ハッピーメールロゴ
出会い・恋愛のハッピーメール TOP > 出会い成功談 >出会い成功談 詳細 北海道(道央) 男性(60代以上)「やっと、マトモな成功談!」

北海道(道央)の
出会い成功談 詳細

アバターイメージ

60代以上

♂いぬまゆげさん

06/07 07:54

やっと、マトモな成功談!

思い返せば、ハピメ登録がクリスマス前。 それから半年が過ぎようとしていた初夏のことだった。 ある日、“タイプ”をもらった、いぬまゆげ。 (、、、どうせ業者さんだろ) と、思いながらも、こちらも押し返す。 大して面白くもない日記を垂れ流しながら、 人気の日記主さんに絡みに凸するルーティン。 戻ってくると、今度は“イイね!” ん!?さっきの人か、、、。 プロフには、複雑な関係、と。 まぁ、とりあえず残りのポイント使いきり! くらいの気持ちで、またもやポチる。 数分後『イイね、ありがとう』のメッセに、 戸惑いを隠しきれない、いぬまゆげ。 (えー、どうしよう。短文メッセ苦手だな) (つーか返事し辛ぇじゃん💧課金しなきゃ、だし) (まぁ、なるように、なるべ💨) ※いぬまゆげは登録後、秒単位でポイント 溶かして、出会いを諦めたおバカさんです。 そして30分後。 おもむろに二枚のお札を握り締め、バイト先のコンビニにてプリカを求める、いぬまゆげの姿があった。 シールを剥がし『別になんも期待して無いし~』 という程を装いながらサイメを始める。 簡単な自己紹介の後が悩んだ。 (話、どうやって膨らますか) (そもそも、返事が短文。イヤ無理じゃね?) (つーか、なんでオフトゥンにくるまって💧) 色々悩んだが、アバターが布団にくるまってる件 から聴取を開始。 これが意外と有効であった  ※本人談 テンポと、丁寧さを心掛け、ラリーを重ねる。 話の内容を3つ、箇条にして。 連絡先を訊くのは、敢えて封印。 会話が弾みすぎて、ポイントが3分の1を切った頃、先方から連絡先交換の提案。 ※実はこの頃、焦りより諦めに似た心境も若干。 (まぁ、楽しく会話できたから、ヨシとするか) 、、、みたいなオトナの余裕。 否!嘘です。本音はもっと会話してたかった。 そう、話した。 数日内に、遠出する予定。 意外にも『逢ってみたいな』と。 そして、その前日。 移動中に、仮眠取ったコンビニの駐車場。 メール受信。 現在地を告げると『その次のセブン来てよ!』 一気に胸が高鳴る、いぬまゆげ。 だだっ広い駐車場の端に停め、しばし待つ。 (なげぇな。これキャンセルか?) 不安が頭をよぎると同時に一台のワンボックス。 本人の言うところの、チビで可愛くない人だ(笑) はにかんだ笑顔と、吸い込まれるような瞳に 目が離せなくなっていた。 (あ、これ。俺が喰われるパターンだわ(笑)) 助手席に乗り込み、とりとめないハナシから。 ふと、目を遣ると、聞いたとおり荒れた手の肌。 恥ずかしがるその手を取り自分のを重ねてみる。 人肌の温かさ、鼓動、息遣い。 そのまま朝までの時間を共にするのに、確認は要らなかった。 (セブン○レブンさん、長時間停めてスイマセン) 出会いを逃してる皆さん。(特に男性!) まずテキトーなメッセせず、 プロフと日記、アバターを観察しましょう! コレ!と思ったら、課金して、しっかりサイメ。 ぜひ、貴方も素晴らしい出会いを!

06/07 07:54

一覧へ戻る
端末イメージ
素敵な出会いはハッピーメール

登録無料の出会い・恋愛マッチングサイト

› 18歳未満はこちら

iOS、Androidアプリ配信中
ハッピーメールアプリiOS ハッピーメールアプリAndroid