたかい気持ちになったのを覚えています。

その日が付き合った記念日になりました…

翌日、タクシー代のおつりを返すために彼に『おつりを返したいから会いたい』とメールを送ったら、彼からは『タクシー代を渡せばいつでも会う口実になるね』と冗談で返事をくれたけど、私は嬉しかったです。2回目の食事に行く事となり、待ち合わせをしてから帰るまでドキドキしまくりでした。初めて会ったときとは違い、結んでいた髪をおろした姿にときめいたのかもしれません。一緒にいても飽きる事なく楽しくて、別れるときは内心寂しい気持ちでいっぱいでした。 3回目は彼の家へ。彼は料理がうまく、私が食べてみたいとメールしたら、『せまいけど、それでもよければ家に来る?』と誘ってくれて、ドキドキしながら行きました。彼が作ってくれたのはクリームパスタ。すごく美味しかったです。食べ終わりしばらくゆっくりしていた所、後ろから抱きしめられて彼から告白されました。その日が付き合った記念日になりました。

端末イメージ
素敵な出会いはハッピーメール

登録無料の出会い・恋愛マッチングサイト

› 18歳未満はこちら

iOS、Androidアプリ配信中
ハッピーメールアプリiOS ハッピーメールアプリAndroid